• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リットマンのブログ一覧

2012年09月29日 イイね!

赤そばの里へ

赤そばの里へ本日、箕輪町にあります赤そばの里へ行って来ました。

以前から話には聞いてはいましたが、丁度今頃が見頃との情報を得、初めて行ってみました。




赤そばの名所なのもありなかなかの混雑ぶりでしたが、何とか最寄りの駐車場へ停める事が出来ました(^^;


駐車場からは暫く林の中を歩いて行くんですが、


「本当にこんな先にあるの?」


と、頭を過ぎりつつも案内板に従って歩いて行きます。



そして、



林を抜けた先には



素晴らしい光景が広がっていました!









まさにピンク色の絨毯!


想像以上に一面ピンク色です!













こちらの赤そばですが、高嶺ルビーという品種でしてヒマラヤが原産だそうです。

そんな名前がピッタリとハマりますよね。



ピンク色の絨毯を思い出しますと、例えばレンゲ畑、芝桜の畑、コスモスの畑等を連想させますが、今回のこの赤そばの畑はその域を超えていますね。



いやぁ~本当に感動しました。

箕輪町の山の中にこんな素晴らしい場所があるとは。





この赤そばの実で作ったお蕎麦がどんな味なのかも気になりますね、普通のお蕎麦とはまた一味ちがうのでしょうか?


見頃は来月半ばまでらしいです。

皆さんも機会があれば是非観に行ってみて下さい。
Posted at 2012/09/29 22:15:33 | コメント(8) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2012年09月25日 イイね!

カネショウ 伸成丸 発見!!!

カネショウ 伸成丸 発見!!!本日お昼頃、浅間サンラインを東へ走行中、道の駅雷電くるみの里の前を通過しようとした矢先。

道の駅の駐車場に只ならぬ雰囲気があるトラックが止まっている事に気が付きました。

やがてそれは、

リアの観音扉を見た瞬間に確信しました。








カネショウじゃん!!!






通過するはずの道の駅でしたが、急遽右折して道の駅へ!(笑)


そこに止まっていたカネショウ(伸成丸:のぶしげまる)を間近で観る事が出来ました!


カネショウのトラックを観るのは久し振りでしたし、ましてやこうして間近で観るのは初めての出来事です。 いやぁ~興奮しましたよ(^^






「東の由加丸(椎名急送)、西のカネショウ(松井通商)」

と、言われる程に昔から椎名急送と双璧を成す松井通商は、兵庫県の淡路島にある老舗アートカンパニーです。

椎名急送がメッキを多用する関東風の飾り方が特徴だとすれば、松井通商はステンレス加工技術を多用した関西風の飾り方が特徴となっています。

どちらも拘りのある飾り方でして、アートトラックファンの間では一目を置く存在の2社ではないでしょうか。


↑写真ですが、キャブのドア以外をウロコステンレスで覆う凄まじさ!

ステンレスを叩きだ出して磨いた文字や模様が見応えありますね。

箱前面の長アンドンが収まるエバポレーターにも当然の様にウロコステンレスが貼られています。

実際に間近で観させていただきまして、そのステンレスの加工技術には恐れ入るばかりでありました!




アオリ下を前後に走る緑&赤のラインがカネショウのトラックの特徴ですね。

ウイングの「伸成丸船団」の文字も迫力ありますね。




そして、

カネショウで忘れちゃならないのがこのリア観音扉に描かれている「魔除観音」のペイント。

遠くからでもこの魔除観音を見れば「カネショウのトラックだ!」と直に分かります。
多分殆んどのカネショウのトラックに描かれているはずです。

この部分は椎名急送の「娘船頭」のペイントと同じ事が言えまして、社の名刺代わりにもなっています。



思いもかけず、カネショウ関西風アートに酔いしれた一時となりました。
Posted at 2012/09/25 20:30:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2012年09月19日 イイね!

マクラーレン P1 初公開!

マクラーレン P1 初公開!以前からMP4-12C以上の凄い市販車マクラーレンの存在が噂にはありましたが、

そのマクラーレンのスーパーカーがついに初公開されましたね!




これはつまり、



かつてのマクラーレンF1の再来でしょうか。




来るパリサロンに向けてのデザインスタディらしいですが、


おおよそ全体のデザインを見る限り、ほぼこのままで市販されそうな完成度じゃないかと見受けられますが果たして?






↓の、現在市販されているMP4-12Cと比べてみると、アグレッシブなデザインなのは一目で分かりますね。
 





P1のフロントが笑い顔に見えてしまうのは私だけではないはずです(笑)。


そしてリアは





あるはずのテールランプやバックライトが見当たりません(^^;

まさかあの赤い細いところが???

それにしても如何にも効きそうなディフューザー形状にマクラーレンの本気を感じます。




詳細はまだ分かりませんが、

MP4-12C以上のスーパーカーを出すとなると、仮想ライバルは現在開発中のポルシェ・918スパイダー、フェラーリ・エンツォ後継スペチアーレ辺りになりそうですね。

思えば約20年前ですか、当時マクラーレンF1は並み居るスーパーカーをも超える別格の存在で君臨していましたよね。 値段でも、その性能でも。

その再来が近い将来起こりうるのでしょうか!?


マクラーレンが培ったF1の技術が多数盛り込まれるだろうP1という名のスーパーカー。

1年以内に市販されるアナウンスがありますが、これは楽しみなスーパーカーとなりそうですね。
Posted at 2012/09/19 22:48:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2012年09月19日 イイね!

サントリー エスプレッソーダ

サントリー エスプレッソーダ以前から話には聞いていたこの飲み物。。。

特に敬遠していた訳ではありませんが、飲む機会を作らなかったと言いますか・・・(^^;



ですが、



本日ようやく決心!



飲んでみようじゃないかと!



それが、





サントリー エスプレッソーダ!




コーヒー入り炭酸飲料!!!





エスプレッソとソーダを合わせた、洒落たネーミングがいいじゃないですか(笑)。




以前にもコーヒー味の炭酸飲料って存在していたのかもしれませんが、少なくとも私は飲んだ試がありません。

なので、コーヒー+炭酸の味が想像も出来ません。

コーヒーは毎日の様に飲みますが、飲んでいるのは当然炭酸入っていませんからね。




330ml入りのこの炭酸飲料は、他の普通なサイズの500mlよりも小振りなペットボトルなので、それだけで若干損をした気分ではありますが。


まぁそれはともかく試飲試飲~。



まずはキャップを開けてみました。


炭酸っぽくシュワッっと泡出た瞬間にコーヒーの香りが。。。


これだけでもなんか不思議な感じがしましたが、



そして、まずは一口。





!?





・・・






口に入れた一瞬、苦みがコーラの様にも感じましたが。。。


後味は明らかなコーヒー




・・・



個人的な感想ですが、



コーヒーに炭酸入れなくてもいいんじゃないのかなぁと?



既に飲んだ方も多数いらっしゃるとは思いますが、

まだ飲んだ事が無いコーヒー好きな皆さんは、試しに是非飲んでみて下さい!
Posted at 2012/09/19 17:47:27 | コメント(8) | トラックバック(0) | ドリンク | 日記
2012年09月12日 イイね!

稲刈りの頃

稲刈りの頃この辺では、これから稲刈りの最盛期になります。


既に稲刈りを終えた田んぼもありますが。


稲刈り前の、この黄金色に輝く田んぼを見ると綺麗だなぁと思う私です。


実りの秋を実感する風景ですね。





稲刈り前の、田んぼが1番輝く一時ですね。


今年は豊作だったんでしょうか?







蕎麦の花です。


こちらは実が収穫できるのはまだまだ先ですね。

今から新蕎麦が楽しみです!(^^





ススキの穂がもうここまで伸びています。

日中はまだ暑く感じますが、もうすっかり秋ですよね。
Posted at 2012/09/12 16:46:27 | コメント(6) | トラックバック(0) | 自然 | 日記

プロフィール

「オートスポーツ誌別冊 フォーミュラ1ファイル vol.3 発売 http://cvw.jp/b/204282/41848979/
何シテル?   08/18 20:37
アルファロメオ147からシビックタイプRユーロに乗り換えました。 ホンダがF1に参戦している間に、ホンダ車に乗ってホンダF1を応援する事が昔から抱いていた...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプRユーロ ホンダ シビックタイプRユーロ
輸入が開始された時から気になる存在だった、3ドアシビックのタイプR。 最後のK20A、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
平成12年式トミーマキネンエディションです。 新車で購入し、今年で10年目になります。 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
アルファ147が発表になった時から気になっていましたが、私もついにアルファ147オーナー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.