• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2016年06月19日 イイね!

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 7 佐世保〜王子ヶ岳

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 7 佐世保〜王子ヶ岳やっとやっと辿り着いた最終回。2ヶ月近くかかりましたが、ゴールデンウィークの旅行記、完結編です。




いよいよ五島を離れるときがやってきました。

福江で三泊三日。なかなか自分のクルマで訪れる事が出来ないが為に直前で旅程を伸ばした甲斐あってたっぷり巡る事ができました。
早起きして、駐車場にベリーちゃんを迎えに行きます。

街はまだ静まり返ったまま。


港へ到着。


フェリーターミナルで往復割引の引換券を乗船券に換えて、


乗船待ちの列で搭乗を待ちます。


港に停泊する万葉。


いよいよ乗船開始。結構早い搭乗です。


2列目ゲット。

今回は2等指定券を買ったので、若干ゆったりとした2等指定室。でも船内では眠る事も出来ず、ただゴロゴロするのみ。この便は奈良尾に立ち寄るので結構時間がかかります。

そろそろ本土が見えてきたと思って甲板に上がると

お、長崎港に入ってる。


こちらが三菱造船所。そして五島に向かうジェットフォイルです。


無事にお昼前に長崎港に入港、そして上陸。


お腹が減ったので、中華街へ。


迷わず蘇州林へ。


長崎最後の食事なので、奮発してフカヒレ焼飯。


そして定番の角煮饅頭。


そして皿うどん(細麺)。どれも程よいお味でとても美味しい…あっさりしていてまだ食べられる…
正直、コレを食べると四海楼の味は落ちたんだと確信しました・・・ああ、あんなに美味しかったのに〜蘇州林の方が(お高いけど)確実に美味しいです。

お腹が満たされたので、本日の宿泊地である佐世保に向かいましょう。

高速を通ると遠回りでちっとも面白くないので西彼半島を北上します。

が、通った事の無い半島の真ん中を突っ切る県道204号を走ってみます。

こんな山中の1.8車線を駆け上がります。が、霞んでて展望は悪い・・・海沿いを走るより若干近道かと思いますが、やっぱし海沿いがいいかも。


大村湾が見えてきました。


西海橋を渡ると佐世保市です。
ちょこっと西海パールラインを走って、ハウステンボスをパス。
西九州道から佐世保市内に入りますが…

なにやら見慣れない巨大な建物があるな…


と思ったら、豪華客船が寄港しているじゃないですか。デカイ!


そして、そのまま本土最西端の神崎鼻にやってきましたが、いや、特に何の感慨も無く…ただただ駐車場は観光客で溢れているのみ…


むしろ妻は近くの港のいりこ製造工場の香りに反応しておりました(笑)

長串山公園のつつじ祭りに立ち寄ってみましたが…ツツジはほとんど咲いておらず。

県道139号で山を突っ切って佐世保に戻りますが、振り返ると平戸島。この道は楽しかったです。


天気もイマイチなので佐世保市内に戻って、ホテルにチェックイン。


いろいろと調べると駅前にLOG KITの支店がある事に気付き、テイクアウトして夕食とする事に。


うほ。ビールとスペシャルバーガー、贅沢な組み合わせ!


うん、うまい!こんななああああに美味しかったっけ?
二人でパクパク食べてしまいました。

さて、翌日。朝食はそこそこに開店時間に合わせてLOG KITの本店に。

昨日美味しすぎて、妻のリクエストで再びスペシャルバーガー。


はみ出すはみ出す、でもこれを上から潰して食べやすい厚みにしてパクパク。
ああ美味しかった。

その頃、佐世保にもどるtododesuさんを発見し…


港に向かうとハイタッチ!お帰りなさ〜い!ではまたね〜
このあとtododesuさんはLOG KITに吸い寄せられて行ったのは言うまでもありません(笑)

さて、我々は本日一気に移動です。

平日なもんで、ガラガラの西九州道を走り…


長崎道へ


鳥栖JCTで九州道に入り…


道中ロードスターを眺めながら…


福岡を通過。雨降ってきた…


北九州を走行中のNC。


関門海峡めかりPAで小休憩。


広島付近でNC。


山陽道最高地点の高坂PAで遅めの昼ご飯。とそこでパトカーが獲物を狙って待機中。

目を付けられないようにソロリと高速に入ったとたんに…
このパトが猛スピードで追いかけてくる…ひえ〜悪い事してないのに〜


と思ったら一瞬で抜かして行って、改造車を捕捉…


その後も対向車線でパトが走り抜ける…広島県警怖い…


とまあ飽きずになんとか水島ICまで帰ってきました。


雨が止んだので、王子ヶ岳の夕暮れを見てみたいと思ってやってきました。


おう、雲がすっきり晴れないな〜


展望台まで行ってみようと思ったら、我々の前にネコが現れ、先導を始めます…


するとわらわらとネコちゃん達が集まってくる。


こっちにも。


これがボスのオスネコっぽい。


妻におねだりするネコちゃん達。


そしてようやく展望台へ。



おお〜なかなかいい感じ。


夕陽は無理だけど、雨上がりの荘厳な雲と瀬戸内の海。


と思ったら雨がパラパラ降ってきたので退散。


帰り道でもネコトラップだらけ。


わりと、人懐っこいんだから。


期待感に満ちたシッポですが、エサは持っていないのですよ。


駐車場にはイノシシ一家が…


ネコを堪能して本日の宿へ向かいますが…洗車したい…


なんとか連島中学校西の洗車場を探しだしました(画像クリックで地図へ)


水洗車。


ふ〜長旅の汚れを落としたぜ〜
それにしても、NC3になってロングツーリングが楽になったとはいえ、やはり一日600kmは疲れるな〜


倉敷市内まで戻って約630kmの移動の疲れを癒すべく翌日に備えます。

で、翌日は大山ツーリングに参加。
クリックで大山ツー.ブログに飛びます
新緑のブナ林を走り抜けるのは本当に気持ちが良いです!

ということで、9泊9日の五島への旅を終え、無事に帰宅しました。
五島へは3度目マイロードスターでは2回目の旅になります。かなりのんびりじっくり島を巡れて大満足でした。改めて五島の海の美しさと食べ物の美味しさを堪能できました。それに思わぬところで思わぬお友達と会う事が出来て思い出深い旅になりました。

最後までご覧頂いた皆様、有り難うございます。よろしければ一言でもコメント頂けると嬉しいです^^
2016年06月13日 イイね!

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 6 福江島満喫

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 6 福江島満喫いやはやまたまた間が開いてしまいましたね。最近週末意欲が低下気味ですが、夏の北海道旅行の予定を決めかねていてダブルスタンバイな黒ノ助です、こんばんは。

福江島3日目。
前日の嵐の影響が弱まったのは良いけど、今日は真西の風なので大陸から徐々にPM2.5が流れてくる予想。天気はよいけど霞むのだろうな〜ということで、じっくり一日福江島を満喫する日です。

朝起きて駐車場へ歩いて行くと

ネコがこんなポーズでこちらを凝視。

さあ、なんとなく島内のCPをとりながら巡りましょうかね。とりあえず五島つばき空港へ。

さくっとCPゲットして、次は鬼岳に行きましょう。


おっ五島牛!
美味しかったなあ(笑)

鬼岳です。火山ですね。芝生がとにかく美しいです。


見下ろすと霞の向こうは海。


あとであっちの方にもいってみましょうかね。


なんとなく鬼岳にのぼってみたくなってテクテク歩きます。


山頂まで行ったらさぞかしいい眺めなのでしょうが、
あまりに霞がひどいので、今回はパス。


反対側は福江の街と港が見えます。それにしても吹き抜ける風が気持ちいい事!


さてドライブ再開。麓までおりてきました。


さらに海に向かって走ります。


鬼岳から見えていた半島にやってきました。臼岳のふもとですね。


いや、特に何もないのですが、正面に黒島が見えますね。


箕岳を目指しますが、どうも道が狭そうなのでスルー。
あとで調べると箕岳園地といって駐車場と山頂展望台が整備されているそうです。


島の南岸を西へ進み


島中央部のCPをとりに行くも道に迷うの図。


さらに内闇ダムへCPとりに行くも狭路でビビるの図。
なかなか観光では通らないジモティーロードを多数開拓できて楽しかったです。


なんとかCPをとれて島の北東側の堂崎教会へ向かいます。
教会近くのカフェで休憩しようって算段だったのですが…


堂崎教会駐車場前の入り江は変な岩が多数。
そして駐車場はクルマが多数。観光客多し。バスツアーも。


こちらはレンガの積み方が若干手作り感溢れる堂崎教会。


観光客が映らないアングルはこちら。


ほんと、五島とは思えない人の多さです。
そしてお目当てのカフェは定休日。なんてこったい。


教会の正面は草むらになっていて五島の島々がよく見えます。


はい、なんとか観光地を制覇しましたよ。


次行きましょう。元来た道を戻るのはとっても遠回りなので、細いけど近道の162号線を行きましょう。途中までは快適なんですよ。でもレンタカー屋さんで通らない様に注意されるような道ですからね。


はい、途中は昨日の嵐の影響で多数の石ころがぶちまけられてる区間がありました。初めての人はやめましょう。ってけっこうレンタカーが走ってきましたけど。


なんとかしまの中央部にでて、次のCPへ。ダムです。
が、道中は嵐で落ちた枝が多数あって、正直パンクが怖いので慎重に走りました。ふー。疲れるな。


次は(我々の)定番(ドライブ)観光地、魚津ヶ崎。遣唐使寄港の碑があります。


海の横で芝生にクルマ並べられるところです。


なかなかいいんですよね。前回来た時は日産リーフだったので、ようやくロードスターを置く事ができました^^


この熔岩海岸もなかなかワイルドで素敵です。


前日寄った水の浦教会はパスして、


道の駅に寄ったけど、激混みなのでパス。お腹減ってきた。
そこで、三井楽の集落のスーパーで買い出しする事に。


お、丁度いいスーパーがあった。


意外とお惣菜が充実していてラッキー。刺身などを買い出して景色のいいところで食べましょうか。


三井楽半島の海岸沿いにはこのように道路が整備されていて…絶好のドライブルートなんですよね…


お、あそこの砂浜綺麗だったな。


ずっと見えてる姫島が良いアクセントです。


良いドライブルートの筈だったんだけど、草木が生い茂って軽自動車サイズじゃないと擦るなあ…ということで、緊急対応して前進。なんとか突破。25thだったら来れないなあ。


そして先ほどの浜に到着。何やら非常に美しい!


ここでご飯タイム。天然鯛刺身。


いわしポンポン。どちらも美味しいです。


そして浜を眺めましょうね。


白砂、青い海、そして山の緑と熔岩海岸。


どこを切り取って良いのかわからなくなる美しさ。


ほいじゃ、ベリーちゃんも一緒に写ってみましょう。


海の青さのグラデーションがすばらしい。


映画のロケ地になったんですって。今日は西の風だったので、東向きのこの浜は波があまりなくて良かったです。

その頃、tododesuさんは。。。

中通島2時間の滞在時間を無事終えて、宇久島に上陸されておりました、よかったよかった。


ほい、じゃあ次向かいますか。


こちら、遣唐使最後の寄港地である柏の港。


そこから海沿いに道が続いております。


道の色が変わった。


と、遮る物の無いシーサイドロード。



柏崎と姫島


小さな灯台がありますね。


ワイルドな海岸線です。


更に進む…


更に進むと水平線


豪快な海岸


正面に嵯峨ノ島が見えてきた。そして長崎鼻の灯台です。


石垣があると思ったら防風垣だったんですね。人工物です。


長崎鼻の灯台に到着。


広場になっております。


その後海から離れて塩水の集落には大木が。


そして、高浜海水浴場に寄ってみますが、逆光で干潮。


ちょっと潮が引きすぎですね。


海の色は綺麗ですが、波も高い。


隣の頓泊海水浴場へ


こちらのほうが海が近いですね。


満ちてくる波を撮影。


アセツ鼻の崎に展望台があります。さっきまで正面に居ましたよ。


潮がどんどん満ちてきます。


ペンションの玄関にネコちゃんがいました。


さてさて、次行きましょう。


こちらは荒川温泉の足湯。tododesuさんに教えてもらったので来てみました。


道路のすぐわきにあるので、通り過ぎるクルマが皆ガン見して行きます(笑)
ドライブの疲れを癒すにはとても良い湯でした。足湯って敬遠していたのですが、意外と良いもんですね。


さて、まだまだ時間があるので


弘法大師ゆかりの大宝寺の前の港に寄ってみます。


なかなかの大きさの港。外洋に面しているので大物が釣れるかと。


いきなり険しい岩場。


そして巨大なテトラ。こちらは危ないのでパス。


結局防波堤の隙間を丹念に狙っていきますが…全く反応無し…


先端のテトラ周りは絶好のポイント、と思いきや全くダメ。


テトラのまわりにゴミ袋がゆらゆら漂っていると思ったら、巨大なクロのようですが、そんなもん釣れない…


ということで見事にノーフィッシュでした。


さ、そろそろ例の場所に向かいますかね。このネコちゃんは全くこちらに反応してくれませんでした。


西日に照らされる玉之浦湾


はい、大瀬崎に到着。先客がいます。


風は結構おさまってきたのですが、霞は相変わらず多いですね。


灯台。


しばらく待つのもヒマなのでクルマを撮影でもしますか。


ちらっと灯台見えております。


逆光でお尻を撮るといい感じに見えますね。幌車のトランクの曲面はなかなか素敵です。


さあそろそろ陽が傾いてきたので、専属カメラマン登場。


逆光でこの断崖を撮るのはかなり難しいです。


赤く染まってきた。


わー沈む〜


綺麗な夕陽でした。


日没後の空の色も素敵です。


ボンネットに映る空もなかなかのもの


もっとずっと見ていたい空なのですが、


お腹減ってきたのでそろそろ撤収です。


誰も居なくなった大瀬崎、とても美しいひとときでした。


さて、宿に戻って食事もしんどいので、NEWパンドラで夕食です。意外と遅くまで営業してくれてありがたいです。


そして鹿におびえながらホテルに戻りました。


夜食は前日の残りの天ぷらです。

福江島を満喫した一日でした。

つづく
2016年06月06日 イイね!

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 5 福江島上陸

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 5 福江島上陸6月に入った途端に寒くなって風邪引いちゃった紺ノ助です、こんばんは。

さて、間が開いちゃってもう皆さん飽きてきた頃でしょう、最後までいったい何人ついてこられるか…なんて。

中通島からフェリーに乗って福江島移動してきた我々、

ようやく上陸の時を迎えます。福江港はいつも活気があってにぎわっています。

市街地を通って

福江城の城壁を横目に島を横断します。


目指すは、あそこ。

でも、ご覧の様にちょっと雲が出てきたし、日没までは時間があるし、

ということで、何となくCPをとりにダムに寄り道。


その後はレンゲ畑に寄り道したり、


あまり見た事のない珍しい鳥を見つけたり(アマサギでした)


そんな事をしながら玉之浦湾にやってきました。


それでもまだ時間があるうえにお腹が減ってきたので、玉之浦の町までやってきてスーパーか売店でも無いかと徘徊してみたのですが、


ネコは居るけど…


めぼしい売店も無く…


ネコは居るけど…お腹減った…

大音量で演歌を流しているバスがあるのでてっきりカラオケ大会かと思ってましたら、コレって移動販売車じゃないか、とはたと気付き、こちらで食料調達。店内はかなり充実していて田舎のスーパーで売っている物は一通り揃ってる雰囲気でした。


これでようやく落ち着いたので山登りしましょうか。

で、やってきたのが大瀬崎。

おー見事に曇って霞んでおります。夕陽は厳しいなあ。


おっと、幌を開けるのを忘れてた。


新緑が綺麗ですね。でも、やはりこの時期で日が暮れてくると海風も吹いていて半ズボンだとちょっと肌寒いです。


で、tododesuさん、そろそろ夕暮れなんだけどCP集めをギリギリまでされていて間に合うのか?っとちょっと心配しつつ…


でも、バイクって機動力があるのであっという間だ〜、と感心しつつ初対面。
旅に出る前のブログで、どこかでハイタッチするかもってコメント貰っていましたが、まさかこんな西の端でリアルハイタッチとは!それに去年の夏の北海道旅行の際に根室でニアミスしていたのですが、念願のハイタッチですね。


旅のお話とか(与論!?)、ロードスターの話とか(幌の方がね)、トランク容量の話とか(キャンプするならNCがオススメ)、お友達の話とか(カレー)、バイクの話とか、いろんなお話をしているうちに夕陽のかけらも見えず、スッカリ日が暮れちゃいました。


いやはや、すごい方がいらっしゃるもんです、我々なんて足下にも及ばない旅をしていらっしゃる。我々なんてあまちゃんです。明日には別の島に渡られるということですが、天候が心配です。なんせ明日は嵐の予報…旅の無事を祈って別れます。そしてこれから夕食の食材の買い出しをして、キャンプ地に戻るとか。スゴい体力。


ほいじゃ、我々もキャンプ地に戻りますかね。


途中のスーパーで夕食の買い出ししようと思ったら、また会ったりして。離島あるある(笑)


それにしても鮮魚が安いんですよね。石鯛1200円、天然真鯛1700円…


適当にお惣菜と魚の天ぷら等を仕入れて、福江上陸をお祝い。tododesuさんのお話で盛り上がった夜でした。


翌朝…外は嵐、ものすごい強風と叩き付けるような雨。警報も発令されて外に停めてあるベリーちゃんが心配になるほどの天気ですが、一歩も外に出る事が出来ず…tododesuさんは無事なんでしょうか…


午前中はヒマだったので、ガラガラのコインランドリーで洗濯しまくり。


お昼過ぎると雨が止んで雲が切れてきました。濡れているベリーちゃんを拭き拭きして、


よし、っと活動開始。


まだ風は非常に強く、道路は所々冠水していますが、なんとか通れる。


魚津ヶ崎公園に来てみましたが、スゴい風に乗って潮が飛んできます。


猛禽類も風が強すぎて飛び立てずに畑で休憩。


いつもは青い海も、今日は沿岸部は茶色に濁ってます。


次は水ノ浦教会。こちらも強風で吹き飛ばされそうです。


ですが、改修工事も終わって真っ白で美しい姿を見せてくれました。


上空を雲が飛んで行きます。


引き続き島をパトロール。道路に水が出てます。


高島海水浴場に来ましたが、こりゃスゴい波で底荒れが激しいです。


こりゃいつものブルーは厳しいなあ


うーん、今日はどこに行っても海は大荒れ。


道の駅で仕入れたかんころもちをパクついておやつタイム。
そういえば道の駅のソフトクリーム無くなったんだって。
あれ結構美味しかったんだけど。


と地面に何か落ちてる、と思ったらカニさんでした。雨のあとなので道路に出てきちゃって。けっこう大きめなので食べたら美味しそうです(ウソ)

って行き先も特にないので大瀬崎まで様子を見に行ってみますか。

ほー温泉があるんですね。


あ、ここに足湯がある。


でもスルーして内海沿いを走ります。


玉之浦湾の奥はたいへんな色になっています。赤土が大雨で流れて海がまっ茶色です。

ニューパンドラ前の海はきれい。


そして大瀬崎。
嵐の後はバッチリクリアな海を期待していたのですが、

この通り雨は止んだものの、強い風はおさまらず。海からの潮がスゴい勢いで舞い上がってきます。


こんな時は防塵防滴のカメラじゃないとヤバいです。


風裏になる東の断崖方面。


こちらも白波がたっています。


潮が舞って霞んでますね。


と大きな雲が流れてきたなあと思っていたら、大粒の雨…


やばい逃げろー


と下界まで降りてくると雨は止み、新緑の原生林の美しいこと。


そろそろ夕暮れ、と思って再び大瀬崎にやってきましたが、


ご覧の通り厚い雲が流れてきました…


あちらの雲の下は雨が降ってます。


幻想的な大瀬崎灯台。今日も夕陽は厳しいねえ。


と思っているとtododesuさんと再会。
今日のフェリーは欠航になって一日延泊とのこと。


雲が切れないかな〜


ちょっとだけ東シナ海に陽が射した。


どんどん雲がこちらに流れてきます。


こういうの、タイムラプスで撮るとさぞかし美しいんだろうな、と思いつつ、展望台で飛ばされそうになりながら太陽を待ちますが…


反対側の空もまた美しいのです。


一瞬だけ雲を明るく照らし、


雲の向こうに沈んで行きました。
tododesuさんとは再びお別れ。
また日本のどこかでお会いしましょう。


玉之浦湾の向こうの空のグラデーションは、毎回こちらに来るたびに名残惜しくなる色あいです。


お、カーピカランド福江発見。次回はこちらで洗車ですかね。


例のごとく美味しいスーパーの食事で夜は更けていきました…

つづく

2016年05月28日 イイね!

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 4 上五島その二

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 4 上五島その二軽井沢にRFが出展されそうで、ちょっとだけ行かなかったことを後悔した黒ノ助です、こんばんは。

さて、GWの旅行記はそろそろ折り返しでしょうか…いつまで続くのか見当がつきません。

さて、上五島の中通島で五島うどんを食した我々はすぐ近くの蛤浜に立ち寄る事にします。

市街地(といっても小さな町ですが)のすぐ横にある蛤浜。でもその美しさはなかなかのもの。


太陽が顔を覗かせるとパッと砂浜が明るくなり独特の海の色が出てきます。


見事なグラデーションですよね。


人が居ない間に専属カメラマンに撮ってもらいました。この海と一緒に撮りたかったのですが、これが精一杯ですね。

その後、特に予定もなかったので展望台巡りでもしようかと思ったのですが、なかなかのアドベンチャーロードっぷりに早々に諦め…

船崎郷の港で釣りを試みますが…アタリもナシ。


それにしても山の緑が綺麗だなあ

もー全然だめなので河口を攻める事に。

奈摩の港でようやく子供アラカブを捕獲。元気でした。
でも大物はやっぱし水深が無いとダメだ…ということで
前回釣りをした小串の港にやってきました。

小魚がいっぱい群れております。


とまあ、こんなところでテトラの穴にルアーを落として穴釣り。
良さげな穴にスルスルっと落として底まで辿り着いたかな?っと思ったらいきなりのアタリ。グングン手応えがある!こりゃデカい・・・しまったラインが細い!と思ったら穴に潜られてアウト。逃した魚はデカイです。

そろそろ疲れてきたので早めにホテルに戻って温泉へ。

さすがに早い時間なので貸し切り状態。


海を眺めながら熱い風呂でリフレッシュ。ふー極楽極楽。


部屋でのんびりしたあとは夕陽を眺めに外に出ます。涼しい風がふいてとても気持ちが良いのです。長袖シャツ1枚で丁度いい温度って、本当に快適ですね。でも雲が多くて夕陽を拝む事は出来ませんでした。


さて、夕食に行きましょう。


はい前菜、やはり美味い


スパゲッティージェノベーゼからすみ風味。う、美味い。五島はからすみの産地でもあります。ワインがすすむすすむ。


ズッパ ディ ペッシェ


お口直しのジェラート


そして五島牛のタリアータ、本日も旨味がこぼれ落ちそうでございました。


ドルチェのりんごのコンポート

ああ、本日も満足です。ここまで来た甲斐がありました。
そのまま気持ちよく就寝しました。

翌朝も天気は晴れ。

本日の朝食は洋食でございます。

自家製のジャム


スープ。これも美味しかった。


オムレツとソーセージとサラダ。前夜にお腹いっぱいになっているはずなのにパクパク食べてしまいます。

朝食は和食と洋食が選べまして、どちらも美味しいのですが得意なのは洋食ではないか、という気がしました。

お土産を買ってチェックアウト。

しかしですね、すでに標準積載容量ギリギリの荷物で出発している物ですから、お土産を入れるスペースなんぞありゃしません。最後の砦である幌スペースは、まだまだこれからオープンで走るので使う事はなりません。
なので、シートの後ろの微妙な隙間に入れようと思ったのですが、せっかくのお土産がつぶれてしまいます。

で、その存在を忘れていたココ。シート後ろのボックススペース。幌車の特権であります(RHTには無いのですよ)こちらに収納して事なきを得ました。

さ、本日もドライブしましょうか。

お昼すぎのフェリーなので午前中はドライブできます。


青砂ヶ浦教会の前を通って


湾の反対側の冷水教会へ。木造の教会なんです。


そして矢堅目へ。説明はこちらをご覧ください。


こちらが奈摩湾


そして丘をのぼると海が見えてきます。


こちらが先っぽの三角の岩。


西の方ですね。風が涼しい岬状の公園になっております。

あ、そうそうホテルを出る時にこのタンブラーをお買い上げになられてアイスコーヒを入れてもらいました。これ、ドライブにいいですね。


ちょっと戻って矢堅目の駅に立ち寄ります。


むこうに矢堅目の岬が見えますが、これがトトロに似ているとかなんとか。うーん見えます?


中では特産品とか観光ガイドブックなどが並んでいます。ちょっとした休憩も出来る様になっています。こちらで矢堅目の塩を買いました。これで肉を食したいと思いまして。

さてお土産を調達したので島の南の方へのんびりドライブ。

途中、鮮やかな屋根が印象的な廃校を見かけたので立ち寄ります。


オレンジの屋根


どこか懐かしい雰囲気の校舎ですね。


まだそこで授業が行われていたかのような佇まい。映画のロケなんかできそうですね。

そしてカトリック中ノ浦教会

ポスターやガイドブックではこの海に教会が映ってる写真が使われているんですが、本日は干潮で風もありまして条件が悪かったですね。
(専属カメラマンの撮影)


なかなか素敵な教会であります。


うむ、それではまだ時間があるので橋で繋がってる若松島へ行ってみましょう。若松島大橋を渡ります。


橋の横から島々をながめます。


浅瀬はこのように独特の色をしております。青いですね。

で、そろそろお腹が減ってきたのですが、いかんせん食料を持ち合わせていない。若松郷でなんとかメシにありつこうと思いましたが、寿司屋は臨時休業ということで食料難民に(笑)


というわけでA-COOP若松店へ。
こちらも思ったような総菜やお弁当が無く、パンとシュークリームを調達。


ちなみに若松郷の全貌です。もし訪れる方がいらっしゃればご参考に。


一応食料調達に成功したので、景色のいいところで食べたいものです。


ということで近くの龍観山園地へ。若松島大橋を見下ろしながらクリパンを食べます。129円。


地元のシュークリーム。景色と相まってなかなか美味しかったですよ。


若松島大橋。風景とけんかをしない美しい橋です。


こちらは養殖いけすですね。


はい、前回もココは訪れたのですが、色違いのロードスターで再訪するとは思ってもいませんでした。

おなかが満たされたので、もうちょい走りましょうか。天気もいいし。

ということで先っぽの島を目指してのんびり走ります。ここらへんの湾はとても美しいのです。


ハゲ崎あたりから北を眺めるとこんな感じ。小さなアポロチョコっぽい島は龍宮小島。沢山島があるんです。


ほんと気持ちの良い道です。


見下ろすとリーフエッジ(じゃないけど)の碧いラインがみえますね。


そして漁生浦橋へ。若松島と漁生浦島(りょうぜがうらしま)を結ぶ橋。
この橋の下がとっても綺麗なので我々のお気に入りなのです。


狭い海峡なのですが、本日は干潮という事もありさらに狭くなっています。ちょうど満ち始めなのでちょっぴり渦を巻いています。


海が青いですよね。


専属カメラマンがなにやら見つけました。意思を持って浮いている物体、コブシメだそうです。獲物を探していたんでしょうね。


外海からは強い風が吹いております。


さて、続いて有福島へ続くミニ海中道路を通って


最後の島、日島(ひのしま)へ


こちらには曲石石塔群があります。


説明はこちら(クリックででっかくなります)


船だまりもこのとおり白い砂です。


さ、そろそろフェリーの時間が迫ってきました。


もこもことした島々を眺めながらのんびり走ります。


若松郷までもどってきて


若松大橋を渡って中通島に戻ります。


と思ったらネコちゃん発見。


そしてイノシシの親子を発見。うりぼうカワイイ♪


そして奈留へ到着。フェリーがやってきました。


奈留から福江に向かうフェリーはバックで乗船なのです。これがけっこう難しい…


はい、乗船。意外と余裕がありました。

ちょいと疲れたので船内でゴロゴロしていると

あれ?緑枠の人ってお友達だよね?
なんとお友達のtododesuさんが福江島に…!
意外や意外、まさかこんなところで…一緒になるとは!?


そろそろ福江島が見えてきました。


福江港のターミナル。こうして見ると福江は大きな町です。


車両甲板に戻ると何やら魚臭い…?


うお、これは本当に魚じゃないですか。氷づめされた魚がそのまま置かれております。魚汁が…ワイルドです。

つづく
2016年05月23日 イイね!

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 3 上五島上陸

ロードスターでゆく五島の旅 (2016年GW) 3 上五島上陸今週末は軽井沢ミーティング、参加者が多すぎてクルマでの当日参加は出来ないというほど盛り上がっておられますが、今年は欠席する黒ノ助です。理由は特に無いのですが、皆が盛り上がれば盛り上がるほど盛り下がるというあまのじゃくな性格が災いしている様な気もします。変なヤツ^^


さ、旅の続き。

上五島の奈良尾港に到着した我々は、まずは延長が決まった「しまとく通貨」をゲットすべくフェリーターミナルに足を踏み入れます。

しまとく通貨とは九州の離島で使える地域限定の金券。前回来島したときにお世話になったのですが、今年の3月で一旦終了となっていました。でも好評につき延長が決まったという情報までは入手していたのです。

が、今年の10月から再び制度が始まるという事で、ちょうど今は端境期でしまとく通貨を発行していないとの事…けっこうあてにしてたのに〜!残念。

まあ、そんなにうまい話はない、ということで気を取り直し、港に近い展望台を目指します。

けっこう細い山道を登っていくと


ばーんと展望がひらけてきます。


展望台近くの山道でなにやら飛べない鳥さんのご家族がテクテク歩いていました。自然いっぱい。



はい、米山展望台に到着しました。階段を登って行くと…


展望台の頂上に到着。見渡す限りの海と島々です。


こちら西側が見所なんですが、午後なので逆光ですね。


ちょいと霞んでいますが、海の色は綺麗です。


こちら東側の奈良尾港の方面。先ほど着いたフェリーターミナルが見えます。


南側では、先ほど乗ってきたフェリーが福江に向かって航行中。


さ、満喫したので下りましょう。下りも海がバーンと見えますよ。


さて、島の西海岸を海沿いに走ります。


途中の港にて。海の色がどこも綺麗なんですよね。


朽ちた倉庫をバックに。


桐教会。島と島の間の水路がこれまた綺麗な色をしています。


風があるのでよく見えないのですが、石が白いのでとても綺麗なブルーです。


快走路をひた走って上五島の中心部に向かっております。


鯉のぼりですね。


そして、青砂ヶ浦教会へ。ちょうど夕方の光に照らされて美しい姿を見せてくれました。


早めですが、本日のお宿に到着。


ここも旅の目的地の一つです。


チェックインしてホテル内へ。


今回は西側のお部屋。窓から海と夕陽が見えます。


日の入りは19時ですね。

早めのチェックインなので、すぐに温泉に入ります。
はー温まりました。

温泉の上のテラススペース。ここで涼むのも気持ちよいです。


お部屋のベランダで涼しい風に吹かれながら海を眺めます。この時期は最適な温度ですね。

そろそろ夕食の時間なのでレストランに行きましょう。

夕陽が沈みそうです。


風の音と鳥が鳴く声とともに


陽が沈んでいきました。


さて、お待ちかねの夕食タイム。
我々の記念日を思い出の地で祝います。
再びココに来る事が出来て、感謝です。


前菜。うまい…


からすみと魚のパスタ…


いさきのグリル。


そして五島牛のビステッカ。
五島の塩で食しますが、コレが美味かった…


ドルチェ。太ります(笑)
とても美味しゅうございました。

翌日
カーテンを開けると

晴れ!朝の空気は美味しいです。

さ、朝食に行きますか。

売店で売ってるタンブラー。
こちらで買うと好きな飲み物を入れてくれるそうです。
よっし、明日買って珈琲いれてもらおう。


本日の朝食は和食。
こちらの朝食は和食と洋食が選べるのですが、どちらを選んでもサイドメニューを頼み放題。ただし、サイドメニューは一皿で確実に一人前あるので、頼みすぎると食べきれません。


アップルパイ一つにしておきました。


美味しそうなパンを横目に、部屋に戻って支度します。


ホテルのまえに咲いているマルゲリータ。

さ、今日は一日上五島を堪能する日。

まずは白草展望所から海を眺めます。とにかく青いのですよ。


こちらが赤壁。


矢堅目。三角の先端がカッコいいです。


上五島をぐるっと走って、頭ヶ島へやってきました。
頭ヶ島大橋です。

頭ヶ島教会へ行く予定だったのですが、集落へは一般車通行禁止になってる…

上五島空港の駐車場に停めて、パークアンドライドで頭ヶ島教会に向かうようになってました。以前来た時はひとっこ一人いなかった空港だけど、観光客が増えてるってことですね。



空港は教会をイメージした建物ですね。


バスに乗り込み、教会に向かいます。


お、道中からチラッと教会が見えます。


そしてやってきました教会。人が入らない様に撮ってますが、実際はそれなりにお客さんが多いです。


歴史と風格を感じさせる姿がすばらしいです。このカラーリングも好き。


教会の前の浜も美しいです。


太陽が砂浜を照らすとこの通り。

滞在時間30分で次のシャトルバスに乗って空港に戻ります。
空港の建物では頭ヶ島や教会の歴史を展示していました。

なかなか興味深かったので、じっくり拝見しました。


そして空港の展望所を発見したので、今は使われていない空港を拝見。風光明媚です。

ほいじゃ、お腹がへってきたので戻りますか。

帰り際に集落を見下ろせる丘の上から海を眺めます。


小さな集落ですが、教会の存在感がすごいですね。




さて、頭ヶ島大橋を眺める港に立ち寄ってみました。


手つかずの海岸です、板状の石を切り出して様々な事に使ったとか。


ここら辺の集落では、その石をつかった石積みの壁や石畳の道が残っているそうです。

さて、お腹が減ったので、お昼はココと決めていた

竹酔亭へ。正面駐車場へ入れる時にこの段差でアンダーをポコりました…


天ざるうどんです。うん、美味しい!
って、家で茹でても同じくらい美味しいんですけど、やっぱ現地で食べると気分が違います。


そして、私の後ろにはこんなカレンダーが。趣味がいいです。

つづく

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.