• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年03月04日

【出張で鉄学 (続編) 】3月4日JRダイヤ改正を前に、現役国鉄形を追う。 

【出張で鉄学 (続編) 】3月4日JRダイヤ改正を前に、現役国鉄形を追う。 



3月4日はJRダイヤ改正。




前編、後編では、
『583系と485系の引退さよならネタ』
で、ちょっと寂し~く、湿っぽくなってしまったので、
北陸新幹線沿線で、今でも出会える国鉄形のお話しを。



4.キハ40系ディーゼルカー(金沢、七尾線と、高岡、氷見線、城端線)

国鉄形気動車 40系ディーゼルカーもまだまだ残っています。

七尾線特急「花嫁のれん」
キハ48形(キハ48 4+キハ48 1004)を改造した専用車。  (Wikipediaから)


金沢-和倉温泉間の観光特急として運転されています。



「花嫁のれん」とは、旧加賀藩地域(加賀、能登、越中)の嫁入り道具の一つ。
花嫁は婚礼当日に、嫁ぎ先に提げられたこののれんをくぐって嫁入りする伝統文化。

「和と美のおもてなし」がコンセプト。
北陸の伝統工芸、輪島塗や加賀友禅をイメージした車内と外観。 (おでかけネットから)





週末を中心に運転されています。


そして、北陸の40系気動車の観光列車といえばもう一つ、
「美しい山と海」をフランス語に訳した、
『ベル・モンターニュ・エ・メール』  通称『べるもんた』

キハ40形1両(キハ40 2027)を金沢総合車両所で改造。






週末に運転される、氷見線と城端線の全車指定席快速。


日曜日運転の『ベル・モンターニュ・エ・メール1号~4号』2往復は、新高岡-氷見間を運転します。
高岡駅では、北陸本線を跨ぎ、城端線ホームと氷見線ホームをスイッチバックで移動するということで、ちょっとしたイベント。




車内では、握り寿司を食べることができます。(事前予約制)


車内にはすしカウンターと売店があり、職人さんが車内で握ってくれるのです。     
(livedoor Blog から)


電車で食べられる握りずしというと、思い出すのはやっぱりコレ
東海形『サハシ153』
http://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/entry-11756685070.html

東海道線を走る急行電車(当時は準急)153系には、立食式の半車ビュッフェ
「サハシ153」が連結されていました。
国鉄新性能車両の設計をを次々と手掛けた、元国鉄副技師長「星 晃さん」のアイデアで、すしカウンターが設けられ、人気がありました。

国鉄車輌誕生秘話 (NEKO MOOK)  (岡田誠一著、 星晃 写真)から 



閑話休題
話しを戻して、


北陸本線が『あいの風とやま鉄道』となり、JR線としては離れ小島に分断された
氷見線と城端線。

氷見線、城端線の普通列車は、全列車が国鉄形キハ40系で運行されています。
40系気動車は、10系気動車の置き換えを目的に新製された、一般型のディーゼルカー。
エンジン出力が22OPSで、DMH17Hの180PSよりは大きいものの、車体に比べて小さく燃費も良くなかったため、JRに引き継がれてからはエンジンを換装する例が数多く見られました。

JR西日本では、一般型の車両の塗装合理化策として単色化されることになり、気動車はオレンジのいわゆる「国鉄首都圏色」に。結果的に、40系登場時の塗装が復活しました。

キハ40                    (SUWA HOMEPAGEから)


キハ47                     (SUWA HOMEPAGEから)


これは旧塗装。全車延命工事済。淵の丸いユニット窓が特徴。






5.DE10とコンテナ車コキ50000

氷見線・新湊線; 高岡-高岡貨物ターミナル間
高山線; 富山貨物ターミナル-速星間
には、DE10牽引の区間運転貨物列車が走っています。
これも国鉄型の、機関車と貨車。



6.直江津駅跨線橋から、115系湘南色
115系は、国鉄近郊型電車111系のモータ出力を増強し、耐寒耐雪構造と急勾配対策を施して、山岳路線用とした電車。
湘南色は「山用湘南型」、横スカ色は「山用スカ型」と呼ばれていました。

JR東日本 新潟車両センターに配置され、信越線直江津‐新潟間、弥彦線、白新線で運用されています。


しなの鉄道に譲渡された115系。しなの鉄道色。
北しなの線 長野-妙高高原間、しなの鉄道線長野-軽井沢間を走ります。


長野総合車両センターの115系、長野色。
しなの鉄道譲渡車にも長野色のままの編成があります。(Wikipediaから)


ギリギリ国鉄形の211系。
(211系については、あとで、高崎のところで語ります)
これは長野色ステッカーの長野総合車両センター所属。(Wikipediaから)


高崎で捉えた115系。
JR東日本 高崎車両センターにも115系が配置されています。
高崎車両センターの前身は、名門「新前橋電車区」
115系は、上越線、信越線、吾妻線、両毛線、東北線で運用されています。


東武鉄道桐生線との立体交差部分から捉えた、両毛線115系。


211系もギリ、国鉄形。

首都圏近郊型がE217系、E231系、E233系の4扉車に統一され、転出した211系。
運用区間は115系と同様。
211系は、国鉄末期に登場した軽量ステンレスカーのはしりで、ボルスタレス台車、界磁添加励磁制御式回生ブレーキを装備した、新世代の電車。
分割民営化を控えた国鉄が最後に製造した車両。

JR発足後も、JR東日本、JR東海が継続して増備しました。


高崎駅構内に留置されている12系客車も国鉄形です。
上越線、信越線 団体臨時用。
今となっては数少なくなった、青に白ラインのオリジナル塗装。 


日本全国に、均質なサービスと走行性能を広めた国鉄形車両。
改めて見ると、形状や色使いなど、飽きない普遍的なデザインの優秀さに感心させられます。

また、その殆どが、前述の国鉄副設計技師長「星 晃」さんが手がけられたという話を聞くにつけ、星さんが居なかったらまた違った展開になっていたかと思うと、運命の巡りあわせのようなものも感じます。


JR発足30年の2017年。
国鉄形車両は、いよいよ活躍の場が狭められていきます。
いつまでも走り続けてほしい・・・。
ブログ一覧 | 鉄学 | 日記
Posted at 2017/03/09 01:47:45

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

快速「只見紅葉満喫号」(平成29年 ...
スズキセル坊さん

いよいよ・・・
Mc12(つるとも)@BH5Dさん

JR西日本・・・ハットリくん列車
himahima7さん

しなの鉄道 115系電車。旧長野塗 ...
通りすがりの正義の味方さん

秋の乗り放題パスで行く大阪&北陸の ...
マナムスメさん

再びミネラルはミネラルで~会津編  ...
sahi_moriさん

この記事へのコメント

2017/03/09 05:28:55
おはようございます(^-^)。
JR、もう30歳になるんですかぁ~😌。
私的には、オレンジとグリーンのツートンカラー(おにぎりせんべいカラー(伝わりますかね(^o^;)?))の列車に1票です😌☝。
コメントへの返答
2017/03/09 11:23:23
おはようございます(^^;)>(ギリ?)
JR発足時はまだ学生でした。
駅でカウントダウンしたのを覚えています。
オレンジとグリーン、いわゆる湘南色ですねー。名車中の名車で、名塗装!
静岡ミカンのオレンジと、静岡茶のグリーンにした、という言われがありますよ。
(^^)/
2017/03/09 06:36:01
ohayougozaimasu。小生も、国鉄車両の時の色使いの方がはるかに旅情を掻き立て、詩的であると思います。現在のは、悪趣味なのが目につくと思ってます。

勝手申させてもらいました~。
コメントへの返答
2017/03/09 11:26:58
ギリ!? おはようございます(^^;)>

そうなんです。当たり前すぎた国鉄車両。
少なくなってから振り返ると、よく考えられていたな、と思います。
スカ色は、青い海と白い砂をイメージした、とか、まさにポエムですねー。

同感です~(^^)/
2017/03/09 06:49:56
塗装合理化…なるほど、そういう時代もあったんですね。
「ツートンの塗り訳なんて手間が掛かりすぎだから止めなさい!」なんて社内文章が出回ったんでしょうね(笑)

「花嫁のれん」の内装はスゴイですね!特にシートの形が…面白い。これ乗ってみたいです…けど、花嫁さんは立ち入り厳禁だそうで。
だって…「花嫁乗れんっ!」

失礼しましたぁ~っ。
コメントへの返答
2017/03/09 12:50:01
国鉄時代、一般型ディーゼルカーを、クリームと赤のツートンから、オレンジ一色にしたのがよく知られています。

今は、JR西日本が、塗装コスト削減のため、鋼製車体の国鉄形、の単色化を進めています。指示は全社に徹底し地域色と名付けて、北陸は青、七尾線は茜色、関西は濃緑、中国広島は黄色となってます。

これで年間¥2000万ほど浮くそうです。
中国広島の黄色は「末期色」と揶揄されていますが…。

「花嫁のれん」まさに、加賀百万石の絢爛豪華なイメージ。車内にはイベントスペースがあり
市場も開かれるとか。まだ乗ったことないですが。
あはは・・・は。<(^^;)
2017/03/09 06:50:29
そう言えば ・・・
『花嫁のれん』の羽田美智子嬢は、
後期8代目スカイラインで「I LOVE YOU スカイライン」って言ってたな、CMで。

そっちかい ・・・ 爆。
コメントへの返答
2017/03/09 11:39:56
おー、(@_@) 
東海テレビ制作、ドロドロの昼ドラですね~(?)

そうなのですか?
羽田美智子嬢は、イイですねー。
<(^^;) 
2017/03/09 07:07:25

おはようございます~

高崎エリアの115系ですが、正月に訪れた時見かけたのですが、集中冷房器が既存のタイプから、E231系に搭載タイプに換装されてました。
型式ゎ知りませんが、見た目でわかります(笑)

しかも、全検明けのようで足廻りもピカピカだったので、その時に載せたのでしょう。


まだ、しばらくゎ頑張る姿、見られそぉで何より~

コメントへの返答
2017/03/09 11:46:44
おはようございます(^^)/

おー、さすが細かいところをチェックされていますねー。近郊型の集中ユニットクーラーというと、オヤジ世代はAU75を思い出します。下品なくらいキンキンに冷えるのですが、フロンR12が使用禁止になり、修理やメンテができないのでしょうね?

Wikipedia見るとE231はAU725搭載。と書いてありました。省エネ性にも優れるエアコンと思います。
これに載せ替えられ、足廻りもピカピカで全検出場ということは、当分活躍が続きそうですね。ありがとうございます。
(^^;)>
2017/03/09 13:35:46
こんにちは。

出張で甲府から211系に乗車中です。
甲府近郊から115系がいなくなって、国鉄型が無くなったと思ってましたが211系も国鉄型なんですね。
コメントへの返答
2017/03/09 14:28:36
こんにちは(^^)/

おー、まさに乗車中とは(^^)b
中央東線と言えば、山スカ115系最後の砦だったのですが。クモニ83併結の姿も懐かしいです。
211系は国鉄末期の設計で、JR化後も量産されました。同時期に作られた国鉄最後の車両には、通勤型205系、四国向けキハ185系、北海道向けキハ183系500、1500番台があります。
(^^)b
2017/03/09 17:30:05
こんにちは!

JR誕生から30年になるんですね。
国鉄からJRへは、日本テレビ系列で中継した特番の中で、C623号機が再び動き出すのを観て、心躍ったものです(*^-^*)

先週からBS12で、「発掘!鉄道記録映像」という番組が始まりました。映像に出てくる国鉄車利用を観ていると、やっぱり国鉄がいいなぁ~
と、思ってしまうのは、自分だけでしょうか?
コメントへの返答
2017/03/09 18:09:09
こんばんは(^^)

JR30年ですね〜。
そうでした。スハ45系に、カフェカースハシも加えて、C623『ニセコ』が復活したんですよね。
維持しきれなかったのが残念ですが。

JRになって寝台列車をほぼ全て廃止するのに30年かかったことになります。
この間、JR世代の寝台列車「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「サンライズエクスプレス」が登場しましたが、結局消えていき、今残るのは「285系サンライズ」だけになってしまいました…。

国鉄車、標準化し過ぎ、とか、地域性無視、とか色々非難されましたが、今思えば日本の高度成長を支える重要なインフラだったんですねー。
(^^;)>
2017/03/09 22:14:25
今晩はお邪魔します。

30年前の3月31日「国鉄→JR」の民放特番で日付の変わる頃にSL汽笛による蛍の光は哀愁漂う印象的な光景でした。

そして「サッシ窓の隙間から雪粒や冷気が入り込み、足元の強力なヒーター暖気とのせめぎ合いを体感できる…」国鉄型は、あと何回越冬できるのでしょうか…
コメントへの返答
2017/03/09 23:05:12
こんばんは(^^)

壮大な、大みそかのようなお祭りでした…。
蛍の光は荘厳でしたねー。
1987年3月31日、東京そして上野からJR各社の本社に向けて、6本の『旅立ちJR号』が出発していきました。

あははは、そうそう(^o^)
窓の隙間から入った雪がサッシ枠の隅に積もっていくことも!?
先日、両毛線の115系に乗りましたが、すきま風は解消してましたよ。お尻がたい焼きになる強力な電暖は健在でしたが。
(^^;)>
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「何シテル?
「映画を見ます」
福井県内ロケ慣行、福井県内先行公開。

何シテル?   11/18 18:53
マメ柴のLEN吉、本名「レン」 7才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

フォグランプカバーの外し方&フィルムの貼り直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 17:46:52
トヨタ博物館オフ2018 11月11日(日) 開催 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/10 10:40:25
2019年のイベント予定です。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/28 04:56:29

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて28年。 *6年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.