• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さん坊_S.B.のブログ一覧

2018年09月24日 イイね!

最近の自転車活動

最近の自転車活動
長いので自転車に興味のない方はスルーでm(_ _)m



今夏は念願の乗鞍高原を登って来ました。
















普段は秩父、奥多摩、飯能、など。

















最近は奥秩父のロングに嵌り、車載じゃなく自宅から乗り出したい! って事でサイクルトレイン、輪行も。



























一回の距離が130km〜160kmに。


この前は長瀞経由、群馬の神流湖まで。次は富岡製糸場往復200kmにチャレンジ予定。(そのウェポンは後ほど)




















話は変わり、去年スロベニアから輸入したビンテージのコルナゴ さん。ゆるride用に、と考えてたため最近の乗り方には合わず床の間化。悩んだ末にと売却を決意。





査定士さん曰く、「入れっぱなしで飾りになるレーサーが多くて、まともに走るのは少ないです。でもこのコルナゴ は完璧ですね。消耗品交換、整備、メンテも行き届いていてコンディションも素晴らしい!」と。


結果、去年の購入額並みの買取で売買決定。さすがササジマのオヤジさん。工賃激安なのに腕は一級。多謝です。



メインはデロザさんとTIMEさんの二台体制に。デロザさんをスッキリと。











バーテープ。ベージュでもキャメルでもなくアイボリーが肝(^^)





で本日、念願の一級品をGET。勿論中古。4年前の新品時はセット45萬円也。今回、たまたま上モノを激安で。コルナゴ さんがデロザさんの脚に変わりました。









これで平地も少々の上りも最強!















もう一台の雄、TIMEさん。





デロザさん=主に平地ロング、

TIMEさん=主にクライムロング、

で棲み分けます。体幹強化+荷重バランス矯正の最強マシンも入手。







兎にも角にも趣味を許してくれる神さんに感謝ですな。




Posted at 2018/09/24 19:14:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車
2018年09月15日 イイね!

取り敢えず浮気はこれで締め

取り敢えず浮気はこれで締め
最近のカングーの荷室はいつもこう(笑)
audi 、BMW、volvo、マツダとプレミアムSUVを見てきてマツダCX-8の勝利。今日は大事な残る2社へ。










シトロエン は現状対象車なし。 新型ベルランゴ の輸入も「ありません」とアッサリ。以上。ただ客を待たせる時間、応対の的確性、こちらのお店はいつも帰路で不愉快な気持ちになります。次回リピはなしですね💧










続いてプジョー 。降りるなり「ロードバイク積みのご相談ですね?」と。えっ?🤯 入ってくる車窓越しにニーズをキャッチしてたみたい。期待薄だったけど5008 を見せて貰いました。









神さん曰く、CX-8よりも開放感があって優しくて落ち着くと。うん?確かに。荷室高もCX-8よりある。運転席も囲まれてるのにしっくりまったり。仏社マジック?









リフター の正規輸入については、言葉は濁されたもののまんざらでも?😘の回答。(ここからは私の解釈で⚠️)正規輸入あり。価格レンジは、5008>リフター>カングーの模様。ならばディーゼル、8AT、ロングボディ、込み込みで450あたり?? 後で気付いたけど、CG記事に輸入すると取れる表記がありました(汗)


リフターの後席の上質感は多分CX-8より一段下でしょう、でも天下の仏社の新開発シートの座り心地、新型プラットフォームの静粛性快適性にはかなり期待大。ロングボディの自転車積みはカングー以上で圧勝。走りはマツダ・プジョーの個性毎に好き。と来ればリフター有力かな? リフターは遊びの形を取り入れた上質な「乗用車」。






神さんもいたくプジョーの事をクルマ、お店ともに気に入ったみたい。試乗は雨につき神さんから厳禁でしたが。惜しむらくはベルランゴ の新型ハイドロが入らない事。国内PSA市場の棲み分け戦略らしいです。ま、なんなら並行もあるし。







以上、雨の日の「妄想」でした😬 他車を見て帰って来ると、毎度毎度カングーっていいなぁと再認識するんですよね。でも寄る年波、自転車での疲労帰路の安全性、後席の快適性を考えると、ACC、安全デバイス完全武装の長距離クルーザーは近々どこかで調達しなきゃ。少なくとも家族は商用車には載せられたくない、快適な乗用車に乗りたい、のです(T . T)


因みにカングーは今年の春で生産終了。ただ今在庫整理中みたいですね。新型もすぐ。果たして2019年はマツダ対プジョーの対決となるか??



Posted at 2018/09/15 18:38:17 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年09月12日 イイね!

まだまだ先の話ですが…

まだまだ先の話ですが…

マツダに対する思いは先日の通りです。が、困った情報が💧 プジョー パルトネール の後継車 リフター 。どうやらプジョー・ジャポン が2019年に正規輸入するのでは⁇ な疑惑(笑)








同社の2L版を凌駕すると言われる、スムーズ+300Nm+ウルトラライトの最新1.5Lディーゼル。これが車重1,400kg台の車体を最新のアイシン製8ATと低重心新型プラットフォームで駆るもんだから走りは想像に易く。3列4.75mのロングもあり。安全快適性能はACC他、ほぼフル装備。






大事な所はプジョーがカングーをライバル視していない事。貨客両用ではなくプレミアムな「乗用車」です!とDセグ上級宣言。価格も勿論カングーの上の設定みたいです。これならプジョー・ジャポンも入れやすい。






足回りは、兄弟車の シトロエン ベルランゴ がシトロエンらしくと謳う一方で、プジョーは飽くまでも上質路線に拘る模様。安全性、快適性が向上、荷物も沢山積める。でもフルゴネットに非ず、上級サルーン也、と来れば家族も自転車も走りも全部両立出来てほぼ理想?? 家族の欧州車アレルギーを除けば(笑)












メルセデス シタン のエクストラロング、7EDC、ディーゼルが確か並行込み込み440万位だったはず。価格は同等かそれ以下かな? ならCX8 よりも安い。もしも入ったら乗り比べですな。


Posted at 2018/09/12 19:47:28 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年09月09日 イイね!

カングーの次?を見てきた。

カングーの次?を見てきた。

大分先のカングーの次?の候補を神さんを連れ出して見てきました。アウディQ5、BMW x3 、VOLVO xc60 からのマツダ。結論 →→輸入700万クラスに負けてない、積極的に選ぶ価値があると感じました。試乗はこの次だけど😅







今までは運転趣味100%で後席の快適性は考えてませんでした。全体10の比率は運転9:趣味1:後席0。デカングーで少し改善して運転5:趣味3:後席2。因みに自転車積みでカングーを超えるクルマには未だ出会いません。


次車はMT縛りなしにします。自転車で疲れた身体で復路の高速・渋滞で事故らない事、後席の家族の乗り心地、静粛性、安全性重視。比率は運転1:趣味3:後席6に。安全面、遮音面で次はスライドドアは卒業です。


今は自転車が第一なので、運転自体を趣味とする比率は下がって来ました。ATのみで自転車の縦積み不可、でもCX-8は許せるかな、が素直な感想。


欧州プレミアムのようなフル液晶にせず、エアコン・オーディオ、メーターを物理的な部品で作ってるのも高評価。ブラインドタッチは重要です。液晶が故障して、オーディオ、エアコン、各種設定、全部使えず夏を越えた方もいました。ましてやスピードも確認出来なくなったら…。この時点でプジョー5008は外れました。
,



















イタフラ車が4台続き、それに馴染めない家族からの「国産国産」の声もあり今はマツダ一択です。スバルはデザインにもう少し艶やかさとかたまり感があれば。今のマツダには80年代〜90年代に一大変革を遂げたアウディの姿が重なります。


エンジン、シャーシ、予防安全性能は既に世界一級品。デザイン、内装も高レベル。ブレない企業理念、一貫した真摯な車作り、知れば知るほどエンジニアと職人の情熱を至る所から感じます。


トヨタの主役はよく売れる「製品」。マツダの主役は「人」。人を研究し人を幸せにするクルマ作りがマツダの理念。コーナリング時のサポート感は、人が歩く時の骨格や筋肉の使い方に基づいて脚やシートを作り込み煮詰める真面目さ。


身体を左に傾けて右腕でハンドル上端を抱えるようなポジションのドライバーが多いのはトヨタのミニバン、マツダのドライバーは概ね姿勢が正しいです。製品がそうさせてくれます。


ルノーからの宗旨替えは不本意。でも家族が主役のアクティブセーフティ・パッシブセーフティの遅れや、ディーゼルなしを考えると致し方なしか😰 次はQ5と考えてましたが、今時点ではCX-8が勝ってます。価格は半分なのに。田辺さんの一言を借りれば乗り味は「アウディ」らしいです。確認は次回試乗で。


Posted at 2018/09/09 16:44:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | カングー
2018年09月02日 イイね!

STAR★BIKES号よ永遠に


こうなりました。





サイドのロゴも綺麗さっぱり。

紺&銀のシンプルビューティーもいいですね(^.^)

カングーは残りますので御心配なく(笑)





ところで、自転車積みでカングーを超える車は未だ皆無ですが、最近のヒルクライム後の渋滞帰還なんかを考えると、次はATでもいいかなと思えて来ました。









奥多摩、秩父、乗鞍、富士、、、ride後のへとへとの身体でいかに安全に速く帰宅するか。ハイテク嫌いだった私がアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなんかも見るようになった。













自転車第一の必然の流れか寄る年波か(笑)

後席の快適性、静粛性、乗り心地も考えねば。ホイールを外しても自転車積みは必須。例えば。。。











しかし他を見れば見るほどカングーの魅力を再発見。改めて稀有なクルマですね!



Posted at 2018/09/02 18:57:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | カングー

プロフィール

「最近の自転車活動 http://cvw.jp/b/198328/41985259/
何シテル?   09/24 19:14
自転車3台とカングーの10輪生活。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ルノー カングー STAR★BIKES号 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 12:43:58

お友達

新規の募集はしておりませんm(_ _)m

112 人のお友達がいます
ゆ~き0053ゆ~き0053 * マイケル@Twingo + 4 + Jマイケル@Twingo + 4 + J *
kazkaz * フィニヨンフィニヨン *
a-watera-water * まるしまるし *

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

イタリアその他 デ・ローザ DE ROSA nouvo classico (イタリアその他 デ・ローザ)
少年時代の憧れを中年で叶えた。 クロモリ+ホリゾンタル+スレッド+ハート。 8ヶ月で納 ...
ルノー カングー STAR★BIKES号 (ルノー カングー)
ロードバイクの車載、 自転車の友として活躍してます。
フランスその他 その他 TIME VXR proteam (フランスその他 その他)
■ TIME VXR proteam 2008 ANCHOR RL8 2015 ...
その他 自転車 Pep cycles NS-D1 (その他 自転車)
必要性から4台目。 ① クロモリ ロード →オールラウンド ② カーボン ロード →ヒ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.