• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2015年09月03日 イイね!

ロードスターでゆく北海道 2015夏 最終夜

ロードスターでゆく北海道 2015夏 最終夜えぼぎゃるさんのヘッダー画像になにか隠された秘密があるのではないか?と気になって夜も眠れない黒ノ助です、こんばんは。

さ、北海道最終日の朝は稚内から。

前夜のVINの興奮も醒めやらぬまま、ホテルを出ますと、

ます助の前でねこさんと出会います。
おっはよーと声をかけると、ニャ〜!と挨拶を返してくれてしばしスリスリしていました。最北のねこですね。


うちの飼い猫(あ、ベリーちゃんのことね)を迎えにいったあと、

市内でまず洗車をします。(場所は画像をクリック!)
「魚介類を運搬した後の使用はお断りします」だって。
確かにね、魚臭かったですよ。
しかも家に帰ってきて洗車しても、エンジンルームが魚臭かった。でもこれって、バッタの臭い?

水洗車200円です。


さて、ノシャップ岬に立ち寄ってみます。
やはり稚内は曇りですね。


サロベツ原野を南下。もちろん利尻富士は雲の中。


ちょうど夕来の丘にさしかかった時、前方から赤いNCが…
手を挙げて挨拶しましたが、これって25周年記念車!?


そのあとに白いNC!
なんだかロードスター同士で旅のバトンを受け渡した気分。

ぶーん!ちょっと青空が見えてきた。


遥かなる天塩川は今日も濁ってますね。今日も日本海側は雲が千切れている模様。


道の駅天塩にて休憩。


でも、天気がマシな日本海を離れ、内陸部へ行ってみます。雨。

途中、もかぞうさんのアウトバックとすれ違う…あれ、こんなところで会うなんて、スゴい移動距離^^


蕎麦畑!


で、音威子府の駅にやってきました。ココは雨が降ってない


これが黒い蕎麦なんですか!ホントに黒い。


駅の待合室で食べるそばっていうのイイね。


じゃあ、そのまま内陸部を南下
年代もののシビックを懐かしく追いかけながら。


美深の国道はまっすぐだ。


知恵文のひまわり畑へ。ここも陽がさしてる〜


そして次は、妻がご所望の朱鞠内湖へ
誰も走っていない国道をひた走る。雨。


道中、キツネさんがいらっしゃいました。


朱鞠内湖畔のキャンプ場へ。


ちょっとした雨雲の合間に訪れる事ができました。
静かな湖面が美しいね。


ちょっぴり雲を強調してみました。


さっきのそばじゃ足りないので、


更にそば畑を行く。


すると、雨雲の下に入っちゃって大雨。


雨宿りがてら、幌加内そば政和三頭山へ
これはthreetroyさんのこのブログを思い出して立ち寄ってみました。
(ちゃんと私、コメントしてますね(笑)3年越しの訪問です)


噛めば噛む程甘みが出る、美味しいおそばでした!
ただ、ダシはやっぱりレビュー通り。
蕎麦湯も美味い…


店内はほんとに、昭和の民家そのもの。
懐かしすぎて異次元空間です^^


再び蕎麦の大地を走り抜けます。雨が降ってなけりゃ、クルマ入りで記念撮影したいぐらい、すんごい蕎麦畑。見渡す限り蕎麦。


バケツの水をひっくり返すような雨が振ったりして。


あ、あれが大雨の雲ですね。


道央道に入って札幌を目指します。
一般道を走るより、高速を走る方が疲れる…なぜだ!?


そして六花亭へ

喫茶の時間に間に合わなかったので、腹いせに食べたいおやつを大人買い(笑)

どらやき・・・六花亭のどらやきは柔らかい…お、美味しい…


シュークリーム。これも、美味い…


ザ ブッセの抹茶。
ブッセも柔らかくて、優しい味…


六花亭醍醐。
どれを食べても安定の美味しさ・・・


そして、SEA FOAM CLEAM。
これはカスタードたっぷりに薄い生地の組み合わせが特に美味しかった〜


なんて、スイーツでお腹いっぱいになった我々。

綺麗な夕暮れの空に誘われて

支笏湖に行けば良かった…と後悔するも時既に遅し。
六花亭にトラップされちゃってた(笑)

時間が余ったので、お腹いっぱいながらも

スープカレーのお店、マジスパへ。

もう食べられん…

ということで、苫小牧へ

苫小牧市内のガススタの高圧洗浄機で北海道の汚れを落とします
(写真クリックで場所を表示します、ここは大型トラックも可)

勇払のセイコマで最後の買い出しをして、
フェリーに乗り込みます。

フェラーリだ!

さすがに疲れきって、旅の思い出をつぶやきます。

そして乗船。
この夏の北海道も素晴らしい旅でした。
ありがとう北海道〜!


翌日はゆっくり旅の疲れを癒す一日。日本海は素敵な雲がプカプカ浮いています。


そろそろ、船のすれ違い。遠くに見えてきました。


おー、でかいなあ。


さよなら〜


北海道に向かう船を


見送って


昨日のスイーツ祭りの続き(笑)
もっと買っとけば良かった…

ごろごろして昼過ぎには

舳倉島。

夕刻、

越前岬が近くに見える。


そして日の入り。


日本海に沈む夕陽。この時間になれば、船は速度を落としてクルーズモード。


海に沈む夕陽を海から眺める。ああ贅沢です。


そして、上陸。関西に戻ってきちゃいました…。


こうして、長いようで短かった北海道の旅が終わりました。

全体的に北海道の天気はよくなかったけど、それなりに好天に恵まれた旅でした。行く前は、サロベツ原野と北太平洋シーサイドラインを気持ちよく走りたいと思っていましたが、両方とも達成!それにthreetroyさんとお会いする事ができたし、肉のうまさに目覚めた充実した旅になりました。

やっぱ、北海道は格別です。また行きますよ!

おわり

まとめ記事はこちら
2015年08月30日 イイね!

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第七夜

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第七夜 今日は19時にもなると真っ暗になり、本格的に秋の訪れを感じた黒ノ助です、こんばんは。

さて、旅は5日目の朝を迎えます。
場所は日本最北の都市、稚内。
稚内はとても好きな街です、っていうか大好きな宗谷丘陵とサロベツ原野と利尻・礼文を訪れる拠点として重要な都市、という事なのですが、更に好きになる出来事が待っていました。

本日は稚内連泊の二日目なので、周辺のどこでものんびり訪れる事が出来るのですが、同時期道内を巡っているお友達の情報に依れば、どうも日本海側のみ晴れ間が見えている模様。

妻の希望は朱鞠内湖に行ってみたい、という事だったのですがとりあえずサロベツ原野を南下してみることに。

稚内市内はご覧の通り、昨日と同じく低い雲が敷き詰められた空。


小手調べに街の裏山、稚内公園に登ってみます。


初めて登ってみたのですが、眼下に稚内の港と対岸の宗谷丘陵が一望できます。意外と好展望♪港からはサハリン行きのフェリーが出港したところでした。妻が一生懸命ベリーちゃんの写真を撮ってます^^


そう、風車と北防波堤ドーム、そして宗谷岬です。


写真を撮ってるとシカの群れがやってきました。


更に頂上まで登ってみますが、低い雲がかかっていて、利尻方面は見えません。


というわけで、下山。


では、オロロンラインを走ってみましょう。
やっぱし日本海側は晴れてます♪


おおー海が綺麗だ〜


海岸線もいい具合に晴れてますね

海を眺めながら丘を下る


そして原野区間を気持ちよく走ります、が、利尻富士は雲の中…


裾野がうっすら見える程度ですねえ


でも、海がとーっても綺麗だ!


そして、夕来PAの標識看板、と雲。


ちょうど朝の光を浴びて、美しい色彩が広がります。


さ、利尻富士が隠れているので心置きなく南下してみましょう


牧草トラクターが走る原野を


オープンで快適なスピードで走りますよ


振り返っても利尻は雲の中


あの雲に向かって走ろう


オルントルイ風力発電所、あの雲は積乱雲かな


天気が良いので発電所の下まで来た


巨大なホワイトアスパラ


天塩川を渡ると、そこは大雨の影響で土色に染まってる!


天塩川河川敷にて


オルントルイ風力発電所が遠くに見えますね〜

天塩の街を越えて、農道に入るけど途中工事中でした。

で、海へつながる小径を見つけたので入ってみる。


すると、お花と海とベリーちゃんの写真が撮れました。


道の駅富士見へ向かっていると、NDとすれ違った〜
精悍。

ここで、天気の悪い内陸に入って蕎麦を食べるか、晴れのオロロンラインを南下して、売り切れてるかもしれないウニ丼を目指すか悩みましたが、


ウニ丼に賭ける事に(笑)


いくつもの丘を越えて、


苫前ホワイトビーチ前の、ココ・カピウへやってきました。
店内は満席。

ウニありますか!?って訪ねると、バフンウニは売り切れでムラサキで良ければ、ということで、ウニ・ホタテ丼とウニ・イクラ丼を頼みます。


私のウニ・ホタテ丼。ぬお、ウニがデカイ!


こちらはウニ・イクラ丼。カタログ写真みたいに美味しそうに撮れてる(笑)


ウニの身を一切れ持ち上げると、この通り!
身はしっかりしているのに、箸をつけると溶けていく…
そして口に入れると臭みゼロ、旨味大、そして舌の上でも溶けていく…

正直、こんなに美味しいムラサキウニは初めて食べました…恐るべし苫前ウニ。

というわけで、あっさりとウニを食して、すっと食べれちゃったので正直もっと食べたい気持ちもありつつ、オロロンラインを北上します。

この海岸線、好きだなあ。


と、ショートストップして海辺で撮影会。


北の積乱雲が気になりますが内陸部ですね。


初山別のあたりで、車列が繋がってスローダウンしてきたので、内陸の林道を繋いで走ります。


と、車道の真ん中になにやら小動物!
と思ったら、カワイイキツネの子供でした。
ちょっと毛の色が黒くないですか?


と、引き続き快走して


遠別の街に出てきました。


そして、海沿いの農道へ。
あれ?左の方に何やら見える!?


そうです、利尻富士が雲を纏って現れました!やったー!


この旅の初利尻富士。


よーし、俄然やる気になって走りますよ。


オルントルイ風力発電所と利尻富士、斜め撮り。


北緯45°のモニュメントと共に。


そして夕来の丘にやってきました。
まだ、夕暮れには早いですね。


おお、神々しいなあ


実は頭上には黒い雲が迫ってます…


夕暮れまでの時間で、宗谷丘陵に行ってみる事に。
一応日照はほとんどないけど、貝殻の道に行っときたかったし。


宗谷岬沿岸はご覧の通りの雲。やっぱしダメか。


宗谷丘陵はこの通り、雲に覆われていました。


でも、一応、貝殻の道に行ってみますよ。


青空ではないけど、変わらない風景がそこにある事を確認して、


再訪を誓います。


さあさあ、再び引き返して夕来の夕暮れに行きましょう。


ミルクロードを走ってると鹿も走ってる。


で、農道から見える利尻富士に感動〜!


ドラマチックトーンで強調してみました。


オロロンラインに合流して、南下しますよ。
利尻富士は相変わらず雲を纏っていますが、コレはコレで風情があります。


そして夕来へ。夕陽に間に合いました。


陽が沈むにつれて、風が冷たくなってくる


雲の中に陽が落ちようとしています。



日没の瞬間を迎え


今日という日に感謝しつつ


大自然の中に身を置いて深呼吸してみます


広大なキャンパスの色の変化をずっと眺めていました。


これぞ北海道ドライブの醍醐味、とっても満足です^^

で、急いで宿に戻って、予約時間ピッタリにVINに入店。
予約しておいたおかげで席に座る事が出来ました。
しかし、お盆ハイシーズン突入で大忙しのご様子。
今日のドライブのハイライトについて話ながら、じっくりと待ちますと、

テンダーロインステーキ!


この厚み、この色、


この赤身!
我々はニンニクが苦手なのですが、こちらはあとがけのニンニク醤油にしかニンニクを使っていないとのこと^^これで安心して食べられるね♪

と、じーっくり、味わいながら、大事に食べて、グラスワインも注文して、堪能しました!

こりゃ美味い…


マダムにお話頂きながら、楽しい夜が更けていきました…
マダム、また来ます!

というわけで、とっても美味しい、いや楽しい一日でした^^

つづく

まとめ記事はこちら
2015年08月30日 イイね!

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第六夜

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第六夜奇跡の5連夜投稿から、二日間のお休みを頂きましてとりあえず写真の整理は終了した黒ノ助です、こんにちは。

さてさて、物語は北海道四日目の朝から再開します。
帯広、釧路から網走までやってきた我々は、本日網走から稚内まで一気に北上する予定。
オホーツク海沿いは曇りの予報なので、あまり景色は期待せずに食べたい物を食べる事に。


出発の前に、網走市内で洗車。前日、前々日の雨でもう車体は水垢だらけ&顔は虫だらけ…

高圧水洗車5分+拭き上げでピカピカを取り戻しました。


まずはお約束の能取岬へ
白樺の森を抜けると灯台が見えてきます。


そして海へ向かうこの道で記念撮影。絶賛曇り空です。
と、群馬からバイクツーリングに来られたライダーとお話します。
神威岬、落石岬とまわってこられたとか。多分、普通の観光客に見えたんでしょうね、いろいろと教えてくださいました^^(ふふふ、実はほとんど知ってますよ…)
これから稚内に行く、って言うとポカーンとされてました。意外でしたかね?


能取岬灯台と共に。中国語の看板が雰囲気台無しですねぇ。
中華系の観光客には出会いませんでした。テレビドラマロケ地巡りからインバウンド需要にシフトしたんでしょうか。


能取の丘方面。あちらはちょっと雲が薄い気がするなあ。

さあ、先に向かいますか〜と思ったのですが、一つだけ心残りが…
サロマ湖のホタテをまだ食していないのです。。。
食べたいけど、ちょっとお昼には早い…


と能取湖パーキングまで来ちゃったけど、どうも天気がマシなのは能取周辺のみっぽい。
じゃあ、ここら辺でウロウロしてお昼ご飯はホタテにしよ。


というわけで、能取の丘へ


牧草ロールの収穫がピークの様です。


能取岬が見える丘へ


ごくたまに雲が薄くなる瞬間があって、ちょっとだけ明るくなります。


おっと、幌を開けるのを忘れてた(笑)


海の見える牧草地でしばしノンビリしました。


そして開店と同時にレストハウスところへ


ホタテづくし定食♪


生ホタテ丼♪

定食も意外とボリュームは常識的なので、色々な味が楽しめるホタテづくしがオススメかな?


美味しいホタテを食べたので、あとはひたすらオホーツク海沿いを走ります。
サロマ湖沿岸を走って、

コムケ湖に来てみました。
こちらはコムケ湖国際キャンプ場。

そして天気が悪いので紋別の流氷科学館へ

ふむふむ。流氷は一度見てみたいなあ。


クリオネが沢山いましたが、捕食シーンはホラーですね…
−20℃体験コーナーとか意外に楽しめました。


ガリンコ号。昔の特撮ヒーローモノを想起させてくれますね(笑)


ひたすら曇り空の海岸線を走る…

そして興部の道の駅でソフトクリームをいただきます。

すぐ溶ける系のソフトはやっぱしうまい。


公園の客車で休憩しながらいただきました。なんだか懐かしい雰囲気。


道の駅で仕入れたチーズスフレをぱくつきながらひたすら北上。

と、ある地点で遅いトラックを抜きにかかったら、いきなりレーダーパトが正面に待機していて超ビビりました…危なかった…


神威岬ではご覧の通り、低い雲がかかっております。


灯台もご覧の通りなので、ドライブスルー


エサヌカ線もご覧の通り


テンションは1mmも上がらず(笑)


海に出る貝殻の道発見。でもジムニーサイズだなあ


道の駅さるふつにて休憩


うお、この岩はなんだ??


ほたて化石群だそうです。


よーくみると確かにホタテだらけ。
しかしこんな岩をよく切り出しましたねえ。


更に進むとホタテの山があるのですが、何やら施設を建設中。


そろそろ地形が岬の雰囲気になってきます。



振り返ると弧を描く海岸線


宗谷丘陵に近づいてきましたね


またまた振り返る


正面には丘陵地帯。
やっぱ曇ってます


そして最北端の宗谷岬に到達。


そして岬をぐるっとまわって西の稚内方面を見ると、どうも雲の向こうは陽が射している雰囲気…東は雲、西は晴れ??

一応貝殻の道もチェックしておきますか。

郵便局ルートをのぼってくると、一応雲はかかっていない様子。


雲の隙間を目指してひた走ります


峠を越えると…


利尻は雲に隠れているけど、夕暮れを迎える事が出来そうだ!


夕来方面は雲の下だなあ。

こちらは山に遮られて雲が流れてこない模様。

近くの漁港にて夕陽を眺めることに





ウミネコがねぐらに戻っていきます。


風が冷たくなり、太陽が雲の中に沈んでいきました。


曇りの一日を覚悟したけど、最後に太陽を見る事が出来て、ちょっと得した気分でした。

この日の夜はスーパーにて刺身とお惣菜を買って部屋飲み。が、さすがに美味しいものを食べたくなってthreetroyさんにオススメされた最北のステーキハウスに電話してみると、翌日の予約がとれちゃいました♪
というわけで、翌日はもう一泊稚内。さて天気はどうなるでしょうか。

つづく


まとめ記事はこちら
2015年08月27日 イイね!

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第五夜

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第五夜なんか、毎日更新出来ちゃってますね〜皆さんの後押しのおかげですね。今日はベリーちゃんで通勤してきました。はや朝晩オープンに最適な気候になっちゃって、今年の秋は早く訪れそうな予感がする黒ノ助です、こんばんは。

さてさて、北海道3日目の正午。

落石岬灯台にむかってテクテクゼイゼイいいながら歩いていた我々が辿り着いたのは、灯台ではなく、なんと「地球環境モニターリングスーテーション」(引用:ちいし岬ルートマップ

おかしいと思ってスマホで検索したらば、まあ、つまり灯台ではなく、全くあさっての方向に歩いていた訳ですな。ははは。
美味しいもの食べ過ぎていたので、良い運動ですな。ははは。

・・・なんて素直に思える筈も無く。


現在地から灯台に向かうにはこの道を通らなくてはいけません。装備万全ではないので、こりゃ無理。

仕方が無いので引き返す事にします。


すると、灯台方面は海霧で覆われてきました。
ありゃ。こりゃ無理だわ。

無言で重い足取りで最初の分岐点まで戻ると

こうなっております。
ボロい看板は←落石岬となっており、右の柱の表示は灯台マークと↑←。左は草ボーボー。

・・・こりゃ普通間違えるやろ!灯台は真っすぐやと思うやろ!どないなっとんねん!!
と、怒る時は関西弁(笑)

要改善ですわ。


戻った時にはベリーちゃんだけになっておりました…お腹減った…。

ということで、怒りに任せ根室の回転寿し花まるに直行。


腹いせに食べたい物を注文(笑)

トロにしん


タラバの外子


すじこの醤油漬け


タラ

ということで、美味しい物をたべたのでご機嫌回復。


どうも根室半島の天気も良さそうなので、納沙布岬行ってみますか!
と、どうも国後島が見えるっぽいぞ。


こんな爽快な半島道路も初めて

海の向こうに山々がハッキリ見えたので記念撮影。
斜里岳と知床ですね〜すごい。


そしてこちらは国後島。高い山がハッキリみえてます。これも初めて見る事ができました。


さ、この先の最東端を目指して走りますか!


トーサムポロ沼を越えて


オーロラタワーが見えてきました。


そして納沙布岬灯台にて記念撮影


ウミネコが飛び交っていました


じゃあそろそろ本日の宿泊地へ向かいましょう。

といってもこれから網走まで走らないといけません。


R244をひたすら北上


野付半島が見えてきました


半島の付け根をちょろっと走って、記念撮影。知床と国後島。


正面には尖った山々が


漁港にて知床連山と記念撮影①



漁港にて知床連山と記念撮影②
単焦点レンズはやっぱし写りが良い…


牧場地帯を突っ切ってはしります。
この先は雨。


うーん、こんなにカッコいい山々だったんだ〜


爆走トラックについていくと山間部で雨が降り出しました。


峠を越えると、越川橋梁を通過


斜里町を越えると西の空がちょっとだけ赤くなりました


このまま網走に行くのも味気ないので北浜駅にて小休止



オホーツク海は雲の下

というわけで、このまま網走のスーパーで買い出しをしてお刺身を買ってホテルで宴会をしたのでした…

それにしても晴れのシーサイドラインを堪能できたので大満足の一日でした。
旅は折り返し地点。

北海道は全般的に不安定なお天気ですが、このあとはどうなるのでしょうか??

つづく

まとめ記事はこちら
2015年08月26日 イイね!

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第四夜

ロードスターでゆく北海道 2015夏 第四夜奇跡の四夜連続の旅行記アップに驚きを隠せない黒ノ助です、こんばんは。

さてさて、北海道3日目は釧路からスタート。
予報では、道東地方は雨または曇り。一部地域では集中豪雨もあるぐらいなのでお天気は不安定です。
実は今日は釧路から根室にかけて北太平洋シーサイドラインを爽快に走りたい、と思っていたのですがこの天気予報なら諦めなきゃな、この時期の釧路は晴れる日が少ないからなあ…とちょっと残念な気持ちでおりました。





というわけで、ちょっと遅めに起床。っていうか妻に起こされました(笑)
私はちょっぴり飲み過ぎて、ややダルダル。
んん〜もちょっと寝かせてよ〜どうせ曇りでしょ〜




空は明るいよ!



(!!)え〜ウソでしょ〜



おやおや!?ホントだ!!
でもな、釧路市街地だけかもね〜
とか思いながらも急ぎ支度して出発!


空はちょっと曇り気味だけど、霧じゃないから上々でしょ!


丹念に海沿いを廻りたいところを我慢して国道でひたすら東へ向かいます。


厚岸まで来ると海がバーンと見えます。


港の近くでは鳥が群がってます。


茶内のホクレンで給油ピットイン


茶内駅ではルパンがお出迎え。モンキーパンチさんの故郷なんですね。


ここからは海に向かって原生林の中を走ります。青空が見えてきた!
下りの適度なワインディングを快調にオープン走行します。
いろんなNCロードスターを乗ってきたけど、このNC3の幌RSはクイックで切れ込む様なハンドリングで、ワインディングがとっても楽しいです!RHTはもう少し動き出しが穏やかでナチュラルなハンドリングなんですけどね。

そして、第一目的地の琵琶瀬展望台へやってきました。

う〜ん、イイ!


ここらへん独特の切り立った海岸がステキです。


そして展望台から霧多布湿原を眺めます。


スーパーセブン?こりゃ最高のドライブ日和ですね!


そして、北太平洋シーサイドラインのハイライト区間がハッキリ見えます!
こりゃ早く走りにいかないと!!


振り返ってパチリ。あの岩も良い感じですね〜。そして千島海流の独特の薄い海の色も良い感じです。


よーし走るぞー


霧多布湿原を左に見ながら走ります〜
すると、対向車のプリウスαの方から手を振って頂きました…(!)
お友達??それとも愛読者の方でしょうか??
旅先でロードスター以外の方から手を振って頂いたのは初めてでビックリしました♪


そして海沿いを走る区間に入りました!


たまに丘を越えて、


沼を渡って


そしてまた海に降りてくる。


なんて気持ちの良い日なんでしょう!


こんなに天気の良い日に走った事無いですからね〜


過去、四回程訪れましたが、霧、雨、ばかりで諦めかけてたんですよ。


涼しい風に吹かれて、しばし波の音を聴いていました。


いや〜スッカリ晴れ間が広がっているじゃありませんか!


うお、海に滑り込む様なシーサイドライン


ついついシフトダウンして排気音を楽しんじゃいます。


ちょっと戻って、


はい、記念撮影。
ほとんど車は通らないですね〜静かで良いです。


低いところは波しぶきが舞ってますね。波が次々と押し寄せていました。


おウマさんと。人懐こい方達でした。


ちょいと横道に入ると、牧草ロールを整列中。



いや〜念願の晴れの北太平洋シーサイドラインをロードスターで走る事が出来て感無量でした!この道はオープンで走らないと勿体ないです!

ほいじゃ、更に進みましょう。

初田牛駅。


森の中を突っ走る。道路の先には逃げ水が見えます。


北側の展望が開けた場所で、ふと遠くを見ると山が見えます。
ん?国後島?と思いましたが、あれは知床連峰ですね〜ちょっと感動!


ほいじゃ、天気が良いので落石灯台に行ってみましょう。


素晴らしい海岸線が見えますね〜



途中から未舗装路になりますがズンズン進みます。
ベリーちゃんで来て正解(笑)


行き止まりに停めてココからは徒歩。片道20分ぐらいかかるそうです。
あまり、歩く装備は持ってきてないんだけどなんとかなるかな。

テクテク歩いて進みます。

分岐があって、両方灯台に行けそうな矢印があったから、草の少ない右ルートに来てみました。

じゃりじゃりで意外と歩きにくい…ソールが薄い靴を履いてるからなあ。

20分歩いても全然それっぽいところが見えてこないな。案内表示ウソばっかりだな、

でも灯台こっちの表示があるし、間違いない筈だし…

結局40分歩いて、ようやくカップルとすれ違って挨拶します。ほお、ヒトがいるから一安心。そのあと家族連れとおじさんとすれ違います。

でもそのおじさん
「灯台って無くなったのかなあ〜10年前くらい来た時はぼろい灯台があったんだけど、この先には灯台は無くて新しい施設ができてるよ。」
だって…
ええ!?そんな筈無いけど…


その先にはこんなアンテナ施設が…コレが灯台の成れの果て!?

んなバカな!

つづく

まとめ記事はこちら

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.