• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月16日

【出張でテツ旅 ①】 在来線で上越国境越え、群馬のクローバーな会社へ!

【出張でテツ旅 ①】 在来線で上越国境越え、群馬のクローバーな会社へ!




11月16日(木)
群馬県桐生市へ出張。




翌17日は、桐生の「クローバーな会社」で、サプライヤー合同展示会。
今日は移動日で、16:00からの会場準備に間に合えばよいので、寄り道しながら群馬に向かいます。

まずは北鯖江駅から。
521系3次量産車の231M「普通芦原温泉行」に乗車。
alt

福井から、683系「サンダーバード1号」で金沢へ。
alt

今回の「桐生行き」に関わる切符。
乗換駅は、福井、金沢、上越妙高、長岡、越後湯沢、水上、新前橋の7か所となります。
ストレートに行くなら、福井、金沢、高崎の3か所だけで乗り換えなんですが。
alt

金沢から北陸新幹線「はくたか558号」へ。
alt

今日はJR西日本所属のW7系。
alt

上越妙高まで約1時間。
車内販売TRAIN CAFEで『珈琲とガトーショコラのセット』をいただきます。
alt

上越妙高に到着♪ 
結構降りる方が多いですねー。
alt

次に乗車するのは、分断された日本海縦貫線特急の生き残り、
新井発新潟行きの特急「しらゆき3号」。
北陸新幹線開業で、それまで金沢-新潟間を走っていた特急「北越」が仕立て直されたもの。
常磐線「ひたち」に使われていたE653系が転用されました。

👉「しらゆき」は、その昔、金沢-青森間を走っていた架線下ディーゼル急行の名称。
懐かしい列車名です。

上越妙高駅は、第三セクター「えちごときめき鉄道」の駅になっています。
E653系「しらゆき3号」がやってきました。
alt

ホーム反対には、北越急行から乗り入れたHK100形「ゆめ空号」の姿が!?
ほくほく線681系特急色と同じデザインなのが懐かしい。
alt

「しらゆき3号」も約1時間の乗車。
alt

列車撮影の名所、「信越本線青梅川駅付近」
冬空のもと、荒れる「悲しみ本線~日本海~♪」
alt

宮内で上越線と合流し、長岡車両センター(元「長岡機関区」)が見えるともうすぐ長岡。
JR東日本所属の、EF64-1000とEF81の姿が!?
寝台特急「北陸」「あけぼの」が廃止され定期運用がなくなりました。
今は新津車両製作所からの甲種回送などの運用に就いています。
alt

長岡到着。新新潟色115系が・・・!? 後ろはE129系。
alt

「しらゆき3号」の長岡到着は11:38。
上越新幹線「とき318号」は長岡発車11:42で、乗り換え時間は約4分!? 
北越急行の開通前は、上越新幹線と北陸方面特急の乗り換え拠点駅は長岡でした。
新幹線ホームへと急ぎます。この感じが、また懐かしい。
alt

ホームに上がると、ちょうどE2系「とき318号」東京行が入線してくるところ。
alt

長岡-小出-越後湯沢まで、約25分の乗車。
魚沼丘陵から先は薄ら雪化粧。
alt

越後湯沢駅に到着。
北陸新幹線が開業する2年半前までは、東京から北越急行経由で富山、金沢を結ぶ乗換駅として、重要な役割を果たしていました。
alt

つい2年半前まで、乗り換え客であふれていた越後湯沢駅の中間改札。
alt

今はひっそりとしています。
越後湯沢12:13発、上越線水上行に乗車します。
alt

国鉄形115系を期待していましたが、それは叶わず・・・。
JR東日本の地方向け近郊型の最新版、E129系。
alt

車内は半車ロングシート、半車クロスシートです。
そこそこ乗客もおられます。
alt

さすがは豪雪地帯。11月半ばですが、周辺の山は雪化粧。
alt


さて、今回のルートの核心部、上越国境のループ線越えです。上越線には、谷川岳を貫くところに二つのループ線があります。松川ループ線と湯檜曽ループ線。
alt

越後中里駅です。
駅すぐ横のスキー場には、スハ43系客車を転用した休憩室があるのです。
alt

しかし、客車の両数が1,2両ではなく、10数両!?
屋外にさらされていますが、比較的良好な状態を保っているようです。
alt

この次のトンネルが松川ループ線ですが、車内からは実感に乏しい・・・。
土樽駅を過ぎ、谷川岳のふもと、土合駅に着きます。
alt

土合駅の下り線のホームは新清水トンネルのなかにあります。
alt

<土合駅の解説(Wikipadiaから)>
当駅最大の特徴は、上下のホーム間が大きく離れていることである。
これは、上越線の複線化の際に下りホームを地下70mの新清水トンネル内に設置したことによるもので、駅舎と上りホームのある地上と下りホームの高さは81mもの高低差がある。
下りホームから駅舎に行くには、ほぼ一直線に伸びる462段の階段(長さ338m)を上り、143mの連絡通路、さらに24段の階段を上る必要がある。

改札口から下りホームまでは徒歩10分程度を要するため、駅員が配置されていた時代には、下り列車については改札が発車10分前に打切られ、市販の時刻表にもその旨が記載されていた。

階段の中間部付近にはベンチが設置されている。エスカレーターの設置スペースが確保されているが、エスカレーターが設置される予定はない。

土合駅下り線ホームから駅舎に通じる462段の階段。(Wikipediaから)
alt

土合駅、新清水トンネル内の下りホーム(Wikipadiaから)
alt

そして、湯檜曽ループ線。
alt

下り線の新清水トンネルが開通する前、上越線のこの区間は単線でした。
高崎方面から来る下り列車は、谷川岳を貫くルート「清水トンネル」で上越国境を越えるのです。
それにはまず湯檜曽ループ線を登ってか「清水トンネル」に入ります。

この清水トンネルが、有名な川端康成『雪国』の一節。
冒頭文、『国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた』、の、「国境の長いトンネル」は、「上越国境  清水トンネル」を指すのです。
トンネルを抜けて初めに止まるのは「土樽信号場」、今の土樽駅です。

そして小説『雪国』は、その先の湯沢温泉の一旅館を舞台に展開するのでした。

1967年、下り線用の新清水トンネルが開通してこの区間は複線化されます。
湯檜曽ループ線は、山を下る上り列車専用(ややこしい)となり、高崎方から『雪国』の世界を列車で体感することはできなくなりました。
alt

上の地図「A地点付近」から、湯檜曽駅を捉えます。
alt
単線の時代、湯檜曽駅はこのA地点付近にありました。
湯檜曽の集落から50m余りの標高差。
今でも旧湯檜曽駅跡へたどることができます。
 ☛ 湯檜曽駅の歴史レポートはコチラ

湯檜曽ループトンネルを下って湯檜曽駅へ。
ループの高低差は約50m。
alt

乗降客はいませんでした・・・。

写真右端、ホーム屋根の下に、先ほど通ったA地点付近の上り線の架線柱が見えます。
alt

湯檜曽駅も、下り線ホームは新清水トンネルの中にあります。
(Wikipediaから)
alt

湯檜曽ループ線が良くわかる動画はコチラへ。


利根川と並行しながら、関東平野に向けて下っていきます。
alt

SLみなかみ号が方向転換する転車台と、静態保存のD51が見えると、この列車の終点水上駅です。
alt

水上駅に到着。
alt

5,6年前まで、寝台特急「北陸」「あけぼの」が、乗務員交代のため深夜に運転停車していたホーム。
alt

現在の上越線運転系統は、越後湯沢と水上で分断されています。
上越国境を越える旅客列車は、1日わずか5往復。
alt

ココから、上越線「新前橋行き」に乗り換えるため、ホームを移動します。
alt

新前橋行きとなる211系。水上で折り返し。
alt

211系新前橋行きの発車は13:14。
越後湯沢に折り返すE129系は13:40の発車。
alt


新前橋から両毛線に乗り換えです。昼寝している国鉄形115系♪
alt

両毛線小山行きも211系でした。
alt

桐生に到着!
alt

桐生の自動車電装品メーカ「クローバーな会社」へ到着!
合同展示会なので、ブースの大きさはこじんまりとしたもの。
展示品と、カタログ、リーフレット類を並べて、準備完了!
alt

今宵は、太田で投宿~♪
alt

本社の同僚と、軽く?一杯、いや3杯。
alt alt

太田駅前に、こんな渋めの居酒屋があるんですー。
alt

明けて、11月17日(金)、展示会当日。
東武鉄道で桐生へ。
alt

8000形2連の赤城行き各駅停車に乗ります。
alt

東武新桐生駅、到着~♪
alt

さて、お仕事ターイム!

 展示会

   展示会

      展示会~。


             終了!
      
撤収します。
展示品を片付け、工場に向けて発送して完了。

東武鉄道で東京方向に帰る本社の同僚と別れて、JR桐生駅へ。

森高千里が歌った『渡良瀬川』を渡ります。
alt

ココは、海から181.2km離れたところ。
alt

桐生駅から、211系高崎行きに乗車。
alt

高崎駅で、115系6連と出会う!?
alt

北陸新幹線の乗車まで時間があるので、高架下のこのお店で、
「ひとり打ち上げ~!?」
alt

ますは、麻婆飯と担担麺のハーフセットと瓶ビール!
このお店は、とにかく元気が出る辛味メニューが名物。
alt

続いて、ホッピーセットと、餃子を!
alt
ほろ酔い加減で、動きたくなくなってきましたが、そろそろ帰らねば!?

3階新幹線ホームへ。

高崎には「かがやき」は止まりません。
「はくたか575号」に乗車。
alt

「はくたか575号」は長野で後続の「かがやき517号」に追い越されます。
長野で「かがやき517号」に乗り換え。
alt

長野からわずか1時間8分で金沢!?
「ダイナスター4号」福井行きに乗車。
alt

福井で最終敦賀行きに乗り継いで、北鯖江へ。
alt

任務完了! お疲れさまでした(^^)>

_

ブログ一覧 | 鉄学 | 旅行/地域
Posted at 2017/12/13 05:51:18

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

オヤジスキーの楽しみ方
sahi_moriさん

帰路につきます🚃
通勤快速仕様さん

水上温泉
コル注さん

2017年G.W.のお出かけ 前半戦
ちゃとらさん

もぐらオフ
pomu-tanさん

(案)脂肪を燃やそうツアー、水上バ ...
急行インプレッサさん

この記事へのコメント

2017/12/13 06:55:11
ホントお疲れ様でした。
ゆっくりと読んでいくと、すっかり鉄旅した気分になれますよ(笑)
ループ線は中学の頃、机上旅行クラブの友人から聞かされましたよ…懐かしいっ。
トンネルの中のホーム、しかも半端ない階段…昇降客を試すかのような意地悪な駅ですもんね(笑)

さすがにこれを通勤で使ってる人は…居ないでしょうね!?鍛えられますよっ。
コメントへの返答
2017/12/13 12:51:09
実は全然疲れてないんです。
列車に乗っていられさえすれば、どこまでも・・・。

現存するループ線には、近所だと、
北陸線上り敦賀-新疋田間,鳩原ループ線
有名なところでは、スイッチバックも伴う、
肥薩線大畑(おこば)ループ線
というのがあります。
あー、東京お台場の「ゆりかもめ」のレインボーブリッジもループ線で高低差を吸収していますねー。

土合駅、昔は駅員さんがいたのです。
降りるとはいえ462段もの階段のために、列車発車10分前に改札を締め切っていたのですから、もー大変!?

以前は谷川岳登山に向かうバスも発着していたようですが、今はひっそりしています。
(^^;)>
2017/12/13 13:52:40
お疲れサマでした(^^)

土合駅は思い出があります

学生時代に友人とスキーに行くことになり、土合駅前が宿でした。
何も知らずに上越線で土合で降り、
「駅がトンネルの中なんて珍しいね〜」 などと話しながら
あ、あそこが出口だね、と照明で明るくなっていた角を曲がった時に
目に飛び込んできたのが、まさにブログの中にあった風景でした。
点になるまで続く階段、手にはスキーとスキーバッグ。。。。。
とりあえず登り(この表現がふさわしい)始めました。
まあ、階段が緩やかなのと5段づつ踊り場になっていたので休みながら登れましたが。
途中のベンチでもしっかり休みました。
宿のおじいさん曰く、だいたいあの辺りでへばるんだとか。
いや〜、いい体験させてもらいました(笑)

あのスキーはいろんな意味で印象深かったです。
ついた日の夜にホテルニュージャパンの火事
次の日が確か羽田の逆噴射事件だったと思います。
コメントへの返答
2017/12/13 16:22:46
どうも~(^^;)>

思い入れのある、路線と駅なのですね!?

実は、小生は土合や湯檜曽に降り立ったことはまだ無いのです。
今回も、上り線をたどったので、新清水トンネルの下り線トンネル駅の各駅停車は、未体験ゾーンのままで・・・。

三セク化されましたが北陸本線には筒石駅というトンネル駅がありまして、ここは上下線が対向するホーム配置。駅舎までは290段の階段を登ります。ここへは行きました。

しかし土合駅の、スキー装備一式で462段とは、とんでもない労力ですねー。
土合駅も、ひと頃は、登山客やスキー客でにぎわっていたのでしょうねー。

あー、そんな大事件が立て続けに起こっていたときだったとは・・・。
<(^^;)
2017/12/13 13:56:01
追加です

敦賀、新疋田間のループは一度敦賀側に顔を出しますよね。
高校の寮からよく見てました。
これも懐かしいです
コメントへの返答
2017/12/13 16:28:02
はいはい(^^)

おー、敦賀にも居られたのですね?

そうです♪
ループトンネルに入ってから約1分半後に、ちょうど小浜線西敦賀駅の上あたりに出ます。
夜の上り「サンダーバード大阪行」は左側座席がお勧めですねー。
鳩原ループでは敦賀市の、湖西線では琵琶湖湖畔の、夜景を楽しめます。
(^^)b
2017/12/14 10:29:02
ああ、上越線、水上は春先にSL撮りにいった楽しい思い出が…。
越後湯沢には数年前家族でスキーに行った際に訪れました。上越国際の時は越後湯沢から在来線に乗換えめちゃくちゃに暖房が効いた115系でスキー場駅に行ったの楽しかったです。2回目はトンネル出口近くのスポーリア湯沢に宿泊、眼下に新幹線のトンネルが口を開けるロケーションが最高でした。深夜、宿の大浴場から在来線を見下ろした時、小雪舞う中を強烈なライト光らせて国境を越えてきたEH200牽引列車を見ることができ何か分かりませんが胸熱でした。帰りの越後湯沢駅で「駅で湯沢庵の立ち食いそばを食べる」と言ったら家族も付き合ってくれました。お店が移転する前だったので店頭にステンのテーブルが並んでいるだけの寒々した環境でしたがそれもまた昭和感にあふれていてよかったかな。
お忙しい中でも楽しむことを忘れない過ごし方は素晴らしいですね。
コメントへの返答
2017/12/14 13:52:29
ああ、上越線・・・。
そうですねー、SL水上。その昔はEF55 1のEL水上も。 どちらも乗ったことはないのですが、2011年NHK特集でC61 20の動態復活が取り上げられ、その最後に上越線を驀進する姿が目に浮かびます。
数年前は115系だったのですね。今年からほぼ完全にE129系に置き換えられてしまったようですね。

越後中里、土合、湯檜曽、水上・・・。いずれの駅も、これまで降り立ったことはありませんが、5,6年ほど前まで、東京方面出張、と言えば、たとえ日帰り扱いでも、自主的に前夜出発して、金沢から寝台特急「北陸」に乗り夜行列車を満喫していました。
越後湯沢から水上までは、午前2~3時の深夜帯通過でしたが、トンネルに入ると屋根までカーブしたB個室ソロ2階窓のロールカーテンを開け室内灯を消し、架線検測車よろしく、トンネルやビームを眺めて独りニヤついていたのでした。

越後湯沢駅は、昔、駅構内の日帰り温泉で酒風呂に入った記憶があるのですが、もうなくなってしまいましたかね・・・。
上越線。なかなか旅情のある、いい路線です。
(^^)b
2017/12/14 19:33:47
朝食は車内販売ですか、良いですね。

使って残そう!車内販売!

自称、『車内販売利用推進委員』なんて勝手に言ってます。今は車内販売ですら少なくなっている時代なので、残って欲しいものです。
コメントへの返答
2017/12/14 21:30:44
あはは、朝食はウチで食べてきましたが、シートバックのメニューに誘われてつい・・。

あー、それ良いですねー!
北陸新幹線の車内販売アテンダントを確保するため、JR西日本の「サンダーバード」や「しらさぎ」の車販は全廃になりました。
在来線の特急は、一部の観光用を除き、いつの間にか車内販売が消えています。

これ、あまり話題にもならないのが不思議なんですよね!?
2017/12/14 23:32:32
まいど。

日本一のモグラ駅がWikipediaからってことは降りなかったんですね。^m^

降りるのは楽だけど、登るのは大変です。
http://minkara.carview.co.jp/userid/712132/blog/30301868/
コメントへの返答
2017/12/14 23:52:26
どうも。

あくまで、出張の合間を縫ってのテツ旅ですから。
アポイントには間に合うように、どこを巡れるか、ギリギリの乗り継ぎパターンを探しているわけです。
土合駅でこの列車を降りると、次の列車は3時間後!?。約束の時間までに桐生には着きません。

フリー旅行で翌日も休みだったら、降りたでしょうけどね。
2017/12/19 11:47:50
お疲れ様です(^^)

いいですね〜鉄旅!
ここのところ、のぞみ旅してませんね〜(^_^;)
コメントへの返答
2017/12/19 17:39:11
どうも~。
10月末から毎週お出かけでしたが、行き先が北関東に偏ってるのが難点・・・。
せっかくなので、あれこれルートを変えながら独り楽しんでおります。
来年はまた、広島、博多方面も「出張で」行きたいところですが、どうなりますか!?
f(;^_^)

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@バツマル下関 さん、昨日4時間かかった岐阜羽島-京都間も、今朝は米原まで何事もなくあっという間!? 昨夜の原因が公表されていないのが気持ち悪いけど…。」
何シテル?   05/25 12:44
マメ柴のLEN吉、本名「レン」 7才です。 クルマでお出かけするのが大好き。 イベントで見掛けたら、声を掛けてください。 (^^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

お願いブログ・109歳の蒸気機関車を甦らせよう!(拡散・協力希望) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/30 19:22:18
AE86純正部品 検索・購入方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/14 08:44:42
純正イエローバルブカバー取付け予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/04 21:45:31

ファン

69 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン AE86LEVIN (トヨタ カローラレビン)
*4年落ちのワンオーナー車を中古で手に入れて28年。 *6年前レストアを決行して内外装を ...
スバル エクシーガ クロスオーバー7 スバル エクシーガ クロスオーバー7
12年間、22万7323kmを走破したトラヴィックの後継車。 「トラヴィックを超えるクル ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤とお買いもの専門の実用車です。 販売期間1998年10月~2012年5月のロングモデ ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
OPEL設計、生産GMタイ工場、販売スバルの国籍不明車。 アウトバーン育ちでメータは22 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.