• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けーしゅうのブログ一覧

2017年03月20日 イイね!

中央道 in八ヶ岳🏔

中央道  in八ヶ岳🏔本日は旅行3日目、連休最終日でもあり渋滞回避のために早めの帰路を考え、寄り道せずに中央道で真っ直ぐ帰るかはたまた八ヶ岳に寄り道するか迷いましたが、そこはやはり走り好きの選択は、八ヶ岳に決定です。笑

朝9時にホテルを出発し塩尻北ICから諏訪方面へ。
諏訪SAで小休憩。


諏訪湖をバックに記念撮影


名物の馬肉と牛の串焼きをそれぞれチョイスし食しましたが、焼きたてで旨かったです。


諏訪ICでアウトしR152にて八ヶ岳方面へ。
時間が許せばビーナスラインを走りたかったですが断念し、八ヶ岳高原ラインへ向かう事にします。






K484の快走路で前方を走るホンダS2000に離れないよう付いていくと、S2000が離れようとスピードをあげるため、またスピードを上げての感じで、意識させてしまったかな。笑
八ヶ岳高原ラインへ入り、疲労困憊しているもそこはワインディング、楽しくてついアクセルを踏んでしまいそうになります。
途中のレストハウスで昼食でも取ろうと小休憩。
しかし、ここのレストランの入り口でメニューを見て悩んでいると、レストランの席案内人がツアー客の団体を通すために、「そこ退いて」と発言。

うちらも、客です。
通路を塞いでるわけでもないですし、しかも言い方というものがあるのではないでしょうか?
おばさんの発言に開いた口が塞がりませんでしたww
なので、うちらも「気分悪いからよそ行こ💢」と言って後にしました。
今度八ヶ岳高原ラインを通った際は、支配人に直接物申すつもりなので、怒りを温めておきます。

気分を変えて記念撮影。




清里の清泉寮を経由し道の駅みなみきよさとへ。

ここで悲劇が、、、

ここの道の駅、レストランに近いP4⁈への駐車場への入り口が非常に狭く対向通過が不可です。

詳しい説明は抜きにして、すれ違いの際に対向から来たベンツが引かず(こちらは下りなので、こちらが優先でしょ⁇)
少し頭来たので相手が下がるまで前進したがなおも下がらないので、当ててビックリさせたろうか💢と思い前進し、アクション映画のように本当に当ててしまった自分は極悪非道かも知れません。苦笑

疲労困憊で無かったら下がってたかもしれませんが、早く休憩したかったのでやむ無し。

後日、板金にしようか迷いましたが、保険でドアを新品に交換しました。笑

当たる瞬間に、相手はクラクション鳴らしてないので、警告した事にならず相手の過失も発生するようです。
お互い様と言ったところです。笑

警察を呼び事故証明を取るための手続きをして気を取り直してお昼に。

自分はカツカレー


嫁さんは山菜蕎麦


デザートに一度は食べて見たかった
信玄餅ソフト


最終日の最後に思い掛けないアクシデントありましたが、それを含めても良い経験となりました。

またGWにでも二泊三日くらいで長野に行こうかな♪
Posted at 2017/04/23 20:13:10 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月19日 イイね!

東海北陸自動車道 in白川郷🏔

東海北陸自動車道  in白川郷🏔旅行2日目となる今日は、世界遺産の
「白川郷」へ行くと決めてました!
温泉や山々が大好きなので、岐阜県も昔から訪問、観光したいと強く思っていましたが、関東からだと遠くて長野県までが精一杯でした苦笑
やっと念願が叶って嬉しいのと、ワインディングを走れると思うと早朝から目覚めも良く気分が高まります。

朝はゆっくり目の9時頃にホテルを出発し、白川郷へ向けて東海北陸自動車道を北上します。
北上を続けると、山々が薄っすらと雪化粧に変わり白川郷に着く頃には、辺り一面雪景色になっていました。汗
夏用タイヤのため不安はありましたが、道路は除雪され乾燥路でしたので、ホッとしました。


白川郷ICをアウトし暫くすると、駐車場に入るための大渋滞が始まっていました。
引き返すか並ぶか悩みましたが、滅多に来れない距離なので並ぶ事にしました。
約1時間は並んだでしょうか。
4.2lエンジンはアイドリングでもガソリン喰いまくりで、平均燃費がみるみるうちに低下していきます。
朝から食してなく腹も減った状況でやっと駐車場に入り、まずは急いで腹ごしらえをします。

郷土料理も味わえる定食は、やはり日本人だと痛感する瞬間で堪らなく美味いですね!


さて、腹も満たされ付近を散策します。
流石や世界遺産、連休中もあってかかなりの混雑ぶりですが、風情ある雰囲気がとても癒されます。











白川郷を後にし二番目の目的地である奥飛騨温泉方面に向かいます♨️
途中、標高が上がるとともに雪が舞い散り始め吹雪になりましたが、無事に平湯の森に到着。
おチビちゃんと入浴のためのんびりは出来ませんが、白濁湯が旅の疲れを取ってくれます。


温泉から出ると、辺りはすっかり真っ暗で雪が舞い散るも本日の宿がある塩尻北まで一気に駆け下ります。
さすがクワトロ、雪が降っていても安心してコーナリングへ進入出来ます。
今日の宿泊場所、チサンイン塩尻北インターに20時頃にやっと到着です。

チサンインはリーズナブルで綺麗ですし赤ちゃんプランもあり、宿泊するだけでしたら十分です。


前日の飛騨牛が肉好きに火が付き夕飯は焼肉を食す事にしました。
地元の方々で賑わう焼肉店で、リーズナブルで上質で新鮮な肉が食べれました。
某チェーン店に比べたら遥かにコスパが良いです。
やはり、本場は違いますね!


さあ、朝日はいよいよ最終日の帰宅方面へ。
ドライブルートを考えるのが楽しみです!
Posted at 2017/04/18 21:32:50 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月18日 イイね!

新東名 in愛知🛣

新東名  in愛知🛣◆はじめに
3月18日(土)〜20日(祝)の3日間で、お参りと労いを兼ねて中部・甲信越地方を縦断するプランを立てました。

およその総距離は1.000kmと、マニュアル好きだが実は体力が伴わないとの矛盾も抱えながらの無謀な連日走行に、無事に走り切れるか不安があり、やはり最終日は・・・。
予感的中ではあったが、それを含めても良い経験となりました。

◆新東名縦断へ
数日前から楽しみであり睡眠不足であったものの、見事な晴天の予報で気分も高まります。前日にオイル消費予想分を追加したV8エンジンに3日間走り切って欲しいと願いを込め、まだ鈍いミッションの1速にギヤを抉じ入れスタートです。

旅行最初の目的地は、愛知県犬山市にある大縣神社です。
首都高環状線から3号線を抜け東名高速へ入るルートが自然ですが、3連休であり早くも箱崎JCTから先は渋滞との情報をキャッチし、湾岸線経由で3号線へ抜ける選択をしてスムーズに東名へ入る事が出来ました。

流れの悪い区間が続きますが、八王子JCTを過ぎると減速も無く快適なクルージングとなり、新東名の入口である御殿場目指して気分も高まります。

御殿場より新東名へ入り、一気に車速を上げアウトバーン並の◯km/hを出すも車は至って安定し何事も起きない路面状況に本当ビックリです!
サーキットのように路面は最高速チャレンジする車両が多いのも頷けます。

最初の休憩ポイント、駿河湾沼津SAで小休憩。




左手に伊豆半島と西伊豆を、正面に駿河湾を眺める景色は旅の序章には贅沢過ぎる絶景でした。

さすがや新東名、1◯◯km/hで巡行しあっとゆー間に浜松まで到着です。
浜松SAにてお昼を取る事にし、浜名湖で有名なうなぎを食す予定だったものの、高価過ぎてここはガマン。宇都宮と争う餃子を食べる事にしました。苦笑





新東名から東名へ合流し、インター降りる前の最後の休憩ポイント、守山PAで小休憩。
隣にaudiオールロードが駐車し、実はオーナー様がRS4とツーショットを撮っていたので恥ずかしく、自車へ戻れず後ろで見てました(笑)
よって、オールロードが去ったところで記念撮影。


春日井ICでアウトし、R19から県道にて犬山方面へ約15分程度で本日最初の目的地、「大縣神社」へ到着です。


丁度、梅まつりが開催されており美しい花々を鑑賞する事が出来ました。







ここは、お賽銭を紙に乗せ早く沈むと願い事が早く叶うそうです。
5分位かかりましたが、早いのか遅いのかが分からずですが、無事に沈んでくれたので良しとします。(笑)


参拝、花見と満喫し本日の宿、名鉄ホテルへ。


ベッドもゆとりあって、3人でも窮屈さは感じませんでした。


夕食に、「飛騨牛極みコース」
リーズナブルで、この土地ならではの
贅沢なコースです。




飛騨牛の焼きしゃぶ、肉の甘味が抜群で口の中でとろけます。


飛騨牛の煮付けも最高に柔らかい。


極め付けは、飛騨牛のひつまぶし。
絶品以外の言葉が見つからないです。


最後はデザート。
とても満足するコース内容でした。


さあ、明日は若干、凍結や積雪が心配ですが、世界遺産の「白川郷」、奥飛騨を通り松本まで行きます。
Posted at 2017/03/31 15:37:34 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年03月18日 イイね!

サボリーマンと旅行計画🖌

はじめに。
私、サラリーマンからサボリーマンへ転身した者です。笑

車ネタとは少しズレていますのでご容赦下さい。

◆異動含む人事について
さて、3月も半ばを過ぎ4月から社会人、新しい職場、部署など転換も多いですが、実は私もその内の1人です。

二十数年もの間、会社員にてこれまで大きな転勤は2回と少ない方で、今の部署で4年経ち、実は出世と引き換えに10月から北陸行きの修行を命じられましたがお断りしていたため、しつこく異動話が来そうな予感がしていました。。。

が、案の定、今度は断る理由がない自宅通勤圏内の異動を命じられ止む無く堪忍する事になりました。

今の部署、現場(支社・事業所)とお客様との橋渡し的な存在の本社組織の一部ですが、現場との意思疎通を目的に、2、3年で現場との人事ローテーションをかけるため、現場で使い道がある技術職は何れは何処かの事業所に転勤となる位置付けの部署です。

さすがに、転勤話の2度目は出世話も出ず、まだ現場で働けると言われ、コマ扱いの嫌がらせで単に飛ばされる感じですが、私、出世には興味ないので、着地点としては、まずまずかなと思慮します。笑
ちなみに、来期から横浜支社配下の支店、営業所に転勤になります。

昔は、仕事が出来ると思われ⁈
我ながら入社してから、国家資格、昇級試験と幾つもの試験を全て偶然にも1発合格し、出世も早く期待された人間だったと思われますが、(たぶん 笑)

いかんせん、嫁さんからは曲がった性格と言われるあまのじゃくの割には矛盾し
「曲がった事が嫌い」で、笑

上司におべっかい、お膳立て、酒飲み、ゴルフの接待など社内営業や政治にはウンザリで全くせず、成果を上げるのは業務のみでした。

本来、パワーはお客様へ向けるべきと思いますが、例え仕事をしなくても、出来なくても、社内営業を頑張る人は、上に上がってしまうという事実を目の当たりにしてから、出世に興味は無くなりました。

しかも、過労も重なり暫くモヤモヤしてた頃、
あー、評価対象は仕事ではないんだ。と、
5年前の40歳前後の頃にやっとわかってきました。
それからは、無理したく無いので、配置転換を希望し今の部署に至り、適当に業務をこなし、平日は繁忙期以外はさっさと帰る、土日は家族とマイカーで遊ぶという、ストレスとはほぼ無縁な充実の毎日を過ごしてましたが、私の昔を知る上司達がまた現場へ戻す話をくれるわけです。

本当、いい迷惑です。
定年まで適当に今の部署でやってたかったのに。。。

出世すれば給料上がり退職金も増えますが、
その分、飲みやゴルフなど付き合いで散財もしますし、費用的にはどっちもどっちかなーと思っています。
同期生や下の世代が出世し、業務上対等な会話が出来ないのにジレンマを感じる事はありますが、

出世=人生 ではないと考えています。

昔、たぶん?出世のラインに乗っていた頃から思ってましたが、世の中に幾つもの企業がある中の出世なんて、微々たる地位です。
そんなに自慢したいもの⁈ 自慢出来るもの⁈ ではないと思います。

社長、重役、はたまた市長、知事、官僚や大臣などになれば鼻も高くなる自分が居るような気もしますが、大半は出世しても部長止まりの会社人生です。
そもそも、一企業内の中途半端な地位が欲しい?
もしくは宝くじみたいな確率の重役のポジションを目指しているのか?

イヤイヤ、自分は違います。

自分がもし部長になったとしたら、指示し文句を言い、周りや重役にはうまい言い訳を言う、どこかの政治家達みたいな、仕事をしないのに高給料という、コスパの魅力は感じる事は確かにあります。笑
だが、しかし、お世辞や社内営業し対価として偉くなる? 苦労するだけの対価に全く魅力を感じません。
恐らく自然にお世辞や営業出来て、苦と思わない人が偉くなるのに向いてるのでしょうね。

さらに、自分の出世だけしか考えてない人は必ずや陰口や悪口言われてるはずです。
現に、自分や同僚のペーペー組は面白おかしく使えない上司や政治で上がった人間の悪口を言って楽しんでいます。笑
何言われても高給料、地位が欲しいのか?
時には家族を犠牲にし理解を求め、周りからも妬まれて怨まれて、挙句に自分を殺して時にはウソも言う。

自分の答えは、ノー、となりました。

男性は昔からの文化のためか、地位を気にすると言われますが、戦国武将や戦前の独裁政治の時代なら確かに地位が全てという気がします。
しかし、今の世の中、偉くなっても上には上が必ず存在するし、発言力があるのも一企業の社内だけ。
その為だけに神経すり減らしプライベートを奪われたく無いと思うように進化しました。
自分は進化だと思っています。笑

悪魔の囁きではないですが、責任で押し潰られそうな時、是非、開き直ってみて下さい。
会社が人生では無いと気付く時があると思います。
←誰に言ってるわけでもなく独り言です笑⁈

やる気のあった自分の昔を知る上司や同僚が人事権を利用し再度チャンスを与えてくれた結果が今回の異動になりますが、当然、失望させる事でしょう。笑

新天地でのこれからの生き様も、仕事はマイペースでカーライフを楽しみ、何より家族との時間を大切にしていきます。

前置きが長くなりましたが、読んで頂けて、もし同感される方々がおりましたら幸いです。

楽しかった今の部署ともお別れとなりましたが、家族と自分を労うためにも、今回の旅行を計画しました。

まさかの旅行の最後に、トンデモナイ不運がありましたが、3月18日〜20日の旅行について後日ブログにしていきますので、もし宜しかったらご覧下さい。
Posted at 2017/03/22 18:25:00 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年03月11日 イイね!

雪見ドライブ in赤城山🏔

雪見ドライブ  in赤城山🏔3月11日(土)は赤城山までドライブに行って来ました!

時折南風も吹く陽気もあり春の訪れも感じる今日この頃ですが、またまだ寒い朝の3月、冷え切ったV8に1週間ぶりに火を入れます。
早朝暗い中、まだ辺りは静かですが毎度の事アイドリングが高く咆哮し住宅街の中を気を遣いながらスロー走行し抜けて行きます。

今日は慌てる必要も無くマイペースでR122を北上を試みるも東北道の事故渋滞の煽りを受け、まだ川口付近だというのに大渋滞の有様。すぐさま県道へシフトし渋滞区間を回避し蓮田付近で再びR122へ。

途中、ダンプや地元車両の低速車に道を塞がれつつも無事に赤城山麓まで到着。
先週、伊勢崎で食した焼肉に甘味が脳を過ぎり焼肉店を探し流していると、既に赤城山山頂までのルート入口付近に来てしまい、急遽上手いと評判の蕎麦屋に入る事に。



蕎麦三合と山野盛合せ天ぷらを注文。


蕎麦は地粉を使いコシがあり独特な風味で非常に旨いです。


地元で摘んだ山野、程良い苦味が効いていて
風味があって旨いです。嫁さんお気に入りでむしろ蕎麦より旨いと評判の一押しの品となりました。

腹も満たされ山頂目指して向けて駆け上がります。ラジアルタイヤで上るため、行き当たりばったりの作戦です。


標高が上がるに連れて道路脇の雪も増え、途中コーナーが日陰で凍結にヒヤヒヤするも、さすがやクワトロです。足をすくわれる事もなく山頂へ到着。
山頂の気温は-4℃、東京の真冬以下の気温です。
大沼ではワカサギ釣りを楽しまれている方が多く見受けられ、山あいの雪景色も堪能しながらドライブの目的地、赤城神社へ。






お参りを済ませ厚い氷が張る大沼へ降りてみる事に。
スノーパウダーとはまさにこのことか。
湿気はまるでなく乾いたフワフワの雪です。


上州名物で大好物の焼きまんじゅうを探しに湖畔のお土産物屋に寄るも冬季のせいか、食事のみであり、仕方無く下ることに。


下界に着く頃には先ほどまであった豪雪という位の雪が嘘のように皆無であり、乾いた空気が麓にいる事を気づかせます。

やはり、焼きまんじゅうは食べて置きたいと無性に思い、道の駅へ。
甘く濃厚な味噌が堪らなく旨いですね。


群馬の名物の一つでもある、もつ煮を大量に仕入れて帰路へ。
結局、高速使わずに往復してしまいさすがに疲労でダウンでしたが、3月になってこの冬初の雪見ドライブ堪能しました。

さあ、いよいよ来週は中部地方までドライブです。岐阜、長野の山々を走るのが楽しみです!
Posted at 2017/03/19 01:38:58 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@あすきー さん

これは、年末にしゃも丼食べに行った時の写真だね😋
ここに僕の車が無いのが悔やまれる〜笑」
何シテル?   01/17 19:40
ドライブに行って自然を眺めるのが好きです。 ディズニーが好きで2週間に一度は家族でランドに出没します笑 昔に少しギターにハマり、シェンカーが神だと思って...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/3 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

H&amp;R Sport Sway Bars 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/09 23:50:54
晩秋ドライブ 茨城県他 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/28 08:22:25
【試乗記】 Audi RS4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/09 20:41:24

愛車一覧

アウディ RS4 (セダン) コウシュン号 (アウディ RS4 (セダン))
Audiの外見大人しくて中身は本格的スポーツの「脳ある鷹は爪を隠す」演出もさることながら ...
ホンダ ライフ モアナちゃん (ホンダ ライフ)
妻の愛車です。 フルオプションで可愛い仕様になってます。
BMW 1シリーズ ハッチバック E87ちょっぴり改 (BMW 1シリーズ ハッチバック)
一度はATにと思い、楽ちんでスタイル重視のデートカーとして考え所有した人生初のAT車です ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.