• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年04月28日

失墜した信用

この記事は、ついに出席者0人、保安院・東電の海外メディア会見--nifty--について書いています。

ついに出席者0人、保安院・東電の海外メディア会見

 原子力安全・保安院と東京電力の海外メディア向けの合同記者会見で、4月25日分の会見でついに出席する記者がゼロになった。どうせ本当のことは何も言わない会見に愛想を尽かした海外メディア。それでも保安院と東電側は無人の記者席に向かって説明するという空虚な会見は、一応は行われた。

 これまでにも説明側10人、記者1人ということもあったようだが、25日はついに記者の出席者はなし。海外のメディアにもおいても、福島第一原子力発電所の事故への関心はひじょうに高いはずだが、『大本営』の会見に出席しない。この意味するところは、出席しても意味がないからだ。

 日本の大手メディアは、一社だけ載らない「特落ち」 を極度に嫌うため、上司からは「一応、出席しといて」となる。だが、最近は記者の質が低下していると言われる駐日本の海外メディアの記者も、出席の意味がないことをわかっているのだ。

 中部大学教授の武田邦彦氏は自身のブログで「外人は来ない保安院・東電の会見」と題して記述がある。

 武田氏は「無人の記者席に向かって、誰もいないのに説明をするという非人間的なことをする保安院の役人の姿が印象的だった。海外では福島原発の事故についての関心は強い。関心が強いので、保安院や東電の記者会見に出ても、ウソを教えられるので、聞いても意味が無いのだ」と、この光景を描写している。

 また「日本人として哀しい」と心情を吐露。その上で「日本人の記者会見は相変わらず盛況だ。事実と違うことを聞いても政府の言うことなら黒も白なのだろう」と、日本のメディアの現状の報道姿勢を嘆いている。

ゆかしメディアより

> 原子力安全・保安院と東京電力の海外メディア向けの合同記者会見で、4月25日分の会見でついに出席する記者がゼロになった。どうせ本当のことは何も言わない会見に愛想を尽かした海外メディア。それでも保安院と東電側は無人の記者席に向かって説明するという空虚な会見は、一応は行われた。

簡単に言うと

信用に値せず

ってことなんですよ。

ちなみにこの原子力安全保安院というのは経産省の一機関ですので、政府の発表と同意義に近いということなんです。
つまり、この記者会見に参加しないということは

日本政府も信用に値せず

と言う意味にも値するのです。
まぁ、経産省の親玉は海江田万里ですし、裏官房長官はあの仙石ですし、誰が信用できますかね。

しかし、なぜこのような状況になったのでしょうか

1)政権交代とそれに付随する甘い言葉に釣られて民主党に投票したこと
2)安倍、麻生政権の際に自民党内の内ゲバに辟易したこと
3)過去の積み重ねにより誰が政治をやっても同じという雰囲気ができてしまったこと
4)メディアによる世論操作

主な原因はこの辺でしょうか。まぁ他にも多々ありますけどね。
ちなみに現在のフランスのメディアは福島のことよりも、イギリスの王子の結婚やリビヤ、コートジボワールがメインであって、もはや福島のことなどどうでも良いレベルになりつつあります。

海外メディアが取り上げた際は騒ぎすぎだの、状況をよくしらないだのと巷では言われてましたが、もし騒ぎすぎであったとしたら、なぜ枝野はフルアーマーで被災地に行ったのでしょうか?

ここに一つの答えが隠されていることになります。

民主党を選んだ方々にお聞きしたいのですが

世界から見放されている日本政府、これでも民主党は信用できるといえますか?
大した災害ではないと言えますか?

実際にそのように言っていた方がいましたのであえて問うてみたいと思います。
ブログ一覧 | 時事関係 | 日記
Posted at 2011/04/28 21:01:35

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

エア会見。保安院・東電の海外メディア会 ...」 From [ ハイザッキ’⊿ ] 2011/04/29 02:30
この記事は、ついに出席者0人、保安院・東電の海外メディア会見--nifty--について書いています。 詳しくは主水さんトコで。 政治の話しはイヤンとばかりに、無関心を徹してたら 国としての信用 ...
ブログ人気記事

超痛いです😢
さくらはちいちさん

JALと自宅布団は互角です。
クソジジイさん

【CX-7】チャンスは最大限に生か ...
Raindrop cx-7さん

MINI原人のRINDO TREK ...
MINI原人さん

二刀流がんばる( ; ・`д・´)
みのゆうぱぱさん

2019/07/15◆細道④
pom☆さん

この記事へのコメント

2011/04/28 22:10:58
とうとう イソップ童話の 羊飼いと狼 になっちゃいましたね。

シッカリ気付いているのでしょうか?

茶番劇以下です・・・・恥ずかしいことです。
コメントへの返答
2011/04/29 04:18:48
仰るとおり、羊飼いと狼になってしまいました。

このことに大してどれだけの日本国民気づいているのでしょうかね?

次の選挙、きちんとした候補に入れて欲しいものです。
2011/04/28 22:16:19
今まで会見内容からして、「報道する価値なし」とも判断されたのでしょうね。
日本の、面白半分でハイエナの如く群がるカスゴミと違って、海外のメディアは正直な対応をしたという事でしょう。
コメントへの返答
2011/04/29 05:28:33
> 今まで会見内容からして、「報道する価値なし」とも判断されたのでしょうね。

価値があればいたと思いますが、価値もないのに参加するほど馬鹿らしいものはないですからね。この辺は海外はシビアです。

> 海外のメディアは正直な対応をしたという事でしょう。

国民を愚弄してきたのはほかでもない日本政府と東電の幹部なのですから。愛想をつかされても当然かと。
2011/04/29 06:16:27
BBCでも、リビアとウイリアム王子ばかりですね。
それどころか、ソニーの情報漏洩の方が扱いが大きいぐらいです。

日本の「大本営発表」が全く評価するに値しないからなんですが、困ったことに風評被害の影響でEU全域で日本からの食料品の輸入が事実上禁止になってるんですよね。該当エリアからは放射線量の調査書が、それ以外のものには原産地証明が必要。

おかげで日本から食い物が遅れなくなってしまいました。ウチの会社はドケチなので年2回しか会社補助をしてくれないのですが、今回は権利放棄になりそうです。

乾麺や餅まで禁輸って、どういうことだと思います。

食品に関しては、出してもいいところとダメなところを早く決めて世界に発信しないから、結局「疑わしきは閉め出す」になっちゃってます。

いくら日本国内ではザル流通が許されようとも、世界では通用しない。日本という国が本当は土着内向きで世界のことなどまるで見ていない事を痛感しました。
コメントへの返答
2011/04/29 16:21:14
> BBCでも、リビアとウイリアム王子ばかりですね。

ああ、やっぱり。こっちもそんな感じです。

> 日本の「大本営発表」が全く評価するに値しないからなんですが、困ったことに風評被害の影響でEU全域で日本からの食料品の輸入が事実上禁止になってるんですよね。

こっちだと、まだ入手できるものもありますが、明らかに品薄になりつつあります。

> いくら日本国内ではザル流通が許されようとも、世界では通用しない。

これが現実なのですが、国内だと理解できないでしょう。
海外組が発信するしかないですね。
2011/04/29 06:46:55
枝野はファミリーをシンガポールに逃がしてますよね。 たまたま海外旅行に行っていると言ってますが、地元の日系コミニュティーでは枝野ファミリーが在住すると騒がれてるそうですからね。

日本からの情報はCNNの報道もとっても皮肉っぽ言い方をされてます。
海外は大げさだとか言う方がいますが、日本人は危機感がなさすぎだとも思います。
コメントへの返答
2011/04/29 16:30:22
枝野ファミリーの件は裏が取れていないのでなんともコメントし難いですが、仮に事実だとしたら、日本国内自体危険だということになりますからね。

> 海外は大げさだとか言う方がいますが、日本人は危機感がなさすぎだとも思います。

震災まもなくの時、結構賛否両論ありましたからね。
蓋を開けたらどちらが正しかったかは言うまでもないんですけどね。実際に起きて気づいてからでは遅すぎるんですけどねOTL
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #リトルカブ ドリブンスプロケット交換+ハブダンパー交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/205797/car/2270589/5333793/note.aspx
何シテル?   05/26 22:24
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.