• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2014年09月27日 イイね!

小天橋へドライブ

小天橋へドライブ今年は秋の訪れが早いですね。
結局残暑らしい残暑が無く、オープンドライブに好適な時期が長く楽しめそうです。

そして、最近画像表示の調子が悪くてご迷惑をおかけしております。どうも夜は表示されにくいみたい。原因は不明ですがリンク先の仕様変更によるものかもしれません。

加えて、私、ようやくiPhoneデビューです^^
やっぱし便利。機能連携がアンドロイドと比べてよく考えられてますね。

ということで、9月最後の週末は思いっきり快晴なのでドライブに出かけることに。海が見たいというだけで、特別目的地は決めずに北上。
なんとなく京都縦貫道を全線走破してみることに。
で、わりとスムースに日本海にやってきました。

お昼を大幅に過ぎていたので天橋立はパスして

お造り定食。カンパチ、鯛、ヒラメ、鰆のタタキ、イカ、ハガツオとバリエーション豊富。フグの煮付け、茶碗蒸しもついております。大変美味しゅういただきました。ちなみに座敷からは青い海が見えます。


で、目の前の浜で休憩。


ガードレールが無いのが良いですね。
そよ風が涼しくて、丁度良い気温です。


自転車も気持ち良さそうで。

宮津湾の風景でした。

ホントは丹後半島を時計回りしたかったけど、ココまで来たら反時計まわりに走りましょう。海沿い区間はとても気持ち良いですね。

人の多そうな伊根や、道の狭そうな海沿いのローカルルートは避けてひたすら走ります。

そして至る所で工事をしていて片側通行だったり、ダンプがバンバン走っていました。道路整備と米軍のXバンドレーダー建設が進んでいるみたいです。


途中の展望台にて。


海が一望ですね。水平線がパキっと見えるのがイイです。


右に見えるのが屏風岩

更に西進して海沿いの駐車場を発見。

海岸線が美しい。
そして久美浜湾に到達。陽が傾いてきましたね。

で辿り着きました。

tashuさんthreetroyさんはがねいちさんのお写真を拝見して一度来てみたかった小天橋。最近よっすい.さんが訪問されてますね。

超ビビリーなので砂浜へはちょろっとしか入れず^^

ここで屋根開けようとしたら「ピピピ」って開かない…


と思ったらお散歩中のワンちゃんがうろうろ。


良い被写体になってくれました。


説明書を初めて開いて原因を探ります。


すると作動条件が結構シビアなんですね。
多分路面の傾斜とかで作動条件から外れたんでしょう。
位置を変えると屋根が開きました。屋根の開け閉めは平坦な場所で。


徐々に夕暮れ近くになり、砂浜を黄金色に照らします。


ざばーン。波音しかしない贅沢な夕暮れ。


山陰に太陽が隠れ、観光客もまばらになります。

空の色がグラデーションになり、


日没が近づきます。


心地よくてほっこりしてしまいました。
満足満足。


さ、帰りましょう。
久美浜湾の看板と共に記念撮影して

京都縦貫道で帰宅。京都市街の夜景が綺麗でした。

やっぱし人の少ない海辺に行くとリフレッシュできますね〜。

以上です。
Posted at 2014/09/28 13:20:20 | コメント(8) | トラックバック(0) | ちょっとドライブ | 旅行/地域
2014年09月21日 イイね!

むちゃカワTRG in AWAJI

むちゃカワTRG in AWAJIどうもおばんです(ボンド君風)

5色で淡路島へ行ってきました。

実は今回のTRG、元々は私のNC3納車に合わせて某ロードスター愛の方に魂赤ドッキリ公開を敢行するつもりで7月開催予定だったんですが、皆様の予定を勘案して結局2ヶ月順延となりましてこの9月に開催と相成りました。
(皆様の予定、というのは私の幻と終わった北海道一週間の旅と、ロドスタ大好き様好天に恵まれやがった北海道観光地巡りがほとんどだったんですが)

で、色の関係上、白が欠番になっちゃうのでガンプラおやじさんを無理矢理誘おうとか、R29号北上して流しそうめん後に道の駅ちぐさで行水してもらおうとか、前回の高知室戸TRGの際にほぼ(私の頭の中で)企画案が固まっていたのです。が、結局実現せず、勢い余って直前で幹事役を丸投げするという暴挙に出た結果、淡路一周に落ち着きました。




お、ガンプラおやじさん、張り切ってポルシェに乗り換えたんですかね?


ガンプラおやじさん、ビューンと行ったと思ったら集合場所に先着ですね、
あれ?マーブルのロドが居るじゃん。人違い(笑)


というわけで幹事が最も遅くに到着(笑)
色とりどり♪
しかしですね、淡路SA大混雑です…


さ、適当に南に向かいましょう。パトカーの先導付きでパレードです。


何故か開始早々に道の駅にピットイン。よっすい.さんからNDのパンフをいただきました。トランク開口部がかなり絞り込まれてますね!


さらに南下してシーサイドスペースにて。
ここで通り過ぎるステップワゴンから「むちゃかわいー!むちゃかわいー!」(と興奮気味に早口で激しく二回)激励されました。海をバックに色違いNCが5色並んでたらそりゃかわいーでしょ。



そんな事は意に介さず、絵になる男①


由良港の橋を渡って


生石に到着。
風景の一部分になる絵になる男②


ポーズを変えて絵になる男③


色黒の二人(笑)
絵になる男は職業柄理解可能な黒さですが、もう一名は仕事に影響しないか周囲が要らぬ心配する程の黒さ(笑)


猫ちゃんが獲物を追いかけてました。


芝生でお昼ご飯を食べていると…白いAクラス!


KUROYONさんが合流!
実は前日にこっそりご案内していたんです。
不法侵入は良くないですから。一応お伺いをたてておきました。


生石岬展望台にて。
若干一台背が高いです(笑)


絵になる男④


ここは隠れ観光スポットですが、残念ながら?休園中。
絵になる男が異常に反応していたのでツーショット写真撮りましたよ。


で、水仙ラインです。
幹事お気に入りのシーサイドロードですが、絵になる男にとってはイマイチだったご様子(笑)


対岸の和歌山の工業地帯がよく見えました。


ミラーに注意。


さ、シーサイドロードをクルーズ。東は天気良いですね。


吹上浜にて


道の駅うずしおにて休憩。


更に西岸を北上


カフェ好きのよっすい.さんが、どうしても行ってみたいというオサレカフェ。
通過時には全開で行きたいアピールをされていましたが、泣く泣くスルー。


で、この海岸から夕陽を見る事にしましたが、残念な空…


でも絵になる男に天気は関係ありません。


こうして自主的にモデルを買って出て、見えない夕陽をあたかも見送る男を演じ、被写体に困るメンバーを励まします。


こうして愉しいツーリングは解散の時間となりました。皆様有り難うございました!


関西組は直帰の予定でしたが、途中何処からともなく漂ってくる焼き肉の匂いに我慢できず、道の駅あわじにピットインする事を決意。
(しかしメルセデスは後ろから見てもセレブ感満載です)


お、明石海峡大橋が見えてきました!

KUROYONさんも偶然(笑) 道の駅あわじに寄られ、

ご一緒に生シラス丼を頂きました。んま〜!




そしてレインボータイムを見学して帰路につきました。

丸一日楽しみましたね♪

皆様のブログも併せてお楽しみください〜
ガンプラおやじさん
よっすい.さん
絵になる男さん

おわり
Posted at 2014/09/23 01:13:30 | コメント(10) | トラックバック(0) | ツーリング | クルマ
2014年09月15日 イイね!

2014 夏 北東北の旅 6 〜竜飛から能代、よっすい.さん、エチさんと会う〜

2014 夏 北東北の旅 6 〜竜飛から能代、よっすい.さん、エチさんと会う〜NDロードスターの顔が何かに似てるな〜と思っていたら、四万十川に生息する幻の魚アカメだっ!と気付いてスッキリした黒ノ助です、こんばんは。

夏休み、北東北の旅は最終夜となりました。
青森4日目の朝。

竜飛のホテルの部屋からは北海道が大きくハッキリと見えておりました。
曇りですが雨は降らなさそうで一安心。


早速、妻がどうしても行きたいという竜飛の階段国道へ。


まだ朝なので車は少ないですね。


そして、シーサイドパークから海岸線を眺めます。この風景は最果て感抜群で大好きです。


再び竜泊ラインを駆け上がり、眺瞰台へ。
北海道と竜飛崎、風車が一望です。


小泊方面は若干明るいですね。


クネクネの昇竜の道。緑が綺麗です。


さて、そろそろ帰路につきましょう。海に向かって駆け下ります。


坂本台では再び海岸線をバックにパチり。
黒屋根は閉じていてもRHTの重さが目立たないと思いません?


七つ滝はドライブスルー。


小泊を越えると海の向こうに岩木山が見える!


岩木山を眺めながら南下します。


記念撮影。


メロンロードをひたすら南下。


ベンセ沼にて岩木山と共に。
風は涼しく、秋の気配すら漂っております。


鯵ヶ沢市内に入るR101では若干の渋滞…


なんとか待ち合わせの時間頃に到着。
よっすい.さんご夫妻とランチの約束をしていたのです。
関西から遥か1000km先での待ち合わせ。


ヒラメの漬け丼でございます。
大葉の上に乗っているのがエンガワです♪


空にかざすとほら透けてる(笑)
あまりの美味しさにペロっと食べてしまいました。
美味しい食事をご紹介頂き有り難うございます!
そして、万全な計画に感心しました(笑)


食後は隣の港で偶然を装った記念撮影。
ほら、向こうには岩木山!


フルーツっぽい組み合わせですな!


リーニュクレールで、可愛さアップ。


そうそう、市場にはねぶたがありましたよ。


北上するよっすい.さんご夫妻とはここでお別れ、旅を楽しんでください!


我々はさらに南下しますよ。
海水浴場付近では大混雑でした。


透明感溢れるシーサイドロードをのんびり走ります。
しかし、南は雲が優勢ですね…。


青空と雲の切れ目でUターンして記念撮影。


さらに進んで轟木駅に立ち寄ろうと思ったら通り過ぎちゃって再びUターン。


轟木駅。なるほど、絵になる駅です。


五能線の旅も風情があっていいでしょうね。


海に面した駅って良いですよね。

ガラスの向こうは日本海。


さて、そろそろ時間的に厳しくなってきたので、一気に南下しましょう。


しかし、この大間越街道は白神山地を横目に見ながらですがじっくり走りたいところですね。


そして、白神爺さんに教えてもらって思い出したチゴキ埼灯台。


これまた絵になる風景であります。


雲が良い感じで、


遥か男鹿半島が見えてます。
草原の風になった気がしました^^


さて、そろそろ能代の街に近づいてきました。

釜谷浜の待ち合わせ場所に行くと…

このNAはエチさんです!こんにちは!

この風車の浜でお会いする事にしていたのですが

海水浴の季節で今日は車がイッパイだそうで(^_^;


でも奥の方にロードスターを停めておしゃべり♪


エチさんのNA、てっきり濃緑だと思い込んでたら、実は濃紺だったんですね。イイ色です!


本日は男鹿の花火大会だそうで、男鹿半島には近づかない方が良いとの事。
エチさんに教えてもらわなかったら、多分突っ込んでたでしょうね。


このNAのなんとも言えないフェンダーライン、今見ても素晴らしいです。


エチさんとは、いろんな事をお喋りしました。クルマの事、ドライブの事、写真の事、カメラの事、秋田の事、お友達の事…


そして、夕暮れ。残念ながら雲が厚く夕陽は見えませんでしたが、とても充実した楽しい時間でした♪


男鹿半島のヌシ、エチさん、本当に有り難うございます!
次は寒風山でお会いしたいですね!

翌日、もし天気がもってくれたら八幡平に行こうと思っていましたが…

ご覧の通りの雨、雨、雨。

なので、潔く帰路につく事にしました。
日本海側をひたすら南下。

豪雨の笹川流れ。


トンネルの中はちょっと一息。


この雨でも、ビーチキャンプされておられます。


関東方面の上りは大変な渋滞の様子。


富山県に入ると、立山方面が幻想的。


雨が小降りになり…


雲の間から夕焼けが…


おお、正面の雲がピンク色に染まっていく。




雨の一日の最後にスゴい空を見る事ができました。


石川県の実家に立寄り、日本海の幸を頂きました♪


実家のお母さんは、こんな本を買っていてビックリ(笑)
妙に色々とマニアックな道に詳しくて、スッカリみん友の皆さんのブログを理解しておられました…!


翌日も雨…それもハンパない雨…


豪雨すぎて危ない上、渋滞も伸びているので、竜王のアウトレットにピットイン。(この頃京都市内が冠水していた様です)

その後も雨は弱まらないので、帰路につき、

なんとか家に帰り着きました。
638km→3807km 
合計3169kmの旅でした。
(燃費は13.6km…思ったより伸びませんでした)

行きも帰りも酷い雨でしたが、肝心の目的地周辺は(一日目を除き)比較的天候に恵まれて、青い森の素晴らしさを実感できた旅でした。まだまだ日本全国、素晴らしい土地が沢山あるのだという事を再確認した次第です。

そして、旅先では地元のロードスター乗りの方々に歓迎して頂き、とても充実した旅になりました。まるでキャラバン隊みたい(笑)
ロードスターって本当に楽しいですね♪皆様、改めてありがとうございました!

それと、クルマの進化には地味に感心しました。幌車からRHTに乗り換えて最初の長旅でしたので、RHTの快適性には改めて驚きました。遮音性・静粛性はもちろん・遮熱性(頭上が熱くならない…)が普通のクルマと同等になっています。更にロードスター自身も最終型ということで地味ながら細かい改良が施されています。乗り心地がものすごく良くなっているとか、センタートンネルがNC1ほど熱くならない、シートのサポートは大幅に改良されている、オーディオの音が大幅に良くなっている等々…かなりマニアックなので割愛しますが。
というわけで、最終型NCロードスターはとても快適に片道1000km走ってくれました。感謝です。これでグッタリ疲れる事無く日本全国を旅出来ます。


帰宅後、白神爺さんに頂いたアップルジュースをチビチビといただいて、青い森の余韻に浸っております。

以上です^^
Posted at 2014/09/15 22:54:31 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014夏 北東北の旅 | 旅行/地域
2014年09月05日 イイね!

2014 夏 北東北の旅 5 〜十和田湖から竜飛へ快晴ドライブ〜

2014 夏 北東北の旅 5 〜十和田湖から竜飛へ快晴ドライブ〜新型のデザインは奥が深そうで、いろんなものに見えそうだと思いつつ、今のところオオサンショウウオを連想してしまう黒ノ助です。こんにちは。

旅の続き。
予定を変更して十和田湖畔で一泊した我々。天気は本日が最も良さそう。

せっかく奥入瀬近くに泊まったのだから、人が少ない早朝に奥入瀬をもう一度走ろう!ということで、早起きします。

巨大なトレーラーの後ろに付いたので、子ノ口にて湖を眺めてやり過ごします。

ちょいと風が強いですね。まだ台風の影響があるのかな。


そして、早朝の奥入瀬をオープンドライブ!


うわ〜朝もイイ!


爽やか〜


雲が上空を流れている様で、日が射したり、


曇ったり。


渓流のせせらぎと森の音、そして静寂。


緑の少ない都会と対照的すぎて、感動です。


早朝奥入瀬がやっぱり良いですね。


白糸の滝、水量多めでしょうか。




雲井の滝も人が少なくて容易に写真が撮れます
(クルマから手持ちで撮影)


千筋の滝のすぐ下流に巨大な水溜りがあったので、Uターン。
昨日と同じアングルだけど、魂赤が映える…


朝は人が少なくて、雰囲気がとても良いです。






滝の反対側の森も素晴らしい。


さて、そろそろお腹も減ってきたので宿に戻りますか〜


もう一度子ノ口にて、十和田湖の様子を眺めます。
南西から雲が次々と流れてきます。


湖上は青空が見えていますね。


十和田湖を眺めながら、ちょっと遅めの朝食を食べていると、ざーっと強い通り雨。うーん、なかなか雨無しの日ってないなあ。
さて、今日のルートはどうしよっかな。
竜飛まで行くんだけど、奥入瀬はもう堪能したし、
でも八甲田ゴールドラインは走りたいし。


ほいじゃ、十和田湖を時計回りに走ってみよ。


湖の西側もブナ林。


こんな道をゆっくり走ります。湖の眺望はほとんどないですが…


湖の北側、御鼻部山の展望台から。


トンボが帽子で休憩中^^


だ〜れも走っていない惣辺バイパスを下って


八甲田方面へ。
晴れのブナ林も良いですね〜


クルマが少ないので、記念撮影させてもらいます。


八甲田が見えてきた。


萱野高原で休憩しようと思ってたんだけど、駐車スペースを逃してスルー…


青森市内で軽食&給油休憩して、津軽半島に向かいます。


ほう、コレが内真部バイパスか〜。それにしても空も田んぼも広い。


途中から海岸線の旧道に出て、海を眺めながら走ります。
北海道から来た貨物列車ですね。長大です。


海辺にスペースを見つけたので、ちょっと休憩。
津軽海峡フェリーが北海道に向かって航行中。右手奥に夏泊半島。
それにしても天気が良くて陸奥湾が青い。


日射しがジリジリ熱いけど、風はとっても爽やか。


再び走り出しましょう。


バイパスを走って


この旅の目的地の一つ、平舘にやってきました!


いやあ、静かで良いところだ。


灯台と海と芝生。


白い灯台が美しいです。


対岸は下北半島、仏ヶ浦方面。


先ほどのフェリーが追いついてきましたね。意外と速いんだ。


ホント晴れて良かったなあ。



青空がボディに映り込む。


アンテナにトンボ。


丁度良い休憩場所でしょ。


秋を感じる風でした。


さ、あとはのんびり半島を巡りますか。
あの巨大建造物は気になりますね。


そして、白神爺さんおすすめ高野崎の信光丸。


ウニ丼と若生おにぎり。
二度目の昼食ですが、意外にすんなり食べちゃいました。


昆布を巻いているおにぎりです。
初めて食べましたが、美味しいですね〜


高野崎から竜飛方面を望む


高野崎は岬っぽくて良いところですね。
向こうに北海道が見えます。


最果ての駅、三厩の横を通り過ぎると、あじさいロードに入ります。


うお、ホントにあじさいだらけ。


南の方は元気がなくなってましたが、北に上がる程あじさいがモコモコになっていきます。


今年はあじさいドライブをしていなかったので、まさかの夏休みあじさい鑑賞。




さ、そろそろ竜飛崎。


おー久しぶりの竜飛です。
ここでトモキNC3さんが精力的に走り回ってる姿を確認(笑)


まずはホテルにチェックイン。
ロビーから津軽海峡と北海道が一望です。


テレビの番組表は、青森と北海道のハイブリッド。
北海道に近いってことを実感しました。


さて、そろそろ晩飯調達のついでに龍泊ラインを走りますか!


はるか日本海が一望です。


眺瞰台には猿の群れが居ました。


逆光ですが、昇竜の道


遥か北海道も


夕暮れ近くの龍泊ラインを下っていきます。


小泊半島ってあんなにクッキリ見えましたっけ?


というくらい、前回訪れた時と比べて空気がクリアでした。
あの時はGWで黄砂が襲来してたんでした)


おおおお〜クリア!
こんな坂本台に来たかったんですよ!




夕陽を浴びる海岸線がステキすぎます。


わざわざ来た甲斐があったというもの。


さらに海岸線を下って、小泊の町へ。


お、テンですか?

小泊の町で買い物をして、再び龍泊ラインへ。

残念ながら夕陽は雲の中へ。


でも、味わいのある空の色です。


海、山、道、

そしてロードスター。


これ以上の夏休みがあるでしょうか?


日没後の眺瞰台。


北海道は雲の中に隠れていました。


昼と夜の境目が、海に沈んで行きました。

青森四日目、最も天候に恵まれた、素晴らしい一日でした!

つづく
Posted at 2014/09/05 23:37:32 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2014夏 北東北の旅 | 旅行/地域
2014年09月02日 イイね!

2014 夏 北東北の旅 4 〜下北から十和田湖へ〜

2014 夏 北東北の旅 4 〜下北から十和田湖へ〜 青森三日目。

台風もスッカリ通り過ぎてくれて、ようやく天気が安定しそうな本日。

下北半島のむつ市内から一旦十和田湖に戻ります。

ホテルの駐車場の横は「てっぺんの終着駅」こと大湊駅。


またもや雨に降られて汚れちゃったので、まずはむつ市内で洗車。
旅先で洗車しすぎ!と怒られそうですが、どうも拭き拭きしないと落ち着かない。


太平洋側に出て、お昼ご飯にはまだ早いので、

白糠の漁港に寄ってみます。

お、こんぶ干してる。


果ての漁港って感じで、この雰囲気好きです。


海岸線の先には東通原発と尻屋崎。


窓を開けていれば涼しい風が入ってきます。
ちょっとのんびり。


紫陽花も咲いていますね。


そして物見崎へ。


公園になっていて


港と海が見えます。


寒流の海。海の色が他とは違いますね。
盛夏なのに、どこか爽やかです。


そろそろお腹へってきたので白糠の町へ行ってみます。

こんな雰囲気のある廃校跡を見つけたり。
赤い屋根が良いですね。


そして熟考の結果、生ウニ丼。
お刺身もついて2500円。美味い!


満足したあとは、更に南下。六ヶ所村の再処理施設付近ですが、こりゃすごい大規模な施設群ですね。ビックリしました。

北海道みたいな丘陵牧場地帯を抜けて


七戸まで辿り着きました。
あー疲れた。


しじみを沢山売っています。しかもデカイ。
関西ではめっきり見ないです。


定番のこちら。


そして、道中の田園地帯で沢山実ってたコレ。美味い!
前日お会いした、くらっちさんが仰っていましたが、青森の人はあまり北海道に魅力を感じないんだとか。確かに充分北海道っぽいですもんね。


お天気はパッとしないですが、雨降ってないですよ〜。
これから山登りといきましょう。


屋根開けて、ちょっとだけムチを入れてみましょ。
このクルマで久々のオープンワインディング。
すると、やはりロードスター。
気持ちの良いエンジン音と共に、自分を中心にクリっとカーブを曲がる感覚がよみがえってきます。慣らし中ですが、5000回転ぐらいまで回しちゃいました。なかなか楽しい道ですね。


八甲田山も見えていましたよ。


そしてブナ林へ。


荘厳です!


クルマが少なくて、のんびり走れました。


そして、奥入瀬へ。
濁りがとれてきた渓流を横目に、オープンで走る事が出来ました。

千筋の滝の前で。


緑の中に魂赤が映える映える。


うむ、やはりオープンがかっこ良いです。


そして銚子大滝。
いつ見ても迫力ありますね。そして美しい。
手持ちで撮影です。


自然のままの木々が素晴らしい。


堪能したので、十和田湖へ向かいましょ。


夕暮れが迫る十和田湖畔にて。


前からも。


そしてもう一度発荷峠に来ました。


十和田湖の湖面は本当に美しいです。


そして、今日のホテルは十和田湖畔。ギリギリ秋田県側です。


夕食前に夕暮れの湖畔でちょっと散歩しました。
なんて爽やかなんでしょ。


夕食は奥入瀬ガーリックポークステーキ。
柔らかくて、旨味が凝縮していて超美味しかったです。


そしてきりたんぽ鍋。これも出汁がスゴく美味しくて山の幸が素晴らしく美味しい。ああ、東北は何でも美味しい…。

こうして、下北から十和田へ戻って十和田奥入瀬リベンジ達成と相成りました。

つづく
Posted at 2014/09/02 21:43:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014夏 北東北の旅 | 旅行/地域

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.