• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2012年05月20日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 day4

沖縄ロードスターの旅 day4とうとう沖縄ロードスターの旅も最終日。

前日までは天候にも恵まれ、ヤンバルをドライブしまくりでした。

本日は夕方のフライトで現実に戻らなくてはいけません。
天気予報は午後から雨ですが、目覚めると晴れてます。





朝食は海を眺めながらクロワッサンとニンジン。
どうやら沖縄はニンジンの時期らしく、青臭さが全く無くとても食べやすかったです。


この波打ち際とも今日でお別れ。


ホテルをチェックアウトして、まずは古宇利島へむかいます。
古宇利大橋は以前に渡りましたが、隣にワルミ大橋が架かったのでそちらから。


やって来ましたニューブリッヂ。


立派な橋ですがのんびりで、トラクターが通ってたりして。


続いて古宇利大橋へ。


橋って陸と陸を繋ぐだけのもんじゃない気がします。


やっほ〜!


さて、島にわたって白砂のビーチへ。


プレ新婚旅行の時以来です。


今回はロードスターと一緒です。

島の中をちと探険してみましょう。

高台から橋を見下ろします。


島の中に入って行きます・・・


出た!未舗装路。


細い道をズンズン進む・・・


整備された展望台に出ました。

展望台からは海が見えるのですが・・・曇って霞んで全然見えなかったので写真はナシ。


サトウキビ畑も収穫時期ですね。
 


ほいじゃ、次はどうしますかねー
このまま那覇に行ってもまだ早いし、アウトレットも免税店もあんまり興味ないし。

本部のヒルギ林にオサレカフェがあると言う情報を妻が仕入れていたのでいってみましょう。



道中にある運天港園地に行ってみます。

先ほどの橋が一望出来ますが・・・雨降ってきました・・・。


道路工事だらけの県道を通ってヒルギ林にやって来ました。何だか東南アジアな雰囲気です。


ヒルギ林の向こうは海ですね〜

軽く迷ってカフェを発見!

カフェ・チャハヤブラン
 目の前が全部海。そして伊江島が真正面。
計算され尽くしたロケーションであります。


 ソーキどんぶりなんぞ頂いて、


マンゴースムージーで締めます。
これが自然な甘さとプルンプルンな食感で素晴らしく美味しかった!
もう一度食べたい♪

さあ時間も来たので那覇に帰りますか!


本部の街外れのガススタ、ハイオク143円って激安ですよね。

帰りの高速は激しい雨・・・
そうそう、沖縄の舗装は石灰質が含まれるため、雨が降ると滑りやすいのでご注意を!
最近の舗装は改善されてそうですが。


というわけで、4日間にわたる沖縄ロードスターの旅は終わり、機上の人となりました。


KIXからはアテンザで自宅まで。
4日間フルでロードスターに乗ってると、アテンザが如何に快適かよくわかります(笑)

3月の沖縄は初夏の陽気もあり、そしてなによりロードスターで沖縄をドライブ出来たので満足満足。
皆様も機会があればマツダレンタカーで沖縄ロードスターの旅をお楽しみください!
2012年04月05日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 Day3 〜やんばるシーサイドドライブ〜後編

沖縄ロードスターの旅 Day3 〜やんばるシーサイドドライブ〜後編茅打バンタで絶景を眺めた後は今日の一つの目的地である沖縄本島最北端の辺戸岬へ向かいましょう。



辺戸岬駐車場につきましたよ〜

あの先に海があります。


岬へ続く小径をテクテク。
海から吹く風が気持ちよく、岩場に打ち寄せる海の音が聞こえます。


振り返るとバンタの山がカッコいい!


先っぽまで来ると遥か大海原!


岬の岩場はこんなゴツゴツしてるんですよ。


小径には花が咲いていて、季節は初夏に近いですね。


海岸線はこんな風に切り立って、波が打ち寄せています。


辺戸岬から南東方面をぐるっと。
空はまだ曇りですね〜チョット残念。


辺戸ブルーは特別な色だ、と妻は言います。


透明感とは違う、ちょっと蛍光がかった藍色。
まさにIndigo dreamscape!
この海に会いたかったんだそうです。
また、再びこの地に来る事が出来て本当に良かった。

さて、一つ目的を達成したので、次はやんばる一周ドライブに向かいましょう。


あのカッコいい山には沖縄の聖地の一つ「辺戸御嶽」(へどうたき)があります。
頂上まで登れるそうなので、ぎんがめさんいかがでしょう?


畑にはお花が咲いて蝶がたくさんヒラヒラ飛んでるんです、もう完全に初夏。

岬からちょっと細い道を海沿いに行くと見えてきました!アレはナニ?


超細い急勾配を登って行くと〜



やってきましたヤンバルクイナ展望台。異様にリアルです。


立派な脚ですね。


なかなか堂々とした立ち姿です。かなり唐突感がありますけど(笑)


ヤンバルクイナからの眺めはこんな感じ。


あれが辺戸岬。


先ほどまであの先っぽに立っていたんです。

展望台の下は浜になっていて遺跡があるそうです。

なんかこんな景色だと・・・


こうしたくなりますよね(笑)
「辺戸岬と真っ赤号」

これから沖縄北部をぐるっと一周しますよ〜


国道58号から県道70号を東海岸をドライブです。


ヤンバルクイナ!

じゃなかった。いつ飛び出してくるかと身構えながら走るとね、カラスにも反応しちゃいます。


東海岸に出たところですっかり晴れてきました!

赤崎という赤土の岬の手前にすっごく綺麗なビーチがあったので立ち寄りました。


南の島って感じですよね〜

アダンビーチ展望台だそうです。

自然いっぱいの天然ビーチって感じです。



デッキがあって、チョットした喫茶スペースらしきものがありましたが、シーズンオフなのか閉まっていました。


いやあ、だーれもいない素晴らしいビーチを見つけて満足です!

そのまま海岸線を南下し、そろそろお昼ごはん。

アダ・ガーデンホテル沖縄のレストランで昼食です。

結構美味しかったですよ。付近にはあまり食べるところが無いので貴重なレストランです。

お次は県道を離れて海沿いの安田(アダ)の港に行ってみます。


静かな港に車を停めて食後の休憩です。港も青いですね〜。


妻は車で午睡。日射しはキツいけれど、窓を開けていればそよ風が涼しくて最高の昼寝コンディション。静かだし、海は青いし贅沢とはこのこと!


ワタシは浜を散策。

岩場の風景も良いですね。

ん?あれ?タイドプールにお魚が取り残されてますね。

水温も上がってるし可哀想なので助けることにしますが、勢いよく水を掛けらちゃったり、逃げ出したり大変でした。

あーやれやれ、恩返しはロードスターでお願いします。
(出来れば、Black Tunedのミドリか赤で)


 
さあて、昼寝はまだまだの様なので釣り人を眺めながらボケッとします。

シルバーのヴィッツレンタカーに乗ったご老人夫婦がやって来て、声を交わします。
「やー綺麗な海ですなー写真ですか!」
「ええ、良い天気ですね!」
心の中では「写真と言うより、クルマですけどね」と思っていましたが。

妻が贅沢すぎる昼寝から目覚めたので海岸線を北にいってみましょう。

集落を抜けて坂を登ると安田の海岸が一望できます。



 大きな揚羽が花と間違えたのかアタックしてます。

先程の灯台に行きたかったのですが極悪路なので断念。

坂を下ってさらに進むとまたまた手付かずの砂浜が現れました。


浜に繋がる小道を行くと

100%天然と言っても良い砂浜が広がります。

これもやっぱり写真じゃ表現できませんよ。

名もない浜ですが、お気に入り登録です。これからも不純物なしでいてほしいと思います。

いやーいいもの見つけたなー


ほいじゃ、ヤンバル一周に戻りましよ。
県道70号を南に進みます。ずっと山の中。

途中、ヤンバルクイナ観察小屋って看板があったので寄り道します。
本物のヤンバルクイナが見れる♪

と思ったらヤンバルクイナを保護するための隔離区画があり、カメラで観察できるみたい。ビデオを見ました…。

県道70号から県道2号で東海岸から西海岸に向かいます。
ツーリングマップルには「本島唯一の本格峠越え」なんて書いてますね。


途中普久川ダムに寄って(フンガー湖だそうで)、
 

気分はジャングルツーリング。


本州ではあり得ない植生でジュラシックパークみたい。


こんな木見た事無いっす!

峠を越えて(本格的なってほどでもなかったな)西海岸を南下してホテルに帰りましょう。


 びゅい〜ん。


帰り道、塩屋湾の向こうに見えた、廃墟ホテル・・こわーい。


結局名護のスーパーで地元のお惣菜とお刺身を買って帰り、ホテルで酒盛りしました。
 
沖縄3日目は、朝から沖縄ドライブでお腹いっぱい!
特に東海岸最北部の海岸は手つかずで美しすぎます。一日波の音をききながらボケッと過ごすのが最高の贅沢ですね。人少ないし。
いや〜また行きたいな〜。

明日は最終日。天気はイマイチですがどこにイコッかな〜。

つづく、かも。 
 

2012年04月01日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 Day3 〜やんばるシーサイドドライブ〜前編

沖縄ロードスターの旅 Day3 〜やんばるシーサイドドライブ〜前編沖縄ロードスターの旅も三日目。

今日はね、ほんとは伊江島に行きたかったのですがフェリーが満車なので諦めて、本島北部のやんばる地方をじっくりドライブする計画です。

昨日の鯨見物でちょいと身体が痛いですが、天気が良いので早起きして日ノ出を見に行く事にしました。

起床は5時半。外は真っ暗。日の出は6時40分だからギリギリ間に合うかどうかというところ。
急いで東海岸に向かいます。

峠越えはなかなかの快走路でした。沖縄は年々道路事情が良くなりますね。


辺野古の海岸に出ました。
でも日の出の見える海岸って、結構遠いんです。
日の出日の入りマピオンで調べてあたりをつけます。

日ノ出ポイントまではもう一息!と言いながらも結構遠いんですよね。
こんな時にロードスターはスイスイワインディングを駆け抜ける事ができるのでサイコーですね。

やって来たのは嘉陽の海岸。

砂浜に出るとちょうど日が出たところでした。

しばし、波音と鳥のさえずりを聴きながら、ひんやりとした朝の空気を楽しみます。

ざざ〜

ピ〜ピロロロ・・・

ざざ〜

素晴らしい砂浜と日の出。
ホテルの朝食券をパーにして早く出発した甲斐がありました(笑)

早朝の浜辺を堪能して、更に北に向かいます。


国道を走っていると、以前走った際に印象に残っている大きな木がありました。
底仁屋の御神松といって、樹齢220年以上の琉球松だそうです。

今日は時間に余裕があるので、気になったところは全部立ち寄るつもりです。更に国道の道路脇に「天仁屋→」という看板があったので、行ってみましょう。
ちょいと走ると集落の先に海が見えてきます。

あの先、霞んでいますが海なんですよ。
なんとなくですが、サトウキビ畑に囲まれた小さな集落っぷりがハワイ島のホノカアを思い起こさせます。

集落の先にはチョットした広場があって、中学生がバスを待っていました。
あ、オープンカーだ!と反応はすこぶる良好♪
軽く挨拶をして通り過ぎます。
時間はまだ朝の7時半。良く考えたら今日は平日なんですよね(汗)

更に先に行くと海が見えました。

天仁屋崎だと思ってましたが、右手に見えてるのはバン崎。

先ほどの日の出ポイントから見た岬を反対側から見ている事になります。
ここら辺はジュゴンの生息域だそうです。
天仁屋岬はもっと左手前方。そちらも絶景だそうです。

さあ、更にいきましょう〜。

サトウキビの収穫時期。朝日を背に浴びながら北に向かいます。

山を越えると再び海が見えてきました。


有銘の海岸でまたしても朝の海を眺めます。

後ろの断崖がカッコいいんですよ。

更に行くと慶佐次湾のヒルギ林。有名な観光スポットですね〜。



河口にヒルギ林が広がっています。

このカニがちょっと怖い・・・
 

国道331号線、全体的にクルマは少なめですね。


東村の中心部が見えてきました。
どの浜もほんとに美しいんですよね。
そろそろお腹が減ってきたんで食料を探しますが、田舎なだけに何もなし。

西海岸に移動してコンビニで朝食調達しました。
ご当地メニュー① 

「タコライス巻」
コレはコレで全然アリです。うまい。

ご当地メニュー②

「読谷産紅芋あんパン」
これも、全然アリです。もっと紅芋感が欲しいですが、充分美味しいです。

さあさあ、お腹も満たされた事ですし、最果ての最北端を目指して走りましょう!

ちょっとお天気曇ってきましたね〜

西海岸沿いをひたすら北に向かう国道58号線は、適度なカーブと豪快な自然を味わえる快走道路です。
レンタカーの現行デミオで走ったときは、あまりに気持ちよくて(クルマも楽しくって)プアなタイヤを鳴かしてしまった思い出があります。

ワタシ、何度かレンタカーで走っていますが、ここもロードスターで走りたかった道であります。

しかしですな、年度末という事もあり随所で道路工事をしておりまして、爽快度半減でありました・・・。 
この草山が海に落ち込んでいる地形、なんとなく最果て感を盛り上げます。
 

海と山、やんばるの自然を感じるドライブルートです!


国道58号の定番パーキングスペースで海を眺めますよ。
前方に沖縄最北端が近づいています。




赤いクルマがあるだけで曇り空の海も画になりますなあ。

ちょっぴり青空が覗いてきましたね〜
辺戸岬では晴れるといいけど。

ほいじゃ、ラストスパートですよ!

と思ったらまた工事・・・
ヤンバルクイナがクルマにひかれる事故が多いんですって。気をつけないと。

正面に見える尖った山のあたりが茅打バンタ。バンタとは崖の事。

国道を外れて山登りです。

急に熱帯雨林ぽくなってギャップに驚きます。

ワーオ!
細い道を駆け上がると、眼下には先ほど走ってきた海岸線が広がります。



そしてやってきました茅打バンタの展望台。

 リーフエッジの色がもうね、素晴らしい。


あんなとこシュノーケリングで潜りたいですね〜。


釣れそうな防波堤・・・いつか沖縄滞在中に暇になったらアソコで釣りするって決めてるんです(笑)

お、日が射してきました!

何とも言えないこのブルー!

沖縄色と言っても良いでしょう!

さあ、次は最北端ですよ〜

後編につづく
2012年03月28日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 Day2 ~島に鯨に酔う~

沖縄ロードスターの旅 Day2 ~島に鯨に酔う~3/18(日)

予報では曇りと雨ばかりでしたが、
前日は、望外の晴れドライブを楽しみました。

2日目の天気はどうでしょう?


波音で目覚めカーテンを開けると今日も朝から晴天なり。

ホテルの部屋からは前方に本部(もとぶ)の山、右手には名護の街が一望できます。山には雲がかかってますね。

しかし、ビーチの美しいこと!


画になる親子だ〜
 
ホイじゃ、早速北に向かいましょう!

許田ICから名護市内までの海岸線はシーサイドの爽快路。


名護市内を抜けて… これまた海岸線を西に向かいます。
見所がいっぱいですね。
  

このホテルもビーチサイドで眺めがいいんでしょうね。
  

クルマの少ない二車線のシーサイド快走路!オープンにピッタリの道ですね!

予定時間より早めに到着しそうなので海沿いのパーキングで休憩します。

すがすがしい朝の空気っていいですね。

 向こうはクロワッサンアイランドと言われる水納島。  

一度行ってみたいものです。

 

屋根を入れると沖縄っぽくなりますね。

さて、目的地に行きましょう!

今日の午前中はホエールウォッチングなのです!

瀬底島が見えてきました〜!
あの根元から出港して、伊江島近海に出没するザトウクジラを探すそうです。
ショップに到着。

オマケのさんぴん茶が沖縄っぽい。

店のワンコは大人しくて可愛いです。

遭遇率は99%なんて言ってますがホントかな〜?

船は決して外洋に出るには大きいとは言えず、しかも今日は風が強いので波が高いとのこと。 昔は船酔いしまくりでしたが、最近は鈍感になったのか少々の揺れでは大丈夫です。 酔い止めは眠くなるので飲まず、気合いで乗り切るつもり。

9時に出港。

瀬底島大橋をくぐって伊江島方面に向かいます。

伊江島がぼんやり見えますね。まあ、このころは余裕のよっちゃん。

10時、伊江島の北をぐるっとまわりクジラを探します。
ああ、伊江島に行きたいなあ〜。
かつて滑走路だったところが道にになってるそうです。走ってみたい。

クジラは全く見つからず・・・揺れは相当大きく、ときには体が浮きそうなぐらい・・・

飛沫が強烈に降ってくるので、カッパが必須ですね。
ましてやカメラなんて出せやしません。 
メインカメラのD7000+16-85mmを首から掛けたまま、ウインドブレーカーの下に仕舞い込みほとんど動けず。

11時 伊江島のかなり西に来ましたがまだまだ見つからず。船の揺れって、結構疲れます。ひたすら待つのみ。

11時半 いよいよ見つからないので、港に帰りながら探すとのこと。
(ああ、もう帰りたいよ~)

12時 港とは逆方向に走り始めます。
(もうぐったり・・・早く陸に上げてほしい・・・)

12時半 船の動きが何かを探している様子。
(・・・・・反応できず)
その時、同乗の女の子が「いた~~!!!」 クジラを見つけた様です。
(しかしわたしは疲れ果ててテンションベタ底・・・)
  
妻はたくましく、いい場所を確保して写真をとってます・・・凄い。
私もなんとか写真を撮ります。初めて使う連写モードと3Dオートフォーカス。船のすぐ横にクジラが居ます。
バシャーンと2度ほど腹打ちします。
夢中で撮った拙い写真をどうぞ・・・ 
青っぽいのは妻のオリンパス、灰色っぽいのはワタシのニコンです。




































この時の為に望遠レンズを手に入れたのですが、結局万能レンズでこと足りました。

過酷な環境下ではカメラの性能が非常に重要な事がわかりました。AFの早さ、正確さ、連写性能。それにタフな防塵防滴な一眼が欲しくなりますな…それに船上からの撮影には服装からポジショニングまでかなりコツが要りますね・・・。

結構長い間クジラは姿を見せてくれ、大満足のホエールウォッチングとなりました。

でも港まで更に一時間、バシャーンと揺られて精神力で踏ん張っていましたが、軽く酔いました。

何とか上陸。お疲れさまでした。

さて昼飯は軽いものしか受け付けません、沖縄そばでもと有名な岸本食堂に。

10分くらい並んでありつけました。

美味しかったけど、沖縄そばって大抵カップうどんのスープの味がするような気がするんだよな。いや、美味しいんですよ。
翌日伊江島に行こう!と盛り上がってフェリー予約の電話をしてみますが、キャンセル待ち11台目です、なんて言われて諦めました。予約必須です。

ついでにジェラートを。まあ気分です。

雨が降ってきたなか、瀬底島に行ってみますがスゲー降ってきたので帰ることに。(レンタカーのキューブって色んなところに停まってます)

疲れたので帰りましょう。



名護市内の渋滞を避けると、ステキな場末に迷い込みました。
 
ホテルの前ではロードスターを目撃しました。



実地調査の結果、沖縄には少なくとも赤が二台、白が二台のNCレンタカーがありますよ。

明日はきっと晴れるので、ヤンバル探検しますよ〜!

つづく
2012年03月24日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 Day1 ~South Point & 海中道路~

沖縄ロードスターの旅 Day1  ~South Point & 海中道路~先日のミニブログには、実家から「本当にクルマ買ったの?」と問い合わせがあり、思わぬ反響に驚いております(笑)

<業務連絡>
そんなわけないじゃないですか〜おかあさん!

さて、皆さんには詳細報告をしなくてはいけませんね。

そう、沖縄に行ってきたんです。花粉だらけの本州から避難する為に・・・というのは後で気付いたんですけど・・・3月の飛び石連休は年初から「旅に行く!」と決めて予定を立てていました。お休みを頂いて4連休にしてどこか遠いところに行きましょう、と。

我が家は二人とも沖縄が好きで、毎年の様に行っていました。しかし、ここ2年ブランクが空いていて、体内の沖縄成分が欠乏気味。また追い打ちをかけるブログを羨ましく拝見したことも沖縄行きを決定した理由かもしれません(みんカラのブログが潜在意識に働きかけてることは間違いないと思います!)

しかししかし、2年前の北海道旅行の反省から「旅に出るならマイカーで」と決めているのですが、さすがに沖縄にフェリーで行くのは鹿児島から丸一日、あるいは大阪から2.5日。あれ、可能性があるな・・・
 
いやいやそれは難しいので、マツダレンタカーにてロードスターの予約をしてみたら、「ミッション限定なし」を確保できたので沖縄行きを決定しました。

しかしですね、週間天気予報はズーっと曇りor雨…。実はこの時期は天気が悪い事を直前に知りかなり凹みました・・・沖縄までいって青空が見えないなんて…ああ、天照大神様お願い!

3月16日(金)
 
当日、会社からクルマで関西空港に直行し、妻と合流して搭乗口に向かいます。
フライトは19時半。会社を定時で上がると充分可能な時間だと言うことがわかりました。そのために残業リスクを極限までコントロールする事に集中しました。あー大変だった(笑)

搭乗時間を待っていると沖縄から電話が入ります。マツダレンタカーから、AT限定の予約じゃないが大丈夫か?という確認でした。
内心ヤッター!と思いますが、極めて冷静を装って問題ないと返答しました(笑)
これでマニュアルのロードスターで沖縄を走れる!

午後10時、那覇空港到着。飛行機を出るとムッとした湿度が高く生暖かい空気を感じます。

ゆいレールに乗って市内に向かいますが、冬の服装では完全にオーバースペック。3月で汗ばむなんて・・・。

市内のホテルにチェックインし、久方ぶりの沖縄上陸を祝いましょう。

GOYAビールは苦いだけ(笑)やっぱオリオンビールにすれば良かった…

 
3月17日(土)
今日の天気予報は曇り。
本日午前中はシーズン終盤のホエールウォッチングを計画していましたが天気がいまいちなのでキャンセルしました。

朝御飯を食べてマツダレンタカーにロードスターを迎えにいきます。

テクテク歩いて行くと・・・

ヤッター、NBじゃない!

しかし、ロードスターのレンタカーってなんでこうもボコボコなんでしょうね。

まあ、運転席からは見えないし、色も派手だし、5MTだし言うことなしです。

それじゃ天気予報的に晴れる可能性の高い、島の南側をドライブしますか!

手始めにSouth Pointを目指します。

しかし、空港の南にさしかかった時に瀬長島海中道路の看板があったので立ち寄りましょう。


滑走路進入灯と道路が交差しているんです。


ということは飛行機の離着陸を見放題♪ 

今回ホエールウォッチング用にニコンのキット望遠レンズを手に入れたので試し撮り♪

瀬長島を一周してみます。
リーフの海が沖縄ですね〜!

曇って発色はイマイチだけど、スゴく綺麗です。
 

オープンカーはやっぱ赤色だな・・・
 

うーん、この色は風景にとても似合っています。
 
さあ、道草をくいましたが糸満市をぬけて南に向かいます。

国道をはずれると沖縄の田舎風景。

路地でネコを見つけて停車したら、家の庭から子供達が飛び出して来ました。
真っ赤なオープンカーが珍しくて追いかけてきたみたい。

その瞬間をバックミラーでパチリ。
手を振ると、みんな揃って手を振ってくれました。かわいい!いつまでもその心を忘れないでほしいものです。
 

さて道の横ではニンジン畑が青々としています。

細い道を行くと海岸線にでました。

本島南端に程近いこの場所はなにやらパワーを感じる場所。

ハワイ島のsouth pointにも通づる何かがあります。
 



平和を祈りつつ、遥か海の向こうを臨みます。

さらに南岸を東に走っていきましょう。

クルマで海を臨める場所を探しますとありましたね〜。
平和創造の森公園のはずれです。なんだか空が明るくなってきましたね。

そして南岸のハイライトは奥武島。

リーフの中にある小さな島。橋で繋がっています。


橋の下はこんな色!

島の入り口にある天ぷら屋さんでモズクとイカの天ぷらを買い、絶景ポイントで食べようという算段。

そしてやって来ました島の西側に広がるビーチ。

この天ぷら、有名なだけあって美味しかったですよ。
1個65円・・・安い・・・。

赤い車体が白い砂に映えますね。
空もすっかり晴れてきました!

この海岸はダイビング講習のメッカみたいです。



居着きのかわいいネコちゃんが相手してくれました。あったかくて気持ちいいんでしょうね。

更に東に向かい、ニライカナイ橋にやって来ました。グニューっと曲がった橋で、走ると気持ちいいんです。

爽快な橋です。橋の途中で軽トラ停めて弁当食べてる地元のおいちゃんが・・・絶景メシですがそれは・・・。

そろそろお昼。昼ごはんはアレと決めてるんです。じゃあ一気に行っちゃいましょう。

でも途中にいい景色があったら寄っちゃうんですよ。

あざまサンサンビーチ。
海がブルーハワイ色。沖縄だけど(笑)
 

椰子の木通りを通り、高速を経由してビューんとやって来たのは北谷。

お目当てはメキシコ料理のオブリガート。沖縄に来る度に食べたくなるんです。

タコスとインチラーダ、スパニッシュオムレツ。



あーやっぱこれだわ。このサルサソースがうんまいんです。
関西ってメキシコ料理ほとんど無いんで不満なんす。

お腹一杯になったところで天気がいいので一気に海中道路に行ってみましょう!

海中道路横のコンビニにはEV充電器が。さすがはリーフ天国。

さー海中道路にやって来ましたよ〜!Yahoo~!


両側にブルーハワイのまっすぐな道!
赤いボデーってなんか海に映えますね!

せっかくここまできたのでokazakiさんのブログで印象的だった絶景ポイントに行きましょう。

島に渡ってサトウキビ畑の横を走ります。

 やってきたねはヌチマースというお塩工場。その横にある果報バンタ。

カフウと読むらしいので寝て待ってもダメかもしれません。

こんな小道をちょっと歩くと、

これは絶景なり!

超広角レンズをもってしても写真では表現できないです。もちろん。
絶景也!

さて、海中道路をもどって勝連城趾にいきましょう。
岡の上にありぐるっと海が一望できるお気に入りポイントなんです。

急な坂を登るのですが・・・

悪ふざけしている少年達がおとんに怒られてました。
"Don't move!" "Yes, sir!" 海兵隊の家族でしょうか(笑)


この上ですよ、結構キツい坂です。

登りきった門からの眺め。向こう側に海中道路があるんです。

有機的なカーブを描く石垣がもうステキ♪



南側には海が一望できます。結構な高度感なんです。(靴が写ってます)

しばし海風を感じてそろそろホテルに向かいましょう。
高速をビューンと走って西海岸に着きました。

ホテルの目の前がビーチ。

東シナ海に太陽が沈んでいきました。

沖縄一日目にして、大満足のドライブが出来ました!
さあ、明日はこの旅唯一の予約済みのイベントが待っていますよ〜
天気も良さそうだし期待出来ます!!

つづく

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.