• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2013年07月27日 イイね!

青い森の夏休み♪ 後編

青い森の夏休み♪ 後編姉と妻と三人の旅、八戸のウミネコの繁殖地、蕪島に立ち寄った後、南下します。


ちょっと走ると何やら絶景の予感!


大須賀海岸です。いやあ、美しい海岸線♪


車を停めて散策しましょうか。


白浜海岸♪


地元のおじさんによれば、やませの影響で高山植物が咲く海岸線なんだとか。確かに海風が涼しい。


お花が綺麗に咲いています。


更に南下すると種差海岸に出ますが、どうも夏祭りの最中で大変混雑していたのでスルー


道の駅でサクランボと


麦もちを食べて満足。この麦もち最高に気に入りました♪


車ですぐの有名ポイントにきました。


そうです、八戸キャニオン。


露天掘りの石灰石の鉱山。現在も操業中です。一番深いところはマイナス160mもあります。
巨大ダンプがちーさく見えます。

そっから再び十和田市内にもどります。


県道を走ってると、爆音がして目の前を戦闘機が旋回して行きました。
ここいらは外国人が多いんですが、三沢基地があるからなんですね。
飛行機撮影にはいいかも。


十和田市現代美術館にやってきました。


町中にいきなりオブジェが現れるんですが…(ファットカー)


こんなのが鎮座しています。

なかなかおもしろい展示物があります。巨大なおばさんで有名、らしいです。

一通り廻って疲れたので

美術館内のカフェで休憩。

アップルケーキとアイスクリーム。嗚呼美味い・・・。
後ろの赤い花は、定期的にバサっと開いたり閉じたりします。

常設展示は撮影禁止ですが、特別展は撮影OKでした。


アクセラちゃん、しばしお待ちを。


人のいない隙を狙って。


奈良美智氏の「untitled」ひっそりと展示されてる小さな絵ですが、コレが気に入りました。


奈良美智氏の「花頭花瓶」インパクト大です。

雨が降ってきたし、今日は青森市内に宿泊なのでそろそろ行きますか。


八甲田に上がると雨がやんで曇り空になりました。
途中すれ違ったマツダのオート三輪。現役で活躍中のようです!スゴい!


青森市内の居酒屋で食事です。


おお、イカが泳いでる。


さっきのイカ。こりこりしてて美味い。やっぱマイカが好きだな。


ミズとアワビ。
ミズって何?水??店員さんに聞いたら、ミにアクセントのあるミズという植物らしい。


ホタテの刺身。ああ、新鮮。
というわけで飲んだくれた青森の夜でした。


翌朝、旅の最終日。今日は日本海側に行ってみる事に。
まずは高速に乗って弘前に向かいます。
ガイドブックを見ると、弘前はアップルパイで売り出しているとか。
美味しそうなアップルパイがいっぱいあるので食べにきました。
弘前城の北にある「はなまる」という喫茶店に、開店と同時に入店。
アップルパイが焼けるのを待って、

焼き立てのアップルパイを頂きます。おいし〜!
リンゴの甘さと酸味が絶妙。朝ご飯たべたばっかりだけど、何個でもいけそう。


岩木山をぐるっとまわって日本海をめざします。


岩木山の西麓に農園があったので立ち寄ります。


おお、これがミズね!

姉は両手一杯の野菜を買って、

我々は立派なアスパラガスを購入。200円。安い。
(帰宅後食べましたが、かなり美味しかったです)


晴れ間が見えてきました。


平地に出てきました。田んぼが眩しいですね。


ふかうらの道の駅で食事をしましょ。


直売所で地元の総菜を買ってむしゃむしゃ。
イカめし、イカ寿司、イカのかき揚げ、左上の緑のこんにゃくみたいなのは、エゴ草という海藻を煮詰めたエゴ天だそうです。寒天みたいな食感で海藻の香りが良くてとっても美味しかったですよ。


千畳敷に乗り入れて休憩。


うむ、磯遊びにピッタリ。


海藻です。


そろそろ飛行機の時間に間に合わなくなるので帰りましょう。
津軽半島を遠くに眺めながら帰ります。すっかり天気になりましたね。


気持ちよい農道を縫って走ります。


田んぼの向こうの岩木山に別れを告げて


青森空港に到着。
アクセラちゃん3日間ありがとう。
実はこのアクセラは2000ccの4WDでした。1500ccにしては重厚感があるけどパワーもあるな〜と思ってたら雪国仕様だったんですね。軽快でハンドリングが楽しくていい車でした。こりゃありです。

姉とはココでお別れ。
一足先に機上の人になりました。


シートベルトサインが消えると雲の間に岩木山の山頂が見えました。


日本海が太陽に照らされます。


夕暮れ時に関西に帰ってきました。
ああ、青森、とても爽やかな三日間でした。
次は紅葉の時期に行ってみたい!


そんな事を話しながら渋滞を避けて名神・近畿道を通って帰宅しました。
夏休み第二弾、青森東北にもっと行かなきゃと思った旅でした。

おしまい
Posted at 2013/07/27 12:27:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行記 | 旅行/地域
2013年07月19日 イイね!

青い森の夏休み♪ 前編

青い森の夏休み♪ 前編最近、旅の思い出がお腹周りに溜まっていく黒ノ助です。

例年、7月の三連休はあまり旅行に行けてないんです。なぜかタイミングが合わなくって。
でも今年はちゃんと事前に計画して、妻の姉と三人で旅行に行く事にしてました。

屋久島、台湾、韓国、沖縄…といろいろと案が出ましたが、計画時点では飛行機がほぼ埋まっており、かろうじてとれたのが青森空港。
レンタカーは旧マツダレンタカーのタイムズレンタカーの1500ccクラス。赤いベリーサとかだったらいいな〜と思って予約しました。

土曜日の早朝出発。三連休の初日の朝なので、6時時点で既に中国道豊中付近は渋滞…阪神高速で伊丹空港に向かいます。

お、volvo V40だ。カッコいいな。


JALカウンターは既に長蛇の列…


厚い雲を突っ切って雲上の世界をいざ北へ!


空の上の景色も見ていて飽きる事はありません。そういえば小さい頃から車窓の景色をず〜っと眺めていた様な気がします。

高度がやや下がり、雲が切れてきたと思ったら…

深い森の中に水たまり…

と思ったらコレは…

十和田湖じゃないですか!
晴れてますねえ、こりゃ空港ついたらまずは十和田湖だな。


10時過ぎに青森空港に無事到着。いい天気です!


羽田から先に到着していた姉と合流してせんべいを食べてレンタカーターミナルにテクテク。
風が涼しい〜大阪の灼熱地獄とは大違い!

レンタカーをスムーズに受け取り、早速八甲田経由で十和田に行きましょう!
(写真は無いですが、車はもうすぐ旧型になる現行アクセラセダン。嬉しい♪)

道中に出会った旧車ツーリングの列。楽しそうだなあ〜。


初めての八甲田、十和田なんですよ。楽しみだな〜。
いささか重ためのステアリングを軽快に切りながら、15インチタイヤのまろやかな乗り心地を味わいつつ山を駆け上がります。たのし〜。


おお、お花畑の向こうに八甲田山!風が涼しくって爽やか。


城ヶ倉大橋に立ち寄ります。みんなで写真撮影。渓谷から吹き上がる風が冷たくって気持ちいい〜
紅葉の季節は壮観でしょうねえ。


ここで姉から短パンをプレゼントされちゃいました。
私のふぁっしょんがダサイそうです(笑)
お腹減ったと女子たちがうるさいので先を急ぎましょう。
皆さん十和田湖のヒメマスが食べたいとのこと。


道中、車がたくさん止まって何かを採ってる様なんだけど、なんだろ?
おじさんに聞いたら、根曲がり竹を採ってるんですって。


お、下界が見えてきました。


奥入瀬のあたりを走りますがお腹が減って倒れそうな人が居るのでバイパスを通ってと。


峠を越えると十和田湖発見!湖面に映る空が綺麗だ〜。


湖岸の林を駆けて…


十和田湖のとちの茶屋でヒメマスを頂きました。あっさりして美味しい♪


ニジマスの刺身も超うまい♪


お腹が満たされたので湖岸をお散歩。


なぜか遊歩道にワカサギが…


どうも、この週末は十和田湖水まつりらしくて、よさこいのステージとかやってました。

それじゃ、奥入瀬渓流に向かいますか、と国道を走っていたら「←瞰湖台」という看板を見つけてUターンして向かいます

おお〜!綺麗な湖面が一望〜。


あやうく素通りするところでした。


さらに進むと林の向こうに青い湖面が!


いよいよ奥入瀬渓流〜!

銚子大滝の駐車場になんとか止めて…

このシルバーのアクセラちゃんが今回の旅の相棒です。


緑が深い!コレが奥入瀬渓流か〜確かにスバラシイ。


滝の飛沫が太陽光線を際立たせます。


水の流れがほんとに気持ちいい〜。


雲井の滝


阿修羅の流れ


妻の写真です。


いい写真が撮れましたか〜?


撮れたそうです♪


日没が近づいたので本日の宿に向かいます。


十和田市内の居酒屋で食べた刺身たち。イワシが特に美味かった〜。

翌朝。今日は八戸の朝市に行くので早起きです。

しかし駐車場はこの状態・・・おい電気自動車!!どこに停めてんねん!
なんとか脱出成功・・・やれやれ。


八戸への道はどこも豪華…こんな道路ダラケですね〜


正面は八戸のフェリーターミナル。ここから北海道に行けるのか〜


港の橋から街を一望


港に延々と続く朝市というか屋台、スゴい規模です。


せんべい汁を食べました。ふやけたせんべいが意外といけました。


こんな市場っぽいものもありますが…バラエティーに富んでます。


妻はウニ飯。

朝市を後にして海岸沿いを南下しましょう。


と港の道を走ってたら急に鳥の大群!!


なにやら軽トラの荷台にウミネコが襲いかかっている模様…一体何が?


後で写真を見たらチクワをくわえてる鳥がいますね。さあ何個見つける事が出来ますか?
ちくわ大襲撃現場でした。


ちょっと走ると蕪島にやってきました。ここはウミネコの繁殖地。


至る所にウミネコさんがいらっしゃいます。


駐車場には傘が置いてます。もちろんフンよけ。


蕪嶋神社にはもうすぐ巣立ちの子ウミネコがたくさんいました。


仲良く海を眺める。


ウミネコの鳴き声がかなりウルサい(笑) お邪魔してます。


広角レンズをグイッと突き出しても若干困惑気味なだけで逃げないんです。

噂には聞いていましたが、いやあスゴいところでした。

つづく
Posted at 2013/07/19 21:48:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行記 | 旅行/地域
2013年07月11日 イイね!

スポーツワゴンで行く礼文島の旅  7 北海道最終日

スポーツワゴンで行く礼文島の旅  7 北海道最終日とうとう北海道最終日。
好天が続いた今回の旅ですが、さすがに天気は下り坂。
蝦夷梅雨なんて言葉がぴったりなどんよりとした空です。

十勝岳連峰も雲に隠れがち

でもせっかく富良野に来たのでお花畑に行きましょう

ファーム富田。雨がパラパラしています


ルピナスが鮮やか


内心横のクラシックが気になってたりして(笑)

観光気分でついついラベンダーのソフトクリームなんぞ食べてしまいました。


スクーターまでラベンダー色。徹底してます。














しかしこれだけの花を恒常的に咲かせる努力ってスゴいもんですね。


小腹が減ったので、旬のアスパラバター。
うまい〜

もう一カ所お花畑に行こうかとうろうろしましたが天気が悪いのでパスし

お昼ご飯にしましょう。道沿いのカフェにピットイン。


手作りのパンとソーセージ。美味しかったですよ〜。


コーヒーも挽きたて♪


お腹いっぱいになったので、青い池に行ってみる事に。


丘を超えるとこんな景色が…


山に向かって走ります。


畑だなーと思ったら


アスパラ畑でした、ニョキニョキ生えてる。


白樺ラインを通って


雨の青い池。立ち枯れがドラマチックトーンにピッタリ


ささ、そろそろ帰路につきますか〜


道道135号で山越えして夕張国道に出ましょう。


三段滝で休憩


おー意外とスゴい。


夕張国道を南下しますが、道が悪いのなんの。


桂沢湖にかかる鉄橋。


しばらく進むと国道から見える鉄橋。なにやら自然と一体化して独特の美しさを見せています。


いかにも熊の住処なような山中を走り、トンネルを抜けると夕張市


美しい川沿いを下っていくと


いつの間にか超近代的な路線に変貌します。


パーキングでちょっと休憩


向こうの方には新しい橋を架けてるし…そうか新しいダムで水没するから整備しているんだ。


この橋も水没するんですね。


ちょっとだけ三弦橋らしき橋が見えました。


あちらは夕張岳でしょうか。雲がカッコいいです。


ショートカットする長いトンネルを抜けるとシューパロ湖とはお別れ


夕張市街に入り、メロンドームに立ち寄ります。


閑散としたメロンドームでメロンソフトを頂きますが…ん、普通。


冷凍庫にはこんなものがありまして…シーズンオフだからでしょうね。


道東自動車道で西に向かって走って千歳東で降ります。


新千歳空港でお母さんを降ろして駐車場に車を停めます。
ANAのカウンターでチェックインして、お土産物を買ったり


こんなものを見つけたり


北海道最後の食事(豚丼!)を楽しんだり。
そして、お母さんを一足先に飛行機にお送りして、一安心。


我々も自分たちへのお土産を買い(笑)


フェリーでの食料品を買い込み


苫小牧まで夜の国道を走って


フェリー乗り場に到着。
全て予定通り。


帰りも新造船をチョイス!


22:54 北の大地とはしばらくお別れです。
今回も長旅のはずだけど、感覚的には超短かった…。


帰りはデラックスルームに泊まってみました。

何が良いって、お風呂がついている事と、

専用のデッキがあること。

・・・そしてクラシックを飲んで寝てしまいました…

翌朝、曇り空の下で朝食。

これもお気に入りのスティック野菜(醤油マヨソース付き)
野菜不足になりがちなので貴重です。


鏡のような海を眺めながら、プライベートデッキでチョコカスタードパイ。最高!


新造船なので振動が少なく、とても快適。
風も涼しくとっても快適、気持ちいい!

ここで、皆様にご紹介。








のんびり過ごしてるとぶお〜っと

お、相方とすれ違いですね。


今回のヒット商品、つぶと昆布の佃煮。これ、ヤミツキになります。

14:15 電波が入るなあと思ったら舳倉島の横を通過!



平べったい島。


ちょっくら青い空が見えてきた。


鳥が飛んでたり、漁船が見えたり、ちょっと陸地っぽくなります。


そんでもって、船首部分をじいっと見てるとトビウオが驚いて飛んで行くんですよ。
これ結構美しい。(写真には撮れなかったけど)


水平線の向こうには(多分)舞鶴行きのフェリー。


そろそろ夕暮れ、雲が厚いですね。


神々しいまでの夕陽


空が染まってくると


もう敦賀湾。イカ釣り漁船の明かりが見えてきます。


20時過ぎ、敦賀港に着岸。


関西に着いちゃった。

夜の高速をのんびりと帰り、今回の旅が終わりました。

振り返ると、晴れ女が二人も居たので好天に恵まれ、それはもうスバラシイ風景の連続でした。
ああ北海道はスバラシイ。既に帰りの船の中で次の北海道旅行の相談をしているのでした…

おわり
Posted at 2013/07/11 23:17:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013 SWで行く礼文島の旅 | 旅行/地域
2013年07月05日 イイね!

スポーツワゴンで行く礼文島の旅  6 利尻富士見のオロロンライン南下

スポーツワゴンで行く礼文島の旅  6 利尻富士見のオロロンライン南下  礼文島から稚内に戻って、
翌朝。

今日は一気に道央まで南下です。 
 


ホテルから市内を覗くと快晴のようです!
チェックアウトを済ませて稚内市内を抜けてオロロンラインへ向かいます。
  


丘を超えると今日も利尻富士が見えた!
展望台に車を停めてじいっと眺めてしまいます。 

こんな風に雲を纏った利尻富士、見ちゃうでしょ。
 

オロロンラインを利尻富士を右手に見ながら走ります。
 

これこそ絶景ドライブ!
 

夕来の展望所でもじっくり。は〜、いい景色だ〜。
 

一歩前に出て、原っぱと海と利尻富士。
 

残雪がとてもイイですね。
 

その後、右後ろに利尻富士を見つつ、南へ走る。
 

稚咲内の港で、利尻富士が綺麗に見えないかと思ったけど、なかなか良い場所が無くって、ドラマチックトーンでごまかしてみる。
 

ひたすらまっすぐなオロロンラインを走る。
 

北緯45度のモニュメントと記念撮影。
ココからこんなに綺麗に利尻富士が見えたのは初めて。 
 

お花畑と利尻富士
 

オトンルイ風力発電所の列が見えてきた。
 

風車の列と利尻富士を一緒に撮ってみる。
 

牧草ロールを絶賛製作中。抹茶ロールみたい。
  


天塩の農道からも利尻富士が見える
 

お腹減ったので道の駅富士見でお昼ご飯。
 

B級グルメの遠別コロッケ定食。
コロッケの中にホタテやミズタコがたっぷり入っていて意外と美味しい。
 

ヒラメの漬け丼。美味しかったそうです。
 

富士見というだけあって、利尻富士が見えてます。
 

遠別からちょっと内陸の農道を走ってみる。
これが快適で白樺林を抜ける快走路。
 

再び海沿いに戻り、真っ青な水平線に向かって走る。
 

初山別村みさき台公園にて。
往路は海霧だったけど、復路はこの通り利尻富士がうっすら見える好天。
 
なんだか利尻富士が美しすぎて道草くいすぎましたなあ。
ここからはがんばって行かないと。

苫前の風車群を抜けると海の向こうに暑寒別岳が見えてくる。
 

絵画のような冠雪した暑寒別岳を目指し海沿いを走る。
 
留萌から内陸に入り、深川、旭川経由で美瑛に。

海が見えないと、結構遠く感じちゃいますね。
 

パッチワークの道に入って
 

十勝岳連峰をバックに
 

こりゃ何の木でしたっけ?
 

パッチワークの丘に飛行機が到着
 

今日はほんとに天気が良いなあ。
 

農道を走って富良野に向かいます。
 
しかし今日は十勝岳連峰が綺麗だなあ。
どっか展望台に行こう!ということで
 
千望峠に行ってみます。

おお、綺麗だ!
 

夕暮れまで待てないけど、順光でバッチリ。

富良野のホテルにチェックインして 


ホテルの窓から赤く染まって行く十勝岳連峰を眺めて、
 
この旅、北海道最後の夜が更けて行きました。

つづく 
Posted at 2013/07/05 23:21:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013 SWで行く礼文島の旅 | 旅行/地域

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.