• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月07日

ケアンズ・シドニー旅行 後編

ケアンズ・シドニー旅行 後編 シドニーでの2泊はシャングリラ。

電車で行こうかと思っていましたが、娘が疲れているので素直にタクシーで。

25分ぐらいで50ドル掛かりました。

オーストラリアは物価が高めですが、特にタクシーは高いと感じます。


シャングリラを選んだのは夜景がとても綺麗だと評判だからです。

折角なのでラウンジが使えるホライズンルームの上層階を指定しました。

30階のラウンジでアフタヌーンティーをいただきながらチェックイン。



評判通りオペラハウスとハーバーブリッジが眺められます。



部屋もラウンジと同じフロアのとても広いスイートルームにアップグレードして下さいました。





よくシャングリラを使っているからでしょうか。


ホテルのプールは屋内で決して広くはありませんが、多くの子どもが遊んでいました。





ジャグジーもあります。

6時からはカクテルタイムで食事も出ます。



寿司や味噌汁まであり、もうこれで十分。

夜景が最高。



イースターのお祝いのチョコもいただきました。



部屋からもシドニーの夜景が見え、しかも花火が上がりました。

娘もこのホテルをとても気に入ったようで、選んで正解でした。


シドニー2日目は朝からブルーマウンテン観光。

市街から2時間弱で到着。

最初は昔の石炭輸送用のトロッコ線路を用いたレイルウェイに乗りました。



角度が急で写真を撮っているとずり落ちそうになります。

雄大な景色で天気も良く、有名なスリーシスターズが美しく眺められました。




散策をし、ケーブルウェイで上に戻ります。



そのままスカイウェイに乗り継ぎました。



これは真ん中部分の床が透明になり、中々の迫力です。



左方向には滝も見えました。




朝からのツアーで娘が疲れているので、トレッキングではなくバスで観光。

エコーポイント展望台からは山々がユーカリによって青く見え、なぜブルーマウンテンと呼ばれるかが分かりました。



ゴードンフォールズ展望台では山彦が返って来て、初体験の娘は興奮していました。




昼食はフェアモントブルーマウンテンで。

有名ホテルだけあり、雰囲気も味も良かったです。



食後はルーラの町の散策。

ルーラと聞くとドラクエの呪文しか思い付きませんが、キュランダのような観光地化した小さなオシャレな町でした。



有名なチョコアイスを食べ、キャンドルをお土産として購入。


帰りのバスでは娘は爆睡。

DFS前で解散でしたので覗いてみると中国人団体ばかりで騒がしいのなんの。

ホテルに戻りアフタヌーンティーをいただき、娘が移動したがらないので夕食もホテルのラウンジで済ませました。




旅行最終日、飛行機は夜の9時頃出発ですので、朝食をいただきチェックアウトしてからタロンガ動物園に行きました。

サーキュラーキーからフェリーに乗ります。



オペラハウスやハーバーブリッジが間近に眺められ最高。





15分ほどでタロンガ動物園に到着。



入口まではケーブルカーに乗って移動します。




タロンガ動物園は中々広く動物の種類も多いですが、エサをあげたりは出来ず、ショーも殆どありません。



動物の見せ方の工夫は日本の方が上ですね。



それでも特に小さな小型のカバが見られたのが娘には良かったようです。

ケアンズで野生がわずかしか見られなかったカモノハシの展示が嬉しい。



子ども用の遊具もあり、思いっ切り体を動かしていました。






帰りのフェリーで娘は爆睡。

シドニーは坂が多いので、フェリー降り場からホテルは近いとは言え結構過酷。

DFSの中のエレベーターなどを駆使してホテルに戻りました。

ラウンジが使えるので少し休みました。


手荷物検査や出国審査をスムースに終え、ANAと同じスターアライアンスのニュージーランド航空のラウンジを使います。



シンガポール航空のラウンジは既に閉まっていました。

シャワーブースはそれなりに広く快適。

食事はどれも今一つで、ビールもあまり冷えていません。


機材は行きと同じB787-9。



ビジネスクラスもほぼ満席でした。

妻はお酒などを堪能していたようですが、私も娘も離陸後すぐに寝て、到着前に機内食をいただきました。



焼き鮭が美味しく、さすがANAだと感じます。

定刻前に着きましたし、日系は安心感が違いますね。

家に帰り旅行の疲れを癒していると、実家から「猫が逃げたので探すのを手伝って欲しい」との連絡が。

何とか見つけ出せ、一安心でした。


時々は雨が降りましたが、この時期にしては天気にも恵まれたと言えると思います。

ケアンズ入りする直前にサイクロンが来て、我々が出た後は台風で大雨だったそうですし。

現地ツアーが多くて忙しかったためか、、娘は「プールでゆっくりしたい」と嘆いていました。


オーストラリアは左側通行右ハンドルということもあり、日本車がとても多かったです。

ケアンズで60%以上、シドニーでは55%が日本車とのこと。

道路状況がそこまで良いわけではないからか、スポーツカーやスポーツクーペはあまり見ませんでした。

一方、特にシドニーでドイツやイギリスの高級SUVはやたら見掛けます。

こんなにレンジローバーが走っている都市はそうないのではないかと思うくらい見ました。

ヴェラールを3回、ベントレーベンティガも2回見ました。

鉱物資源が豊富なので国全体は潤っているようです。

物価は高いですが、最低賃金が時給18ドルで休日はその3倍になるそうです。

スーパーも遅くまでは開いていませんし、土日は車のディーラーも原則休みとのこと。

日本がようやく意識し始めた働き方改革の参考になる点もあるのではないかと思わされました。


  おわり

ブログ一覧 | 海外旅行 | 旅行/地域
Posted at 2018/04/07 21:00:27

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ケアンズ・シドニー旅行 前編
atsuhlyさん

オーストラリア旅行 ( 詳細 6 ...
takajun.netさん

オーストラリア旅行 ( 詳細 7- ...
takajun.netさん

午前2時半起き。
Iidakunさん

オーストラリア旅行 (簡易 9)
takajun.netさん

平成最後の修行 8日目
自由人さん

この記事へのコメント

2018/04/09 10:37:49
ホテルの部屋からすげー綺麗な眺望ですね!
これぞシドニーって感じです。

おお~、アップグレードいいですね~
さすがは常連客です(笑)

ラウンジのカクテルタイムに寿司まであるんですか!
肉に飽きたところにちょうど良さげです(^O^)

って、ブルーマウンテン、凄い綺麗\(^o^)/
いや~、これこそ“ザ・大陸”って感じです。
やっぱり大陸は一度行ってみないといけませんね。

欧米の動物園は日本より距離がありそうですね。
自然保護団体とかうるさそうですし(^o^;

日経の安心感、ほんとそうですね。
UNITEDの対応や、ナッツリターン、アリタイアの盗難など、なにを信用していいのかわからない事がたくさんあって。
報道に乗らない不詳事故も結構ありそうですし。

資源国って、中東やロシアもそうですが、一部の層が飛び抜けて高収入ですから高級車、多いんだろうと思われます。
独裁国家と違って中間層もそれなりなのでしょうが、資源の需要によって失職する方々が多いと犯罪率が上がるんですよね~

そのあたりも含めて日本の働き方改革を進めて欲しいと思う次第です。
コメントへの返答
2018/04/09 20:37:40
こんばんは(^^♪

コメントありがとうございます。

この夜景、本当に凄かったです(^^)/

シャングリラシドニー、評判がとても良いのですが、これなら納得です。

チェックイン時に「アップグレードしておきました」と言われ、ちょっと見晴らしの良い部屋になるぐらいかと思いましたら、まさかのとても広いスイートルーム。

写真では分かりづらいですが、90㎡ぐらいあるのです。

眺望も良かったですし、ウエルカムフルーツも盛り沢山。

エクスペディアで取ってホテル公式ではないのに。

前もってゴールデンサークルのIDだけは伝えておきましたが。

ここのカクテルタイムは、夕食の代わりにできますね。

私は基本的にビールですが、結構美味しいワインなどもあったようです。


ブルーマウンテン、本当に絶景です!(^^)!

日本のこういう景色は海岸沿いが多いですが、オーストラリアのどこまでも続いて行く雄大な景色もまた良いものです。


基本的に欧米の動物園は見せることよりも自然の環境に近い状況にすることに主題を置いているところが多いように感じます。

横浜のズーラシアみたいに。


今回、シドニーからケアンズに向かう飛行機がドアクローズから30分間停まったまま全く動かなかったのですが、その間にアナウンスは1回もありませんでした。

結局到着も30分遅れましたが、理由は分からないままです(笑)

別に急いではいないから良いのですが、一言何かあっても良いですよね。

自分だけなら良いですが、小さい子供を連れていると気を遣いますよね。


資源国にも負の側面があるのですね。

前よりも明らかにオーストラリアが裕福になっていて、相対的な日本の国力低下が悲しく感じました。

少子化が先進国の中でも最悪の水準の日本が経済大国に返り咲く可能性は限りなく低いでしょうから、「ほどほど」の価値観がもっと広がれば良いのにと前から思っています。

私は15年以上前から、「あくまで労働は休日を楽しむためのスパイスだ」と言い続けていたのですが、周りの人から「時代が追い付いて来たね」と言われます(笑)
2018/04/18 20:02:18
こんばんは(^^♪

トロッコ列車 随分綺麗になったんですね(笑

シドニーに初めて行ったのは27歳の時でした。
女性7人に男性は私一人・・・
当時いすゞの2代目ジェミニがホールデンのジェミナイという名で発売されていて、これをレンタルして首都のキャンベラまでドライブ・・・

前の晩、バーで「明日キャンベラまで行くんだ」と言うと「あ~キャンベラなんて隣町だよ」と300kmの距離をまるで東京から横浜にでも行くような感覚で言う現地の人達に驚いた事を思い出します。

ジェミナイは4人乗りですので 残り4人はツアーバスで という具合
2時間ほど走ったでしょうか ツアーバスの一番後ろの窓にヴィトンのバックが4個(笑
あいつらだ~!って追いかけながらキャンベラまで行った事がい~想い出です。

あの頃ナビなんてないのに 勇気ありましたね 我ながら(笑
コメントへの返答
2018/04/19 21:16:06
こんばんは(^^♪

コメントありがとうございます。

トロッコ、安全面に力を入れて新しくしたとガイドさんが言っていました(笑)

新兵衛さんの思い出話、良いですね~。

若い時って「これやったら疲れるだろう」とかはあまり考えず、取り敢えず行動できるのが強みですよね。

それにしてもよく覚えていらっしゃいますね。

女性7人に男性1人の旅、どういう風になるのかサッパリ分かりません。

頼られるのか、それとも女性陣に付いて行くことになるのか。

車種を覚えていらっしゃるのは、さすが車好きの方が集まるSNSですね(*^_^*)


昔はナビが無いのが当たり前でしたから、海外でも逆にどうにかなったのかもしれませんね。

まだスマホがこれだけ流行る前に海外でレンタカーを借りた時、そのナビが壊れているのか使い方が悪いのかで全く役に立たず、地図を借りていなかったので途方に暮れたのを思い出します。

昔は必ず地図は携帯していましたからね~。

私も一番良く覚えているのが、友人たちとカナダをレンタカーで回った旅です。

自分で目的地に向かうのが良いのでしょうね!(^^)!
2018/04/22 13:10:49
こんにちは。さすが、旅慣れていらっしゃるatsuhlyさんのブログですね(^o^)  旅行と経済の話が同時に出てくるのも興味深いです。私も若かりし頃一度だけアメリカの西海岸辺りに滞在した事があるのですが、レンタカーを借りてラスベガスに行こう!ってなりまして、地図をみると2センチ位だったので余裕ぶっこいてたのですが、「縮尺」なんて考えておらず、気がつけば丸1日走って、やっとこさラスベガスに着いた記憶があります(笑)普通なら飛行機て移動する距離だったのでしょうが、、知らないって怖いですね(笑) 
 さて、娘さんが成長したら…どんな旅を楽しまれるのでしょうね〜(^o^) 
コメントへの返答
2018/05/07 10:10:25
こんにちは(^^♪

コメントありがとうございます、そして返信遅くなり申し訳ありません。

アメリカは地図で見るのと実際に走らせてみるのとではかなり違って感じますよね。

ガソリンスタンドの数も限られていますし、油断するとエライ目に遭ってしまいますよね。

ラスベガスまでレンタカーということはロサンゼルスからでしょうか?

私はセスナで激しく酔った記憶があります(>_<)

自力で移動した旅って記憶に残りますよね~。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「近頃の週末 http://cvw.jp/b/1971282/42981422/
何シテル?   06/21 21:47
よろしくお願いします。 試乗記や旅行記が中心だったのですが、このところは娘関連のネタばかりです…
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
子供が出来て荷物を積める車を探していたのと、友人がスバルに勤めていることもあって買いまし ...
フェラーリ カリフォルニアT フェラーリ カリフォルニアT
2015年12月オーダー 外装色 BIANCO AVUS 内装色 ROSSO 右ハンド ...
フェラーリ カリフォルニア フェラーリ カリフォルニア
右ハンドルです。 昔からF1でフェラーリが好きなこともあり、一度乗ってみたかった。 ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
E63です。 V10エンジンは最高でした。 シートも座り心地が良く、ロングドライブに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.