• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月10日

十年基準。ユーノス800

十年基準。ユーノス800 10月10日の出来事でした。地元でユーノス800を見たんです!!!
究極のセダン目撃で驚きました、、そして凄い衝撃を受けました( ゚Д゚)
まるでスーパーカーを見た時のような強い感情でした。嬉しかった♪
現役活動中のユーノス500と800が遭遇したのです↑↑「十年基準車」
輝かしいですね。500よりも貴重な存在かも知れません、、800。

ユーノス800は1993年10月に登場しました。ユーノス500は92年2月
当時のEUNOSセダン開発スローガンが21世紀(2001-2100)になっても誇りをもって乗ってもらえるクルマづくりを目指して、、「クリーン・セーフティ・ロングライフ」3大テーマにして先進の社会性で大人の走りと感性の造りを兼ね備え高品質セダン製作にキーワードとして開発しました!!


モータファン別冊 ニューモデル速報 第137弾!! ユーノス800のすべて。ノスタルヂ屋さんで購入(029-879-0361)




10年先を見すえる。ユーノス800と500のスローガンになり10年間衰えることのない車造りを具現化しマツダの名車に
先の未来は誰も想像が出来ませんが次世代になっても対応する多機能モデルで美しさを長期間保ちます!!
そして「志」がある車としてハイメカニズムに頼らずクルマ本来の価値を高めたのがユーノスシリーズです。
マツダの技術を執着した時代と歩み未来を走り続ける夢が現実になった車になりました\(^o^)/


内装は人の気配りだらけ。ユーノス500をベースに上質感を追求し落ち着ける空間へ。ロングツーリングも好みます
93年のユーノスセダンにはエアバッグが標準装備になりました、、500は20Gのみ。そして4WSも用意


ユーノス800ではエンジンが2種類用意されました。KL-ZE 2.5L V6/KJ-ZEM 2.3L V6
世界初のミラーサイクルエンジンは800だったのです!! 今は主流になった小さい排気量で大きな力を得る発想。
この当時は環境問題が厳しくなり温暖化が進行しておりました、、ターボは力を与えるなら1番効率的ですが大気を汚します。スーパーチャージャーを搭載して圧縮比(8)を下げて3.3L並のトルクが与えられました!!
新開発したミラーサイクルのエンジン搭載車が数を減らしております。K型オーナーなら是非見たいエンジンですね。


生まれ変わった人にやさしいマツダ防府工場。こちらでユーノス800や500、、コスモなどが生産されました。
カペラやテルスターの生産ラインを回収して800億を投入して最先端ラインへと進化したのです!!
製造工程の中で塗装ブースが話題になりました。世界最高峰レベルの高機能ハイレフコートが塗装されたのです♪


マツダの5チャンネル時代は不運と呼ばれておりますがマツダの試みが感じられだ時代でした(*^-^*)
私が思うに時代を先読み過ぎて時代に対応出来ずにマツダのバブル崩壊で一部のファンのみ残りました。
KJ-ZEM型のリショルム型ツインスクリューコンプレッサーは量産乗用車としてマツダが最初のメーカーでした!!
マツダ=ロータリーだけと思いますがGPSカーナビゲーションはユーノスコスモからと最先端テクノロジーを世に送り出し美しさを保ち続ける高機能ハイレフコート塗装は他メーカーで真似の出来ないリッチな塗装方式でした。


ユーノス800 プロモーションビデオ


新車情報'93 ユーノス800「一歩進んだハートを持つ上級セダン」


1993年 ユーノス800 CM


ユーノスブランドを愛する者は時代も愛する。私が最初に好きになったクルマはEUNOS 500でした。
ブログ一覧 | 世界で最も美しい魅惑の500 | 日記
Posted at 2017/10/14 03:33:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

マツダ自慢の自動車ブランド・ユーノ ...
めんまいとさん

EUNOS SERIES
M.I.T.さん

[ロサンゼルス自動車ショー]新型マ ...
ezoflatさん

空想世界での誕生
M.I.T.さん

K型の兄弟車
M.I.T.さん

新旧マツダデザイン秘話。
M.I.T.さん

この記事へのコメント

2017/10/20 14:36:39
初コメント失礼致します。私も当時、本気でユーノス800の購入を検討してましたが、やはり少し高額で断念しました。

名前を変えてミレーニアになってからもずっと気になる存在でした。

おっしゃる通りで、マツダの5チャンネル時代を不遇と言う方も多いですが、失敗の中から大きな成功もたくさん生まれましたよね。

世界一売れたスポーツカーユーノスロードスター、革新のエンジンミラーサイクル、名車中の名車、3ローター搭載のコスモ、GPSナビゲーション、日本では早過ぎたミニバンMPV、etc...今も昔もマツダの技術者は先見の眼がありました。

ミラーサイクルの実用化があったからこそ今のスカイアクティブもある訳ですからね。

今でもユーノス500を所有してらっしゃるんですね。やはり耐久性も折り紙つきですね。

あ〜ペルソナも素晴らしいデザインでした。
MS-9も!

マツダ愛が止まりません。

ではまたお邪魔します。
コメントへの返答
2017/10/21 08:00:41
A-specさんコメントありがとうございます。
始めまして松尾と申します、、ブログを拝見させて頂きましたCX-7に乗られてるんですね☆☆
私も気になるSUVでして、、MZR直噴ターボ。
かなり速いと伺っております。内装も他に無い
そしてマツダらしい独特なデザインが魅力的ですね!!
私も今後はCXシリーズを検討しております↑↑
今はマツダの名車を知りたくてユーノス500を乗っておりますょ。5チャンネル時代には数々のデザインが誕生しました、、忘れられない強い存在がありますね!! 当時はマツダは不思議なメーカーだと思いましたが今は時代を語る車だと思っており素敵なマツダ車に好意を惹かれております(^^♪
マツダは常に走る喜ぶを考えております。
ZOOM-ZOOMプロジェクトですね、、
ミラーサイクルがあってスカイアクティブが誕生
今は車業界も日産や三菱の事件など厳しい目で見られており報道がリアルタイムに行き交っております。時代が最先端になりましたが美しい車は時代が経ってもマツダの輝きが見られます(*^-^*)
時代の時に溶け込むマツダデザインですね!!
2017/10/21 08:33:28
MITさん。おはようございます。これからのCXシリーズはかなり世間に認められるのはのではないかと思います。私の選んだCX7 は幸か不幸か今のように世間一般に知られる前のコンセプトであり、魂動デザイン、スカイアクティブではありませんが、その基礎となる、重要な時代に生まれたクルマです。
RX-8と、NC型ロードスターのスポーツ性とMPVの居住性のいいとこ取りを併せ持つ、チャレンジした面白いクルマです。

マツダはコスモスポーツを世に出した頃から、頑なに、巨大メーカーには出来ないチャレンジ精神がありましたね。RX-3やSA22CRX-7もその流麗なフォルムに世間の眼を魅了しましたよね。

フォードの傘下になってからも、コツコツと再起を狙って、自らの技術力で、デミオを世に送り出し、コンパクトカー時代を創り出した。

やっと、マツダの先見の眼に時代が追いついた感があります。安売りや値引きで売らなくても、黙っててもユーザーがマツダ車を買いに来てくれるようになりました。

遂にあのトヨタでさえも、向こうから、是非一緒にやらないかと言わせるようになったことは、昔からのマツダファンにとっては誇りに思います。

スバルが自社の誇りでもある水平対向エンジンを、トヨタのボデイを被せられたことのような屈辱的なことの無いように、願っております。

マツダの象徴ロータリーエンジンには、マツダのデザインしたボデイでなければなりません。

今回のトヨタとデンソーとのEV共同開発には是非とも、マツダらしい、世間があっと驚くようなクルマを送り出してくれることを願ってます。

マツダが作った車にトヨタのエンブレムが付くことは少々不満はありますが、向こうから頭を下げて来たことに対しては、マツダの技術力と素晴らしいデザインを認めざる負えない事になったことは嬉しい限りですね。

ユーノス500や800があったからこその今があると思います。

歴史を知らない若者たちも、ロータリーを知らない女性たちも、只々、見た目がかっこいいから燃費が良くて走りが楽しいクルマを選んでくれる。これにあぐらをかくとは無いのがマツダだと思います。
コメントへの返答
2017/10/23 08:40:50
時代は燃費が基準になりデザインも空力を考えた昔のトヨタでは考えられない次世代車に移り変わっております、、プリウスもカムリもアルファードも最初は抵抗のあるデザインでしたがトヨタなので時に馴染み時代の先端を引き寄せさせます。トヨタグループの拡大でスバルも変わりましたしスズキもダイハツも傘下になる事は新たな技術を取り入れるのには最適な道ですが昔では有り得ませんね、、
そのメーカーだけの車では無くなるので↓↓

マツダは常にドライバーは主である事を考えており自ら車を楽しんで操るZOOM-ZOOM計画を続けております。今後消える軽油を燃料にスカイアクティブ-Dを開発して今注目されております、、年齢層も変わったかも知れませんね。でもミニバンから降りたのは残念でしたけどCXシリーズに賭けたのでしょう。マツダにしか出来ないエンジン・デザインは私は好きですね!! また環境に勝ってロータリーを復活させて欲しいなRX-9として。スカイアクティブ-RE

マツダにしか出来ない技術と車のセンスで今後もお客様に愛されて意識される車を開発を願います、、マツダ=美しいと思われる車を。
私はマツダ原点のデザインがあるユーノス500を乗る度にマツダの良さを思います(*^-^*)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

みんカラで松ちゃんの人生日記を書いてます(^^♪   人生は1度だけ。歩んだ道で足跡を残すのが趣味。  カーライフは私の全て、、皆さんとの繋がりを探して
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Be a driver.Experience2018 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/17 10:50:10
連休中日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/16 08:57:16
―美人とお手合わせ。【2018年試乗-特別篇-】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/30 17:52:13

愛車一覧

マツダ ユーノス500 小さな高級車☆☆ (マツダ ユーノス500)
90年代のバブルマツダ時代「EUNOS 500」に乗っております。。10年色あせぬ価値が ...
スズキ MRワゴン Wit Meのエネチャージ。 (スズキ MRワゴン Wit)
きゃりーぱみゅぱみゅ様がイメージキャラクターになったMRワゴンのWitを母親が購入(^^ ...
スズキ SX4 スズキの芸術車☆☆ (スズキ SX4)
私が初めて購入したのがスズキのSX4。WRCに出場して世界戦略車スイフトの兄弟車として技 ...
スズキ セルボ・モード 鹿MODE660 (スズキ セルボ・モード)
鹿さんの通勤車で購入した山口県から東京都にやってきた古き時代のセルボモード。 CERVO ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.