• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒エコのブログ一覧

2016年03月31日 イイね!

七釜温泉 「ゆ~らく館」 の巻

七釜温泉 「ゆ~らく館」 の巻2016年3月31日 木曜日 曇り時々晴れ

今日の日帰り入浴は、大釜と岩風呂の二種類の露天
風呂があり、源泉かけ流しの湯が贅沢に堪能できる
七釜温泉「ゆ~らく館」(兵庫県美方郡新温泉町七釜)

ゆ~らく館では食事が出来ないので、道中にある
浦富海岸島めぐり船のりば の お食事処 “あじろや”
(鳥取県岩美郡岩美町大谷)で早めの昼食予定です。

鳥取市に行くには普通は津山経由で行きますが
今日は美作経由、奈義町でR53に合流するルートを使います。

大雑把にルートは
国道180号線、国道53号線、県道27号線、国道484号線、国道374号線で美作
県道51号線、県道353号線で奈義町へ、そこから国道53号線
鳥取自動車道(智頭IC~鳥取IC)、国道29号線、国道9号線(鳥取バイパス)、
山陰近畿自動車道 大谷ICで降り、地元道で “あじろや”へ

国道178号線、県道47号線、地元道で“七釜温泉”に到着


7時10分 自宅出発

R180、R53、県27は思ったより渋滞はありません
R484、R374も順調

8時25分 毎度の休憩場所、ドライブイン西の屋湯郷店(西の湯温泉)で休憩

R374は相変わらず快走
美作から県51、県353で奈義町を目指しR53に合流
このルートの方が信号が少ないのでストレスがありません。

9時15分 鳥取県に

R53、鳥取自動車道(智頭IC~鳥取IC)、R29、R9鳥取BP、山陰近畿自動車道 大谷ICで降りるまで順調

地元道で浦富海岸島めぐり船のりばを目指しますが食事(あじろや)は11時からなので寄り道を
山陰海岸ジオパークを散策しようと思いますが、予備知識なしなので行き当たりばったりです。
とりあえず網代漁港に車を停め、海の方へ歩いて行くと
案内板があり、それに従って遊歩道を進むと(登るの方が正しい)と


千貫松島

これ以上進むと後に差し支えるので、ここで引き返します。




10時50分 浦富海岸島めぐり船のりば 到着 走行距離 148㎞


あじろやへ




名物 イカ墨カレー 650円を注文



美味しかったです。



11時30分 出発

R178、晴れていたら海岸の景色が素晴らしいでしょう。

11時45分 兵庫県に

浜坂駅を過ぎ、変なT字路を県47へ
最後に地元道


すぐ横では、山陰近畿自動車道の工事をしていました。


12時 ゆ~らく館 到着 走行距離 170㎞

駐車場は他に1台だけです。
やはりこの時間帯が穴場の時間帯です。

受付で500円支払い
(JAF50円引きがあったのを忘れていました、失敗)

再入浴可能、TVのあるホールとタタミ部屋で休憩ができ、
存分に温泉を楽しめそうです。


早速、温泉に

洗い場に一人、今のうちに写真を撮ります。


露天風呂の風景




岩風呂



少し緑ががった色、
湯温を確かめて
一般的な湯温ですが私にとっては熱めです。

遠慮なくかけ湯をして


運転とジオパークで山登りをしたので気持ちがいいです。
疲れが取れます。

源泉の注ぎ口に手をやると湯船より熱く、長くは受けていられません。
辛抱して口に、
特に味も匂いも無いようです。

次は、釜風呂に


ここも源泉が惜しみなく注がれています。

明石釜


釜に手をつけて湯温を確認
岩風呂よりかは若干ですが低く感じられます。



浸かるとお湯が釜からあふれ、これぞ源泉かけ流しの贅沢が味わえます。
注がれているお湯を手に受けると熱い、岩風呂のそれと同じ温度だと思います。
釜なので外気温の関係で冷めるのが早いのでしょうか?
色、味、匂いも同じです。
もちろん塩素臭などありません。

最後は、大浴場(桧風呂)


湯船に手を浸けて湯温を確認
岩風呂と同じで普通の湯温
ここでも源泉が惜しみなく注がれています。
色、味、匂いも同じです。


室内なので余計に熱く感じます。

気が付くと洗い場にいた方はいなくなっています。
貸切状態になりました。


静かにしているとウグイスの鳴き声が聞こえます。



源泉が注がれる音とウグイスの鳴き声を聞きながら優雅なひと時です。

そのうち熱くなってきたので石のベンチで日向ぼっこ、
体が冷えると露天のどちらかに入り、熱くなってくると石の上で冷まします。

爽やかな風が吹いているので、これまた気持ちがいいです。

岩風呂も気持ちがいいですが
やはりここのメインは釜風呂、より気持ちがいいです。

13時を過ぎると入浴客が増えてきて、私を含め3~4人くらいでしょうか。

13時30分ごろ 一旦上がり休憩することにします。

休憩できる所はTVのあるホールとタタミの休憩室、
気持ちは決まっていますが
TVのあるホールへ


やはり寝転がるには不向きです。

タタミの休憩室へ


広くて気兼ねなく寝転がる事ができ、知らぬ間に寝ていました。


14時30分 再入浴

もちろん露天風呂に直行

釜風呂メインに過ごします。

やはり温度が少し低いのでここが過ごしやすいです。

入浴客が増えてきたので

15時30分 そろそろ帰ります。


泉質など







ナトリウム・カルシウム-硫酸塩高温泉(低張性、中性、高温泉)
湧出量/分泉 温加 温循環ろ過塩素系薬剤塩素臭加 水入浴剤飲 泉
720ℓ(掘削、ポンプ揚水)50.4℃なしなしなし
なし
なしなし -

ゆ~らく館のお湯について
引湯の方法は、711.3mの距離をパイプにより行なっています。
加水は一切しておりません。
夜間は貯湯槽に貯湯するため、衛生管理の目的から60℃まで加温をしています。
湯温は、熱交換方式により入浴に最適な温度に調整しています。
浴槽は毎日清掃し、新しい湯を注いでいます。
HPより




帰路も基本は同じ道です。

15時50分 自宅へ出発

R178(山陰近畿自動車道)順調

16時05分 鳥取県に

浦富海岸付近でナビの案内と異なる道路案内標識が
その通り進むと
山陰近畿自動車道 駟馳山(しちやま)バイパス 岩美IC に
2月に岩井温泉を訪れた時にはまだ工事中だったのが全線開通(3/22)です。
R9鳥取BPまでそのまま連結し、また便利になりました。
岩美ICに入るとすぐにトンネル
何となく雰囲気が違います


センターにガードレールが設置してあります。
通常の暫定2車線ではなく、長くこの状態で使用するのでしょうか?

山陰近畿自動車道、R9鳥取BP、R29、鳥取自動車道(鳥取IC~智頭IC)は順調
R53、智頭ICで降りる手前で追いついたタンクローリーが前を走っています。
それなりのスピードで走っているので空荷でしょう。
R53鳥取県側の急な上り坂、ゆずり車線があるので抜きました。
県境のトンネルで4tトラックを先頭に、タンクローリー、乗用車の3台が法定速度で走っています。

17時10分 岡山県に

この先のループ橋を過ぎると追い越し可能区間があるし、途中で美作方面に県51で行くので問題はありません。
ループ橋を通っている時、先程追い抜いたタンクローリーが遠くの方から・・・・・・
まるでスピルバーグの「激突!」です。
ループ橋を過ぎたところの追い越し可能区間は、
対向車とのタイミングが悪く追い越しできません。
来た道とは異なりますが美作・県356の道路案内標識が
前のタンクローリーはその道に入りました。

私は県353と県51で美作を目指しますが、先を走っている4tトラックも県353に
この道も追い越し可能区間がありますが
ここでも対向車とのタイミングが悪く追い越しできません。
途中4tトラックは休憩、自分のペースで走れます。
美作市街に入る手前で前方を走るタンクローリー2台発見
まさかとは思っていましたが、先に県356に入った車と私が1度追い越した車です。
<美作方面に向かうなら県356が正解、勉強になりました>

美作市街からプチ渋滞
湯郷温泉のコンビニに前を走っているタンクローリーが入りました。
R374はそれなりに順調
ドライブイン西の屋湯郷店に2台目のタンクローリーが入りました。

R484へ、順調ですが私は西の屋菊ヶ峠店で休憩
休憩していると2台目のタンクローリーが通り過ぎていくのが見えました。
岡山市街付近に帰るのでしょうか?
岡山市~鳥取市は信号や渋滞の少ないこのルートが正解みたいです、勉強になりました。

R484、県27、R53はそれなりに順調

今日は晩ご飯がないので“すき屋”で夕食
豚丼大盛 480円(基地外が設定した価格)を注文
お暇な方は、すき屋の牛丼と豚丼の価格を比べて下さい。
ついでにYahoo知恵袋も・・・

お腹が一杯いになったので
ガソリン4円/ℓ引きの券が今日までなのでアルトエコを満タンにして帰ります。

19時45分 自宅到着 本日の走行距離   336㎞でした。


本日の感想
 当たり前に“源泉かけ流し”は良いものだ
 お湯が少々熱めだったので1回の入浴時間が短く、浸かったり冷ましたりの繰り返し
 人気施設だけあって入れ替わりで人が来る
 釜の湯船は一人占め出来ない
 タタミの休憩室があるのも嬉しい

本日の支出
 スーパー.................キリン生茶2ℓ...........................................127円
 あじろや..................イカ墨カレー.............................................650円
 ゆ~らく館..............入浴料........................................................500円
 すき屋......................豚丼大盛り...............................................480円
 ...小...計.......................................................................................1,757円
 ガソリン代.............13.02ℓ×@102........................................1,328円(平均燃費計の9掛け25.8㎞/ℓ)
 ...合...計.......................................................................................3,085円
Posted at 2016/04/02 20:35:07 | トラックバック(0) | 温泉(兵庫) | 旅行/地域
2016年03月30日 イイね!

懸賞 「アサヒ ザ・ドリーム」 に当選しました。

懸賞 「アサヒ ザ・ドリーム」 に当選しました。ご無沙汰していた懸賞の当選です。

賞品は

発売記念 コンビニ限定!17万人に当たる!
アサヒ ザ・ドリーム コクキレ実感キャンペーン
『アサヒ ザ・ドリーム』(缶350ml×1本)
引換えクーポン券(コンビニエンスストア限定)



当選者数が半端な人数ではありません。

 170,000人 です。

何人ぐらいが応募しているのか分かりませんが
当選しない方が珍しいのでは・・・・・・

売値で換算すると 170,000本×@223=37,910,000円

原価は約65円~70円
 ※人件費等の諸経費は考えません(NAVERの記事より)

原価だと       170,000本× @70=11,900,000円
 

話がそれました。




これも懸賞の当選ですが自宅には届かないので、



クーポン発行IDを控えて、コンビニに行かねばなりません。



“発券期間”と“引換期間”があるので



早速、サークルKに行ってきました。



Kステーションでクーポン券を発券し、



クーポン券と商品を持ち、



レジで引き換え





西川きよしさんの「小さなことからコツコツと」ではありませんが・・・・・・
Posted at 2016/03/30 17:51:39 | トラックバック(0) | 懸賞 | 日記
2016年03月16日 イイね!

東郷温泉 「湖泉閣 養生館」 の巻

東郷温泉 「湖泉閣 養生館」 の巻 2016年3月16日 水曜日 晴れ時々曇り

良い露天風呂はないものかと探したところ
               案外近くにありました。
東郷温泉「湖泉閣 養生館」
(鳥取県東伯郡湯梨浜町大字引地)
HPには「六千余坪の庭園のほとりにあり、開放的な気分に浸りながら、ゆったりと入浴・・・この上ない贅沢・・・源泉が2ヶ所もあり全てのお風呂が源泉掛け流し・・・」等々
悩ましい言葉が沢山、行かない訳にはなりません。

場所は鳥取の東郷湖畔なのでルートは、津山経由と勝山経由の二通りが思い浮かびます。
同じく“はわい温泉”には津山経由で行ったので今回は勝山経由のルートにします。

国道180号線→国道429号線→県道30号線→国道313号線→国道482号線→国道179号線
→県道22号線→県道29号線で到着します。

7時30分 自宅出発

R429に入るまで通勤渋滞
R429、県30、R313は順調

湯原のコンビニでトイレ休憩

湯原湖の中和トンネルを越えR482で県境を
この道で鳥取県に行くのは初めです。

10時00分 鳥取県へ

整備されていて急カーブはありませんが傾斜がきつく
いまだ路面に塩カルが残っていて白っぽい、積雪時はこの道は避けたいです。

R179は追い越し可能な区間が長く、快走
県22、県29も順調


10時35分 養生館 到着 走行距離 134㎞

宿泊客が帰り支度をしている時間でした。

立派な玄関を入り、日帰り温泉である旨を告げると
「露天風呂は入れますが、あいにく大浴場は清掃中で1時頃なら入れます・・・・・・」と
「せっかく遠く(岡山)から来たので露天風呂だけでも入ります」と返すと
「1時頃まで露天風呂でゆっくりと寛いでそれから大浴場へ行かれたら・・・・・・」
もちろん露天風呂でゆっくりくつろぐつもりで来ているのでこれで気兼ねなく長居出来ます。

入浴料800円、露天風呂と展望大浴場の両方に入浴可能です。

露天風呂と大浴場が分かるところまで案内してくれました。
老舗旅館なので増築の繰り返し、館内図だけでは迷うかも知れません。

露天風呂は庭にあるので草履に履き替えます。

露天風呂を覗いて見ると、
湯船は大と小があり一人ずつ入浴中
脱衣籠に浴衣があるので宿泊の方でしょう。
時間は十分あるので庭を散策、
手入れが行き届いていて綺麗です。


天気が良いので、庭と湖を見ているだけでも風情があり気持ちが和みます。




待ちに待った露天風呂へ


先程のおじさん二人はまだ入っています。
用意をしていると一人が上がりました。
湯船の大きい方が空きました。


源泉が注がれ、湯船の淵から溢れています。
湯温は普通、
遠慮なく掛け湯をして

絶好の露天風呂日和、



体はポカポカ、爽やかな風が吹いているので頭はひんやりと誠に心地良いです。

注ぎ口に手をやってみると
熱い、熱くて手で受ける事が出来ません。

湯船の湯を匂ってみると
ほのかに温泉の香りが(相変わらず勉強不足)します。
口に含むと微かな塩味、
塩化物泉とあったのでもっと塩辛いと思っていたので肩すかしです。

おじさんは小さい方で浸かりっぱなしでくつろいでいます。
丁度、岩が壁になって、お互いは見えません。

静かで源泉の注がれる音しかしません。

湯船の淵を枕に仰向けに寝たり、うつ伏せに寝たり自由です。

体が熱くなると風呂椅子に座ったり、湯船の淵に腰掛けたり、
ひんやりした風が吹いているので心地良いです。

11時30分頃 おじさんがこちらの湯船(大)に来ました。

「むこう(小)の温度は違うんですか?」と聞くと
「こっち(大)は42~43度位、むこう(小)は40度位です・・・・・・」と

今度は私が小さい方に浸かります。

やはりぬるめなので長く浸かれそうです。

注ぎ口に手をやってみると、

思ったより熱いです。
こちらは我慢出来ないこともないですが・・・

湯船のお湯をすくって確認すると、匂いも味も同じでした。

ぬるめなので長湯が出来ます。
おじさんが浸かりっぱなしだったのがわかります。

12時頃 おじさんが帰るようです。

「どっちが好きですか?」と聞かれたので
「ぬるめの方です。丁度良い湯かげんです」と答えると
おじさんは常連らしく
「私が来る時は普段よりぬるめにしてもらっています」と嬉しそうに言って帰りました。


今のうちに写真を

石のカエルが写ったのを撮ろうとしましたが上手くいきません、
皆さんの写真の様に上手に納まりません。

(調べてみたらカエルの向きが反対、悪戯された?)

淵を枕にじっとしていると注ぎ口からの音が子守唄替わりになって眠たくなります。

時間が経つのを忘れてしまう程心地良い露天風呂

ここは紛れもなく私にとって天国です。

12時30分頃 曇って青空がなくなったと同時に風も冷たく感じるようになりました。

貸切状態なので誰にも遠慮なしに寒くなったら大へ、熱くなったら小へ移動


13時20分頃  
これ以上ここにいると本当に寝てしましそうなので名残惜しいですが
そろそろ大浴場へ行こうと思い着替えます。
しかし、着替え終わったら、もう大浴場はどうでよくなりました。
(写真だけでも撮っておけば良かった、失敗)


泉質など



ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 (低張性 弱アルカリ性 高温泉)
湧出量/分泉 温加 温循環ろ過塩素系薬剤塩素臭加 水入浴剤飲 泉
  69.7℃なしなしあり
なし
なしなし不可






おまけ








まだ早い時間なので帰りのルートはどうしようかと思いましたが、往路と同じ道で帰ります。

13時40分 自宅へ出発

県29、県22からR179へ
R179、米田町を過ぎると前の車が早いので快走
その車はR179を私はR482に
R482は上りでカーブの連続、単独なのでハイペース(燃費ガタ落ち)

14時10分 岡山県に

県境を越えるとR482は平たんに

R313に入ると通行車両が増えペースダウン、それなりに快走

お腹が減ったので県30に入る前に“すき屋”で遅い昼食

県30、R429、R180順調

16時50分 自宅到着 本日の走行距離  268㎞でした。


本日の感想
 素晴らしい環境の露天風呂
 贅沢な気持ちになれた
 気分爽快、また一つお気に入りの場所が出来た
 塩化物泉だが薄いので夏でも良いかも
 食事処がないが旅館なのでしょうがない

本日の支出
 スーパー..................綾鷹2ℓ.......................................................138円
 コンビニ....................菓子パン2個...........................................225円
 養生館.....................入浴料........................................................800円
 すき屋......................牛丼大盛り...............................................470円
 ...小...計.......................................................................................1,633円
 ガソリン代..............11.12ℓ×@96..........................................1,068円(24.1㎞/ℓ)平均燃費計の9掛け
 ...合...計........................................................................................2,701円
Posted at 2016/03/22 12:03:29 | トラックバック(0) | 温泉(鳥取) | 旅行/地域
2016年03月01日 イイね!

たかの温泉 「神之瀬の湯」 の巻

たかの温泉 「神之瀬の湯」 の巻2016年3月1日 火曜日 晴れ (山間部は雪)

今シーズンラストの冬タイヤ仕様で雪見の露天風呂を計画
広島と島根の県境付近に良さそうな所が見つかりました。
たかの温泉 「神之瀬の湯」 (広島県庄原市高野町新市)
“かんのせ”と読みます。
それに中国やまなみ街道(中国横断自動車道 尾道松江線)が全線開通しているので通しで走っても見たいです。
(もちろん無料区間)

ルートは井原、府中経由で行きます。
県道270号線、国道486号線、中国やまなみ街道 尾道北ICから高野ICまでを通り
県道39号線を少し走れば到着します。

2月29日は、毎年(毎回)天気が荒れるとTVで言っていましたが本当に荒れました。
道路情報を確認すると、その影響で中国やまなみ街道は冬用タイヤ規制がかかっていました。
エアロ付ローダウン車(車検対応ですが)にとって天敵のわだちが無いことを祈ります。


7時50分 自宅出発

予定より遅い出発になったので通勤渋滞にかかるかも・・・・・・
抜け道を通り県270で総社まで、思ったほど渋滞なし
R486は順調、井原を目指します。
途中からR313と重複区間

9時20分 広島県に

渋滞に合う前にコンビニで休憩
新市から府中は渋滞覚悟
しかし、あっ気なく通過

尾道北ICに入る前、冬用タイヤのチェックあり
入った途端、道路には雪はありませんが降っています。
流れは順調
ハイペース過ぎ、燃費ガタ落ち
新しく開通した所でナビがりルートを繰り返します。

口和ICで二度目の冬用タイヤチェック
ちなみに、君田温泉はここで降りると近いです。
随分便利になりました。

対向車には雪が積もったものもちらほら見かけます。
松江自動車道 最高地点付近がどうなっているのか心配です。


路肩の雪は多くなりましたが路面にはありません。

ひとまず安心

高野ICを降りて

道の駅 たかの で休憩

鶏のから揚げが美味しそうだったので昼食代わりにテイクアウト 350円
車内で食べようとしたら、
「温かくない」と言うか「冷たい」の方が正しいかも
保温ショーケースには温かそうな明かりがついていたのに・・・・・・
気持ちの持ちようで
「口の中をヤケドしなくてすむ」良かった?

県39は除雪してアスファルトが見えますが、所々に天敵のわだちがあり
こうなったら、雪の塊が無い事を祈るのみです。

目的地に近づいた所で
ナビが細い道に入れと案内します。
神之瀬の湯のHPに「福祉保健センターの後ろで、ちょっとわかりずらい場所に建っています」
とあったのを思い出し、信じて行きます。

ヤバそう、
途中から除雪なし、
この先道路があるのか分かりません、
雪中行軍はしたくないのでおとなしく引き返します。
県道をもう少し先まで進んでみます。
ナビ上の目的地はすぐそこなのに
風景全体が白くてわかりません。
人に聞こうにも人はいません。
少し引き返したら、案内看板がありました。
ナビを見ていて気が付かなかったのか、間が悪い。


11時50分 神之瀬の湯 到着 走行距離157㎞
駐車場に車は3台、1台が帰るところでした。


受付で350円支払い
入浴券に「再入浴不可」と印刷があり


温泉へ


先客がいると思いましたが誰もいないようです。


浴室に入った途端、塩素の臭いが
(温泉の成分?、私には塩素臭)

掛け湯して、入ります。


無色透明、湯温は普通、やはり塩素の臭いがします。
塩素の臭いが鼻から離れません。



源泉口から湯は出ていません。
浴槽からのオーバーフローもありません。
塩素殺菌の循環ろ過、源泉の継ぎ足しなし?

浴槽の底は成分が付着して色が変わっているのに・・・・・・

こんな張り紙も




露天風呂へ



さすがに寒い、足の裏も冷たいです。

湯温を確かめて湯船に



塀の中の松と灯篭の雪景色

狭いですが雪見の露天風呂

この施設も塀が高く外の景色は見えません。

極楽気分、天国です。

こちらも、無色透明、湯温は普通、塩素の臭いはします。

源泉口から



やはり、湯は出てなく、浴槽からのオーバーフローもありません。
塩素殺菌の循環ろ過、源泉の継ぎ足しなし?


なんということでしょう、

浴槽の岩や底は



成分が付着して乳白色になっているのに・・・・・・

勇気を持って口に含んでみると、プールの味でした。

室内と違い塩素臭が充満していないので露天の方が良いです。

体が熱くなってきたら岩に腰掛けてといきたいところですが
お湯を掛けてもすぐに冷たくなります。
誰もいないことをいいことに



気持ちがいいです。

何度か室内にも行きましたが、やはり露天風呂の方が良いです。

一人でのんびり貸切状態が長く続きました。
途中、一人来られましたが露天には来ず、15分くらいで帰りました。

1時間半ぐらいたった頃、次のお客さんが
そろそろ上がり時かな

13時30分 十分堪能したので上がります。


泉質など





ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性 中性 低温泉)
湧出量/分泉 温加 温循環ろ過塩素系薬剤塩素臭加 水入浴剤飲 泉
34ℓ(動力揚水)25.0℃ありありあり
あり
なしなし不可

 「たかの温泉では、源泉のみを加温し、資源保護のため、循環濾過器を使用しています。
また、衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。」HPより


おまけ


露天風呂の外は銀世界




帰路は県39→中国やまなみ街道 高野ICから尾道北IC→R486は同じ
神辺(福山)で国道182号線、国道2号線を通る笠岡経由で帰ります。


13時45分 自宅へ出発

県39のわだちはなくなりました。
中国やまなみ街道 高野ICから乗り
流れはスムーズ
口和IC下り車線での冬用タイヤチェックはやっていません
流れはスムーズ

世羅IC辺りで先頭がノロノロ運転の隊列に参加
(暫定2車線なので追い越し車線なし)
カーブやトンネルで極端なスピードダウン
そんなに雪が怖いのなら今日は運転するな!

その先頭車両が尾道北ICで降りました。
運悪く、府中方面の車線にいます。
R486ですぐ後ろに付くことに、
メリハリのない運転、車間距離を空けてついていきますが
カーブで予想以上のブレーキング
カーブで停車するの?
あおるつもりがなくてもあおることになります。
免許証を返納した方がよいのでは?
幸い4㎞ぐらい走って別れました。

府中から新市の流れが非常に悪い
朝はすんなりと通れたのに
信号が多い上にタイミングも悪いと思う
神辺でR182に、
順調、次はR2へ
R2もそれなりに順調

15時50分 岡山県に

高梁川大橋手前、船穂の合流は毎度の渋滞
平成31年度完成予定、早く完成してほしいものです。
ここを抜ければBPの流れ、快調
早島IC付近からプチ渋滞に

小腹が減ったのでうどんを食べて帰ります。

17時30分 自宅到着 本日の走行距離 317㎞でした。


本日の感想
 雄大な景色は見えなかったが雪見の露天風呂は良いものだ
 ほぼ貸切状態、くつろげた
 自宅に帰ったら手の指がしっとり、つるつるにこの温泉の成分のおかげ(3/4も持続中)
 泉質は良さそうなのに源泉の継ぎ足しがない?
 塩素系殺菌と循環ろ過の悪いパターンにオーバーフローなしがとっても残念
 中国やまなみ街道のおかげで、この方面なら片道200㎞の壁も超えられるかも・・・・・・

本日の支出
 スーパー.................................贅沢冷茶2ℓ.................................138円
 コンビニ...................................菓子パン2個...............................223円
 道の駅 たかの.....................鶏のから揚げ.............................350円
 神之瀬の湯...........................入浴料...........................................350円
 はなまるうどん.....................おろししょうゆ(中)....................300円
 ...小...計..........................................................................................1,361円
 ガソリン代..............................12.73ℓ×@93.............................1,184円(24.9㎞/ℓ)
 ...合...計...........................................................................................2,545円
Posted at 2016/03/04 15:36:38 | トラックバック(0) | 温泉(広島) | 旅行/地域

プロフィール

最近は “車いじり” より岡山市内から一般道路で行ける “ お一人様日帰り温泉 ” の方が好きになっています。 年間 12湯以上 (月1湯以上)が目標です。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラスポーツハイブリッド トヨタ カローラスポーツハイブリッド
CAROLLA SPORT HYBRID G“Z” カミさんが運転する車、“いじれない”
スズキ アルトエコ スズキ アルトエコ
通勤用 スズキ アルトエコ ですが、お一人様日帰り温泉でも重宝するようになりました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.