• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LEN吉のブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

【行くぜ名古屋】第11回AMMA(AE86 Meeting)トヨタ博物館オフ

【行くぜ名古屋】第11回AMMA(AE86 Meeting)トヨタ博物館オフ



11月11日(日)

快晴の名古屋!







AMMA(AE86 Mid Night Meeting in Aichi)トヨタ博物館オフに向かいます。

宿泊先の名駅笹島から名古屋高速へオーン。
alt


名古屋高速から名二環(名古屋第二環状)へ。

alt


守山のドックホテルへLEN吉をお迎えに行き、名古屋ICから一瞬東名高速をかすめて、日進JCTから名古屋瀬戸道路へ。

alt


長久手ICで高速オーフすると、トヨタ博物館は目の前。

alt


誘導に従って駐車位置へ。

alt


ハチロクだらけのトヨタ博物館。

alt


既にくつろぎモードのレン吉です。

alt


参加全車(たぶん?)アップとギャラリー車はこちらへ。

☞第11回AMMA(AE86 Mid Night Meeting in Aichi )トヨ博オフ①


☞第11回AMMA(AE86 Mid Night Meeting in Aichi )トヨ博オフ②


今年で11回目になるAMMAトヨ博オフ。

alt


今年のエントリー車は107台(主催者発表)

alt


AMMA主宰の、すー太郎さん。

alt


幹事、百さん

alt


はっちーさん

alt


はちぞーさん

alt


復活、あかくまさん

alt


Yoshimiちゃん

alt


今日唯一の、AE85レビンSR

alt


ただのGTさん
alt


しもさん

alt


はちたっくさん
alt


幹事 おむすび真理教さん

alt


幹事 シゲロクさん

alt


ボロビンさん

alt 


ギャラリー参加、リラさんとニセリラ(turbo ps)さん

alt


Schatzesのソニカでご参加、お昼寝さん

alt


いいお天気で、のんびりした時間が過ぎていきます。

alt


折角なので博物館も見学。alt


去年バックヤードに下げられていたAE86レビン(前期2ドアGT-APEX)が復活していました。

alt


特別展示は、バックヤード収蔵車展。
alt

真っ赤なセラ。
alt


真っ赤なMR2

alt


TE27後期カローラレビン

alt


会場に戻ります。

BINGO大会も終わり、そろそろお開きに。
alt

買い物していたヨメさんと合流して、帰路に就きます。名神高速を西下。

alt


米原JCTから北陸道へ。

alt 


お相手いただいた皆さん、ありがとうございました。

(^^)/



_


Posted at 2018/12/11 06:53:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2018年11月10日 イイね!

【Happy 28th Anniversary】28年目の記念日の夜は名古屋で。

【Happy 28th Anniversary】28年目の記念日の夜は名古屋で。



11月10日(土)

AMMAトヨ博オフ前日。





ヨメさんとLEN吉と名古屋に向かいます。
alt


今夜の宿は、名駅笹島のこちらへ。

alt


吹き抜けのロビーを抜けて、

alt

部屋は36階になります。

alt


NAGOYA PRINCEHOTEL SKY TOWERの全景。
手前は最寄りの、あおなみ線「ささしまライブ駅。」 

alt




実は、翌11月11日は28回目の結婚記念日!
なので、今夜はちょっと奮発して、こちらのお店で。

alt


豆腐味処匠、懐石料理のお店。

alt


本日のお品書き。

alt


「柿の白和え」と「おぼろ豆腐」からいただきます。

自家製豆腐は甘みがあって、そのままでも美味しい。

alt


日本酒も進みます。新潟の菊水を冷やで。(^^)

alt


湯葉山椒煮茶漬け。

alt



〆は、チーズ豆腐と柚子のシフォンケーキを豆乳とともに。

alt



天空の宿に戻ってきました。まさに、SKY TOWER。

ラウンジで、夜景を楽しみながらグラスを傾けます。
私はシーバスリーガル12年をロックで(^^)

alt


名駅が一望できます。

alt


秋の夜長、静かに過ぎていきました。

alt





明けて11月11日(日)

今日は、AMMA(AE86 MIDNIGHT MEETING in AICHI) トヨタ博物館オフ。
名鉄とJR東海の競演。
alt


太陽が昇ります。

alt


「のぞみ」も走り始めました。

alt


朝食をいただきます。

alt


さて、その頃、LEN吉は・・・?


名古屋市守山のこちらのドックホテルで、お友達とお楽しみ中でした。

ここは、ケージの無いペットホテル。

スタッフさんが24時間常駐し、犬たちを自由に遊ばせてくれます。

altalt


なんだか、イヌの幼稚園みたいで楽しそう。

(NoAのFacebookで、様子を見ることができます)

altalt


AMMAトヨ博オフに向かう前に、LEN吉を迎えに行きます。

名駅ICから名古屋高速へオーン。

alt


今日もいい天気になりそうです。

_

Posted at 2018/12/07 07:00:43 | コメント(15) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2018年11月02日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】

Q1. 洗車の頻度はどのぐらいですか?
回答:月あたり1~2回

Q2. 普段お使いのコーティング剤の商品名を教えてください。
回答:スマートミスト

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【シュアラスター・ゼロフィニッシュ】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2018/11/22 16:39:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | タイアップ企画用
2018年11月02日 イイね!

【Urgent!】ハチマルミーティングは欠席します<(_ _)>

【Urgent!】ハチマルミーティングは欠席します&lt;(_ _)&gt;

明後日、11月4日(日)は,
富士スピードウェイで、
芸文社主催の
『ハチマルミーティング』






ですが・・・、

今年は急遽欠席いたします。


実家の父親が体調を崩し、この週末は様子を見に富山に帰ることにしました。


先週末の松山では、のんきに「また来週」と言っていたのですが。

参加の皆さん、楽しんできてください。


エントリー代は散財・・・・・。
仕方ないですね。

_


Posted at 2018/11/02 22:15:53 | コメント(15) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2018年10月28日 イイね!

【いくぜ松山⑤】 さらば四国、帰りは『津山まなびの鉄道館』に寄り鉄。

【いくぜ松山⑤】 さらば四国、帰りは『津山まなびの鉄道館』に寄り鉄。


10月28日(日)

東京ラブストーリーの聖地を訪れた後、

楽しかった松山を後にします。





行きは舞若道から明石海峡大橋、淡路島、徳島道を経由する福井-松山最短ルートで550㎞でした。
帰りは瀬戸大橋を渡り、岡山県津山に寄り道するので600㎞くらい。
alt

いい天気です。

10:50 松山外環状道へ。

alt


そして松山ICから松山道へ。

alt


川之江JCTから高松道に入り、豊浜SAで1STOP。

alt


先を急ぎます。

alt


坂出JCTから瀬戸中央道へ。

alt


瀬戸大j橋を渡ります。一つ目は「南備讃瀬戸大橋」

alt


空いているので余計にこの橋の巨大さをを感じます。

alt


本州に戻ってきました。倉敷JCTから山陽道を東へ。

alt


岡山JCTから岡山道を北上。

alt


高梁SAで2STOP

alt


北房JCTから中国道を東へ。

alt


院庄ICで高速オーフ。

alt


立ち寄った先は、『津山』まなびの鉄道館』

alt


入場券を買って中へ。左に曲がると・・・!

alt


『おおー』(@_@)

ここは、元津山機関区の扇形庫と転車台。

17両を収容でき、現存する線形庫としては梅小路に次ぐ規模。
alt

国鉄型の気動車、ディーゼル機関車、蒸気機関車が13両、静態保存されています。

alt


キハ33 1001、50系客車を改造した気動車。山陰本線や境線で使用されました。

alt


キハ181 12、500馬力ディーゼルエンジンを搭載した山岳路線用特急型気動車。キハ82系と似たデザインですが、直線的な角張ったスタイル。伯備線「やくも」、播但線「はまかぜ」、山陰線「おき」、四国の「南風」「しおかぜ」、などで活躍しました。

名古屋金城ふ頭の「リニア鉄道館」にも保存車があります。

右隣は,急行型気動車キハ28 2329。

alt


急行型気動車キハ58 563と一般形気動車キハ52 115。

急行型気動車キハ28,58は国鉄型気動車では最も多く生産されました。グリーン車キロ28のほか、碓氷峠アプト区間通過対策のためエアサス台車を装備したキハ57、キロ27、酷寒地北海道仕様のキハ56、キハ27、キロ26などのバリエーションがあります。

キハ52は一般型気動車キハ20系の最終増備車。勾配区間対策として、DMH17H型ディーゼルエンジンを2台装備しています。キハ52 115は越美北線(九頭竜線)で使用された後、大糸線に移り生涯を終えました。

キハ28とキハ52は房総のいすみ鉄道に動態保存車があり、今でも観光輸送に使用されています。
alt


D51 2号機、蒸気機関車。D51の初期型で、煙突から砂箱がカバーで覆われ「ナメクジ」と呼ばれたスタイル。

大阪弁天町にあった「交通科学博物館」で展示されていましたが、『京都鐡道博物館』集約に伴い、梅小路ではなく、ここ「津山まなびの鉄道館」に移設搬入されました。

alt


珍しいディーゼル機関車が並びます。

alt


DF50 18  ディーゼル機関車。これも大阪「交通科学博物館」から移設されました。

高松運転所に所属し四国で使用された電気式ディーゼル機関車。ディーゼルエンジンで発電機を回し、その電力でモータを駆動します。

alt


DD13 638 国産初の中型入換え用ディーゼル機関車 DD13 638。500馬力エンジンを2台装備し、入換え用蒸気機関車の置き換えに貢献したほか、短距離の貨物列車牽引にも重宝されました。

右側に半分だけ見えるのは、DD13をベースに除雪用ラッセルヘッドを取り付けた、DD15 30。

富山第一機関区に配置され、冬季以外はラッセルヘッドを取り外し、DD13と同様、入換えや小区間貨物に使用されました。 

alt


DD51 1187 本線用大型ディーゼル機関車。JR貨物愛知機関区では今でも使用されています。

今年7月の豪雨で山陽本線瀬野-八本松「セノハチ」が不通となり、8月から10月にかけて、伯備線、山陰本線、山口線経由の迂回臨時コンテナ貨物が運転され、山陰本線と山口線の牽引は、愛知機関区のDD51が務めました。

alt


非車両、機械扱いの、10トン貨車移動機。国鉄時代には、操車場や大きな駅で見ることができました。門司港レトロ観光線では、トロッコ列車のプッシュプル運転にも使用されています。

alt


DE50 1 ただ一両だけ作られた、幹線用ディーゼル機関車。

DD51が1100馬力エンジン2台搭載していたのに対し、DE50は2000馬力エンジンくを1台搭載。

DD51の後継車として計画され、この1号機が先行生産されましたが、オイルショックなど社会的な諸事情により量産されることはなく、たった1両だけの新製車となりました。車軸配置はDE10と同じく AAA+Bの動輪5軸。

前後非対称のセミセンターキャブが特徴的ですが、DE10よりはるかに大きく感じます。

右は小型ディーゼル機関車DD16 304。線路規格の低いローカル線の貨客用でしたが、晩年、一部は後から新製したラッセルヘッドを前後に連結しラッセル車300番台となりました。304号は大糸線の除雪用に使用されていました。

alt


保存車両全景 (Wikipediaから)

alt


隣は、津山運転区。現在の津山運転区。

alt


キハ120や国鉄型キハ40、47が配置されています。

alt


津山駅もすぐ近く。
alt


国鉄一般形塗装に塗られたキハ47と、LEN吉LEVIN。

alt


実は、キハ40系で登場時から国鉄一般形塗装に塗られた車両はありません。
40系のオリジナル塗装は首都圏色と呼ばれたオレンジ1色。

なので、これを『復刻塗装』と呼ぶのはある意味間違い・・・。

ただし1形式、余剰のキロ28を改造しキハ40系同一設計の車体に乗せ換えられた郵便荷物気動車キユニ28だけは、最初から国鉄一般形塗装に塗られた車両がありました
Yahoo blog 1980年4月、亀山駅のキユニ28 から
alt


郵便気動車と言えば、四国にはキハ58系車体で新製された郵政省所属のキユ25形という形式の郵便車がありました。高速道路網が整備されていない時代、長距離郵便は鉄道が主流だったのです。外観はキハ58系ですが、車内に送り先の仕訳棚があり、仕訳け作業する職員の作業環境改善のため、新製当初から冷房化されています。

国鉄時代の四国は電化区間がなく気動車大国と呼ばれ、本州では見られない形式が数多く存在しました。
alt


(閑話休題)


1時間ほど滞在した後、そろそろ再び帰路に就きます。


津山ICから、中国道へオーン。
alt

吉川JCTから舞鶴若狭道へ。

alt


西紀SAで4STOP。
alt


綾部から対面通行区間が続きます。

と、このあたりからLEN吉LEVINの後方にピッタリ張り付くクルマが…。
alt


制限+αくらいで走っているのですが、ICのわずかな4車線区間で隙を突かれて追い越され、今度はこちらが追いかけるカーチェイス状態に…。気がつくと、スピードは制限+α+αくらいに…。(速すぎ)


三方五湖PAで姿を捉えると、関西系ナンバーの白いクロスオーバ7! (@_@)

でも、知っているオーナーさんではありません。誰だったんだろう…。
alt


対面通行でかっ飛ばすのも、我ながら大人げないなー、と思いつつ。

カーチェイスはここで終了。安全に自宅を目指します。
alt

敦賀JCTから北陸道に入り、鯖江ICで北陸道をオーフ。
alt

19:00 我が家に帰ってきました。
alt

なんだか、お土産をたくさんいただきました。ありがとうございます(^^)/
alt






中身の濃い3日間を過ごしました。

_


Posted at 2018/12/05 06:43:09 | コメント(5) | トラックバック(0) | 鉄学 | 日記

プロフィール

「本日12/11発売『SUBARU MAGAZINE vol.19』に、「クロスオーバー7 Owner's club 全国オフ in 浜名湖」の記事が掲載されました。
LEN吉クロスオーバー7も、レンと一緒に取材を受けました。
\(^o^)/」
何シテル?   12/11 22:09
マメ柴のLEN吉、本名「レン」 7才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

フォグランプのキイロ化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/27 18:52:29
イベント:第1回 CROSSOVER7 Owner's Club 全国オフ会 in 浜名湖ガーデンパーク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/22 11:40:33
フォグランプカバーの外し方&フィルムの貼り直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 17:46:52

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて28年。 *6年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.