• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

野分の藤蔵のブログ一覧

2014年10月31日 イイね!

レクサスとAudiに行く

レクサスとAudiに行く菅義偉官房長官は31日の閣議後の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査を巡り平壌に派遣した政府代表団の聴取結果を発表した。北朝鮮側が拉致被害者の安否について「個別に入境の有無、経緯、生活環境など調査している」としたうえで、「新たな物証、証人を探す作業を並行している」と説明したことを明らかにした。


菅長官は「調査の信頼性を確保するため客観的、科学的な調査を行い、過去の調査結果にこだわることなく新しい角度からくまなく調査を深めていく方針の説明があった」と述べた。ただ北朝鮮側は「現時点で客観的で明白な資料を発見していない」と伝えてきたという。初回の調査結果の報告時期は「常識的には年内」と期待感を示した。
これに関連し、外務省幹部は今回の協議で日本側から「拉致問題以外で進展があったとしても拉致問題で進展がなければ評価しない」と申し入れ、調査の進捗に応じて随時報告するよう求めたことを明らかにした。

安倍晋三首相は31日午前の衆院地方創生特別委員会で「北朝鮮はゼロベースで調査を始めると理解している」との認識を示した。「行動対行動は基本的原則だ。様々な選択肢を頭に入れながら結果を出していきたい」と、北朝鮮側の対応によっては再制裁を用意する可能性を示唆した。

山谷えり子拉致問題相は閣議後の記者会見で「拉致問題が最重要課題だと特別調査委員会の責任者たちに伝えたことは一定の成果があった」と、訪朝団を評価した。岸田文雄外相は「様々な結果につながっていくことが重要だ」と強調した。

政府代表団は28、29両日、平壌で拉致被害者などの再調査を担う北朝鮮の特別調査委員会の徐大河(ソ・デハ)委員長らと協議し、30日に帰国した。代表団トップの伊原純一外務省アジア大洋州局長は同日夜、首相らに協議内容を報告した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は本日付の日経新聞の記事だ。

これを読む限り、政府のお歴々がもし本気で言っているとしたら、脳ミソの調子をれこそ本気で心配してあげなければならないだろう。

あの国は独裁国家である。
独裁国家とは、国民一人ひとりの個人情報を把握しているか、あるいは把握することが可能な国のことだ。

したがって、少しでも反体制の臭いがする人間がいれば、即銃殺刑に処せられるのである。
仮に銃殺を免れても、豚小屋のようなところで死ぬまで働かされるのがオチ。
全てキム体制を維持するためだけの所業だ。

そういう国だから、手間暇かけて日本からさらってきた人たちのことを把握していないわけがない。

今さらゼロベースの調査だの一定の成果だのと、幼稚園児じゃあるまいし、そういった世迷言で国民をごまかし支持率を上げようとする政府の心根があさましい

阪神ファンは、行き当たりばったりの作戦で、ここという時に勝負弱いタイガースも全部ひっくるめて受け入れる広い度量をお持ちらしいが、残念ながら小生は巨人ファン(註:但し原はキライ・・・)。
政府には思慮に富み、勝負に強まともな交渉を行ってほしいものだ。



そういえば小生も、下宿のオバサンに無理やり拉致されてだいぶ経つ。

そこで本日は、下宿の将軍様の眼を盗み、束の間の自由を求めてクルマ見物することとした。

9時35分、自宅を出発。
今ではプレミア価格がついているらしいオートザムAZー1の背後に迫る不気味な影・・・。


目指すレクサス店にトウチャコである。



美形の女性スタッフが出迎えて下さる。
ノロノロと店内に入ってみる。




営業のUさんにRC Fを見せてほしいとお願いする。

試乗車を見せて下さる。
案外、肉感的な印象である。
ホイールは純正とのこと。





「ご試乗いかがですか」
と言って下さるが、手動装置がないと運転できない旨伝える。


思った通り、アクセルペダルの形状はオルガン式であった。

お忙しい中、丁寧に応対して下さったUさんに感謝!

区役所に野暮用があったので、一旦帰宅し、電動車椅子Nutron R51LXP号で出発。
早目の昼食を摂る。


午後イチで、新しくオープンしたAudi足立に行ってみる。
身体障害者用駐車スペースに止めさせて頂く。


目の前には、納車式を待ち構えているらしいTTが鎮座していた。


店内に入ってみるが、様子がおかしい・・・

内装業者が作業していて、どう見ても、まだオープン前である。
ウマくない・・・。


受付の女性スタッフにそっと尋ねてみる。

「まだオープンしてないですよね・・・?」

「はい。明日オープンでございます」

「やっぱり・・・・・。でも確か26日だったかと・・・。」



「申し訳ございません。実は明日になりまして・・・。」

「あ、そうなんですか~。色々都合がありますものね。じゃぁ帰りますので、トイレだけ貸してもらえませんか?」

「ただ今、使用できるか確認してまいります。」

「はい。お手数かけます。」


ショールームには、プリズムシルバーのRS7ほか5台の展示車が用意されていて、メカニックの方が作業しておられた。

「お待たせいたしました。どうぞおトイレをお使いください。」

という訳で、身体障害者用トイレをお借りする。返せないが・・・。


トイレを出て礼を述べ帰ろうとすると、先ほどの上品で美形の女性スタッフの方が、

「あの~、Nチーフマネージャーのお客様の藤蔵様でいらっしゃいますよね?」

「はい、藤蔵ですが、どこかでお会いしましたっけ・・・。」

「わたくし、I店におりまして、存じ上げておりました。このたびこちらに異動になりましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

なるほど。そういうことだったのか。
まぁ、松葉杖でやっと歩いて、チビで助平ったらしい顔した薄汚い髭の初老オヤジといえば、印象に残ることは必定。

一方自慢じゃないが小生は、他人の顔と名前を覚えるのが大の苦手である。
もし仮に事件に巻き込まれ、後で警察から
「モンタージュ写真作成にご協力願います!」
などと言われたらどうしようと、年中ビクビクしながら暮らしているのである。

小生のことを覚えていた上品で美形の女性スタッフの方は、わざわざS4号のところまで見送って下さった。

「ヘッドライトの下の赤いライン、素敵ですね。初めて見ました。」

「ありがとうございます。でも、悪趣味だって評判が悪いんですよ・・・。私、クルマに乗り込むのに時間がかかりますから、どうぞお気遣いなく。開店の前日のお忙しいところありがとうございました。」

トイレを貸して頂いたお陰で、帰りの道中は、遠藤周作先生直伝「お猿の駕籠屋」の熱唱をせずに済んだ。

Posted at 2014/11/01 00:52:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2014年10月24日 イイね!

いろは坂でSMに想いをはせる

いろは坂でSMに想いをはせるその昔、ハウスバーモントカレーのCMに
「秀樹、感激!」というのがあった。

今ならさしずめ、
「小渕、観劇!」
といったところだろう。


観劇ご招待の他にも、似顔絵が描かれたワインの贈答もあったとか。

弁当つきの芝居見物にただ酒とくれば、これがホントの美味しい話

で、そんな美味しい話と一緒くたにされ、団扇を配ったオバサンもついでに辞めさせられて、ご本人は大層怒っていたらしい。

怒った顔がまた素敵で、安倍総理の周囲は、まさに輝く女性だらけだ。


しかし、本来国会は論戦の場。
芝居がどうの、ワインがどうの、団扇がどうのと、敵のエラーをあげつらう場所ではない。

それでなくとも消費税や安全保障の問題など、議論すべきテーマは山ほどある。
福島原発を含めた東日本大震災の復興だって、遅々として進んでいないし、某大国は南シナ海と同様の手口で、大量の漁船団を小笠原に送り込んできている。

そんな国家の大事なときに、下らぬ話はいい加減にせよ・・・と思っていたら、今度ばかりはちょっとそそられる話題である。

以下は日刊ゲンダイの記事より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小渕優子前大臣の後任として就任した宮沢洋一経産相の資金管理団体「宮沢会」が広島市内のSMバーに政治活動費を支出していたことが分かった。2010年分の政治資金収支報告書によると、同年9月6日に広島市の繁華街にあるSMバーに1万8230円を支払っていた。

 宮沢大臣は23日午前、「支出をしたのは事実。私は(店に)行ってません」と説明。事務所は「なぜ領収書が紛れ込んだのか、誰が店に行ったのかは現在調査中です」と言う。この店は下着姿の女性をロープで縛り、客もSMショーに参加する形式だった。

 宮沢大臣は広島県選出の参院議員。小渕大臣のあとを受けて21日に就任した。東大法学部を卒業し、ハーバード大学行政学大学院を修了したインテリで、宮沢喜一元首相の甥にあたる。岸田外相とは従弟関係というエリート家系だ。

 東電を所管する経産省トップでありながら、東電株の保有者であることも批判されている宮沢経産相。揚げ句が「SMバー」では、安倍首相の任命責任が問われるのは必至だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自称SM評論家の小生にとっては、実に興味深い話。

というのも、恥ずかしいから小さい声で言うのだが、大学生の時に団鬼六氏の本を読み漁ったからである。

そればかりか、団鬼六氏監修のにっかつロマンポルノも、明大前の駅前にあった昭栄館という、トイレの消毒薬臭い映画館で散々観た。

その頃の宮沢大臣は、ハーバード大学で行政学を学んでいたはず。
一方、小生はといえば、一日の大半をSM学科で学んでいたようなものだから、こと鬼六流のSMの知識に関しては、大臣にもひけは取らないと思う。

ついでに知ったかぶりを言わせてもらうなら、SMバーは、いわゆる一般的な風俗とは明らかに一線を画す
まぁ、大臣ゆかりの店がどういうところかは知らないが、通常はそうしたものである。

そして、これは何事にも当てはまることだが、SMもまたやたらと奥が深い
S・Mの区別なく、学者・弁護士・医師など、比較的知的でステータスの高い職業に就いている者に愛好者が多いのも特徴と言われている。

唐突で恐縮だが、小生、SMこそ究極の愛の形であると認識している。
愛という言葉が嘘臭いなら、信頼と言い換えても差し支えない。

なぜなら、SMは常に身体的な危険が伴うからだ。
蝋燭などはほとんどこけおどしだが、下手な縛りは脱臼や骨折の危険があるし、鞭打ちも内出血が付きまとう。
浣腸にいたっては、混ぜ物次第で死の危険すらある。

だから、一見の客に身を委ねるなどはもってのほか
ここまではOK、ここから先はNGと、事前に十分コミュニケーションを取っておく必要があるし、できれば食事をとりながら互いの趣味を披瀝するなどして、予めオープンな関係を構築しておくことが大切・・・と団鬼六氏は言う。

さて、大臣ゆかりの店は、下着姿の女性をロープで縛り、客もSMショーに参加する形式だったらしい。
小生の好みなどはどうでもよいのだが、敢えて言わせて頂くなら、やはり下着は需品である。
男は概して気弱で不出来な生き物だから、相手が全裸だと怯むことがあるのだ。
即ち、そこに下着の値打ちがある。
下着の下にどのようなものが隠されているか・・・気弱な男はそれを懸命にイメージし、おのれを奮い立たせる。
そうしてようやくことに及ぶ準備ができるのである。

この、男にとって極めてありがたいアイテムである下着は、SMに限って言うなら是非とも襦袢であってほしい。
そして、色は赤にとどめを刺す。




ところで、赤・・・といえば、いろは坂の紅葉は見頃だろうか。

大臣のお陰で、いろは坂に出向く決心がついた。

9時45分、自宅を出発。
ホンダN-ONEボックスの背後に迫る不気味な影・・・。


岩舟JCあたりで事故による大渋滞。追突が原因かガードレールに衝突していた。


日光宇都宮道路へ。




いつもの日光口でトイレ休憩。かなりの混雑ぶりである。


清滝を降りるといつもはガラガラの道が、今日は結構な交通量である。


いろは坂に入る。


黒髪平から大渋滞になる。




小生、耳は遠くなったが、小水は近くなった。突然尿意を催す。
SMに想いをはせるつもりが、何のことはない、一人放尿我慢プレイである。
明智平はまだか!


昔、遠藤周作氏のエッセイの中に、少水を我慢する方法というのがあって「お猿のかごや」を歌うと尿意が遠のく・・・と書いてあったのを思い出し実行に移す。
13時40分、ようやく明智平にトウチャコである。


持つべきものは遠藤先生である。事無きを得る。


レストハウスの駐車場は満車で入れなかった。


今日の男体山。


俵万智先生に習った短歌を詠んでみる。


男体山  女体を縛り  鞭で打ち
  あとの払いは  性事資金で


歌の出来があまりに酷く、自己嫌悪を感じたので、帰途に就くことにした。










16時10分、帰宅。

SMはおろか、彼女にも縁がないタロウが出迎えてくれる。
気の毒な気もするが、そのほうがずっと幸せな気もする。


Posted at 2014/10/24 23:19:26 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2014年10月18日 イイね!

将棋大会に出てみる

将棋大会に出てみる 「闘病が僕の将棋を変えた」。東京都八王子市のAさん(29)は、がんと向き合いながら将棋を指し続ける。プロ養成機関の奨励会に十五年在籍しながら夢破れ、アマチュアに転身した。直後に見つかった舌がん、そして肺への転移。次々と襲いかかる困難にも諦めることなく、新たな夢を追う。


10月12日付の東京新聞の記事である。

記事はさらにこう続く。

将来の夢は名人。それも、決して不可能な夢ではないと信じていた。六歳で将棋を始め、羽生善治名人も通った名門「八王子将棋クラブ」で頭角を現した。「天才の再来」と期待され、十歳で奨励会入り。しかし、通過点のはずだった三段リーグで伸び悩んだ。

 奨励会には、二十六歳までにプロ(四段)になれなければ退会、という鉄のおきてがある。思うように白星を挙げられず、焦り、自暴自棄になるうち、年齢制限を迎えていた。青春のすべてを懸けた夢を失い、途方に暮れた。

 すぐに摘出が必要なほど進行した舌がんと宣告されたのは、その一年後。将棋の普及事業を任せてもらえる会社に就職した直後だった。言語障害は残ったが、成功率50%という舌の摘出手術と、過酷な放射線治療を乗り越えた。しかし今年五月下旬、両肺への転移が見つかった。担当医からは「何もしなければ、余命は半年から一年」と宣告された。

 それでも徹底的な闘病を決意し、最新の放射線治療を選択した。頭にあるのは「もう後悔はしたくない」との思いだ。奨励会時代、周囲からもてはやされ、自分の才能を過信した。中二で酒やたばこ、ギャンブルに手を出し、「格下」と思っていた仲間に次々と追い抜かれた。「今度こそベストを尽くそう。負けるのは仕方ない、でも『負け方』が大事なんだ。それは将棋から学んだこと」

 闘病を続けながら、規模の大小を問わず将棋のアマ大会に挑戦している。全国を駆け回り、中規模の大会では優勝も果たした。十一月に開かれるアマ王将戦の全国大会出場も決めた。

 棋風が変わってきたと感じている。奨励会時代は諦めの早い将棋だった。「無駄なあがき」は見苦しい、そんな美学があった。だが今は、劣勢でも粘り強く指し続ける。「最近、ますます将棋が好きになってきたんです。そうすると、もっと指したい、生きたいと思える。いま僕は、いい方向を向いている」

 新しい夢は、将棋を多くの人に知ってもらうこと。今年二月にはアマ団体を設立し、約四十人の生徒を教えている。この夏には、手弁当で将棋大会を二度開催した。「名人にはなれなかったけど、普及の日本一にはなれるかも」。将棋は多くのものを奪ったが、それ以上のものを与えてくれた。その恩返しだ。

<奨励会> 正式には新進棋士奨励会。全国から集まった三段~6級の会員で構成され、現在は約150人が在籍。二段までは関東と関西に分かれ、月数回の対戦で所定の成績を挙げれば昇段・昇級する。三段に上がると「三段リーグ」に参加。約40人が半年で18戦を行い、上位2人が四段に昇段し、プロ棋士となる。26歳までに四段になれないと退会となる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を読み、何としてもAさん将棋を指したいと思った。

命を懸けた対局の凄味・・・。それを肌身で感じたいのだ。

Aさんは、規模の大小を問わずアマチュア大会に挑戦している由。
舌を切除した関係で、恐らく身体障害者手帳を有しているだろうから、全国障害者将棋大会に出場してくる可能性は高い。

そんな目論見もあって、本日、第27回全国障害者将棋大会に出場した。

7時5分、自宅を出発。
日産ノートの背後に迫る不気味な影・・・。


8時ジャストに、会場である北とぴあトウチャコ。
8時15分に駐車場が開くのを待って、身障者用駐車スペースに止めさせて頂く。


14階の会場から見る景色


参加者は計64名。
青森、兵庫、広島各県からの参加もあった。

参加者名簿を覗くと、小生が参加した13名のクラスの中に、確かにAさんの名前があるではないか・・・。

1回戦で当たれば幸運だが、Aさんは勝ち続けるに違いない。
故に初戦で対戦できなければ、小生も勝ち続ける以外に道はないのだ。

しかし、勝ち続ける自信など全くない。
このような全国規模の大会は十数年振りだし、第一、実力の低下は本人が一番自しているところだ。
しかも、慣れないチェスクロックを使用しての対局。
持ち時間は一人20分で、それを使い切ると1手30秒である。

10時10分、手合いがつく。
初戦の相手は残念ながらAさんではなかったが、Aさんの次に対局したかった女性のTさんだった。
Tさんは将棋界では有名人で、女流プロともほぼ互角に戦っている実力者である。

Tさんは升田式石田流から、急戦を仕掛けてきた。
鋭い攻めで苦戦の連続だったが、終盤相手が緩んでくれてやっと勝つ。
噂通りの強さで、次回対戦したらボコボコにされるだろう。

(10月22日  追記)
先手 Tさん    後手 藤蔵
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △6二銀 ▲7八飛 △6四歩 ▲4八玉 △6三銀 ▲3八玉 
△4二玉 ▲7六飛 △8八角成 ▲同銀 △3二銀 ▲2八玉 △3三銀 ▲3八銀 △3二玉 
▲1六歩 △1四歩 ▲7八金 △5二金右 ▲7七銀 △8四歩 ▲6六銀 △8五歩 ▲7七桂 △9四歩 ▲9六歩 △2二玉 ▲5五銀 △3二金 ▲6六歩 △4四歩 ▲6五歩 △同歩 
▲同桂 △4三角 ▲6六飛 △6四歩 ▲7九角 △6五歩 ▲8二角成 △6六歩 ▲8一馬 
△6九飛 ▲7九飛 △同飛成 ▲同金 △7六角 ▲6四歩 △5四銀 ▲同銀 △同歩 
▲6三歩成 △4二金右 ▲6二飛 △4九角成 ▲同銀 △5一飛 ▲3八銀打 △5二金 
▲7六角 △6七桂 ▲5四角 △4九金 ▲5三と △4八金 ▲4九桂 △3九銀 ▲1八玉 
△3八金 ▲4二と △1七銀 ▲同玉 △2八銀不成 ▲2六玉 △3五銀  

まで78手で藤蔵の勝ち
 
 



二回戦の相手は兵庫のIさんだった。
Iさんの三間飛車に対し、小生は昔懐かしいミレニアム囲いを採用。
小生は決してMなんかではなく、明らかにSだと自分では思っているのだが、こと将棋に関しては何故か受け身に回ることが多い。
この将棋も猛攻を受け、万事休すかと覚悟したのだが、粘りに粘って逆転した。
勝因は、ただただ運があったこと。

(10月22日 追記)
先手 藤蔵   後手 Iさん
▲7六歩 △3四歩 ▲4八銀 △4四歩 ▲2六歩 △3二飛 ▲2五歩 △3三角 ▲3六歩 
△4二銀 ▲6八玉 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉 ▲5六歩 △5四歩 ▲9六歩 △9四歩
▲5八金右 △8二玉 ▲6六角 △7二銀 ▲7七桂 △5二金左 ▲3七桂 △6四歩 ▲5七角 △2二飛 ▲6六歩 △6三金 ▲6七金 △7四歩 ▲8九玉 △7三桂 ▲7八金 △8四歩 
▲1六歩 △1四歩 ▲5九銀  △5五歩 ▲同歩 △4五歩 ▲5六金 △1五歩 ▲4五桂 
△4四角 ▲1五歩 △7五歩 ▲同歩 △1五香 ▲同香 △7六歩 ▲6八銀右 △7七歩成 
▲同銀 △1七角成 ▲6八飛 △4四桂 ▲4六金 △2六馬 ▲1一香成 △3三桂 ▲同桂成 △同銀 ▲8六歩 △6五桂打 ▲同歩 △同桂 ▲4八角 △7七桂不成 ▲同金 △4八馬 
▲同飛 △5九角 ▲6八飛 △同角成 ▲同銀 △2九飛 ▲7九香 △2八飛成 ▲6九歩 
△7三歩 ▲4三角 △2九龍 ▲8七角成 △5八銀 ▲7八角 △2四歩 ▲5四歩 △4二銀 ▲5五桂 △6二金引 ▲4五桂 △2三飛 ▲5三歩成 △同銀 ▲5九歩 △同銀不成 ▲同銀 △同龍 ▲6八銀 △2九龍 ▲5九歩 △5八歩 ▲同歩 △5二歩 ▲4三桂成 △1三飛 
▲5三桂成 △同歩 ▲4四成桂 △1九飛成 ▲4五桂 △6五桂 ▲6七金 △7七銀 ▲同銀 △同桂成 ▲同金 △6八銀 ▲8八銀 △6九銀成 ▲同角 △同龍 ▲同馬 △同龍 ▲7八銀 △4九龍 ▲5三桂成 △同金 ▲同成桂 △5八龍 ▲6二銀 △6五桂 ▲7四桂 △同歩 
▲7三金 △9三玉 ▲6一銀不成 △7七桂不成 ▲同銀左 △7三銀 ▲7二銀不成 △8二金 ▲9五歩 △8五歩 ▲9四歩

まで147手で藤蔵の勝ち
 



昼食休憩の後の三回戦目は、埼玉のYさん。
同県人だが初対面である。
13人で行うスイス式トーナメントだから、この対局に幸いすれば、決勝戦で念願のAさんと将棋が指せるのだ。

戦型は相矢倉模様になった。

「相矢倉(あいやぐら)  どこか似ている  バイアグラ

などと、くだらぬ句をひねっている余裕はない。
今度こそは勢いを大切にしようと思ったので、先攻した。
そのままリードし終盤の入口を迎えたと思ったが、実際の局面は難しかったようだ。
指し手が進むうちに不利を自覚。が、「不利な時は勝負手を指せ」が鉄則である。
時間に追われたYさんが受けを間違い、即詰みに討ち取る。

(10月22日 追記)
先手 Yさん  後手 藤蔵
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △5二金右 ▲5六歩 △4三金 ▲5八金右 △5四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7八銀 △3二金 ▲6六歩 △6二銀 ▲6七金 △5三銀
▲7七銀 △4一玉 ▲7九角 △2二銀 ▲7八金 △3一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲2四歩 
△同歩 ▲同角 △同角 ▲同飛 △4五歩 ▲3六歩 △4四銀 ▲2八飛 △3三桂 ▲6八金寄△3五歩 ▲同歩 △7三角 ▲5五歩 △同角 ▲3七角 △2七歩 ▲5五角 △同歩 ▲3八飛 △2八角 ▲3七角 △同角成 ▲同銀 △3六歩 ▲同銀 △2八角 ▲3四歩 △1九角成 
▲3三歩成 △同銀上 ▲7八玉 △2八歩成 ▲5八飛 △2九と ▲3五銀 △同銀 ▲7一角 △7二飛 ▲3五角成 △4四銀打 ▲2六馬 △4六歩 ▲同歩 △同馬 ▲2五桂 △5一香 
▲3三桂成 △同銀 ▲5七金上 △4五馬 ▲4八飛 △4四歩 ▲4六金 △1二馬 ▲3四歩 
△同銀 ▲5七歩 △7五歩 ▲同歩 △4五桂 ▲同金 △同銀 ▲2四桂 △2三馬 ▲3二桂成△同飛 ▲3五金 △5六歩 ▲2四歩 △同馬 ▲同金 △3九飛成 ▲4九歩 △5七歩成 
▲3三歩 △6七と ▲同玉 △5六銀

まで106手で藤蔵の勝ち






いよいよAさんとの対局である。

決勝戦なので、記録係がつき棋譜をとることになった。
将棋関係の雑誌にでも棋譜が載るのだろうか・・・。
無様な将棋は指せない

Aさんは四間飛車穴熊。小生は再度ミレニアムを採用。

小生の銀が放れ駒になった瞬間、Aさんは仕掛けてきた。
駒損の攻めなので若干無理に思ったが、玉の堅さが違うので仕掛けは成立するようだ。
徹底抗戦し持ち直したと思った瞬間、飛車を捨てた手が決め手だった。

さすがは天才が命を懸けた駒捌き。
将棋盤を挟んで伝わってくる気迫は、一生忘れないだろう

(10月22日 追記)
先手 藤蔵   後手 Aさん
▲7六歩 △3四歩 ▲4八銀 △4四歩 ▲2六歩 △4二飛 ▲2五歩 △3三角▲6八玉 
△6二玉 ▲7八玉 △7二玉 ▲5六歩 △8二玉 ▲9六歩 △3二銀 ▲5八金右 △9二香 ▲3六歩 △9一玉 ▲6六角 △4三銀 ▲7七桂 △8二銀 ▲3七桂 △5四銀 ▲8八銀 
△7一金 ▲5七角 △5二金 ▲6六歩 △6四歩 ▲6七金 △7四歩 ▲8九玉 △4五歩 
▲7八金 △6三銀 ▲1六歩 △5四歩 ▲2七飛 △6二金寄 ▲5九銀 △5五歩 ▲同歩 
△同角 ▲5六金 △5二飛 ▲5五金 △同飛 ▲5八歩 △7五歩 ▲2二角 △5七飛成 
▲同歩 △7六歩 ▲8五桂 △7七金 ▲6八銀 △7八金 ▲同玉 △3八角 ▲1七飛 
△4九角成 ▲6七金 △2七金 ▲同飛 △同馬 ▲4五桂 △4九馬 ▲4四角成 △4八飛 
▲4一飛 △7四銀 ▲2一飛成 △8五銀 ▲7五金 △6八飛成! ▲同金 △7七銀 ▲同銀   △同歩成 ▲同玉 △7六歩

まで84手でAさんの勝ち  










賞状・楯・賞品の扇子を貰い、17時50分帰宅。

「将棋大会の賞品って、使い物にならないのよねェ~・・・
と言いながら、こちらはいつも気迫に満ち満ちている下宿のオバサンが出迎えてくれる。




(10月22日 追記)

四苦八苦しながら、対局した四局の指し手を思い出したので、備忘録を兼ね棋譜をアップする。
多少の手順前後はあるかもしれないが、全体の指し手は間違いないと思う。

若い頃なら、対局から3か月経った後でもスラスラと指し手を並べられたのだが・・・。
Posted at 2014/10/18 23:56:32 | コメント(8) | トラックバック(0) | 趣味
2014年10月14日 イイね!

カーグラの夢をみる

カーグラの夢をみるインターホンのチャイムがけたたましく鳴った。
こんなに朝早く、いったい誰なんだろう。
全く以て迷惑な話だ。
急いでベッドを抜け出し玄関のドアを開けると、黄色いカーディガンを腰に巻いた、愛想のいい40がらみの男が立っていた。



「おはようございます。私、BS朝日のチーフプロデューサーで中野と申します。突然で恐縮ですが、田辺さんの代わりにカーグラフィックTVにご出演頂けないでしょうか・・・?」

「あの~・・・。なんで私が?  それに手動装置がないと運転できないんですよ。」

「どうぞご心配なく。藤蔵さんのお車で構いません。というより貴方の車がいいんです。」

「何なんですか、それ・・・」

「いや実はですね、松任谷さんがAudi  S4の特集をやりたいって言ってまして。それも、ヘッドライトの下を赤くラッピングしているような悪趣味なクルマを取り上げてみたいと言ってるんですよ。」

「動機が随分いい加減ですね・・・。」

「はい。元々がいい加減な番組なんです。」


次の瞬間、気がつくと私はシートベルトをしていた。
そして助手席には、クラブマスターのサングラスをした松任谷正隆氏が鎮座していた。

松任谷「ボクが音楽プロデューサーであり、自動車評論家であり、元俳優でもあった才能の塊りと言われている松任谷です。じゃあ早速走りましょうか。」

藤蔵「あの~・・・。走るって、もしかしていつもの所に行くんですか?」

松任谷「当然でしょ。」

という訳で、8時55分、行きがかり上仕方なく自宅を出発する。
クラウンスーパーデラックスのタクシーの背後に迫る不気味な影・・・。


松任谷「貴方は年がら年中同じような内容をブログにアップしてるけれど、虚しく感じることはないの?」

藤蔵「水戸黄門も桃太郎侍も、毎回同じ結末ですから、特に問題なと思いますけど・・・。」

松任谷「なるほどね。じゃあこのあたりでドライブセレクトをダイナミックにしてみて下さい。」

そんな会話をしているうちに、富士山くっきりの海老名SAである。


身障者用駐車スペースに止めさせて頂く。


藤蔵「今日は田辺さんがいないんですよね。最近ばかに老けたなと感じてたんですけど、やはり体調の関係でお休みですか?」

松任谷「いや。ここだけの話だけど、何やら免停食らったみたいですよ(笑)・・・。」

藤蔵「それに引き換え、松任谷さんはお若いですよね。30年前とほとんど変わらないじゃないですか。やはり奥方がガッポリ稼いでいるから、心配事もストレスもないんでしょうねぇ。」

松任谷「無職の貴方にそんなこと言われる筋合いはないですよ。」

車内は険悪な雰囲気に包まれるも、11時ジャストにいつもの場所へ。


いつの間にか、ネーミングライツがTOYOタイヤからMAZDAに変わっていた。

松任谷「実はボクね、1台のクルマでセダンでもありスポーツカーでもあるという意味で、Audi S4は結構理想に近いと思っているんだけど・・・。」

 

藤蔵「そう言って頂けるのは有難いんですが、1年ちょっと乗ると、ウィークポイントも見えてきますよ。」



松任谷「ほう・・・。具体的にはどんなところ?」

藤蔵「先程スポーツカーっておっしゃったけど、ジャガーFタイプには東北道でぶっちぎられたし、BMWのMにもAMGのCにも勝てる気がしないんですよ。故にもっと馬力がほしい。」

松任谷「貴方は今度捕まったら、それこそ免停でしょうが。そんなことばかり言ってると、ドライブセレクトを効率にしちゃいますよ!」

藤蔵「ターンパイクまで来て、効率とは殺生な・・・。」



藤蔵「2番目はカックンブレーキブレーキダストですね。なのでパッドをISWEEPに替えてもらいました。」

松任谷「まあ、ドイツ車にはありがちなことでしょう。」



藤蔵「3番目は、何といってもナビ。今どきアイウエオ順で検索ですからね~。タクシーだってタッチパネルのご時世なのに・・・。」

松任谷「それはむしろ、輸入代理店の問題なのかな。」





あっという間にスカイラウンジにトウチャコである。








大観山のきょうのわんこ


藤蔵「それでは、S4の印象といいますか、総評のようなものをお願いします。」

松任谷「ボクは、フェイスリフト後のS4に乗るのは実は初めてなんだけれど、熟成されたな・・というのが第1印象ですね。それからやはり、S4だったらドライブセレクトはダイナミック。間違っても効率にしてはいけません。あとミスマッチかと思ったんだけど、ワインディングなんか走ってると藤圭子の楽曲が意外とS4に合うんですね。京都から博多までとか・・・。新しい発見でした。」


はい!  カット~!
篠崎さんというディレクターの一発OKが出た。

放送は12月上旬予定とのことだった。



松任谷氏は、ユーミンの実家に用事があるから八王子まで送ってほしいと私に言った。

少々遠回りになるが、圏央道で行けばどうということはない。

トンネルに入った。


何の前触れもなしに、猛烈な眠気が私を襲ってきた。
ああ、まずい。
だんだん意識が遠のいていく・・・


トンネルを出た途端、ハッと我に返った


幸運なことに、どうやら事故には遭遇せずに済んだらしい。

助手席を見たら、松任谷氏はいなかった。



そうか、やはり夢だったのか・・・。
いや、本当は夢と思っていることが現実で、現実だと思っていることが夢なのかもしれない。




藤蔵、白日夢の一席。
お粗末!
Posted at 2014/10/14 22:54:56 | コメント(10) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2014年10月10日 イイね!

区民会議で提案してみる

区民会議で提案してみる昨日、おらが街の区民会議があったので出席した。
小生、来年の3月まは区民会議委員なのである。
区民会議委員とは、区長から委嘱された無給のボランティアのこと。
で、肝心かなめの仕事の内容をスパイ大作戦風に述べるなら、


「そこで君達の使命だが、区長から提案された地域の様々な課題について協議し、一冊の提言書をつくりあげることにある。リーダーやメンバーが捕えられ、あるいは殺されても当局は一切関知しないからそのつもりで。なおこのテープは自動的に消滅する。」
(※毎度古ネタで恐縮)

・・・ということに相成る。

メンバーは20名で、地元の商工会議所、農業団体、自治会連合会、社会福祉協議会、民生委員協議会、中央青年会議所、PTA連合会など団体推薦の方々15名と、小生のような一般公募5名からなっている。
それから、一切合切関知して下さる当局(=事務局)は、市役所の職員さんたちである。


一応会議なので、薄汚いヒゲを整えつつ、愛車Nutron  R51LXP号にて9時35分自宅を出発。


9時55分、会場にトウチャコである。


会議冒頭はまずスケジュール確認から


今年度は過去3回会議が開催され、話し合われてきた内容を踏まえて、ほぼ提言テーマは固まった。

即ち、
「誰もが住み続けたい・住んでみたいまちをつくる」
である。

誰もが・・・だから、

シニア世代にとっては、
地域の人と繋がりを持ち、気軽に集まり交流し、支え合えるまち

子育て世代にとっては、
より良い環境の中で、安心して子育てできるまち

子どもにとっては、
大いに学べて、大いに遊べるまち

といったところではないだろうか。


問題は、こうした魅力ある住みやすいまちをつくるための
仕掛け」と「仕組み」だ。

つまり、お題目だを提言書に記しても、実効性が伴わなければ何にもならない。

実現性のない、机上の空論に等しい提言書をつくるということは、
「区民会議を通じて、住民の意見はちゃんと聞いてますよ」
そんな役所のアリバイ作りにひと役買っただけ・・・と受け取られても仕方ない行為だと思う。

そこで小生、前回の会議あたりから温めていた案を思い切って披瀝してみた。
即ち、既存の公園を有効活用し、子どもたちが自分の責任で自由に遊べるプレイパークを設置してはどうか・・・という提案である。


今の子どもは気の毒だ
どこの公園もキャッチボールはダメ。サッカーもダメ。泥んこ遊びは汚れるし、木登りも危険。たき火などはもってのほか。
これじゃまるで、何のための公園かわからないどころか、外で遊ぶなと言っているようなもの。

ちなみにプレイパークは、1940年以降にヨーロッパで広がりをみせたらしい。
モットーは自分の責任で自由に遊ぶ・・・ということ。

子どもは遊びを通して数多くのことを学ぶ。
他者とのコミュニケーション然り、社会的ルール然り、想像力(創造力)もまた然り。
そのような貴重な体験を重ねることによって、はじめて自主性なり主体性が確立され、個として生きていくための必要な力が備わってくるのだと思う。

小生があたりをつけている市立公園は、子ども用のアスレチック設備もあり、立地条件も最適だ。それに既存施設の有効活用だから、新たな設備投資もいらない
しかし、プレイパーク設置には解決しなければならない課題も多い

まず、見守って下さる常駐者が必要だ。いくら自主性を重んじるといっても、安全管理を疎かにすることはできない。当然報酬も必要である。

2番目には何といっても近隣の了解だ。
場所を限定するとはいえ、たき火も可能ということになれば消防法等もクリアしなければならない。

3番目は、事故を極端に恐れる傾向が強い役所が、果たしてOKを出すかという問題だ。

実施主体のことも含め、課題は山積みだが、先進的に行っている世田谷区の例もある。
世田谷区ができてさいたま市ができないとなると、よほど自治力に差があるということになる。
これは役所を説得する上での最後の殺し文句である。

という訳で、視察先は世田谷区のプレイパークを要望しておいた。

11時50分、区民会議終了。


1階のフロアに新しくできた日高屋でラーメンをかきこみ、いつもの総合病院に行く。
また右足甲の血行障害がひどくなったのだ。

受付時間ギリギリの12時30分、皮膚科にトウチャコ。
どうやら75番目の客のようである。


待ち時間がたっぷりだったおかげで、プレイパークの実施案を具体的に紙に落としてみる


15時20分、診療終了。
先生はこれから昼食だろうから、さぞかしお腹が空いたことだろう。

外の薬局で薬を貰うのに25分待ちだった。
待ち時間の間にテレビを見る。
雅子様のドレスの色がド派手なので、少々驚く。

薬局を出た後、床屋に行く。
今日は髪を洗って貰いたかったので、いつもの3Qカットではなく別の店である。
ここも3人待ちであった。
与太話をしながら店を出たら、あたりは薄暗くなっていた。

17時15分、帰宅。

下宿のオバサンが晩酌用の豚キムチを炒めてくれていた。





(追伸):プレイパークも好きですけど、プレイガールはもっと好きですヨ、ご同輩!
Posted at 2014/10/10 22:43:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行/地域

プロフィール

「[整備] #S4セダン レザーシートコーティング https://minkara.carview.co.jp/userid/1937910/car/1453920/4954843/note.aspx
何シテル?   09/10 18:55
野分の藤蔵と申します。 還暦+1歳の偏屈オヤジです。 家族は下宿のオバサンと二人暮らし。他人様に言えない稼業で、何とか糊口を凌いでおります。 趣味...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

自己紹介どおりのマイノリティな変人オヤジです。
こんな男でよければ、どうぞよろしくお願いします。
48 人のお友達がいます
風雅堂風雅堂 * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
◇画太郎◇◇画太郎◇ * PootaroPootaro
skdoskdo よっし~♪よっし~♪

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ S4 (セダン) アウディ S4 (セダン)
レガシィに替わる新しい家族が増えました。 早いもので9台目の車になります。 手足に強いマ ...
トヨタ エスクァイア トヨタ エスクァイア
2016年1月17日付の拙ブログに購入経過を記しておきましたので、興味のある方はご参照下 ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6キロ。 約3時間の充電で20キロ程度の距離はこなし ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6・5キロ。 エスクァイア号のドライバーズシートとし ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.