• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年03月27日

ロードスターRFに思いを馳せる

ロードスターRFに思いを馳せる とうとうロードスターのハードトップ版であるRFが発表されましたね。

散々取り上げてられているので、いつから開発が始まったのか?私的な考察をしてみたいと思いますよ。


そもそも、2012年のデビューを目指して2008年7月に開発が始まった4代目NDロードスターは、2008年9月のリーマンショックによるマツダ全体の開発計画見直しに伴って、2015年発売へと延期になりました。(新型ロードスターの全て(三栄書房) P26)

2009年に開発が仕切り直されコンセプトの練り直し等が行われた後、先行開発がスタート。2011年10月に中山雅さんがチーフデザイナーに就任し本格的にデザイン開発が進行することになりました。(新型ロードスターの全て(三栄書房)P62)
当時、マツダデザインスタジオの3拠点でデザインコンペが始まっていたのですが、再度2012年2月のデザインサミットにてデザインを再提案する事になります。

そして分割収納式のRHTに関する特許「車両用ルーフの開閉装置」(特開2013-159119)が出願されたのが2012年2月1日。



ちょうどデザインサミットの頃です。デザインはまだ決まっていないけれども、先行開発の成果として特許出願したものと推測されます。

つまり、ND用RHTの開発は2011年以前から行われていたということになります。要素技術として開発を行っていたのでしょうが…この特許からわかる事は、少なくとも2011年には4代目ロードスターにRHT版を作る事になっていた、ということです。NDの企画初期からRHTを出す事が決まっていた…ま、容易に予想されますが、この特許で確定的となりました。

その後の開発マイルストーンを時系列で並べると…

2012年2月 デザインサミットでプロポーションモデルを制作し、Aピラーを70mm後退させる事を決定。
2012年のゴールデンウィークに最終案に繋がるエクステリアデザインモデルを見出す。
2012年10月 デザインサミットでインテリアモデルのテーマが完成。(新型ロードスターの全て(三栄書房)P63〜67)

2013年8月 先述の特許が公開となり、私のブログで紹介致しました。
次期ロードスターを特許公報から予想する⑥ RHTのスタイルは如何に!?
(その後、マガジンXさんよくわからないサイトの方にもパクってとりあげていただけてとても光栄です)

2014年 3月 NYショーでシャーシモデルを展示
2014年 9月 舞浜にてNDロードスターを発表
2015年 5月 ソフトトップを発売
2015年10月 ソフトトップRSを発売
2016年 3月   NYショーでMX-5 RFを発表

この開発スケジュールを眺めて気がつくのは、2013年の開発の動きについては今まであまり語られていないと言う事。大げさに言うと「空白の2013年」(笑)
2015年のND発売に対して、2012年にエクステリアデザインの最終案が出来上がるというのは、2年で1車種を開発できる現代では、かなり早めのスタートかと思います。単に第6世代の商品群の発売順序を待っていた、にしても早すぎる。その理由はRHT(RF)開発のためだった、というのは考えすぎでしょうか。



先行開発で検討したRHT機構は、Aピラーの後退によるルーフ収納スペースの減少やデザイン上の制約が大きくなったことによって、再デザインが必要になり、2012年にNDソフトトップのエクステリアデザインが固まったことで、2013年にRFの開発が本格的に行われたのではないかと思います。ま、これも「ロードスターRFのすべて」が出たら明らかになる訳ですが。


NYショーの展示車はマシングレーですが、他の色も見てみたいですね。ソウルレッドだとまた違ったかっこよさがあるかも。とにかく実車を見てみたいですよね。
オープン時の開放感が減る代わりに、2Lのトルクと高い静粛性、そして落ち着いた乗り心地などのロングツーリング性能が大きく向上し、クーペとして魅力的なデザインを纏ったRF。新たな個性として選択肢が増えるのは良い事だと思います。フルオープンだけどカッコ悪くなったであろうRHTよりも、タルガトップだけどとびきりカッコ良いRFの方が嬉しいです。
軽量、軽快で使い切る運転の楽しさを重視した1.5Lのソフトトップと、快適性と余裕の走りを得ながら適度なオープン走行も楽しめる2LのRFの二本立て。
あ、もう一台、ターボエンジンとイタリアンデザインの124スパイダーも忘れてはいけませんね^^
何年後かわかりませんが、選択肢が沢山出てきて楽しみが増えた事は喜ばしいです。

(きっとそのうち余裕の走りとフルオープンの楽しみを両立した2Lのソフトトップが出る事でしょう^^)
ブログ一覧 | 特許公報 | クルマ
Posted at 2016/03/27 21:32:12

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

愛車と出会って6年!
Dosan:5【どさんこ】さん

オレオレ。
.ξさん

焦。(続編)
Wing@翼さん

K-Cultureフェスティバル ...
SKY Jsonさん

フォレスターSK用ドアキックガード ...
axispartsさん

2019年5月の有明会で見た車 そ ...
パパンダさん

この記事へのコメント

2016/03/27 21:56:19
オープン至上主義の私にはこのスタイルは完全にNG。ソウル・ブルーwwがカラー・ラインアップ加わるまで待ち続けます。

それから、昨日発売のベスト・カーのRHT予想が完全に外しちゃってたのには大笑いした^^。
コメントへの返答
2016/03/27 22:10:08
そうですよね。そんなドラさんには124spiderが待ってますよ…!ダイナミックブルーの設定もありますしね。
NDにソウルブルーが設定されたら魅力的ですが、しばらく難しいんじゃないかな。匠塗りは赤、グレーと来ましたからね。

ベストカーの予想はね…セールスマニュアルからのコピペ以外はネタですから…^^
今回は全然情報が漏れませんでしたね。
2016/03/27 22:10:43
黒ノ助さん、こんばんは!

屋根のないロードスターにとって、屋根の開発が肝になる・・・。着眼点が鋭いですね。発表された画像を見て、クローズドのスタイリングの美しさに驚きました。しかし、屋根をドロップしたときの開放感にどう影響するのか、ぜひ試乗してみたいところです。

それにしても、黒ノ助さんの買い増し候補がまた出てきてしまったのではありませんか?(笑)
コメントへの返答
2016/03/27 22:23:55
くすぐりさん、コメントありがとうございます!

そうですね、屋根のバリエーションでキャラクターを作り分けられるのですから、面白いクルマですよね。クローズドのデザインは相当考え抜いたのだと思います。デザインに妥協がないですよね。トランクのフタの形状まで変えてますから。そうそう、是非試乗してみたいですよね。開放感がどれほどのものか気になります。

買い増し候補…さすがにそれは…しばらくはないと思います(笑)
2016/03/27 22:28:48
タルガかぁ~って思いましたが、乗ってみないと分からないですからね。
NA開けみたいになって気持ちいかもしれません。

でも本音は124スパイダーが一番気になるんですよ
コメントへの返答
2016/03/27 22:32:14
そうそう、乗ってみないとわかりません。NA開けって未体験なのですがどんな感じなんでしょうね?
もし乗って気に入らなければソフトトップを買えばいいだけですから^^

私も124スパイダーが気になります。パールホワイトにタン内装が今のところお気に入りです(笑)
あ、あとアバルトもアリかと思ってます♪
2016/03/28 00:08:00
ソウルレッドだとより華やかでセクシーな雰囲気になりそうですね。

個人的に何故かNDは写真だとずんぐりしてるように見えてしまうので、はやく実車を見てみたいです。 

クローズ時の静粛性次第ではクーペほど荷物は積めないけど、クーペ風のスタイリングでありながらボタン一つでオープンドライブもつまみ食い出来てしまう贅沢な車になるのかなと思っています。 
コメントへの返答
2016/03/28 20:09:24
ソウルレッド、見てみたいですよね^ ^
派手かっこいいはずです。

NDは写真を撮るのが意外と難しくて、おっしゃる通りにズングリ目に撮れちゃいます。全長が短い上にコーナーを絞り込んでいるので。やっぱ実車ですよね。

クローズドの静粛性はNC RHTよりも向上してると良いですね。オープンドライブつまみ食いとはうまい表現^ ^
2016/03/28 19:53:20
こんばんは。

NCのRHTは「屋根を閉じる事も出来るハードトップ」でしたが、RFは「屋根を空ける事が出来るハードトップ」と180度発想を変えて来ましたね。

ボディーとルーフの色が異なる幌車に対してはイマイチ興味を示さない嫁でしたが、RFに対しては流麗なデザインである事もあって、「いつ頃から試乗出来るのかな?」なんて事を言ってます。

NCRHTと比べた開放感と価格が気になる所ですが、共にそれ程差が無いのであれば、我が家のリプレース候補間違い無しです^^
コメントへの返答
2016/03/28 20:14:26
こんばんはー

おっしゃる通り逆転の発想ですね。そのおかげでかっこよくなっているのでウェルカムですよね。

奥様、脈ありですか^ ^
ようやく後継候補が出ましたね。
我が家でもトランク収納シミュレーション談義をしましたよ。
ここはお互い慎重かつ大胆に試乗に進みましょう。開放感は前を向いている限り変わらない筈です(笑)
2016/03/29 06:59:14
最初の愛車が、初代FTOだった私としては、リヤ(Cピラー)の造形が、懐かしく

少しだけ「ときめき」ます!
やはり「初恋」は、忘れられないものなんです (笑)


ちなみに、124スパイダー!
軽井沢の第一駐車場には、入れないそうです(確認済み)
コメントへの返答
2016/03/29 20:37:07
確かにFTOに似ていますね。FTOかっこ良かったですもん。懐かしいですよね。

確かに最初の愛車って思い出深いですよね。
白神爺さんの初恋の思い出は、さぞかし素晴らしいものだったのでしょう(笑)

やっぱしFIATだから軽井沢は難しいんですね。124が魅力的だとしても、ロードスターである事が大切だと思い直しました^^
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.