• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月11日

冷却系統で思う事…

春がやって来てどんどん気温も
上がって来ております!!

GW時期になればかなり気温も上がり
暑い日も続き始める( ´△`)

VM/VAの水温、油温が気になる季節の
到来です(笑)
しかし本当にVM/VAの水温、油温は
高いのか??

確か100度近い水温に山道走れば油温も
ウナギ登り(笑)
しかしラジエターキャップで圧が
掛けられ沸点は高くなりオイルも
130度を超えて始めて急激な劣化が
始まります。

ちなみにラジエターファンは102度付近から
全開で動きだします。

常に水温、油温が高い状態ですか??

FAエンジンだけでなく最近の設計のエンジンは
水温、油温は高めで推移する様に設計されて
います。
これによりシリンダー内の不燃物の減少等を
目指しています。
またエンジン内部のパーツクリアランスも
油温が高くなる事を前提に組まれています
ので油温が低いと細かい部分までオイルが回り
難くなりパーツの寿命を縮めかねません。

油温が直ぐに100度超えるので冷却不足とは
実は言えないのです!!
実際は必要十分な状態なのです。

しかし贅沢を言えば
水温は90度付近で安定して油温は85度〜95度
くらいで安定させたいです。
そうすれば山道を走っても油温が100度付近まで
上がるだけなので…

そこで冷却系統の強化になりますが
個人的な考えでは冷却系統の要は水だと
考えています。

放熱性、吸熱性の高いクーラントを使用するだけでも油温に多少の影響が出るくらい変わります。

余裕があればラジエターを大きくしてクーラントを良い物を使用する。
ラジエター交換の際に注意が必要なのはラジエターの厚みです。

社外ラジエターで多いのは36mm〜42mmですが
42mmは必要ありません!
42mmの方がラジエター内のクーラント量も増えて表面積も増えるので冷えそうですが…

厚みのせいで空気の抜けが悪くなりラジエターフィン部で熱が篭り易いのです。
空気の抜け等のバランスを考慮すると36mmが
ベストだと考えます。

またローテンプサーモは必要ありません。
下手にローテンプサーモを入れると水温が
低くなり過ぎてECUの補正が入ってしまうから
です。
それでもサーモの開弁温度を下げたい場合は
VM/VA純正サーモは90度全開ですがBRZ純正サーモが2度だけ低い88度全開なのでこちらを
お薦めします。

自分の車両ではダクトがいっぱい開いてるので
参考にならないかもですが…
アルミ2層式ラジエター36mmにBRZ純正サーモと
高効率クーラントで88度〜91度で安定しています。

油温もしっかり管理するならオイルクーラーですが水冷式と空冷式があります。
ステージを選ばないのであれば水冷式オイルクーラーが油量もさほど増えずまたクーラントとの熱交換ですので油温が適正な温度で推移して管理はしやすいです。

サーキットでの走行でも110度付近までしか上がらないのでお薦めです!

また空冷式オイルクーラーは油量は1L近く増量しますが水冷式にはない冷却性能があります。
水冷式では一度上がった油温はなかなか下がりませんが空冷式は走行風さえあれば下がります。

しかし適正な油温に管理しようとすればサーモスタッドか必要ですし場合によっては季節により
コアを塞ぐ等の処理が必要になります。

そしてオイル交換の際にはコアとパイピング内のオイルは抜けないので常に古いオイルが残ってしまうのでオイル交換サイクルは早めにしないといけません。

自分はサーキット走行での性能を求めたので
水冷式から空冷式に換装してますが…

管理がし易い水冷式オイルクーラーがお薦めアイテムです。
ラジエターの強化に水冷式オイルクーラーがベストな冷却系統の強化ではないでしょうか…

ちなみに水冷式オイルクーラーは最近のスポーツカーやレーシングカーでも採用されています。
これは空冷式オイルクーラーをラジエター前に置く事を嫌うのとバンパーに更にダクトを設けてバンパーの空力性能を落とさない為です。
ブログ一覧
Posted at 2018/04/11 06:48:04

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

DSGオイルクーラー取り付けしまし ...
ヤギちゃんr32&GTI@I401さん

水冷オイルクーラーキット特報
トップフューエルさん

WRX S4 クーリング対策 まとめ
黒金山都さん

ワイドラジエター
トップフューエルさん

FT86 KOUKI シェイクダウ ...
てらってぃ~さん

S660水冷オイルクーラー SQV
トップフューエルさん

この記事へのコメント

2018/04/11 07:24:48
おはようございます
さすがに街中では100度を超えませんよね?(^^)
読んでいてふと気になったのですが水温管理ってラジエター前(エンジン直後)?それとも後?FA20の純正はどこでセンシングしているのでしょう?ご存知でしたら(*゚▽゚)ノ
コメントへの返答
2018/04/11 07:38:59
街中でも渋滞路等では上がる可能性は
ありますよ!!
水温は102度付近でファン全開なんで
直ぐに下がりますが…

水温を管理する場合は1番はラジエターアッパータンク付近で温度を取るのが良いです。
純正ではエンジン〜ラジエターの間にセンサーがあります。
2018/04/11 15:45:45
なんで純正がそういう設計になってるのか?
を追究せずに、何でも純正はダメダメみたいなパーツやチューニングが多いのには、うんざりしますね。

オイルも固くすればいいってもんじゃないのに・・・

使うステージ、チューニング内容に応じたチョイスが必要なんですが。

コメントへの返答
2018/04/11 15:57:12
そうですね( ´△`)
メーカー側の謳い文句もそうですが
ちゃんとした理論に基づくチューニングを
してない方が多く感じます。

オイルも無闇に硬くしてたり…
直ぐに強化スタビライザー入れたり
とか〜8

自分は10w-50を入れてますが
これは吸排気にECUと触っているので
この粘度を選択してますが…

個人的には5w-50で10w-40より
硬く10w-50より柔らかい粘度を
選択したいですが選択肢がほとんどない
です( ´△`)
2018/04/14 00:13:40
オイルクーラー、自分のサーキット行く頻度(年1~2回冬季のみ)なら水冷式でもよかったなと少し後悔しています。空冷式の冷却性能は申し分ないのですが(^^;)
空冷式だとオイルの交換スパンが速まるんですね。構造のことまで考えてもいませんでした。自分はオイル交換は距離に関係なく半年に一回ペースですがまずいですかね??

冷却水の話もケースによりけりなんですね。自分が2月に鈴鹿走ったときは、極寒だったので、ラジエーターとクーラントがノーマルでも水温95℃にも達しませんでした。下手くそで全然踏めていないのもありますが(笑)

今後のメインは鈴鹿にしているので水温関係はそのままとして、普段使いで油温を上げる方法は教えていただいた方法を次の冬までに考えてみようと思います。


コメントへの返答
2018/04/14 16:03:46
自分も水冷式のままで良かったかな(笑)
と思う事が良くあります!

鈴鹿をメインになんですね( ・∇・)
自分も鈴鹿です!

鈴鹿はストレートが長いので一気に冷えますね( ̄▽ ̄)

ラジエターの理想はアルミ36mm厚の一層ラジエターが理想ですね…
一層だとラジエター内の流量が増えて流速は遅くなるので熱交換の効率はかなり良いので(笑)

DRLが開発してる水冷式オイルクーラー内蔵ラジエターが販売されたら水冷式に戻すかもです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「最近、ライトウェイトモデルへの
箱替え衝動が…」
何シテル?   10/13 20:04
バイク事故で下半身麻痺でチェアウォーカー(車イスユーザー)ですので操作は両手だけで行なっています。 元々は2輪でレース活動(ラリーやEDレース、モトクロス) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

オートレベライザー光軸調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/02 19:38:51

お友達

気軽に絡んでください!

お友達はいつでもウェルカムです!
98 人のお友達がいます
トモンチトモンチ * まおうアニキまおうアニキ *
ぎるでぃぎるでぃ * ソニックプラスセンター新潟 たかぷソニックプラスセンター新潟 たかぷ *みんカラ公認
洗車場の絆@姫路洗車場の絆@姫路 * まさ ひろまさ ひろ *

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
レヴォーグ2.0GT-Sに乗ってます。 車イスなので手動運転装置を装着してます! コン ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.