• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ペンタゴン7のブログ一覧

2018年01月13日 イイね!

フリードの車検整備(4回目)

気が付けばフリードも8年目が終わろうとし、9年目に突入しようとしています。
走行距離は約11万キロで、今年中に12万キロに到達するかな。
嫁が新顔のグレイスを気に入ったために遠出はほぼグレイスに頼る事になり、フリードの走行距離の伸びは控えめになりました。
今後も子連れの場合はフリードで出掛けますし、リフレッシュと基本整備で維持る事になりそう。
…今更ながらリアスポ付けたい。


そんなフリードの整備項目は次の通り。
・エンジンオイル交換(ホンダ ウルトラLEO 0W-20)
・エンジンオイルフィルタ交換(ホンダ純正)
・ブレーキフルード交換(ホンダ純正)
・エアコンフィルタ交換(ホンダ純正)
・エアクリーナーエレメント交換(ホンダ純正)
・トランスミッションオイル交換(HMMF)
・ワイパーブレード交換・フロント左右、リア(ディーラーお任せ)
一般的な消耗品交換だけで、メカ的な整備は必要無いとの事。

流石日本車。
8年11万キロ走行しているのに、まだ故障箇所が無い。
ただ、最近は段差等でボディの緩さを実感するようになったかな…。
これは開口部の大きいミニバンなので仕方ない。


事前に指摘されていたエンジンオイル滲み。
エンジンオイルが滲んだり漏れたりするのはオイルが入っている証拠…ではありますが、実際には滲みは確認できなかったとの事。
結局様子見で終わりました。

一番ダメなのはバッテリー。
出力44%では、エンパイア自動車製もここまでか…。
今回はミドルレンジの製品に交換しよう。

まだまだフリードとは付き合う事になります。
細かい不具合も少しづつ出て来るでしょうが、出来る限り付き合いたいですね。


車検の合間にゼストのバンパー破損も修理。
結局取り付け部品(スペーサー)の破損だけでしたので、工賃込み4千円で済みました。
相手は自然ですので、この程度で済んで良かった。
何しろゼスト整備の合間にもフロントスポイラーが半分外れていたりバンパー破損したスポーツタイプのホンダ車がぞろそろとディーラーに入ってきていましたから…。
シビックRのフロントバンパー交換(スポイラー込み)とか、請求金額が怖いなー。
とは言え修理には保険使うでしょうし、相手が自然なので保険使っても等級そのままでしょうが。

ゼストは今年で終わりのピレリ・アイスアシンメトリコがアイスグリップ落ちていると実感しています。
代車のN-ONEに装着していた新品のブリヂストン・アイスパートナー体感した後だからかもしれませんが。
やっぱりブリヂストンはアイス最重視だけあってアイスグリップが素晴らしいです。
しかしアイスグリップが一番良かったのはミシュランだったという意外性。
ミシュラン使う前はブリヂストンよりアイスグリップが下だと勝手に決め付けていたけれど、良い意味で裏切られました。
もちろんクルマが違うので単純比較は出来ませんけど、同じコンディションの同じ道を走ってみてそう感じました。


営業と話をしましたが、やはり雪の上り坂ではVSA(電子制御)が誤作動して登らなくなるそうです。
その場合はVSA切ってSモードにするのが正解だそうで、私の対処はどうやら教科書通りの対処だったらしい。
こればかりはFFなので仕方がありませんね。
とりあえず対処法を知っておけば何とかなりますので、聞いておいて良かったかな。

…そう言えば、もうグレイスが1万キロを走行したって言ったら営業が驚いていたな。
これから暖かくなれば道の駅巡りやレトロ自販機巡りが本格化するから、走行距離はもっと伸びるよ?
Posted at 2018/01/13 20:27:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリード | 日記
2017年06月25日 イイね!

フリードのタイヤコウカーン

最近はやる事が多すぎて色々動けない状況が続いています。
まったく…面倒臭いね。


とはいえ一つ一つこなしていかねばなりませんが、ようやくピンチカットと思われる原因で高速走行時振動が発生するフリードのタイヤを交換しました。
これで高速道路が走れます。
タイヤの写真を忘れましたが、銘柄はミシュラン・エナジーセイバープラス 195/55R16 87V。
私がフリードのタイヤに求める性能、すなわちウェットグリップ、高速直進安定性、ハンドリングを満たしつつ経年劣化耐性が高く耐摩耗性が高い銘柄、メーカー。
そんなタイヤを選べば自然とミシュランになります。


写真1

そして今回は純正サイズの15インチホイールからインチアップ。
16インチホイールを用意したのは当時フリードの直進安定性が非常に悪い時期でして、何とかならないかとインチアップを計画していたんですね。
結局サスペンションのリフレッシュで直りましたが、ホイールは余ってしまいました。
今回16インチホイールは転がっているし15インチ鉄ホイールはサビて破棄した…という事で16インチホイールの出番。


写真2

装着してみると、なんだか存在感あります。
フィットRS純正のホイールで、オフセットはフリード純正から3mm引っ込んだ53mmですのでディーラーからも車検OKとの事。
無限の16インチホイールと同じスペックですので、これで通らないはずもないんですけどね。
成り行きとは言えフリードのタイヤも速度規格V(240Km/h)になって高速走行性能も上がりましたし、高速道路走行向けのデバイスも取り付ける予定。
これでどこまででも行けるようになります。
…雀の涙ほどの賞与が出てからの話ですが。


ミシュラン・エナジーでイバーはまだ50Km程度の慣らしの段階なので無理は一切できませんが、走ってみると明らかに乗り心地が良い。
ピレリよりクッション効いている感じ。
それでいて恐ろしく転がり、ハンドリングも素直。
早く慣らし運転を終えて走りに行きたいですねェ。
Posted at 2017/06/25 19:53:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリード | 日記
2017年05月20日 イイね!

サングラスホルダーの装着

写真1

16インチホイールの引き取り手を探していたら、知人が欲しいと言うので譲る事になりました。
プリウスに装着するらしい。
そういえばプレマシーにレガシィホイール装着しているのを見た事ありますし、意外とPCD 100の5穴ってあるんだな。

「プリウスは移動の道具として最高だけど、またスポーツカー乗りたいね」だそうなので、トランザで少しでもハンドリング良くなると良いけれど。
ついでに静かになるはず。

お返しにフリードに装着できる17インチホイール有るけど?と言われましたが、フリードに17インチねぇ…。
少し考えさせてほしいという事で保留。


写真2

ところで今までフリードのサングラスは運転席右側ハンドル横のココに入れていましたが、どう見てもドリンクホルダー。
サングラス置き場ではありません。


写真3

コメリを物色していたら、サングラスホルダーなるものを発見。
どうやらサンバイザーに付けるクリップのようです。


写真4

装着はこんな感じ。
これで今までサングラスが刺さっていたドリンクホルダーが、本来の用途として使えるようになったという訳です。


写真5

間違った使い方。
取扱説明書読まなかったらこうなったのは内緒。

このクリップ、フリードで調子がよかったらインプレッサにも導入してみよう。


しかしサングラスホルダーって普通付いているものと思っていましたが、インプレッサにもフリードにも付いていません。
長距離を良く走るクルマなのだから、特にインプレッサはサングラスホルダーくらい標準装備していて欲しいです。
Posted at 2017/05/20 15:55:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | フリード | 日記
2017年03月24日 イイね!

フリードのタイヤをサマータイヤに交換

写真1

来週一週間の天気予報から雪が消えましたし、そろそろ3月も終わるのでフリードのタイヤをスタッドレスタイヤからサマータイヤへ交換です。
今シーズンでお役御免になる予定のCINTURATO P1 VERDE。
大変に良いタイヤでリピートしたいくらいです。


写真2

そして今年でお役御免になったスタッドレスタイヤ。
流石に4シーズン目ともなるとウェットグリップの低下が気になりましたが、なんとか冬を乗り切りました。
異物系スタッドレスタイヤですので、アイスグリップやスノーグリップは変化なかったのですけどね。

4シーズン使用してフロントタイヤ6.5mm、リアタイヤ7.5mmという残り溝からもフリードの冬季走行距離の少なさが伺えます。

まだ溝がありますが、勿体無いとは思いません。
グリップしないタイヤで事故を起こせば、ワンシーズンタイヤ交換しなかったことで浮く費用なんて帳消しどころか大損ですから。

8年使用のスチールホイールもサビてきましたし、ホイールごとお役御免です。


写真3

そしてエンジンオイル交換距離でしたので、ついでにエンジンオイル交換。
今回は謎のDASHオイルです。
ちょい乗りした感じ、普通の鉱物油かな?

これからクーラーの性能的にフリードの出番が増えます。
今年は子供も退院した事ですし色々なところに行きたいですね。
Posted at 2017/03/24 20:36:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | フリード | 日記
2017年01月08日 イイね!

フリード10万キロ超過

写真1

今日は子供が苔玉を作りたいと言うので新潟県立自然科学館へ。
インプレッサは作業中で動かせないのでフリードでGO!
その駐車場で…ついに99,999Kmに。


写真2

帰路、フリードの走行距離が10万キロを超過しました。
一昔前は10万キロ超えたら廃車と言われた時代があったそうですが、フリードは全然故障の気配もなく好調そのもの。
ホンダということで懸念していたボディの劣化も、追突されてフレーム修正しているにも関わらず全然感じません。
ホンダはボディが弱いとは都市伝説だったのか、今のボディが世界基準で良くなっているのか分かりませんが、嬉しい誤算です。

もちろん10万キロ走行した事を理由に手放す気はありません。
ナビもケータイナビが使えるようにしましたし、まだまだフリードも走ります。
10万キロで必要になるであろうポイントは既に修理してありますし、特に今後故障するであろう箇所も見当たらず。

来シーズンはホイールのインチアップと冬ホイールのアルミホイール化を計画していますが、改造箇所はそのくらいかな?
できればオートクルーズ付けたいかな。

という事でフリードとは8年間と長い付き合いになってしまっていますが、まだまだ乗ります。
正直、買った当初はここまで乗るとは思っていませんでした。
フリードは何というか、刺激は少ないけれど地味に仕事をしてくれる感じ。
アクセルを離したらきちんと減速を始めますし(ここ凄く重要)、パワーが欲しい時やエンジンブレーキが欲しい時にはSモードを使用すればエンジン回転が上がりますし、Lモードなら割と強力なエンジンブレーキが効きます。
CVTでエンジンブレーキはミッション痛めるとか聞きますが、躊躇なく回転数を上げる運転でも今のところ不調なし。
欲を言えばマニュアルモードがほしいけれど、前進ポジションがD、S、Lの三段階あるので悪くはありません。

Dレンジしかない上に、ブレーキペダルを折れるんじゃないかと思う程踏み込んでもブレーキが全然効かないクルマとかありますから…。

ミニバンという意味ではフリード以外に魅力的な車が無いので、そういった意味での乗り換え先もありません。
全損事故を起こしてしまったら新型フリードに乗り換えるくらいの積極性ですね。


写真3

そしてオートバックスにて、合格祈願にネオバとアイスガード消しゴムを購入。
スーツも新調したし、良い会社に巡り会えると良いけれど。


あ、そうだ。
ケータイナビといえばGoogleMAPを使用しているのですが、途中テザリング設定を忘れているのに気が付きました。
でもマップは動いている…?

動作検証した所、ルート検索ではインターネットに接続しますが、ナビ中はインターネットに接続しないみたいです。
地図がアプリの中に入っているのかな?


今回は恐らく、自宅無線LANが最初のルート検索時につながっていたからルート検索できたのかなと考えられます。

でもオフライン状態では恐らくルート変更もしないでしょうし、常にインターネットに接続しているのが良いとは思います。

ソフトウェアってこういう「普通やらねーだろ」という使い方をすると思わぬ機能見つけたりしますよね。
Posted at 2017/01/08 18:43:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | フリード | 日記

プロフィール

「自宅でエンジンオイル交換できるって素晴らしい。」
何シテル?   08/19 08:13
ドライブが好きで、ふらりふらりとあちこちに出かけています。 特にダムや道の駅といった単語に反応します。 最近はレトロ自販機もちらほらと。 クルマは...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

バッテリー充電 (H29.12.20) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/20 18:51:56

お友達

色々とクルマの話をしましょう。
ただ、一度も交流が無いのにいきなりの申請はお断りします。
39 人のお友達がいます
nao0218nao0218 * モモトトモモトト
中2の夏休み中2の夏休み れありすれありす
すぎさん@さんらいずすぎさん@さんらいず ともすばともすば

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
人生初のハイブリッドカー。 マニュアルミッションで電子制御の無いインプレッサからトラクシ ...
ホンダ フリード フリードリヒ (ホンダ フリード)
家族用に購入したミニバン。 色々な競合と比較するまでもなく、先行カタログの時点で購入を半 ...
ホンダ ゼスト ホンダ ゼスト
完全に短距離のみを走るために導入。 軽乗用車なのにタコメーターが付いているとかヤル気満々 ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
小細工に頼らず、基本性能をしっかりと作り込む事により安全性と運転の楽しみを追求する、今の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.