• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リットマンのブログ一覧

2018年08月14日 イイね!

カメレオンテ2 一部仕様変更

カメレオンテ2 一部仕様変更この時期は早朝サイクリングが気持ちが良いものです(^^


さてさて、


以前からサイクリングに関して懸案事項がありまして、、、



ルートや乗り方次第ではあるんですが、酷い時には10kmも走らない内に坐骨が痛み始めまして・・・。


まぁ自転車のあるある話ですよね(^^;


この坐骨の痛みのせいで、今までなかなかロングライドに踏み切れずにいた訳であります。

坐骨を痛めると2~3日痛みが続くんですよね。


「お前さんの乗り方がいけないんじゃないの?」

と、自転車マニアの方々から突っ込まれそうですが(笑)



ポタリングで周りを眺めながら程々の速度で走っているので、自分で考えている以上にどっしりサドルに腰かけて乗っているのかもしれません。

これまでにもサドルの位置を変えたり角度を変えてみたり、段差があればお尻を浮かしてみたりと試してみたんですが、なかなか上手く解決せずにいました。


パッド付のレーシングパンツにでも履けば直ぐに解決するんでしょうが、至って普段着で気軽にサイクリングを楽しみたい派なので、今回別の方法を試みてみました。


それはやはり サドルの交換!



で、選んでみたのが、




GORIX  GX-C19 (ホワイト&チェレステ)

色々と調べましたら、どうもこのサドルがお尻に優しそうだったので。

まぁあとはデザインと色ですかね。 お値段もお安め。


因みに重量を測ると、





334g


これまで使用してきた、フィジーク アリアンテ デルタ の重量は、





267g


67g重くなっちゃいましたが、今回のGORIXの方が明らかに柔らかのでお尻には優しそう!?



そして、こちらは気分転換でペダルも換えてみました。






ビアンキ純正品 FLAT PEDAL A 


236g


これまで使用してきた、TIOGA シュア―フットミニ





206g


ペダル交換で30g増!


サドルとペダル交換で97g重くなっちゃいましたが、その分自分の軽量化に努めます(笑)。



交換後、初めて今朝20km弱のサイクリングに出かけて来まして、

交換したサドルとペダルの具合をメインに確かめて来ました。


20km弱と短い距離でしたが、

以前はこの位の距離でも坐骨の痛みの兆候が少なからずあった訳ですが、今回はその兆候すらなく快適に乗る事が出来ました!

クロスバイクでポタリングメインならば、軽さではなくこの様なクッション性を重視したコンフォート系サドルの方がいいのかもしれませんね。

ペダルの方は踏み面が若干大きくなったのもあり、漕ぐ力がより伝わり易くなった様な気がします。


この仕様で、いつの日か50km以上のロングライドにチャレンジしてみたいと思います。








Posted at 2018/08/14 10:00:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2018年06月03日 イイね!

2018 6/3 久しぶりにサイクリングで

2018 6/3 久しぶりにサイクリングでふと考えてみると、

FN2が納車されてからというもの、サイクリングに出かける事がメッキリ少なくなりまして(^^;

「サイクリングに出かけたいっ!」って日に限って天候が悪かったりで延期に延期を重ね、

気が付けば1年半乗っていませんでした・・・・・(汗)。





で、本日久し振りにサイクリングに出かけて来たんですが、ちゃんと目的地がありまして、


  松本市市制110周年記念・松本市美術館開館15周年記念


  草間彌生  ALL ABOUT MY LOVE


  
松本市出身の現代芸術画家 草間彌生さんの大展覧会を、松本市を挙げて市美術館で開催中なんですね。

開催中にこれは観に行かねばならぬと奮起(!)、駐車場の件もあったりでサイクリングがてら行ってみようかと。





行きがてら途中松本城へ。

先日、某池の水を抜く番組内で、ロン○ーの方が「松本城のお堀の水抜きたい!」と言っていましたね。

某番組の企画で採用になりますかねぇ~?

何年か前に市で本丸のお堀の水はヘドロ対策だかで抜いた記憶がありますが。




女鳥羽川。




縄手通り。




中町。




池上彰さんの御実家(?)前を通過して、




10時開館頃には松本市美術館に到着。

御覧の様に、美術館外装も展覧会に合わせてお色直しです。

それにしても、この時点で美術館駐車場は満車状態!  あ~自転車で来てヨカッタなぁ~。








巨大なオブジェが名刺代わりにとお出迎え、振り向けば自動販売機まで草間彌生ワールド全開!


そして、館内で展覧会を観て来ましたが、

物静かな館内では草間彌生さんの作品の数々に感心し圧倒されっぱなし。

今まで御本人の事をあまり存じ上げませんでしたが、幼少から現在に至るまでの作品を通して独特な世界観に魅入られ、改めて同じ松本市民として誇りに思った次第です。

興味がある方が是非行ってみて下さい。

7/22(日)までとなっています。






その後は、昨年オープンしたイオンモール松本へ。

何となく寄ってみたくなり、特に買う物も無く3Fをブラブラ歩いていましたらまさかの偶然で長居になってしまったりで(^^;




イオンモール内にも草間彌生さんのオブジェが飾ってありました。




気軽に街中走れますし、偶にはこんな自転車日和を楽しむのも良いものですよね。





おまけ








展覧会のグッズ売り場行きましたら、記念グッズ、限定グッズ色々とありましたが、

中でもこのYAYOIちゃん人形が人気ナンバー1だとか!?

ついつい釣られて買ってきましたが、

売り切れになる日もあるとの情報もあり、皆さんとても興味が御有りの様で(笑)。


Posted at 2018/06/03 16:27:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2015年09月05日 イイね!

カメレオンテ2 残りのコンポをアップグレード

カメレオンテ2 残りのコンポをアップグレード久し振りの自転車ネタです。



2年前に購入してから少しずつ私の好みに合うモディファイをしてきたビアンキ・カメレオンテ2。

昨年に大物コンポであるクランク&BBをシマノのMTBコンポXT(FC-M171)に換え、Ⅴブレーキも以前乗っていたMTBのもの(旧XTR)を流用して付け替えていました。

これでコンポ系は暫く一段落として乗っていましたが、、、






やっぱり残りのコンポも換えてみたいっ!



まだ手付かずのシフター&ディレーラーの変速機がメインですね。



現在のリア8速を、主流であるリア10速化が最大の目的になります。


シマノのMTB系トレッキングバイク用コンポに狙いを定め、値段と性能との兼ね合いで中級コンポのDEOREに決定。


現在のALTUSも大きな不満はありませんが、そんな初級コンポのALTUSと中級コンポのDEOREとの「差」がどれくらいのものなのか、とても興味が出てきます。



専用工具を所持していないのもあり、今回も近所のバイクランチさんで購入と取り付けを依頼しました。



今回は軽量化よりは操作感を主にと考えてますが、そこはやっぱり気になるパーツの重さ(^^;


取り付ける前に重さを測ってみて、外したALTUSとの差は以下の通りです。 御参考に。




■ シフター





上がALTUS、下がDEORE (SL-T610-L)。


ワイヤーの有無も多少影響あるんでしょうが、シフターはDEOREの方が重いとは!?

予想外の約30g強重量化・・・(笑)   

確かにDEOREの方が一回り大きくてゴツイ。 10速対応だからなのかな。



■ リアディレーラー






上がALTUS、下がDEORE (RD-T610-SGS-L)。

殆んど変わらないが約15gの軽量化。

デザイン的にカッコいいですね、DEOREは(^^


■ フロントディレーラー






上がALTUS、下がDEORE (FD-T611-L)。

おぉ~まさかの50g軽量化!

フロントディレーラーでこれだけの差があるとは意外です。



■ チェーン







上がALTUS、下がXT (CN-HG95)。

チェーンはDEOREではなく、ちょっと奮発してXTのものにしてみました。

10速に対応したナロータイプなので薄いですね、ビニール袋の有無もありますが約30gの軽量化。



■ スプロケット







上がALTUS(CS-HG51-8)、下が105 (CS-5700)。

そうなんです、こちらもDEOREではなくロードコンポの105にしてみました(^^

11-30Tの8速から、11-28Tの10速へ。

XTのチェーンホイール(48-36-26)に交換してから、平地30km/h巡航だとアウターを早い段階で使い切ってしまう事が多くなり、その帳尻合わせ(?)もあり、DEOREには設定がないロード用105のスプロケにしてみました。

これでスピードの伸びにもちょっと期待!?(笑)

歯数が違うのもありますが、2枚枚数が多い105の方が軽いという約36gの軽量化。



■ ブレーキレバー






上がALTUS(BL-M421)、下がDEORE(BL-T611-L)。


うーん、予想に反して約36gの重量化。。。

その分クオリティが上がっているのなら良しとしますか。




今回のメニューはこれで以上となりますが、


軽量化に関しましては、殆んど軽くなっていませんね(笑)



しかし、


ALTUSからDEOREへのアップグレードによる操作感の向上は期待できるはずです!


アップグレードしてからはまだ乗れてませんが楽しみですね~。


また追々アップしてみたいと思います。




Posted at 2015/09/05 11:28:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2014年05月21日 イイね!

カメレオンテ2 軽量化計画 その③

カメレオンテ2 軽量化計画 その③カメレオンテ2の軽量化計画はまだ続いております(^^;

今回は、

自転車のパーツの中では比較的重量があるクランク(チェーンホイール)の交換をしました。

この部分は走りに直結する重さや歯数云々と同じくらい、デザインも大事なパーツになってきます。


そんな訳で、

ついにコンポーネンツにも手を出してしまった私でありますが(笑)、

コンポーネンツといえば、ここはやはり信頼性の面から考えても日本が誇るシマノで決まりでしょうと!



そのシマノの中には、

有り難い事にクロスバイクに適したトレッキングモデルなる専用のコンポがリリースされています。

MTB用コンポの中に何種類かあるのですが、

  大雑把に言えば


   ■ XT


   ■ LX

   ■ DEORE

   の、3種のグレードに分かれます。


  コンポのグレードとしましては

     XT > LX > DEORE

   グレードが高い方がより軽量且つ操作性も上がるのですが、値段も高くなる傾向デス。



今回クランクを選ぶに当り、

デザイン的には3種どれも甲乙付け難かったのが正直なところです。


 ホローテックⅡ対応のXTは重量の面でも文句無しだけどお値段高し。。。

 今年に入り、DEOREが新しくなってデザイン的にもリーズナブルな価格にも惹かれ。。。

 じゃあその中間のLXにしようかなぁ。。。




それと、軽さを突き詰めればロード用のクランクの方が軽いのは分かっていましたが、ポタリング目的の私にはフロントトリプルでチェーンガードも付いたトレッキングモデルの方が合っているものだと判断しました。



クランク一つでかな~り悩みましたが、


思い切ってXTに決めました!


やはりこの3コンポの中では1番軽いのもありましたし、ホローテックⅡ対応の中空クランクアーム構造は魅力的でありました。





後日、お世話になっているバイクランチさんで購入、取り付けも依頼しました。


重量を計ってみました。








↑こちらがカメレオンテ2購入時に装着されていたクランクとBB(ボトムブラケット)。

シマノのMTBコンポの中では「入門」に位置付けられているALTUSのもの。

鋳物のクランクなので重かろうとは感じていましたが、、、


合わせて1450gもあったとは!



そして、気になるXTのクランク重量は








ほぼカタログ通りの949g



つまり、

クランク&BBを換えて501gの軽量化です


うーん、この差は大きいです!


クランク本体もですが、何気にBBの差は大きいですね。
スクエアーテーパーとホローテックⅡの違いに驚きです。



XTグレードのクランクは、正直ポタリング程度の目的では宝の持ち腐れ感がありますが、まぁそこは自己満足って事で・・・(笑)。



XTクランク装着後の感想ですが、


乗り出して直ぐに違いが分かりました!


表現するのが難しいですが、漕ぐと回転がスムーズになった気がします(^^

クランクシャフト一体型構造の剛性感とBBが効いているのでしょうか。





更に、


クランクとほぼ同時に、クイックリリースとシートクランプも換えてみました。




↑ それまで付いていたクイックリリース。



↑ 今回装着したKCNCのもの。


これで82gの軽量化




続いてシートクランプ、




↑ それまで付いていた純正のシートクランプ



↑ クイックリリースと同じKCNCのものに合わせてみました。


これで11g軽量化!(苦笑)。



軽量化を始めてから現在1kg以上は軽くなりまして、自転車を片手で持ってみても以前より軽くなったのを実感します。

ポタリング程度ではありますが、肝心なサイクリングにも確実に効果が出始めているので楽しくなりますよね。

もう少し軽量化を続けてみようかなぁと思います。
Posted at 2014/05/21 19:52:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2014年03月29日 イイね!

初めてのロードバイク試乗!

初めてのロードバイク試乗!本日、風はありましたが天気は良かったので、久しぶりにサイクリングへ行って来ました。

先日換えた28Cタイヤの走行感覚がどんなものか?

それまでの32Cタイヤと比べてみるのが目的でしたが、

明らかに軽くなった漕ぎ出しにニンマリです!(^^


路面への接地面が減って抵抗が少なくなったからですが、これでアベレージスピードもアップしたのは確実ですね。

それと、これまでの軽量化の恩恵もあったのかなぁと?

例え僅かな効果でもあるものだと信じておく事にします(笑)。



さて、


帰りに近所にあるバイクショップBIKE RANCHさんに寄ってみました。





店長さんにゴニョゴニョと依頼をして(爆)、帰ろうとしましたら、


「今ちょうど試乗会をやっているのでどうですか?」


と言われ、


折角の機会でもあるので試乗してみました(^^





外でスペシャライズドの試乗会が行われていました。




スペシャライズドはアメリカのメーカーでして、自転車が好きな人はよく御存じのメーカーになりますね。



実は私リットマンは、今まで生きてきてロードバイクってものに乗った事がありませんでした(^^;


こんな機会だからこそと思い切って試乗してみたんです。



スペシャの店員さんに薦められ試乗したのが





ROUBAIX(ルーべと読みます) SL4 SPORT 


カーボンフレームのロードバイクです。

カーボンフレーム搭載で194,000円の完成車ならコスパは高そうですが如何でしょうか?




手で持ってみると、

私のカメレオンテと比べると全然軽い~!




ドロップハンドルも初めての経験でした(笑)。


慣れたクロスバイクとは全然違う、前傾姿勢を強いられてのシフト&ブレーキに最初は手古摺りましたが、暫くすると慣れてきた感はありました。

それにしてもスピードのノリがクロスバイクとは違いますね!

グイっと漕ぐげばグンっとスピードが出ちゃうわけですよ。

感覚的には一漕ぎでクロスバイクの1.5倍は先に出ている感じでしょうか。

車体の軽さやクランク&スプロケのギア比、それと前傾姿勢で空気抵抗が少なくなっているのもあるでしょうが、ロードバイクが速い理由ってのが何となく分かった気がします。



試乗を終えて店員さんに感想を話していると、


「じゃあ次これはどうですか?」


と、


次に試乗を薦められたロードバイクが







S-WORKS  ROUBAIX SL4 DA


スペシャの中で車名にS-WORKSが付くバイクは本格的な競技志向のものだと教えられ、、、


何とお値段88万円也!


観察すると、ホイールは勿論、ハンドルバーやクランク等々、そこかしこにカーボンマテリアルが使用されています。 ここまでやり込めば高いはずですよねぇ。

手で持ってみると、


信じられないくらい軽い軽い!


聞けば7kg切っているとか!



恐る恐る試乗してみると、


先に乗ったバイクよりも更にスピードが出ます!

スピードの出方が「これが自転車か???」と疑う程で、もう目から鱗状態でした(笑)。

変速もパシパシとても気持ちよく決まります。

意外と乗り心地が良く、路面の段差もそんなに気にならなかったのはカーボンマテリアルの成せる技なのでしょうか。



見た目同じ様なロードバイクでも、値段なりきの差ってものが確実にあるものなんですねぇ。



試乗を終えロードバイクの余韻に浸りつつ帰ろうと私のカメレオンテに乗ると、やたらとポジションが高く感じました(笑)。 クロスバイクのポジションは楽なんだなぁ~と(^^;



初めてのロードバイク試乗はちょっと衝撃的でありました。
Posted at 2014/03/29 16:40:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記

プロフィール

「100号車、ポールトゥウィン!」
何シテル?   09/16 21:01
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ホンダがF1に参戦している間に、ホンダ車に乗ってホンダF1を応援する事が昔から抱いていた...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.