• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ZEES officialのブログ一覧

2017年03月25日 イイね!

LEXUS325in名古屋港ガーデンふ頭 オフ会

LEXUS325in名古屋港ガーデンふ頭 オフ会おはようございます。

本日はLEXUS325in名古屋港ガーデンふ頭 オフ会に

参加しております。








盛り上がっております。

Posted at 2017/03/25 10:35:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月06日 イイね!

W205 C43AMG 開発!!

W205 C43AMG 開発!!
C43AMGのご依頼が来ました。
当社W205で唯一設定が無かったC43。これでフルラインナップが揃います。
AMGがより安価な新しいセグメントを作り私も興味を持っておりましたので、頑張って良い製品を作りたいと思います。

まずはノーマルマフラーを外しますが・・・車体にピッタリと、本当にクリアランスなくぎりぎりに付いていますので脱着が大変です。
頑張って取り外しました。
ノーマルマフラーを調べてみるとメインパイプ径はかなり太く今の小さいタービンにハイブーストを掛ける仕様で出来ています。しかし車体とのクリアランスの狭い部分はかなり潰されており悲惨な作りです。消音気の容量も大きすぎて排気音がほとんど聞こえません。
これを全て埋めて抜けが良くハイパワーで、心地いい排気音が鳴るようにマフラーを作っていきます。





純正のジョイントを完璧にフィットして結合できるように43AMG専用のジョイントを製作します。




続いてパイピングですがジョイント部は極太の76.3φを使用し左右に振り分けてからは60.5φを使用します。純正と違い綺麗に溶接して振り分けます。また純正は全てが一体で大きくて重い構造ですが当社はメンテナンスに優れた3分割タイプにします。これなら交換も簡単ですよね。





リアピースを外した状態で音量を計測すると、さすがにAMGエンジンだけあって凄く大きな音が鳴り響きます。これでは当社の他のW205のマフラーの様にディフューザーに2本のテールを持って行き4本出しでは作れません。音量が大き過ぎます。
左右1本出しにして出来るだけタイコの全長を長くして消音する必要があります。





タイコ内部構造はTBエンジンのためストレート構造にしてパワーアップを。そして左右のパンチングパイプの合計容量がメインパイプ径の76.3φを少し上回り慣性による吸い出し効果も狙って、究極のパワーアップを目指します。
そして完成!!
取り回しも綺麗で満足なマフラーが出来ました。




そして試乗に出かけます。
はやる気持ちを抑えてエンジン始動!
??音が大きいぞ?これはいけません。この車は国の加速騒音試験を受けて車検対応品で販売するつもりです。もう一度設計を変更して製作し直します。

今度は・・・丁度いいです。適度に低音が響きますが高回転でうるさくなく、これなら試験もクリア出来そうです。
走りも低速から高回転まで全域で一回りパワーアップして気持ちいいです。これならお客様も満足いただけると思います。
今回はリアピースですが今後フロントパイプ、中間ピースも開発して究極のフルマフラーを製作するつもりです。オーナーの皆様、ご期待ください。

価格はリアピースでハーフステンレス198,000円、オールステンレス228,000円です。
Posted at 2017/03/06 02:11:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2017年03月05日 イイね!

GLC43 AMG X253開発!!

GLC43 AMG  X253開発!!GLC43 AMGが入ってきました。
このセグメントにメルセデスは大変力を入れており、本当に種類が豊富です。GLEとはパッと見ても分からないほどでその他クーペも発売しました。どのクラスも完璧に網羅しておりそれだけ市場が大きいという事なのでしょうか?
このGLCはCクラスとは思えない程の大きさで迫力満点です。さらにAMGも新たにより手軽に購入できるエンジンを開発して新しいクラスを導入してきました。
早速各部を見て開発に入りたいと思います。

まずはノーマルマフラー。
3LのV6エンジンを搭載したマフラーとしては異常に太いメインパイプを使用しております。こんなに太いパイプが必要なのでしょうか?上位の63AMGのクラスと共通の作りになっていると思われます。これならばコストも抑えられます。
まずは純正と結合するジョイントを製作します。当社は完全なボルトオン設計です。






セダンと違いトランクルームに相当する部分が無いためにスペースが無く横置きのタイコがセットされています。しかも配管はプロペラシャフト左側を通っていますのでタイコの入りも左側にオフセットして入っております。




これで左右均等に排気量を出してしまうと左側の方が大きな音が出てしまい、開発が難しいです。
当社ではこの車は加速騒音試験を受けて車検対応品で発売するつもりなのでしっかりとこの問題を解決して作っていきます。
ノーマルの様に大きなタイコでは音が全く出ませんので一回り小さく、薄型のタイコを使い悪路でもタイコを刷らないように。また純正とは違いAMGエンジン本来の音を満喫出来る様に。そして当然パワーアップを最優先に製作していきます。
ノーマルよりも出来るだけセンター寄りに排気を入れたいので頑張ってセンター寄りに入り口を持っていきます。半分半分の比率は不可能ですが当社では出来るだけ頑張って4対3の比率で入れました。タイコに入るまでは極太の76.3φパイプを使用しAMGエンジンのハイパワーに対応します。




タイコの内部構造はTBエンジンのため完全にストレート構造で作り、左側と右側タイコの比率通り内部構造も4対3の比率でパンチング径を替えてあります。これで左右とも同じ音量が出ます。更に左右のパンチング径を合計すると76.3φのメインパイプと全く等しい体積容量を緻密に計算して採用し、これで全く抵抗のないプルパワーのマフラーが完成します!

ディフューザーに導くテールパイプ部分はノーマルと違い分割式にしました。
装着のメンテナンスを容易にして、ディフューザーとテールパイプのクリアランスもフランジボルトによって調整できます。




そして完成しました。
大変綺麗に仕上がり満足です。今後どんなにパワーアップしてもそのまま対応出来る容量を併せ持ち中間、フロントとフルセットで交換すればより真価を発揮します。
今後フロントパイプ、中間ピースを開発してフルピースを製作していきますのでユーザーの方、是非ご期待ください。




価格はハーフステンレスが198,000円、オールステンレスが228,000円です。(税別)
Posted at 2017/03/05 16:23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「W205,W213,W213クーペ 4本出しマフラー製作!! http://cvw.jp/b/1996436/42963939/
何シテル?   06/16 09:52
ZEESです。よろしくお願いします。

ユーザー内検索

<< 2017/3 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

超久しぶりのブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/13 05:20:27

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
メルセデスベンツ W212 (Eクラス) 先代の丸みを帯びた形からガラッと変わって角を ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
6.3LNAエンジンからツインTBエンジンへ時代が変化してきており、M157エンジン車を ...
メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
ジースプロジェクトにはメルセデス専用マフラー”シュレンザー”がありましたが、そろそろリニ ...
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
まずボディ剛性が非常に高いです。これには驚きました。 基本であるCクラスのボディがこん ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.