• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒ノ助のブログ一覧

2015年10月30日 イイね!

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第六夜

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第六夜妻が突然スピッツのCDを買いたいって言い出したもんだから中古CD屋さんで10枚程CDを大人買いした黒ノ助です。こんばんは。

(スピッツって言うとロビンソンとかチェリーとかの世代ですが、その後も名曲ありますね^^)

さあ、遅々として進まない初秋の北海道の旅ですが、ようやく最北の街稚内に到着して一夜明けました。稚内、好きな街なんです。終わりの街だけど、始まりも感じる、そんな不思議な雰囲気に惹かれます。ここに来ないと北海道に来たって感じがしないんです。という訳で稚内に二泊する予定。

さて、今夜も同じ宿なので、久々にノンビリじっくり過ごしますよ。

朝目覚めて窓の外を覗くと、雲がうっすら広がっているけど、宗谷丘陵は見えますね。

というわけで、早速出発。


稚内副港を抜けて、


そうそう、洗車しないとね。昨日の道道で相当な虫アタックを受けましたから。エネオスの横の洗車機で早朝シャワー。ココは魚臭くなくて良いです♪

ついでに給油すると、スタンドの兄ちゃんからよく遠くから来たもんだって声をかけられます。トランクの整理してたら、意外とトランク広いんだ、って感心されました。軽く自慢しときました(笑)

さ、綺麗になったところで、宗谷丘陵へレッツゴー

お、今日はちゃんとハッキリ風車が見えますよ。


郵便局ルートから貝殻の道へ


クルマを停めて振り返ると、

ほら、稚内の街の向こうに利尻富士がうっすら見えますよ。


白い道と青の薄い宗谷湾


もうちょい進むと青い空がすうっと広がって、丘陵の大地に来た!
って感じ。


妻もベリーちゃんの撮影に勤しみますよ。


ほう、こんな写真を撮ってたんですね。


北の方角には牧草地と海が広がってます。
タイヤが貝殻で白くなってるので、カワイイです^^


宗谷岬の牛舎が見えますね。
この風景に身を置きにきたんですよ。
何度来ても素晴らしい場所です。


牛達がこっちを見てます見てます…今夜の…じゅるっ


レーダーサイトをバックに。


牧草ロールの道にもちょっと入ってみますが、こっちは砂利ですね。


定番のパーキングにて、海を眺める。


そして、パノラマを撮ってみる。(クリックすると大きくなりますヨ)


で、楽しみにしていたエコビレッヂルートにやってきたんだけど、事前情報通り、チェーンがしてあって進入禁止になってました。


ダンプで牧草の収穫をしていたみたいなのでお仕事の邪魔にならないように何枚か写真を撮って退散。


再びパーキングに戻ると牛が草を食みながら移動してきました。
お、美味しそう(笑) 


と思ったら、巨大な牧草収穫車が貝殻の道から戻ってきました。
スケールがデカい…


違うルートも行ってみます。仕切り弁ルート。
初めてここに来た時は、ココを突っ込んで行ったなあ。
でも轍が深くなってて、ロードスターアウトバックじゃないとこの先は無理。


海へ下るこの道の風景も好きですよ。

さ、貝殻の道を堪能したので、そろそろ戻りますかね。

牧草ロールとレーダーサイト。


宗谷丘陵の風車群の中をひとっ走りして、


再び郵便局ルートから利尻富士を眺めます。


貝殻を踏みしめて、海へ向かってトコトコ行きます。


そして、鮭の遡上が見たいだとか言って徘徊しますが、なんにも調べてないので無理無理、なんて言ってたら着陸する飛行機が上空を旋回します。

利尻富士が見えるので、オロロンラインへ。

夕日丘パーキングで利尻富士を眺めます。
ちょっと霞んでるけど、まあまあかな。


うっすら、でもそびえ立つ利尻富士。


眺めてたら、轟音が鳴り響いてきました。お、飛行機。
これ、稚内空港に着陸する飛行機だけど、明らかに乗客サービスで利尻富士の上空まで廻ってるでしょ!っていう飛び方。


晴れてるとこういうサービスもあるのね…


お腹減ったので稚内へ戻ってこちらへ。


もうシーズン終わりかけのウニ丼があったので、反射的に注文(笑)


妻は豪華海鮮丼^^平日という事もあり、お客さんは少ないですよ。

お腹を満たしたところで、サロベツへ。

夕来のパーキングで利尻富士を眺めてると、ちょっと雲が上がってきたかな。
それに、全般的に薄雲が広がってきたぞ…

サロベツ原野を探検する事にして、ちょっと内陸の農道を走っていると

お、キタキツネちゃん発見。クルマを見つけると一目散に牧草地に逃げて行きました…


牧草地越しの利尻富士、望遠で引き寄せているとはいえ、デカイですね。


サロベツ湿原センターに行ってみます。


湿原センターの裏にはかつて湿原から泥炭を採掘していた浚渫船が展示されてました。


昔は泥炭を採掘して、土地の改良などに使われていたそうです。
googlemapでサロベツ湿原を見ると、浚渫の痕がよくわかります。


湿原には木道が整備されていて、散策する事ができます。










このようにたまに小さな花が咲いています。


途中の展望台からは湿原越しの利尻富士がよく見えますよ。


こんな注意書きも…


センターの中では湿原の四季の自然などがビデオで見る事ができます。
素晴らしい映像美で、なかなか見応えがありました。
ユキウサギはとてもカワイイですね。

湿原見学のあとは、昨日鳥が沢山いた牧草地に行ってみます。


今日は超望遠を持ってきたので、かなり大きく撮る事ができました。
マガンの群れですかね?


そして、宮の台展望台に来てみました。


こんな眺め。すっかり曇ってきちゃいましたね。


落合広域農道を走って夕来に戻っていると、こんなネコちゃんを発見。


そして夕暮れの夕来へ


曇ってますけど、利尻富士が燃えている様に見えます。


結局今日は雲の中に太陽は隠れてしまいました。

で、今日は割とあっさりと夕陽をあきらめて宿に戻ります。

理由は、アレしか無いでしょう。

え?

そうです、コレ。


今日はね、特別にワインも頼んじゃいましたよ。

美味しいお肉には、美味しい赤ワインでしょ!


コースについてるグラスワインも飲みますけどね。


そうです、コレです!宗谷牛のテンダーロインステーキであります!

もう、なんとも表現のしようがない、美味しいステーキで、あります♪

とても柔らかくて、ナイフがすっと入るのですよ。

どうです、この断面の美しさ〜
若干ワインを楽しみすぎて、ホワイトバランスが赤に転んでおりますが(笑)
また来ちゃったよ、ステーキハウスVINの夜でした。大満足。
そして、明らかにこの旅で太ってきた事を自覚した夜でもありました(^^;

つづく
2015年10月28日 イイね!

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第五夜

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第五夜今期のスタッドレスタイヤをどうするか軽く悩んで、何故かCX-3の18インチホイールに注目している黒ノ助です、こんばんは。次もミシュランにしようと思ってます。

初秋の北海道の旅、現地4日目の朝は屈斜路湖畔で迎えます。
今日もいい天気で、爽やかです。さすがに内陸なので朝は肌寒いですね。

朝食前に湖畔へ散歩にいきますと、


おー波が荒い!というのはウソで、さざ波が打ち寄せる静かな湖畔でした。


山々が綺麗に見えますね〜


こっちは硫黄山のあたりですかね。


朝食バイキングを腹一杯食べて、ホテルの庭を見ると、スーパーマリオ^^


さ、今日も移動距離が長いですよ〜よろしくねベリーちゃん。


さ、早速美幌峠を目指して走り始めます。


この峠への山肌の美しい事!


そして美幌峠の展望台に到着。うーわ、綺麗だ〜。


こちらが走ってきた道。


頂上まで登ってみました。風がつおいですよ〜。

クリックで大きくなります
パノラマで撮ってみました。(画像をクリック!)


そして、R243の白樺ロードを北へ。


農道を乗りついで網走方面に


網走湖が綺麗だったので立寄ります。


お、コスモスが咲いてますね〜


ちょっぴり秋っぽくて、長閑な湖畔でのんびりしました。


そして一気に能取岬へ。


知床は雲の中ですね〜こっちはクリアに晴れてます。


岬へ続く道、いつ走ってもスカッと爽快です。
と、ここで関西ナンバーの赤いNBとすれ違い、軽く挨拶。
お、地元が近いので親近感♪


我々は能取岬へ、森を抜けると灯台が見えてきます。


海へ伸びる直線。


今日はほんとにいい天気で良かったです。


道ばたの草が刈られてスッキリしています。


海が青い、オホーツクの色をしています。


しばしノンビリして、灯台には目もくれず昼食へ。


そうそう、途中で能取湖のサンゴ草を見に行きました。
私は初めてなんです。


本当に真っ赤で、形状も珊瑚みたいでビックリしましたよ。

そして、毎回通っているレストハウス常呂でホタテづくし定食、っと思ってたら、実は定休日…ショック!!

でもお腹はサロマ湖の生ホタテになってるもんだから、道中色々と探しましたが、ホタテバーガーは気分じゃないし…と

結局ファミリー愛ランド・ユーの道の駅へ


もうペコリンなので、ホタテフライ定食をいただきました。
なかなかボリュームがあって、まあなんとか満足しました。

お腹が満たされたのは良いのですが、意外と時間をかけちゃって、

とにかく北上!

そしておこっぺアイス直売店に緊急ピットイン(笑)

約2分で無事ソフトクリーム補給!
道の駅より断然美味しかったですよ…次からはマストですね♪


さて、オホーツク海を右手に見ながら寄り道せずひたすら北上北上。
なぜなら、サロベツの夕陽を見に行かなきゃいけないからです。
計算上はギーリギリ。


と、先ほどの赤いNBさんに追いついちゃいました。
しばしランデブーのあと、夕陽を追いかけて先に行かせていただきました。
(のちにTORANEKOさんと判明〜)


われわれは浜頓別から道道84で日本海へ。とにかくクルマが居ないけど、途中から道が狭くなって路面が荒れるので、ペースは思った程上がらず。鹿も恐いしね。


道道444で真っすぐ海へ。陽がかなり傾いてきた〜間に合うかな?


と、牧草地に黒い鳥がいっぱい居る〜


オロロンラインに出て、利尻富士をおいかけますが、


ぬー雲が多い


利尻富士は雲の中。うっすら見えてますけどね。


お、雲の下に太陽が現れた!


でも、利尻富士に沈んじゃう!


今日はちょっと残念な夕陽でしたな〜


利尻山の向こう側に陽が沈んでますね。


夕来の丘まで来たら利尻富士の向こうにちょっとだけ夕焼けがみえました。


疲れきってホテルに到着。翌日は豪華デナーなので、本日は質素なセイコーマート三昧でした。
新作のバジルポテトシリーズはクラシックにマッチしますね♪

つづく
2015年10月22日 イイね!

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第四夜

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第四夜そろそろ来年の手帳が販売される時期になりましたが、手帳マニアの妻曰く、水色の手帳はやる気が出ず、赤色の手帳はやる気(戦闘)モードになり、ピンク色の手帳は、常に"うかうか"するそうです…なるほど、こんばんは、黒ノ助です。

では、北海道の旅、帯広の朝から再開です。

目覚めると外はご覧の通り

晴れ、なのに霧ってます。

いやはや、どうでしょうねえ。

ま、とりあえず、昨晩買った六花亭のケーキを朝食代わりにいただきましょう。なんともシンプルでクラシックな、でもとても美味しいケーキでございました。

さ、帯広市内で給油して、国道を海へ走ります。

しかし、いけどもいけども霧の空。

途中道道に入って快走しつつ、海に出ました。

そうそう、太平洋ですよ。


この向こうには襟裳岬が見える筈ですが、霞んで視程はわるいですね。


でも、天気が良いので良しとしましょうよ。


さ、例のダートに入ります。
NC3のRS幌だもんで、足が硬くてダートは苦手です。全然スピード出せない…。トロトロと走っていると後ろからパジェロとエクストレイルが猛然と走ってきたので、道を譲ります…あまりスピード出さないで…砂埃だらけになるから…

なんとかやり過ごして、

お、海が見えてきた!


そ、昆布刈石展望台にやってきました。


なんともいえない、海岸線と、打ち寄せる千島海流。


今回は良い天気でした。


ココからは海岸線を走るのですが、波が荒くて、越波注意で、あります。

タイミングを計って、息を止めて(いや止めなくてもいいんだけど)通り抜けます。

潮が舞う海岸をスカーっと走り抜けます。この海岸線、好きだなあ。

その後、国道に合流して丘を越えて、釧路に近づきます。

恋問海岸では、エンジングライダーが海岸線を気持ち良さそうに飛んでます。

道の駅白糠恋問で休憩。展望台に登って海岸線を眺めます。


まだ出るか!六花亭攻撃(笑)
六花亭醍醐にてちょいとお腹の足しに。美味しい…。


まだまだ先を急ぎますよ。釧路市内は華麗に通り抜けて、根釧国道尾幌付近を走行中。湿原ぽい土地が続きます。


そして厚岸を望む丘に到着〜。海を眺める丘です。
天気も良さげで、コレは期待できそう♪
茶内まで国道で、そこから霧多布湿原へ


霧多布湿原センターにてちょいと休憩。
この頃、やんしーさんがこの先にいらっしゃったんですかね〜ニアミスポイントです。

スッキリしたところで霧多布湿原を走って

久々に霧の無い霧多布の街へ


アゼチの岬に行ってみましょう。


美しい海岸線をテクテク歩いて期待が高まりますね〜


お!コレは美しい岬。


若干逆光ですが、なかなか良いですね。

クリックすると大きい写真が開きます
パノラマ写真。クリックしてごらんください。
ぐるっと海と湾が一望です。
風が心地よくて、波音が遠くから聞こえる、岬らしい岬。
感動しました!


こちらは霧多布の港と街。


霧無しの霧多布はこの時期ならではでしょうかね。


その後、きりたっぷ展望台へ。こちら霧多布岬方面。


そして北太平洋シーサイドライン方面。
ん?雲がかかり始めてるな…


というわけで、急いでシーサイドラインへ向かいますが、


およよ、雲の下を走ってるじゃまいか。



と思ったら、オープンにしてるのに結構大粒の雨が降り出した…
すぐに降り止むだろ、っとそのまま走り続けます。


全然止まないし、どうも雲と一緒に移動しているっぽい(笑)


でもね、室内には雨は振り込まず、ちょっと涼しくて良い感じ。
サイドウインドに流れる水滴が横から垂れるぐらいで、ほぼ問題無し。
防塵防滴のカメラで良かった〜って感じですね。


落石まで来ると雨は止んで、絶好のオープン日和。


そしてそのまま根室半島の南側に入ります。
いつもは北側なので、たまには南側も走ってみようと思って。
意外と海が見えて、コレはコレで良いですね。


そして納沙布岬までやってきました。


旬のさんま丼がたべたくて、有名なこの店に来たんですが、二時過ぎ到着にもかかわらず、オーダーストップで三時から、と追い返されます。

せっかく来たんだからと待つ事にして

納沙布岬灯台付近をブラブラ。


ホント目の前に北方領土が見えます。


さすがに観光客は多いシルバーウイーク。

することもないので、再開店15分前に店の横で待機してましたが、ライダーが一人入ったので、我々も続いて入ると、まだだ、とのこと。
15時なってしぶしぶ注文を取りにくる、という感じ。
店頭には、「閉店」の紙を貼付けたまま。
おそらく連休の人の多さに辟易してたんでしょうね…

15時半さんま丼、遅い昼ご飯を搔き込んで、今夜の宿へ移動です。


舞い上がる潮が逆光に照らされる海岸線を走って


オレンジ色の牧草ロールを眺めながら、牧草地帯を走り抜けて、


夕陽に向かってとにかく走る。


夕陽を追いかけながら、6速2500回転で走る。


夕陽を見送っても、遠く連山に見守られながら、走る。


摩周湖SSで給油と洗車をして、今日一日の潮を洗い流し、


屈斜路湖畔の宿にて、バイキングをいただきました。
ぷはー、クラシックの瓶はヤバいくらい美味しい^^
そしてバイキングのセルフソフトクリームは楽しい^^

ということで、約450kmのロングドライブの一日でした。

つづく
2015年10月18日 イイね!

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第三夜

ロードスターでゆく北海道の旅 2015初秋 第三夜貴重な秋の快晴の週末を犠牲にした風邪が、ようやく治った黒ノ助です、こんばんは。

さてさて、一回休みのあとの初秋の北海道の旅のつづきと参りましょう。

ニセコに宿泊した我々は、ホテルの豪華バイキングをちゃっちゃといただき、晴れの羊蹄山に向かって走り出します。

お、てっぺんが・・・雲かかってるな〜

羊蹄山の北側にまわってくると

おー、頂上見えた〜パチパチ、パチリ。


いつもお世話になっているセイコーマートの京極の水は、ココ京極製氷にて製造されております。ふきだし湧水を詰めているんですね。


というわけで我々もその存在は知っていましたが初めて行ってみます。
お、こっちが湧水口。

お、水がこんこんと流れ出しております。
そしてカッパを着たベテラン勢がボトルを鬼の様に持ってきてくんでおられます。こんなにくんでどうするんでしょうか。

と、我々は空いたペットボトルにちょびっといただきました。

とったどー^^
もうきんきんに冷えております。
ちょっと飲んでみると、うん、おいしいでござる。


ここが湧水口ですね。


そして、こんこんと流れ出しております。爽やかです。


ほーほー年中6.5℃ですか!
え?煮沸して飲めって?
飲んじゃったよ。まあ大丈夫なんでしょうけど、自己責任ですね。


湧水口の下流では公園になってまして、透き通った水がほらご覧の通り。
なかなかの爽やかスポットでした。

さて、今日は東に向かって走りますよ。

国道を支笏湖方面に向けて走っていると路面に水がこぼれたあとが転々と…犯人はあのトレーラー。左カーブで多めに、発進時に盛大に荷台から何かをこぼして走っていますが…近づくとなんとも言えんかおりが…これ、もし魚運んでるんだったら、エンジンルームが魚臭い理由がわかった気がします…

道中でやり過ごして、再び支笏湖に来ました!

相変わらず美しい湖面ですよ。


さー走るぞ〜!


前日より視程は落ちますが、いい天気です〜


恵庭岳〜


すべてが気持ちいいです〜


ポロピナイ園地で休憩して(人が多かったです)
再びレイクサイドを堪能しますよ。


パーキングスペースで休憩して


ベリーちゃんの笑顔を撮って

千歳方面に下ります。

支笏湖と千歳を結ぶ道道16号支笏湖通は、延々と木漏れ日が続く、オープンカーに好適なルート。木漏れ日の心地よさと風の音、そして低くうなるエンジンの鼓動。大好きな道の一つです。

私「この前さ、○○旅行の時にバスの中からチラッとキツネの親子がさ、橋を渡ってるの見たんだよ」
妻「ホント〜?見てみたい!」
私「確かこの先の千歳川を渡る橋のところだったと思うんだよ」
妻「え〜今日も居るかな〜?」
私「絶対居るよ!(そんなにうまくいくかな)三匹居て、先頭が親で子供が二匹だったよ。ほらもうすぐだ」
妻「・・・・・・あ!居た!ホントに三匹だった!先頭が大きくて子供が二匹だったよ!」
私「ホント!?(アレ?あまりにも同じだ…)」
妻「でも・・・動いてなかったよ・・・」
私「え、まさか、造りもん??」(二人で大爆笑)

というわけで、私、ずっとダマされてました。
(だって最初に見た時は、すっかりクラシックで宴会してましたから^^;)

その後、昼食とサケの遡上の見学の為に千歳のサーモンパークに行こうとしましたが、周辺大渋滞でパス。

結局千歳東インター近くの

ファームいずみで蕎麦を食べました。


牧場の蕎麦って北海道らしくていいじゃないですか。
美味しい蕎麦でしたよ。ちょこっとついてるそばがきを揚げたものも香ばしくて美味しかったです。

ここからは高速で十勝平野まで一気走り。

牧場を越えて


十勝平野にやってきました。雄大だ〜視界が良いので


芽室で高速を降りて一気に北上。


ナイタイ高原牧場へやってきました。


夏の旅では残念な天気だったので、晴れてて良かった。


牧場のてっぺんまできましたよ。


平野が一望です。


ちょっと登ってきただけでこんなに視界がひらけるなんて、北海道〜


走行距離の大半を北海道で稼いでいるベリーちゃん。いつもご苦労様。


さてさて、陽が傾いてきたので次の目的地へ。


はい、日没前に帯広のホテルにチェックイン。空が綺麗です。
夕陽が良い感じだろうな〜と思いつつも支度して街に繰り出します。


帯広と言えばココ、レストランホーム。
かなり早めに入りましたが、半分以上の席は予約済み。
で、今回は赤ワインのハーフボトルを入れました〜
フルーティーで良い香り♪


そして、美味しいワインといただく士幌牛ステーキ(180g)
大変美味しゅうございました。

敢えてコースにせずにアラカルトで肉喰いました。

その理由は、食後のデザート。

とそそくさと1Fの六花亭に行ってビックリ。

なんとサクサクパイが売り切れ…!
この時の落胆具合と言ったら…しょうがないのでアイスサンドをいただきました。美味しかったけど…1ヶ月前から脳内シミュレーションしていたのはサクサクパイだったのだ〜

と、帯広の美味しい夜は更けていくのでした^^

まだまだつづく
2015年10月17日 イイね!

初秋のNCロドスタ三昧 千里浜〜能登ツーリング

初秋のNCロドスタ三昧 千里浜〜能登ツーリング週末にかけて夫婦揃って風邪をひいて、ようやく復活した黒ノ助ですよ、おばんどす。

北海道旅行記の途中ですが、遅ればせながら直近のツーリングの模様を簡単に(どこが?)お伝えしましょう。

初日は移動日。ゆっくりスタートですがさすが三連休で高速は軒並み渋滞。
なので、悩んだ末阪神高速京都線から山科経由で湖西道路へ。
これだと渋滞が最小限。時間はともかく気分的にはマシです。

しかしですね、盛大に霞んでます。北海道の横にある元台風低気圧のせいで、大陸の空気が流れ込んでます。北京の空にそっくり…。
これじゃ屋根開ける気にも成れません。


メタセコイア並木を通って、敦賀へ。
マキノピックランドで栗おこわ弁当を二人で分け分けしてちょっと腹ごしらえ。

敦賀から今庄まで北陸道でワープして

今庄蕎麦を食べにきました。
今庄駅近くのふる里。


なめこおろし蕎麦。800円。
平べったい断面の蕎麦がするっと食べれる感じで、わりとマイルドな辛味大根と合いますね。でも、量が少ない。麺好きの私なら3杯はいけます。


もう一軒蕎麦屋を捜して旧道に入ると…臭う。
この真っすぐな道は…旧北陸本線の線路跡の道路だろう。
そして、あの先のトンネルは…


そう、旧北陸本線の蒸気機関車が走っていたトンネル…


クルマ一台がやっと通れる、見通しが悪いトンネルなので信号付きです。

これでお腹一杯になったので(笑)国道を走っていると…

「ホノケ山トンネル開通」「越前海岸まで13km」って看板があったので引き返して越前海岸へGO!

途中北陸新幹線の敦賀ルートの工事が行われてました…

お、コレが開通したホノケ山トンネルなんですね。
超快走路で海まですぐですね。

久々の越前海岸を快走しますが

霞と波が荒いのと、イマイチテンションが上がりませんな。


こんなに道狭かったけ?


ついでに東尋坊の横を通って越前雄島へ。と言ってもドライブスルーですが。


三国海浜自然公園でちょっと休憩。


その後北潟湖の横を通って実家に帰りました。


実家のデミオちゃんとベリーちゃんは初対面。この色の組み合わせも可愛いですね♪

翌日、早起きして能登へ

里山海道は無料化されて超使いやすくなりましたね。


早着したので、下見に。


この時はまだ風が穏やかだったんです。
で、集合場所へ。


お、ケロリーヌがやってきました!
鮮やか〜


三台集合して早速出発〜


さっそく千里浜へ。
今回はしんがりを務めさせていただきますよ。


三台並ぶと良いですね〜天候のせいかクルマが少なめ。


やっぱ派手色が良いな…


クルマの脇を見ると馬の蹄の跡が…そういや、クレインのトラックがさっき停まってたな…


と思ったら乗馬クラブの方々が!


なんとか1枚だけ3台と一緒に撮れましたが…イマイチ…
それにしても早朝の千里浜を馬で走るなんて、超気持ち良さそう!


さ、途中の天気予報は芳しくないですが、出発しますか!


能登半島を海沿いに北上しますが…途中酷い雨…


道の駅にて休憩。


ちょいと早い時間だったのですが、海鮮丼をいただきましたよ。空いててよかったですよ。


LRさんが言ってた海と一緒に撮れるとこってココですよね。
スンゲー潮が飛んできて、こりゃダメでしょってことで退散。すんませんでした…。


さ、引き続き海沿いを疾走〜


これ、晴れてたらとっても良いですよね。
(それにしてもブラックチューンドの黒屋根はカッコいいですね〜)


ワイルドな日本海も良いですけどね。


途中県道に入って、弾丸ツーリングの様相を呈し始めます。


海岸線に出ると、息を飲む水平線!


雨は降ったり降ったり(笑)


風情のある里山を走るカラフルNC達。

途中輪島で休憩したあとは、

更に海岸線を走ってみましょ。


はい、ここが千枚田。いつぞや来た時は寂れてたけど、、、ココ数年でスッカリ観光地になっちゃって…。


海は相変わらず荒れています。


風が冷たくて、さすが日本海、って感じ。


売店で買ったよもぎたいやきはかなり美味しかったですよ。
気がつくと雨が止んでるので、ちょっとだけオープン(笑)

シートヒーターをONにして、もうちょい行きましょう!


窓岩の駐車場にて。こんな感じで撮影に勤しむ皆様です(笑)


荒波をバックに三台ならべました。ストーミーがソウルレッドだったら完璧でしたね…想像してみてください…


とまあ、撮影してると大粒の雨が降ってきたので退散〜!


珠洲道路は初めて走りましたが、こりゃ北海道並みの高規格道路ですね…


のと里山空港の道の駅にてピットインのあとは千里浜へ戻ります。


再び千里浜へ。


相変わらず荒れておられますが、水平線が見えております。


波打ち際に停めて…


はい、幌がポイントなので屋根閉めてるベリーちゃん。太陽が出ていないと地味です。


つづいて、よっすい.さんのひまわり号。レアカラーですがNCにとても似合っています。ソリッドカラー。


そして、マツダのスピリットを受け継ぐグリーンのケロリーヌちゃん。最近マッチョ化が囁かれておりますが、いやなにとても自然に溶け込む素晴らしい色でありますよ。


こちらはウミネコ号。グレーとホワイトのツートンカラー。波打ち際で波と遊んでおられます。

と、ここでゆきイルカさんとこのケロリーヌちゃんとはお別れ。
遠くまで来てくださってありがとうございます!
天候はアレでしたが、走り回って楽しかったですね〜


我々はもう少し夕暮れを楽しみましょうか(って風ビュービューで、寒いのなんの。)


でも雲が良い感じなんすよ、これ(ビュービュー)


あの雲の下まで降りてきたら良い感じに…(ビュービュー)


こんなん撮ったりして(ビュービュー)


寒いので撤収!


波打ち際にはウミネコがいっぱい。


で、宿に入る頃にはこんな空で、もうちょっと粘れば良かったかな?なんて思いましたが、風邪引くぞおい、ということであれ以上は無理。


で、宿の近くのすしべんにて夕食タイム。
すしべんってナニ?というモグリのあなたはこちらをご覧ください

イマイチ要領がつかめない上に、店員さんが超早口なため何言ってるかわからないまま

適当に頼んで、さらにテイクアウトコーナーから色々取ってきて宴会しました。食事と生ビールの金額がほぼ同じという大変盛り上がった飲み会でした(笑)

さて、翌日は適当に朝食を食べて、現地解散です。

一応千里浜に行って、朝の海を眺めます。


爽やかな海風が気持ち良いな〜


ウミネコさんも波と遊んでおられます。


しかし、気になるのが潮と砂。こりゃ絶対にヤバいでしょ。
ということでよっすい.さんに教えてもらったJAのガススタで高圧洗車。安いし、ノズルが長いので下回りを洗うのにも好適です。


すっきりしたところで、金沢の産業道路を通って、

白山市のおまっと牛乳の牛乳村夢番地へ

北海道以来、美味しいソフトを食べたくて寄ってみました。


ソフトは…うん、まあまあかな。
やっぱ北海道は特別ですね。


なんか青空も見えてきたので、近くの手取フィッシュランドへ。


ペットショップがあったり、


水槽がいっぱいあったり、
釣り堀があったり、小さな遊園地があったり、田舎のテーマパークって感じで、割と好きです。

で、渋滞は始まる前に高速でビューンと帰ってきました。

という訳で、ゆきイルカさん、トンちゃん、お土産ありがとうございました。変わった食感で美味しいですね、アレ。貰いっぱなしですいません。よっすい.さんご夫妻もお世話になりました!

こちらも合わせてご覧ください
ゆきイルカさんのレポート
よっすい.さんのレポート

以上、簡単なレポートでした。
Posted at 2015/10/17 21:39:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記

プロフィール

「黄ジムニーシエラ vs 初代エスクードノマド http://cvw.jp/b/196067/41728213/
何シテル?   07/16 12:10
主に旅行記が中心、その他小ネタも時々、マイペースで更新します。 ビジュアル重視、写真重視で旅の過程を紹介できればと思っています。 過去のブロクへのコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

YOKOHAMA dB V552 195/55R16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 22:40:36
純正BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:21:36
メーカー・ブランド不明 BOSEスピーカーグリル加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/22 19:15:19

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3最終型RS-RHTであります。NC型では希少なソウルレッドです。いろいろと専用装備 ...
マツダ ロードスター ベリーちゃん (マツダ ロードスター)
普段使いのロードスター。北海道ツーリングから通勤までフル活用。 NC3 RS タン幌 タ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
クリーンディーゼルのパワーと燃費と、取り回し出来るギリギリのサイズということで、買ってし ...
マツダ ロードスター チロスター (マツダ ロードスター)
2010年3月5日納車。 黒のCOTY(黒ノ助)を手放して1年後に再度手に入れたNC1. ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.