• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2012年05月23日 イイね!

瀬戸内桜ドライブ 安芸、うさぎ島、とびしま海道

瀬戸内桜ドライブ 安芸、うさぎ島、とびしま海道最近ちょっと忙しくしておりご無沙汰しております。コメントもなかなか出来ずに悶々としております。
そんな中、1ヶ月以上前の4月上旬の旅をまとめつつあるので、ここにご紹介したいと思います。




四月になり桜を見に行こう、どこでも好きなところに、と妻に宿題を出しました。
昨年は満足に花見に行けなかったこともあり、今年こそというわけで。
妻はやっぱり和歌山「で」良い、と答えたみたいですが、遠くに行きたい私が近所の和歌山に納得する筈も無く(笑)、結局広島の音戸の瀬戸に行きたい、と言わせて(笑)広島遠征となりました。

久々の広島、初めての呉です。

4月6日(金)
広島までそれなりに距離があるので、金曜日夜に出発。
出来るだけ距離を稼ぎたかったので、前泊は岡山県鴨方の遥照山としました。

しかし、仕事がなかなか終らず予定より遅れて出発。
車は夏タイヤ(純正ポテンザ)に履き替えたばかりのアテンザです。
普通の週末で広島往復なので、安楽優先のチョイスですね。
(三連休ならロードスターだったでしょう)

車は順調に遥照山にたどり着き22時前にチェックイン。山上だからでしょう、一段と寒い!

4月7日(土)
翌日早起きできず(笑)、ゆっくり出発。

遥照山から瀬戸内海が遠く臨めます。


そして水島コンビナートも。

山陽道をちょっと走り三原にやって来ました。山陽本線の終着駅位でしか知らない、初めての町です。瀬戸内の小さな町。南には切り立った山があり、桜の名所の筆影山。景色が良さそうなので登ってみましょう。


山頂展望台の桜はまだまだつぼみでした。


行き交う船がオモチャみたいな瀬戸内の海。


しまなみ海道も見えますね。


もう一週間後だと桜が咲いていたんでしょうね〜。


筆影山から下る道も絶景でした。

どんどん行きましょう。

海沿いをのんびり走ります。海面が近い!


島と造船所が点在するなかなかのどかな海風景で気に入りました。


やって来たのは忠海港。

これからウサギ島として知られる大久野島にわたるんです。ウサギがいっぱい住んでるんで、ウサギ好きの妻にはたまらない島らしいです。車は乗り入れ出来ないので港の駐車場にお留守番。
しかし港に到着したら、フェリーがちょうど出たあとでいきなり30分待ち。昼御飯を調達してしばし待ちぼうけ。全然船の時間調べてなかったな〜。

旅客船に乗って島まですぐ。

天気悪いっす…。


見えてきました、大久野島。大戦中、毒ガス工場があったそうです。

港についたらバスに乗ってホテルまで。


ホテルの前は広場になっているのですが、いーっぱいウサギがたむろしてるんです!

ホテルのフロントでウサギのエサを買ってウサギに餌やりです。

いっぱい集まってきました。


一匹


二匹


三匹


四匹


五匹


六匹


いっぱい!

いやあ、大人気です(笑)
自前でエサ持ってきたら良かったなあ。


変な格好で寝てるやつも居れば、


可愛らしい兄弟も。

妻は一通り満足した様なのでワタシが挑戦。

趣味:餌やり としては頑張りどころ。


おーよしよ〜し、


そらそら、こっちだぞ〜い、


おいこら、そこはエサじゃない〜
(ほら大人気)


彼らの食べたい気持ちを最大限引き出すのがコツ(笑)


ほいじゃ、満足したんで帰りましょうか。
バスに乗って港まで。


桜も咲いてます。


ここでもちょっとしゃがむとすぐにエサだと思って駆けてきてかわいいんです。
特にカメラのレンズがエサ箱だと思うらしく、まっしぐら(笑)


あれ?
靴になんかひっかけられてる・・・奴ら興奮のあまりお○らししたな(笑)

ちょっと時間があるのでお弁当食べて、発電所跡に。

まさに廃墟で、スゴくいい感じですが、兎が跳ね回っているギャップが何とも言えません。


ウサギちゃんはどこから迷いこんだんだい?

その迫力に圧倒されて船を一本遅らせる事に。30分後だし。


時おり雨がぱらついて、天気はめまぐるしく変わります。

しかししかし、次の船は実は1.5時間後だったのです。
なんで、お昼のこの時間だけ間隔空いてんだよ~。

天気は悪くなって気温が下がってくるし、妻は寒いと言い出すし(あれだけ船に乗るから厚着しなさいって言ったのに!)最悪です…


ようやく次の船が来たかと思ったら冷たい雨。あ〜あ疲れた。


短い船旅の後、ドライブ再開。雨ですが。

造船所がかっこよかったり、またはれてきたり、海沿いドライブを楽しみ、

竹原では古い街並みをちょっと見学して(晴れて来ましたね)

安芸津の正福寺公園に。

駐車場も桜が咲いて、





海が見える桜の公園でした。
やっとこさ花見が出来ましたよー。

さすが地元だけにマツダ車が多いです。

そろそろ日が傾きかけですが、地図上で気になってしょうがなかった場所に行ってみましょう。



やっぱ地元ですね〜ロードスターとすれ違います。


ドライブ依存症さんに依れば、「眺めはええけど、先っぽにはなんもないよ」とのことですが、橋で渡れる島には行ってみたくなるんですよ。

800円払って最初の橋を渡ります。下蒲刈島に上陸!この先5つの島を橋で繋いでいて、「とびしま海道」なんて名付けています。



またもやロードスターとすれ違いますよ〜。

先ずはツーリングマップル2012で初収載された上蒲刈島の「物見台」にむかいます。

これが二つ目の橋。

上蒲刈島です。

が、西からの道はヤバそうなアドベンチャーロードで引き返し、東からエントリー。


ゴロゴロ岩の島ですね〜。


これまたアドベンチャーで怯みますが(笑)ズンズンいきます。


高度を上げるとゴロゴロ巨石が突き出る山肌に圧倒されます。


やって来ました物見台。しかし展望台は立ち入り禁止の様子。


向こう岸は四国ですよね?


素晴らしい景色です。


アドベンチャーした甲斐がありました!


さあ、日が落ちるまで島巡りしますか!


橋を1つ2つとわたって行きますが、超快走路!


海を飛んでる様に走ることが出来ます。


またロードスター!こらやっぱりロードスター向きのドライブルートですね。


大崎下島には景観保存地区があるそうで行ってみます。

しかし店はしまっているし、展望台に行ってみます。

ほほーあれが町並みですね。時代から取り残されたような風情のある景観ですねー。




いやはや風が強くて寒い!向こう側が行き止まりの島、岡村島です。


南側は瀬戸内海が広がっています。目の前が今治ですね。


しまなみ海道方面。

そろそろ夕暮れ色に染まりそう。


海峡方面も良い色になってきました。

お腹が減ってきたので上蒲刈島の海鮮料理かつらにむかいます。
行きとは逆の島の南側を通ります。

空の色が何とも言えない色ですねー。


さらに進むとありゃ日没間近!


日没スポットをなんとか探して夕陽を見送ります。


今日も一日ご苦労様でした。



さあさあ、空腹MAXですので、橋を渡って戻りましょう。


夕食はかつらにて海鮮丼と

刺身定食。

なかなかサービスのいきとどいたおすすめのお店。
隣の座敷では地元のおじさんが気分よく唄っていましたが、漁師町っぽくて良かったです。


さて、あとは本日の宿である呉の町に向かってひた走るのでした。
Posted at 2012/05/23 23:19:25 | コメント(9) | トラックバック(0) | アテンザ | クルマ
2012年05月20日 イイね!

沖縄ロードスターの旅 day4

沖縄ロードスターの旅 day4とうとう沖縄ロードスターの旅も最終日。

前日までは天候にも恵まれ、ヤンバルをドライブしまくりでした。

本日は夕方のフライトで現実に戻らなくてはいけません。
天気予報は午後から雨ですが、目覚めると晴れてます。





朝食は海を眺めながらクロワッサンとニンジン。
どうやら沖縄はニンジンの時期らしく、青臭さが全く無くとても食べやすかったです。


この波打ち際とも今日でお別れ。


ホテルをチェックアウトして、まずは古宇利島へむかいます。
古宇利大橋は以前に渡りましたが、隣にワルミ大橋が架かったのでそちらから。


やって来ましたニューブリッヂ。


立派な橋ですがのんびりで、トラクターが通ってたりして。


続いて古宇利大橋へ。


橋って陸と陸を繋ぐだけのもんじゃない気がします。


やっほ〜!


さて、島にわたって白砂のビーチへ。


プレ新婚旅行の時以来です。


今回はロードスターと一緒です。

島の中をちと探険してみましょう。

高台から橋を見下ろします。


島の中に入って行きます・・・


出た!未舗装路。


細い道をズンズン進む・・・


整備された展望台に出ました。

展望台からは海が見えるのですが・・・曇って霞んで全然見えなかったので写真はナシ。


サトウキビ畑も収穫時期ですね。
 


ほいじゃ、次はどうしますかねー
このまま那覇に行ってもまだ早いし、アウトレットも免税店もあんまり興味ないし。

本部のヒルギ林にオサレカフェがあると言う情報を妻が仕入れていたのでいってみましょう。



道中にある運天港園地に行ってみます。

先ほどの橋が一望出来ますが・・・雨降ってきました・・・。


道路工事だらけの県道を通ってヒルギ林にやって来ました。何だか東南アジアな雰囲気です。


ヒルギ林の向こうは海ですね〜

軽く迷ってカフェを発見!

カフェ・チャハヤブラン
 目の前が全部海。そして伊江島が真正面。
計算され尽くしたロケーションであります。


 ソーキどんぶりなんぞ頂いて、


マンゴースムージーで締めます。
これが自然な甘さとプルンプルンな食感で素晴らしく美味しかった!
もう一度食べたい♪

さあ時間も来たので那覇に帰りますか!


本部の街外れのガススタ、ハイオク143円って激安ですよね。

帰りの高速は激しい雨・・・
そうそう、沖縄の舗装は石灰質が含まれるため、雨が降ると滑りやすいのでご注意を!
最近の舗装は改善されてそうですが。


というわけで、4日間にわたる沖縄ロードスターの旅は終わり、機上の人となりました。


KIXからはアテンザで自宅まで。
4日間フルでロードスターに乗ってると、アテンザが如何に快適かよくわかります(笑)

3月の沖縄は初夏の陽気もあり、そしてなによりロードスターで沖縄をドライブ出来たので満足満足。
皆様も機会があればマツダレンタカーで沖縄ロードスターの旅をお楽しみください!
2012年05月13日 イイね!

2012GW 北東北大遠征 1日目 余呉湖と白山

2012GW 北東北大遠征 1日目 余呉湖と白山順番が逆になりましたが、GW北東北大遠征の初日の話です。
一応、おまけみたいなもんです。

2012年4月28日

待ちに待ったGWが始まりました。
仕事の都合で休み全滅の危機もありましたが、何とかヤリクリして9日間の休みをゲットできました。

しかし直前のハードワークのせいで27日(金)夜出発の予定を変更し、28日(土)午後出発にしました。

1日目は石川県の妻の実家に行く事として、ハードルを大幅に下げました。
(当初の予定では新潟まで行く予定だったのですが)

ということで行程に余裕ができたので、前週の色出来TRGでは曇り空となった余呉湖に寄る事にしました。


早速余呉湖に到着。晴れ間が眩しい陽気。コレですよコレ!


遅めの八重桜?が満開なのは予想外でした。


湖面と芝生が青々としていますねえ。
threetroyさんの宿題、湖はNGですよね?


 

桜のアーチ



うららかな昼下がりを満喫したところで、北陸道を真っ直ぐ行っても面白くないので福井県越前大野に寄ってみます。


今庄までのR365は超快走路。全然車無し。
しかし福井ICからのR158はストレス路で往生しました・・・


越前大野の田んぼは芝桜付きで見応えがあります。


一応大野城を撮ってみましたが、あんまり感動は無いなあ。


勝山市からR157で白山市へ山越えです。
豪快な山岳路、交通量極少の超快走路でした。
お気に入りのルートの一つであります。


白山ろく 堅豆腐の山下ミツ商店にてお買い物


豆腐ソフトをいただきました。
甘さ控えめで大豆の薫りが濃厚です。
超美味しいかったですよ。


土筆がいっぱい


夕陽に照らされる白山は霊峰だけあって、いつも神々しいです。
 

夜は創業50年の居酒屋で刺身盛り合わせ。
やっぱ北陸の魚は美味いんですよぉぉ。


さらにノドグロを戴き大満足。
ノドグロはジュワッと脂ののった肉汁がしみ出してきてそれはそれはウンマかったですよ〜。

そして翌日は新潟を突っ切って。
笹川流れに向かいました

2012年05月13日 イイね!

72600→75080 2012GW 北東北大遠征の終わり

72600→75080 2012GW 北東北大遠征の終わりGW明けて一週間、忙しくしておりブログアップが滞っておりました。
それでは最終章行ってみましょう。


旅も7日目

青森には台風並みの低気圧が接近し、前日の夜から激しい雨と風に曝されていました。

本日は関西に帰る日。しかしまずは津軽海峡フェリーで函館に向かわなくては。
なぜなら本日夜中出航の新日本海フェリーの予約を取っているからなのです。

さすがにオナゴ同乗で往復青森は厳しいだろうという予想から、せめて帰りだけでもラクしたい…
ということで、苫小牧から敦賀に行くフェリーで帰る段取りなのです。

しかし折からの暴風雨により、前日の津軽海峡フェリーは一部欠航とのこと…やばいなあ。


起床してすぐにネットで確認すると欠航情報はナシ。
よかった〜これで帰れる〜。

というわけで青森から函館、噴火湾沿いを道央道をひた走り、苫小牧までやっとこさ辿り着き、大揺れの海上の人となりました・・・


津軽海峡フェリーはデカイ


記念撮影していると大粒の雨が・・・


パックリ喰われるが如く


さらば下北半島、さらば仏ヶ浦


さらば青森、さらば東北


見ろ幌よ、あれが函館山だ・・・ん?ガスってるな


記念すべきロードスターでの北海道上陸も、殆ど素通りなのでなんか淋しい


当地では有名らしいラッキーピエロにて遅い昼食


新しくなったらしいタワーへ


桜の五稜郭も雨模様


急ぎ足で苫小牧を目指す


道央道はヘビーウェット、Playzのおかげで安心走行だが神経を使う


日没に間に合わなかったけど、洞爺湖月浦にて


道央道は暴風雨のため、伊達IC〜室蘭登別ICまで通行止
夕食場所を探しに室蘭白鳥大橋を通行。晴れてたら絶景なのだろう。
7月か8月か、それとも祭りのある9月か・・・


ようやく苫小牧に辿り着く・・・
満員の巨大フェリーに乗船
threetroy氏に「フェリーマニア」と呟いていただき、自覚す。


停泊中も揺れる船内。一等客室へ。23時40分出港。

外洋に出たとたん、テーブルの上の物が滑る程大きな揺れ。
立ち上がる事も出来ない。
甲板の構造物が揺れの衝撃で地鳴りの様に響く音を聴きながら眠りに落ちる。


 
翌朝。


揺れは幾分収まり、甲板から東の空に雲の切れ目

久しぶりに電波の届かない静かな世界で小沢征爾インタビューを読む
こののんびりした時間は船旅ならでは。


21時間の船旅、上陸の時を待つ愛馬。ドウドウ、良い子だ。


しかし、高速はいつもの様に真っ赤か


やっとこさ上陸、長い旅だった。しかし、渋滞を避けなければ。

結局、敦賀から湖西高島に抜けて、鯖街道で京都市内。
その後阪神高速京都線から第二京阪道でスムースに帰りました。

72600→75080 2480kmの北東北大旅行でした。

素晴らしい風景、素晴らしい道、素晴らしい空気、そしてロードスターで行ったという満足。

みんカラをやっていなければこんな旅は出来なかったと思います。
皆様に感謝するとともにお礼申し上げます。

 完

目次
1日目 晴れの余呉湖
2日目 笹川流れ
3日目 男鹿半島
4日目 龍泊ライン弘前城
5日目 龍泊②&海峡ライン
6日目 尻屋崎&青森美術館
 
 
2012年05月03日 イイね!

ドラマチックトーンな尻屋崎からあおもり犬へ

ドラマチックトーンな尻屋崎からあおもり犬へ旅は6日目を迎えました。
予報では朝から雨の筈でしたが、ホテルの窓からは見るむつの街には、まだ雨が降っていないようです。

今日の予定は尻屋崎と恐山。その後青森まで戻ります。

尻屋崎では強風が吹き荒れる中なんとか雨は降らず、寒立馬とふれあいました。恐山は雨が降り、行っただけ。その後青森まで戻り青森県立美術館であおもり犬を見学しました。 

 
朝のむつ市街は曇り
 

県道6号は尻屋崎に近づくに連れて超快走路に。
気温9℃、湿度が高く、エンジン絶好調。
 

忽然と現れる石灰石積み出しとセメント工場、ぎんがめさんと同様に工場萌え
 

尻屋崎灯台周辺は強風
 

曇天もまた佳し 
 

強風に飛ばされる潮と格闘
 

性格の良い寒立馬、そして1500km以上連日走った愛馬
 

ドラマチックトーンが過剰に感じない風景
  


寒立子馬は甘えん坊
 

恐山に向かう道中は先導付き
 

恐山は雨、車から一歩も降りず
 

硫黄の谷、硫黄の匂いが鼻につく
 

強い雨の中、青森へ南下
 

野辺地でほたて貝焼きを食す


こちらは生ホタテ丼。やはり現地で食べるのが一番。
 

青森県立美術館へ
シャガールの巨大な舞台背景画はとっても良かった。
 

妻のお目当てはあおもり犬
 

妻に由来を聞いてもよくわからないらしい……??
私には ”半日「おあずけ」を喰らって意気消沈甚だしい犬”にしか見えず。
そのイメージをドラマチックトーンで料理してみました。
 

明日は函館まで渡り、苫小牧から関西に帰る計画ですが・・・
予報では天候が悪く、フェリー欠航しちゃう可能性も。
その場合自走で 1,100km…どうなっちゃうんでしょうね!?

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.