• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2018年08月18日 イイね!

ミシュラン・エナジーセイバープラスのインプレッション

グレイスのタイヤをミシュラン・エナジーセイバープラスに履き替えたのでそのインプレッション(感想文)を書いてみましょう。
まず私の購入したタイヤは185/60R15 88H XL(エクストラロード)。
グレイスに限らずですがフィットのタイヤは外側が片減りしやすいため、街中で見るフィットは一様にタイヤの外側が偏摩耗しています。
それならば剛性に優れたタイヤが適しているのではないかとミシュランを選んだ訳ですが、その中でも耐荷重能力の高いエクストラロード品ならばさらに剛性に優れているのでないのか?

もちろんタイヤ剛性を気にしてミシュランを選んだ訳ですが、ストーリーは今考えたもので実際には銘柄とタイヤサイズだけ見て買ったらエクストラロード品だったというよくある話です。
タイヤの耐荷重能力は純正より下げてはいけませんが上げる分には一切問題ありませんので、これはこれで良いかなと。
エクストラロード品という事でスタンダードロード品より少し重いかもしれませんが。


直前まで履いていたヨコハマ・ブルーアース(BA)とミシュラン・エナジーセイバープラス(EP)の比較はこんな感じ。
ドライバビリティ BA << EP
インフォメーション BA < EP
ドライグリップ BA << EP
ウェットグリップ BA << EP
ハイドロ性能 BA = EP
快適性能 BA <<< EP
という事で全部ミシュランの方が上です。


ドライバビリティ
とにかく走りが軽い。
燃費スペシャルタイヤであるブルーアースはアクセルを軽く踏み込むとスルスルと前に出て大変に軽いと思っていましたが、エナジーセイバープラスははそれより軽い。
加速が軽いのでアクセル開度が少なくなって、巡行が楽になっています。

ハンドり切り始めのレスポンスは若干穏やかですが、そこから先のコントロール性能は素晴らしいの一言。
地面にネットリと張り付いているかのように滑らかに向きを変え、ハンドルを操作した通りにクルマが動くという当たり前の挙動をしてくれます。
タイヤ自体のグリップもあるのでハンドリングが楽しいですね。
これを知ってしまうとブルーアースがまるで多角形コーナリングしていたみたい。

また直進安定性は流石ミシュラン。
高速道路を走行していても、横風で他の背の高いクルマが煽られるような状況でもビシっとまっすぐ走ります。
いや、ビシっとまっすぐというと少し違いますね。
ピレリは外乱が発生しようがビシっとまっすぐ走るタイヤですが、ミシュランはそもそも外乱に対して鈍感。
外乱が発生しようが緩やかにいなし、あたかも外乱が無いかのように走れる感じですね。


インフォメーション
エナジーセイバープラスは路面状況がしっかりはっきり分かり、まるで素手で路面を触っているかの如し。
乾いていても濡れていても路面状況がはっきりと分かり、路面があれているのか整っているかもはっきりと分かります。
タイヤの限界も分かりやすいのでスポーティな走りも楽しむ事ができますし、限界を超えても破綻が緩やかなため復帰は容易。

エナジーセイバープラスで驚いた事は、ロードインフォメーションが大変分かりやすいのですが変な振動もありませんしロードノイズも静かなのです。
雑味を除いた路面状況だけをドライバーに伝えてくれる感じで、どんな路面であろうと安心してハンドルを握ることができます。


ドライグリップ
絶対ドライグリップはエコロジータイヤですので大した事はありません。
絶対グリップは期待値の8割程度といった感じで、少し無茶をすれば簡単に限界を超えます。
しかしながら路面状況が的確に分かる事と限界を超えても挙動が穏やかな事から復帰は大変に容易。

時速100キロからのフルブレーキングでは多少ABSが効きながらググっと止まりますが、これはブレーキパッドがカーボンメタルのためである可能性が高く、ノーマルブレーキではABSが動かないかもしれません。
普通に走っていて破綻する事は考えにくいレベルのグリップです。


ウェットグリップ
ウェットと言えばピレリのウェットグリップが素晴らしいですが、ミシュランも同じくウェットに強いタイヤです。
高速道路であろうと峠道であろうとドライとウェットのグリップ変化が極めて少なく、安心してアクセル踏めます。

またタイヤが185幅と細い事もあってハイドロ性能も極めて高く、川のようになっている高速道路でも余裕で走る事ができます。


快適性能
タイヤ履き替えの一番の理由となっていた快適性能ですが、迷っていた国産プレミアムタイヤにしなくて良かったかもしれないと思う程快適です。
乗り心地は大変に良く、道路の細かいうねりなどをスッスッと軽くいなしながら走っている感じで道路が平らであると錯覚してしまいます。
段差の乗り超え軽くいなす感じで、キャビンに伝わる振動はミニマム。

また静粛性においても大変に優れており、無音で走れる区間が大幅に増えました。
ロードノイズが発生する路面もあるのですが、これまでより圧倒的に静か。
高速道路走行においてもロードノイズはあまり大きくならず、普通のトーンで会話ができます。


総評
ミシュラン・エナジーセイバープラスは一般道、高速道路問わずクルマが思い通りに動くのでもっともっと遠くへ走りたくなるタイヤです。
ミシュラン・エナジーセイバープラスのおかげでインプレッサに乗っていた頃に感じていた、一般道をゆっくり流すだけで楽しいと感じる運転する喜びを思い出すことができました。
このタイヤにしてからスピードを出すことも無くなりましたし、攻めて走ろうと思う気持ちも薄くなりました。
だって、普通に運転するだけで楽しいですから。

本当、ミシュラン・エナジーセイバープラスを選んで良かった。
Posted at 2018/08/18 20:58:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2018年08月05日 イイね!

グレイスのタイヤ交換(ミシュラン・エナジーセイバープラス)

グレイスのタイヤ交換(ミシュラン・エナジーセイバープラス)グレイスのタイヤを溝もフィーリングも限界だったヨコハマ・ブルーアースから交換しました。
銘柄はミシュラン・エナジーセイバープラス 185/60R15 88H ExtraLoad。
正直今回は相当に悩みました。
ブルーアースのノイズと乗り心地の悪さに辟易していたため、乗り心地とノイズを最優先すべきか。
それとも基本性能を重視するか。

しかし天の声なのか当初想定していた静粛性と乗り心地を重視したプレミアムタイヤはメーカー直営店では品切れ。
新潟県内どこにもタイヤが無く、諦める事になりました。
別の店では大幅に予算オーバーで却下。
そこで第二候補だった「尖った性能はないが基本性能が高いタイヤ」を選ぶ事に。
それがミシュラン・エナジーセイバープラス。
買ってからエクストラロードと気が付きましたが、そこは些細な問題。

ミシュランタイヤの利点はどこでも手に入る入手性の高さですので、いつものタイヤショップで簡単に185/60R15サイズを発見。
価格も予算内に完全に収まりますが、タイヤを目の前にしてかなり悩みました。
果たしてロードノイズは改善されるのか。
直進安定性は改善されるのか。
グリップは問題ないのか。
乗り心地は改善されるのか。
しかしフリードに装着したミシュラン・エナジーセイバーの良さを思い出して決断。


結果は…。
ミシュラン最高ですよ。
最初からエナジーセイバーを選んでおけば良かったんだ。

燃費を最重視したブルーアースは走りが軽い事が特徴でしたが、エナジーセイバープラスはさらに走りが軽い。
いつもより少ないアクセル開度でクルマが前に出ます。
クルマがまっすぐ走ろうとするので物凄く運転が楽。
ロードインフォメーションもたっぷりで、良い路面であっても路面状況がはっきりと分かる。
乗り心地は非常に良く、道路の段差を避ける必要が無くなりました。
小さなうねりや段差はタイヤが吸収してくれるので、タイヤが良く動いているのが分かります。
とにかくタイヤが丸いと感じる滑らかさで、どこまでも走って行けるかのような安心感とリラックスできる乗り心地。
タイヤが良く動いているのですね。
ロードノイズはどこかへ行きました。
荒れた路面でもとても静かで今までのストレスは何だったのだろうと思う程。
ハンドリングは特に良くなり、今までのハンドリングが多角形コーナリングに感じる程滑らかでしっとりとタイヤが地面に張り付いていることが分かります。

慣らし運転の段階でこれほどの性能改善が見込めました。
185/60R15サイズにプライマシーが無いのか、使ってみて理由がわかりました。
プライマシーなんていらないんです。
エナジーセイバーで十二分の快適性能があります。

しなやかで滑らかで、ドライバーの意思通りにクルマが動く。
ミシュラン・エナジーセイバーは言い訳の無い基本性能に優れたタイヤです。


セダンの性格として乗り心地の良さ、静粛性の高さを持ちながら運動性能に優れるというものがありますが、ミシュラン・エナジーセイバーを選ぶ事で今まで以上にグレイスがセダンらしい性格になりました。
本当、ミシュランを選んで良かった。
Posted at 2018/08/05 17:52:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2018年07月16日 イイね!

ヨコハマ・ブルーアースの不満

結論から言うとタイヤ変えたいんですけどね。

ブルーアースはグレイス標準タイヤだけあって、グレイスとの相性は相当に良いです。
ハンドリングもエコロジータイヤという事を理解すれば文句ないレベルですし、グリップも要求グリップの60%くらいは発揮しています。
ウェットグリップとウェットインフォメーションが大変に良好なのはポイント高いですね。
ハイブリッドカーに恐らく一番求められる燃費も、どんなコンディションでもリッター20を切らないくらい非常に良い。

以前ブログで書いたタイヤ剛性も、グレイスにぴったり。
少しグレイスの方が勝っています。
具体的にはコーナリングで左右両輪が鳴きますが、場合によっては外輪だけが鳴く事があります。
しかしながら内輪が鳴いた事がないので、ブルーアースのタイヤ剛性よりグレイスのボディ剛性が勝っている事になります。
もしかするとVSAによる疑似LSDが発動してくれているのかもしれませんが。
グレイス用ストラットタワーバーもないですし、最後までグレイスのボディ剛性はこのままで行くしかなさそうです。


ブルーアースはハンドリングが良くて燃費が良いタイヤですので、普通に街乗りして遠乗りをあまりしないのであれば問題は感じにくいかと。


何が問題かと言えば直進安定性、乗り心地、あと静粛性ですね。
直進安定性はエコノミータイヤとしては頑張っていると思います。
ミシュランやピレリと比較しても6割から7割くらいと思える直進安定性で、高速道路走行していてもハンドル修正が多いものの不安になるレベルではありません。
しかしエコノミータイヤでも高速道路をビシっとまっすぐ走るタイヤを知っている身としては、エコノミータイヤだろうが直進安定性に言い訳しないでほしい。
直進安定性はタイヤとして一番重要な性能だと思うのですよ。

乗り心地についてはガツンガツンと衝撃を伝える乗り心地は正直好みではありませんし、剛性低いのにタイヤがあまり動かないのかコーナリングで飛ぶような挙動を示します。
グレイスのサスペンションはフロント1.9キロと相当に柔らかいものを使用しており、別銘柄タイヤでは乗り心地が大変に優秀ですのでこれはタイヤの問題。

静粛性に関しては、燃費を最重視した結果軽視したのかなと感じるレベル。
ピレリよりうるさいとか相当ですよ?
一般道走行では気になりませんが、高速度域になると一気に「ガーッ!」とうるさくなります。
高速道路では流れを無視して時速80キロで走りたくなるレベル。
エコノミータイヤなのである程度妥協しなければいけないポイントはあるのでしょうが、あまりに軽視し過ぎではないのかな…。


基本的にセダンって快適に長距離を走るクルマという性格じゃなかったっけ?
インプレッサみたいにセダンなのにスポーティな車もありますが、結局インプレッサも長距離を快適に走れました。
グレイスはフィット比で防音材を増やしたりガラス厚を増して静粛性を上げたり液体封入ブッシュで乗り心地改善しているといってもタイヤがこれでは…。
ならば初期装着タイヤは旧世代のDNAデシベルとか、静粛性重視の銘柄が良かったのではないのかなァ…。
何よりも謎なのは快適性と燃費を売りにするクルマに16インチの旧世代スポーツタイヤを装着してきた事ですが。

やっぱり初期装着タイヤは履き替え前提なのかな。


という事で。
グレイスのタイヤ履き替えを検討中。
ネタに走るのはやめて、本気のタイヤを選ぼう。

と、峠道を走ってサイドがガリガリ削れたタイヤを見て思ったのでした。
残り溝4.2mmだから今シーズンで終わるので、それまで待つか?今すぐ動くか?悩みますね。
Posted at 2018/07/16 07:09:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2018年05月04日 イイね!

人生初の買い物、グレイス用新品アルミホイール

インプレッサやレガシィという車はファミリーカーでありながら、クルマ好き度合が強い方が乗る車と感じています。
そのため自動車メーカー純正オプションも社外メーカーからのカスタムパーツもたくさん出ていますし、中古部品だってたくさん出ています。

しかしフィットは同じファミリーカーでも道具としての度合いが強く、「乗れれば良い」であるとか「動けば良い」と思う方が多く乗られている印象が強いです。
もちろんみんカラやられている程にクルマ好きの方もおられますが。


何が言いたいかというと、フィット用の中古部品ってほとんど流通していないんですよ。
当初はTE37のホワイトを探していましたが、TE37どころか純正の15インチホイールでも全然見つからない。
しかもTE37やCE28は基本的にスポーツ走行を前提に考えられているので純正オフセット(+50から+53)の商品が無いですし。
純正ホイールは程度が悪かったりデザインが普通なものは多少出てきますが、フィット用ホイールを1本見つける間にスバル用ホイールは10本くらい簡単に見つかります。
しかもスバル用って社外品も多いですしスバル純正ホイールってデザイン良いんですよ。


そろそろ見つからないものを探していても仕方がないので、新品ホイールを買う事にしました。
実は乗用車用ホイールの新品を買うのは人生初。
先にも書きましたようにインプレッサとレガシィのホイールは共通な上に、クルマ好きの方が多くホイール交換も普通に行われているため選択肢が非常に豊富でしたので中古でも簡単にホイールが見つかったからです。
ランサーの時はサマーもウインターも純正ホイールでしたのでホイール選択は一切悩みませんでした。


写真1

モノはフジコーポレーションのオリジナルブランド、ブランドルライン・カルッシャー。
15インチ、リム幅6J、オフセット50、PCD100という完璧にフィット・アクア用のサイズ。

このホイールはフローフォーミング製法らしい。
安いのにそこまでやるか…。
これにより公称重量5.8Kgのホイール重量を実現しています。
今まで装着していたインサイト純正ホイールが8.3Kg/本でしたので、2.5Kg/本の軽量化になります。
つまり10Kg/一台の軽量化に成功したという事になりますね。
正直今回は軽量化は二の次で、とりあえず白いホイールが欲しかったので嬉しい誤算になります。

もちろんハブリングも同時購入。
ハブリングが無い時のグニャリ感は本当に嫌なものですし、ハブリングを装着しないとハブボルト折れる恐れもあるため大変に危険。
特に負荷のかかる走行をする心当たりがある私は必ず社外ホイールにはハブリングを装着します。


写真2

装着してみた感じ、やはりホンダ車のホイールはホワイトが似合います。
フリードにもホワイトホイール装着したいですが、その前にミシュラン・エナジーセイバーを使い切らねば。
驚異的な寿命を誇るエナジーセイバーを使い切れる日は来るのでしょうか。


写真3

ホイールにタイヤを組み付けたら約100Kmの距離を時速80Km/h以下でナラシ走行するのは鉄則。
その間は急加速、急ハンドル、急ブレーキは緊急時を除いて厳禁。

120Kmほどナラシ走行したので、トルクレンチで増し締め。
1本だけ少しのゆるみがありました。


写真4

そして空気圧を適正空気圧に補充。
コンプレッサーを購入したおかげでエア補充が恐ろしく楽になっています。

これで走る準備は万端。


そもそも、インサイト純正ホイールに感じていた不満点は二つ。
1.白くない
白くない事とデザインは買い替える以外に変更方法がありません。
塗り替えても良いのですが、それに何万円も出せるかというと新品買った方が良いと思ってしまいます。

2.ホイール幅が5.5J
ホイール幅が狭いためかエコロジータイヤのブルーアースが剛性フニャフニャな為かは分かりませんが、現状ハンドリングレスポンスが良くありません。
そのためもう少しハンドリングのレスポンスを良くしたいと思っていました。
タイヤ買い替えるのが一番簡単ではありますが、ホイールが原因の場合は改善効果が薄い可能性があります。
ちなみにグレイスの純正ホイール幅は15インチ、16インチ共に6.0J。
17インチホイールは7.0Jとなっています。
迷ったら純正戻しという事で、今回は6.0Jを選択しました。


結果的にホイールは白くなりましたし、慣らし運転の段階でも明らかにハンドリングレスポンスが良くなっていました。
5.5Jと6Jって約1割も幅が違いますから、変化がわかりやすいのかもしれません。
ナラシも終わった事ですし、どこかドライブに出かけて新しいホイールの実力を見てみたいですねェ。
Posted at 2018/05/04 17:18:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記
2018年04月14日 イイね!

アルミホイールを探す日。

今日はドライブへは行かず、街中を物色していました。
今日は長岡市にある中古自動車用品店をフラついていましたが、良いホイールを発見。
しかしオフセット44の上幅が7J…。
適合表の上ではアウトでした。
純正ホイールも6Jホイールでオフセット53だから無理だろうな…。

一応グレイスもホンダ純正アクセサリとして17インチの7Jホイールはあります。
しかしそれはオフセット55。
グレイスに7Jホイールを入れるにはオフセット55くらいが適任なんだろうな。


中古自動車用品店のもうひとつは個人経営のお店で、最近の中古部品の傾向についてお話が出来ました。

最近は中古ホイールと言っても社外ホイールを選ぶ人は少なく、純正流用が多いとの事。
さらに純正でも鉄ホイールが増えているため、アルミホイールで色々なデザインを選ぶというのは難しいという事でした。
理由としては鉄ホイールも軽量になってきているためと、ホイールカバーによる空気抵抗低減効果が見込めるからとの事。
今回めぼしいホイールはあったのですが、確実にハミ出るために見送りとなりました…。

それでもいつ何が入ってくるのか分からないのが中古屋なので、気軽に立ち寄って欲しいと見送ってくれました。


インプレッサの時は純正ホイール流用がかなり自由でしたが、グレイスになってから純正ホイールすら見かけない理由は鉄ホイールの普及なのかな…。
確かに最近のホイールキャップってアルミホイールっぽい見た目ですね。


ましてや私が捜しているのは15インチホイール。
軽乗用車ですら純正で16インチホイールを装着している時代には、時代遅れな選択肢なのかもしれませんね。


しかしいつ何が出てくるかわからないのが中古品の良いトコロ。
地道に探すとしましょう。
理想は新品BBSなんですけどね(笑
新品かァ…。
Posted at 2018/04/14 21:09:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイヤ・ホイール | 日記

プロフィール

「自宅でエンジンオイル交換できるって素晴らしい。」
何シテル?   08/19 08:13
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 クルマは...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

バッテリー充電 (H29.12.20) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/20 18:51:56

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
39 人のお友達がいます
nao0218nao0218 * モモトトモモトト
中2の夏休み中2の夏休み れありすれありす
すぎさん@さんらいずすぎさん@さんらいず ともすばともすば

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 マニュアルミッションで電子制御の無いインプレッサからトラクシ ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.