• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まっつん@松くんのブログ一覧

2015年01月18日 イイね!

今日の産業ロック3

今日はAORではなく産業ロックです。

私自身、産業ロックというカテゴライズにされるのは嫌なグループですが

世間一般では産業ロックに分別されてしまうと思いますので紹介したいと思います。

最近、テレビのCMでホンダのグレイスって言う車ご存知でしょうか?

その中で歌われているのがQUEENのSomebody To Loveだ。

だがどうも感じが違う。なぜなら女性ボーカルだから。

ちょっと気になったので詳細を調べてみたのですがこれがまた出てこない。

なぜかはわかりませんがCDとか出す気はなさそうなのでスルー

でも気になるので今後追って行きたいと思います。

さて

本家のQUEENの方ですがデビューはTOTOなんかよりも少しだけ早く先輩。

誰かが歌う万華鏡と称していたのが頭に残っているがその通りだと思う。

彼らの売りはなんといても演奏でもカリスマ性でもなくコーラスだ。

あの4声のコーラスこそがQUEENの最大の武器だ。

彼らのコーラスが聴ける曲といえばKiller Queenが挙げられるが

私はSomebody To Loveの方が断然好きだ。

なんてったって見せ場がたくさんある。

それがアメリカドラマのGleeで取り上げられるだけあるわけだ。

それにQUEENがなぜ日本で人気があるのかご存知だろうか?

最初はデビュー当時誰も見向きもしなかったのだ。

そんな中目をつけたのが日本の女子高生達だったのだ。

来日ものすごく早かった。

それが今日のQUEENを支えているのだ。

いまやボーカルのフレディー・マーキュリーはいないが今でも絶大な人気だ。

キムタクが自分のドラマの中でI Was Born To Love Youを取り上げたとき

すぐ日本のレコード会社は新しいベスト盤を出してヒットしたが

あれはデビュー当時日本の女子高生が世界で始めて目をつけてくれたという恩があるから

すんなり日本独自のベスト盤の許可が下りるわけだ。

そんな日本びいきの強いQUEENだが是非復活して欲しいグループのひとつだ。

産業ロックで復活(?)したといえるのはジャーニーくらいだろうが

なかなかフレディーを越えるボーカリストが現れないのが悩みの種だろう。

ただ当時の楽曲のすばらしさは今も変わらないので是非一聴して欲しい。

Posted at 2015/01/18 02:57:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 産業ロック | 日記
2015年01月12日 イイね!

今日のAOR149

本日は我が愛するTOTOの近況です。

先日、といってもつい2、3日前の話ですがFacebookにビッグニュースがという

情報を仕入れたため何かなと思いきやTOTOのオリジナルアルバムリリースのニュース。

キングレコードからも正式に発表されたようですのでお伝えしておくと

邦題は「TOTO 14 ~聖剣の絆~」

3・18に発売のようです。

ただおそらく初回限定盤などのあると思いますので発売日が前後すると思います。

でも今から楽しみです。

なぜかというと私が好きな第一期のメンバーとファーレンハイトの当時の第三期の

メンバーが総出演だからです。

ベースはあのデビッド・ハンゲイトが務めます。

そして私の大好きなナンバー、アイル・ビー・オーバー・ユーでコーラスを務めた

マイケル・マクドナルドも参加しています。

プロデューサーはC.J.Vanstonです。

え?だれ?それ?といっている方はまだまだ勉強不足です。

ロサンゼルスを代表するキーボーディストであのあぶない刑事のサントラの

キーボードを演奏していた方です。

なかなか渋い人選で最初驚きました。

通好みの采配だと思っております。

レーベル元のフロンティアーズからメイキングが発表されているようなので添付します。

私的には三曲目のテンポの速い曲が好きそうですが曲名がわかりません。

だれか情報お持ちなら教えてください。

Posted at 2015/01/12 01:54:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | AOR | 日記
2015年01月10日 イイね!

今日のAOR148

本日は同郷の青森出身の方を紹介します。

皆さんは青森出身の有名人といったら吉幾三か伊奈かっぺいくらいしか

知らないんじゃないかとと思いますがそんなことはありません。

ちゃんとAORな人がいるんです。

それは佐藤竹善さん率いるSing Like Talkingです。

なぜあまり注目されないのか不思議でなりません。

最近では77曲も収録されているベスト盤のリリースが近づいています。

しかもあのジェフ・ポーカロが「日本にこんなにすごいバンドがいるなんて知らなかった」と

おっしゃってたくらいです。

そんなベスト盤に収録されている数ある曲の中で一番好きなのが「LaLaLa」である。

佐藤竹善さんの高音のコーラスがとっても気持ちいいですね。

最近ではTBS系の小田和正のクリスマスの約束で取り上げられていましたが

このときのアレンジバージョンもよかった。

みんなでサビを歌うとこんなに感動的になるとはといった感じです。

彼らの今後の活躍に乞うご期待ですね。

Posted at 2015/01/10 02:52:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | AOR | 日記
2015年01月09日 イイね!

今日のAOR147

長らく更新休んでてすみません。

実は去年暮れから引っ越しまして今やっと落ち着いた感じです。

だからネタが無かったわけではありません。

今回紹介するのはバーブラ・ストライサンドのアルバム「パートナーズ」です。

昨年の秋に発売されたバーブラの新作ですが最初にエア・チェック(死語ですかね?)したのは

FM YOKOHAMAの中でさらっと聴いただけですが一聴して買いたくなりました。

中身は豪華ゲストとのデュエットアルバムですがただのデュエットではないのです。

有名どころだとスティービー・ワンダーとかビリー・ジョエルとかライオネル・リッチーとかいますが

好感が持てるのは今までデビッド・フォスターが発掘してきた人たちもいること。

その中でも最も感動的だったのがブレイク・シェルトンとのデュエットである

「I'd Want It To Be You」である。

やっぱり曲がいい。

これはやはりプロデューサーの一人のベイビー・フェイスの采配だと思う。

最近のデビッド・フォスターはクラシカル・クロスオーバーに偏りがちだが

やはりベイビー・フェイスは曲で勝負するといった感じがする。

あとバックミュージシャンが大きくクレジットされてる点も好感が持てる。

しかしAOR系のブログや金澤さんのブログでもなんにも紹介されないでいる。

やはりここにも日本人気のないバーブラの所以があるのかもしれない。

ついには来日を果たしていないところをみると注目されるのも難しいのかな。

それでもアルバム中のエルビス・プレスリーとのデュエットも感動的だ。

私的にはナタリー・コールのアンフォゲッタブルよりいいと思ったくらいだ。

それにしてもベイビー・フェイスとの相性が抜群だ。

そう思ったアルバムでした。必聴。

Posted at 2015/01/09 01:50:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | AOR | 日記

プロフィール

「[整備] #ジムニー 下回り塗装(超絶テキトー) https://minkara.carview.co.jp/userid/1976554/car/1485317/5450555/note.aspx
何シテル?   08/22 23:23
まっつん@松くんです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
スズキジムニー(ランドベンチャーJB236型)に乗っています。まだまだ初心者ですのでお手 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.