• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2016年07月24日 イイね!

夏の高知孝行旅行

夏の高知孝行旅行7月の3連休はお母さんを連れて四国へ行ってきました。

北陸出身のお母さんはなんと四国に行った事が無い!

ということで一度四国へお連れする事に。

北陸から四国って結構遠いんですよ。直行便も無いし。
ということで、新大阪までサンダーバードでやってきて伊丹空港から高知龍馬空港へ飛んでもらう旅程を組み、
我々は淡路前泊の高知空港で落ち合う事にしました。

金曜日の夜は、ほどほどな渋滞模様。

出発がちょっと遅くなったのでそれほど渋滞は無く、


神戸を通過。


淡路SAで夕食。
この旅行の為に標準の18インチSP SPORT MAXXに履き替えたチクセラちゃん。ステアリングがとっても素直で直進安定性もカーブも、身のこなしがものすごく軽くなりました。やっぱ標準って完成度高いね…!

この日は淡路島に前泊。温泉に浸かって疲れを癒しました。

翌朝、雲が多いもののまずまずの天気。


徳島道を経由して高知へ向かいます。
ここでもレーダークルコンを駆使しつつ安楽に阿波池田まで。


ここから時間調整も兼ねて一般道で高知へ向かう事に。
池田湖で小休止。陽射しが強いんだけど、水辺でちょっと涼しげ。


R32を南下して吉野川の流れを堪能しつつ走っていると

こんな場所をみつけてまたまた休憩。


吉野川、とうとうと流れております。


水も綺麗で心が洗われる…


大歩危で昼食。


もみじ亭にてあまごの定食。美味しかったですよ。


更に南下すると、有名なひばり食堂の横を通ります。並んでる。


道の駅大杉で龍馬パスポートにスタンプを貰います。


ついでに日本一の大杉とやらを初めて見学。


たしかに大きい。


荘厳で威厳を感じます。なかなかのスポット。

そのままアクセラの小気味良いステアフィールを堪能しながら高知入り。
空港でお母さんをピックアップして、高知観光へ。

まずは定番、桂浜。
龍馬像とご対面。


桂浜、いやはや、風がないので蒸し暑いこと。


心はいつも太平洋ぜよ。


本日は波が穏やかでした。


あまりの暑さにアイスクリンを頂きます。高知と言えばコレ。


その後、海が見える喫茶店で珈琲。


そしてそのまま海岸線を西に走り、宇佐へ。


サントリーニまで来ました。


ちょいと異国気分を楽しんで


晴れてるともっと良いんですけどね。


そこから高知市内へ向かい、ホテルにチェックイン。


その足で、さ〜高知の夜にご案内。
どうも土曜夜市なんぞ開催中。にぎわっております!


「明神丸」系列の居酒屋を予約済み。
早速どろめが付き出しで出てきます。


高知と言えば四万十のあおさの天ぷら。甘くて香りが立ってとても美味しい!ビールが進む進む(笑)


食べかけだけど、メインのカツオのタタキ。塩とタレの組み合わせ。
嗚呼、美味しすぎるのです!


そして清水サバの刺身!コリコリ臭みゼロで、これも美味しい!

そんなこんなで高知の美味しい物を美味しいところで堪能頂きました!夏の高知の夜は最髙です。


そのまま夜市でにぎわう高知の街を歩き、


一応、ひろめ市場でタタキの藁焼きを見学して


高知城のイベントに行ってみる。


高知の夜は、とにかく活気があって、賑わって、夏の夜、という雰囲気がして26年間大好きな街です。

翌日は日曜朝市を散歩して、旅程の関係上四万十には行けないので

代わりにと言ってはなんですが、仁淀川へ


沈下橋にやってきました。


初めてわたる沈下橋に興味津々なお母さん。


清流と沈下橋、夏休み。


先に歩いてもらい、私はアクセラで橋を渡ってみます。


その様子を専属カメラマンが撮影。


橋とツーショットで。うん、雰囲気味わえたでしょうか?


仁淀川ではキャンプの方々が沢山。


それじゃ、安芸の方に向かいましょう。


新たに高知東部自動車道なるものが出来ており、高知市内から高知空港へ自動車専用道路が伸びておりました。コレは速い…感動です。


お昼過ぎになってしまいましたが、絶景レストランのSea Houseへ。だけど、3連休だし大混雑。


結局1時間待ってようやく入店。


美味しいお料理をいただきました。


高知の野菜は太陽エネルギーがギュッと詰まっていてとにかく味が濃い。


リゾットも美味しかったそうです。


そして海岸線をひたすら岬へ向かいます。


徐々に見えてくる室戸岬。


やってきました室戸岬。


散策してみましょう。


まさにジオパークです。

中岡慎太郎さんにもご挨拶して


新しく出来た室戸ジオパークセンターへ。


中に入るといろいろと展示物がある様ですが、


とにかく暑いので、この看板にトラップされます。


そしてカフェスペースで休憩。海洋深層水のかき氷。はあ〜生き返る。


そして甘夏のジュース。絞り立てで本物なのでとっても美味しい〜


そして、なぜかこんなものに興味を惹かれる。


高知名物のフィギュア。海洋堂コラボ。


本当は「カツオのタタキ」フィギュアが欲しかったところですが、高知城でした。どこに飾るんだ…

さ、気を取り直して展示スペースへ。

いきなり迎えてくれるのが、この「ブリチャリ」顔出し撮影ボード。
思わず撮影。このブリチャリのシュールさに表情をあわせるのが、難易度高しです(笑)


2階の展示スペースからは広い太平洋が見えるのです。


そして、イチバン実感がわいたのが、この南海トラフの移動図。
過去の大地震の度にプレートが一気に引き戻される。でも徐々にプレートが動いているとの事。今は結構エネルギーが溜ってる状態ですね…地球は生きている…


そして定番スポットで水平線とチクセラちゃんの写真を撮って


海岸線とのセットでも写真を撮って(18インチはやっぱしカッコいい)


室戸スカイラインに上がってみるけど、例の場所は草木がボーボー。誰かが突っ込んだ跡もあるし。


そのまま展望台の駐車場へ


おうおう、ネコさん達はあまりの暑さに伸びておられます。


皆、おなじ格好で笑ってしまいました。


この子は網の上に陣取る。


日陰のコンクリートがマシなようです。


海は霞んでいて眺望はイマイチ。


おい、クロネコ、そこは危ないぞ〜


暑いねえ


その後、スーパーに寄って食料を調達。地物の魚が安い・・・ 


もちろん生カツオも安いです。
夜はホテルで地元の食材で宴会をしました。

翌日、最終日はこの旅最大の目的である「モネの庭」へやってきました。

開園前から並ぶ程の気合いの入れよう。


開園前に入場して


様々な花が咲く園内を散策し、


モネの庭にやってきました。


モネの庭と言えば睡蓮ですが、この季節がベストということで入念に計画を練った結果であります。


幸い天候にも恵まれてベストタイミング。


ここは青い睡蓮の花でも有名ですが、午後は花が閉じるので午前中からやってきた訳です。


朝早すぎても花はあまり開かないようです。


池にはメダカがた〜くさん泳いでいます。
幼少の頃はメダカハンターだった私は血が騒ぎますが、不惑を迎えて大人げない事は出来ません。
が、メダカ達の体格からこの池の栄養状態の良さが透けて見えます。


お、青い睡蓮が開いていますね!


うむ、美しいですよ。


水面に映る睡蓮の花。


まさにモネの庭に相応しい色とりどりの睡蓮が咲き誇っております。




私は、幼少のもう一種の遊び相手であったカナヘビちゃんと戯れておりました。きゃわゆい。


池じゃない庭もありますが、とにかく暑いんですよね。


辛抱堪らずカフェスペースでゆずペリエ。はあ程よい酸味がベストマッチ〜生き返るわ。


昼食をどうするかと悩みましたが、安芸のシラス食堂に向かう事に。


割と早く着いたものの、3組待ちでなんとか入店。どろめは未入荷ということでざんねんでしたが、海鮮しらす丼で大満足でした。釜揚げしらすって現地で食べるとこんなに美味しいんですね〜発見でした。


おかあさんのフライトまで時間があるので、岩崎弥太郎先生の生家を訪問。
いいポーズです。


思ったよりちゃんとしたお家で、キッチリ管理されておられます。


その後、野良時計をドライブスルー見学。


展望台から、琴ヶ浜、良い浜ですよね。


そして琴ヶ浜の野外劇場横で太平洋を堪能。


どこまでも青く広い太平洋、いつ見ても感動します。


手結岬にて


磯遊びをされていました。


夜須の海を眺めて


手結港の跳ね上げ橋を渡って


掘り込み港である手結港


港ではネコがやっぱし暑さで伸びていました。


物部川河口で太平洋と別れを告げて


空港にお母さんを送り届けましょうか。


そこから順調に鳴門まで帰還。


しかし淡路島で断続的に渋滞。

ここから大阪へはどのルートも大渋滞〜なので
途中で夕食休憩をして
渋滞をやり過ごしますが…なかなか解消せず。

仕方が無いので、裏六甲〜表六甲へ抜ける事に。

さすがにそのルートをとるバカは居ないだろうと思ったのですが、
何故か大型観光バスが行く手を阻む…万事休すと思いましたが
アクセラディーゼルの鬼トルクでパスして


無事に六甲山を通過。
こんな山岳ワインディングでも18インチのノーマルアクセラXDはものすごく動きが良くて疲れ知らずで楽しく走る事が出来ました。ディーゼル最髙。

その後は裏道を駆使してなんとか帰宅する事が出来ました。

その後、アクセラのエンジンパワーが上がった気がする今日この頃。ディーゼルの煤がクリーンナップされたのかなんなのかわかりませんが、絶好調な日々です。

以上
Posted at 2016/07/30 22:46:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | 孝行旅行 | 旅行/地域

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.