• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2016年10月20日 イイね!

茶番劇

三菱自動車、ルノー・日産アライアンスの一員に


三菱自動車は、日産から戦略上、業務上、経営上のサポートを受ける
シナジー効果により、三菱自動車の利益率および一株当たりの収益が増加
日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス ゴーン氏が三菱自動車の次期取締役会長候補に選出
グローバルリスクコントロール担当の役員を新たに任命

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、会長兼社長:益子 修 以下 三菱自動車)は、この度、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン 以下 日産)による三菱自動車への2370億円の出資完了を受け、日産が三菱自動車の発行済み株式の34%を保有する単独筆頭株主となったことを発表しました。

日産の戦略的な出資の一環として、三菱自動車は、日産とルノーの17年間にわたる力強いグローバルアライアンスの正式な一員となります。これにより、利益率および一株当たりの収益を増加させるためのシナジー創出への道が開かれることになります。

日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス ゴーン氏は、三菱自動車の取締役会長候補に選出されました。日産からはゴーン氏の他に、すでに三菱自動車の開発担当副社長に就任している山下 光彦を含む3名の取締役が選出されます。その他2名は、専務執行役員(チーフ・サステナビリティ・オフィサー)の川口 均氏および、常務執行役員(グローバルコントローラー:経理部門担当)の軽部 博氏です。

三菱自動車の取締役会長兼取締役社長(CEO)である益子 修は、日産に対して、三菱自動車の経営陣を強化するために経営幹部の派遣を要請し、それに伴い、日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)のトレバー マン氏が、三菱自動車の最高執行責任者(COO)に就任します。

益子修は、「当社の新しい筆頭株主となる日産の積極的な、戦略上、業務上および経営上のサポートを心より歓迎します。日産は、当社の取締役会と経営陣の一員として、より深化したアライアンスを通じて、お客さまの当社への信頼を再構築し、将来のシナジーを最大化させる手助けをしてくれることを期待しています」と述べました。

三菱自動車は、コンプライアンスおよびリスク管理を監督するグローバルリスクコントロール担当の役員をCEO直属として新たに設置します。同役員は、三菱自動車におけるガバナンス向上策についての報告を取締役会に対して定期的に行っていきます。

三菱自動車の既存の大株主である三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、ならびに株式会社三菱東京UFJ銀行には、日産の出資を歓迎するとともに、新しい取締役候補の選出等、経営支援に賛同頂いております。今後、三社と日産で51%以上の株式保有を維持することになります。

日産および三菱自動車は、軽自動車における5年間の連携を礎に、シナジー創出のための多岐に亘るプログラムを開始する予定です。

両社は、以下の領域をはじめ、多くの有益なシナジーが創出されることを確認しました。

- 共同購買コストの削減
- グローバルでの現地化の推進
- 工場の共用
- 共通の車両プラットフォーム
- 技術の共有
- 発展途上市場および新興市場における両社のプレゼンスの拡大
- 豪州等の市場における三菱自動車のお客さま向けに日産の販売金融会社を活用

今回のパートナーシップにより、三菱自動車は、継続的に大きなシナジーが創出されることを見込んでいます。2017年度には、営業利益率が1%、2018年度は2%、2019年度には2%以上の向上が期待されています。また、シナジーにより、一株当たりの収益も、2017年度には12円、2018年度には20円増加することが見込まれています。

ゴーン氏は、次のように述べています。「拡大したアライアンスは、2016年度の年間販売台数が1,000万台となる世界最大規模の自動車グループとなります。三菱自動車を迎えたことにより、17年前に創設したルノーと日産のアライアンスを特徴づける企業家精神やマネジメントの協力体制はより一層強固なものとなるでしょう。ひいてはこれが、すべてのステークホルダーに恩恵をもたらすものと確信しています。」

三菱自動車プレスリリースより

これに加え

三菱自、新体制を発表 益子社長は留任、ゴーン氏は会長 日産の34%出資は完了

三菱自益子会長「PHEV技術をアライアンス標準としてルノー、日産が採用」

正直、今後の三菱には期待なんかできません。
益子は10年以上も社長の座につきながら

・社内での変革ができなかったどころかむしろ悪化した
・車に関してはOEM車が増え、三菱らしい車はほぼ皆無
・虎の子の技術であるルノー・日産・サムスンアライアンスと共有

なぜか、ルノー・日産の名前は出してもサムスンの名前は出しません。
ちなみにルノーサムスン自動車のラインナップを見てもほとんどがルノーベースの車ばかりです。ちなみに、サムスン主導で製造された車は少なくとも自分がフランスを出国する前はほとんど見かけないどころか酷評されておりました。

PHEVを共有するということはバッテリー技術まで共有されることになります。ご存知の様にサムスン製のスマホ、ギャラクシーノート7は爆発し、飛行機会社からも名指しで電源オフにしろとかという状態になっています。

つまり今後の三菱の行く先はサムスンと同レベルになり、日産の軽自動車部門、つまりはトヨタとダイハツの様な関係になるのは火を見るよりも明らかであり、ゴーンが会長になったことにより、多額の報酬がゴーンに支払われることになるでしょう。

つまり燃費不正の一連の騒動を見る限り

・三菱グループ(特に三菱重工)の影響力を下げるために相川元社長を早い段階で切り捨てた
・低価格でPHEVやAWD、軽自動車の技術を手に入れることができた
・益子の保身のため、ゴーンと画策した

もはやデタラメ、茶番劇としか言いようがないです。

今後の三菱車の行く末としては

・スズキのOEMをやめ、NMKVによる軽自動車のラインナップの充実(特に商用車の復活の可能性)
・三菱ミラージュは廃盤になり、日産マイクラのOEMと交換
・アウトランダーは継続となるが、RVRはエクストレイルやルノーサムスンのOEMと交換
・ランサーは復活したとしてもルノーか日産ベースの車になる(すでに商用車のランサーカーゴは日産AD)
・ランサーエヴォリューションの復活はほぼ絶望的
・その他の三菱車(パジェロ、トライトンなど)は今後の検討次第(廃盤かOEMに置き換え)

こんな感じでしょうか。
これで将来的に三菱車に乗り換えるというのはほぼ絶望的かと。
正直、三菱純正の車に乗っている方は大事に乗ったほうがいいと思います。たぶん、いま乗られている様な車は今後出そうにないですから。
Posted at 2016/10/21 00:14:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 三菱 | 日記
2016年10月11日 イイね!

いっその事、家電量販店と提携すればいいのでは

まずはこちらのニュースから

三菱自動車、次世代店舗「電動 DRIVE STATION」を全国展開

> 「電動DRIVE STATION」は、通常の店舗機能(新車販売・アフターサービス等)に加えて、電動車(EV・PHEV)の意義と価値を感じてもらうためのプレゼンテーションツールやデモンストレーションコーナーを備えた次世代型の店舗。

> 太陽光発電システムと電動車に蓄えた電気を家に供給する仕組みであるV2H機器を設置し、太陽光で発電した電力を電動車への充電に使用する。

> 一般家庭のダイニングルームを模した「ライフスタイルコーナー」では、停電発生時のV2H機器による電力供給を実演する「停電デモンストレーション」や、電動車の100V AC電源(1,500W)で家庭の電化製品を同時に複数使用できることを実演する「1,500W体感デモンストレーション」を行うという。

正直、益子は何を考えてるのかわかりません。要は電動車を売りたいというのが目的みたいですが、これではスマートグリッドの提供と区別がつかないので、既存の店舗を改装するよりも

・家電量販店
・三菱電機ストア
・ハウスメーカー(三菱地所など)

と提携した方がよほど電化製品としての魅力が高まると思いますし、販売網も増やせると思うのですが。三菱ユーザーが求めているのは白物家電でも、エコカーでもなく







こういうこだわりのある車なんですよ。
だから、ユーザーや販売店から益子はダメだと言われるんですよ。車の事が全くわかってないのですから。どちらにしても、益子が居続ける限り、暗黒時代からは抜け出せませんけどね。
益子は三菱商事が三菱自工を潰すために送られた刺客、破壊神としか思えないのは自分だけでしょうか。この12年間で残した結果って汚点しか見当たらないのですが。
Posted at 2016/10/11 18:43:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 三菱 | 日記
2016年05月12日 イイね!

仕組まれた流れ

2016年05月12日

日産自動車と三菱自動車、戦略的アライアンスを締結
日産、2,370億円で三菱自動車株34%を取得へ


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、会長:益子 修)は12日、両社による幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結したことを発表しました。三菱自動車の発行済み株式34%を、日産自動車が2,370億円で取得する予定です。

両社の戦略的アライアンスは、過去5年間に亘り、協力を続けてきた現行のパートナーシップを更に発展させるものです。

日産と三菱自動車はまた、購買、車両プラットフォームの共用、新技術の開発分担、生産拠点の共用、および成長市場を含む、複数の面で協力することにも合意しました。

日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーンは、「本件は画期的な合意であり、日産と三菱自動車の双方にウィンウィンとなるものです。両社が集中的に協力し、相当規模のシナジー効果を生み出すことで、新たな自動車産業の勢力ができあがることになります。当社は、三菱自動車の筆頭株主として、同社のブランドと歴史を尊重し、大きな成長の可能性の実現をサポートしていきます。日産は課題に直面している三菱自動車を支援し、同社をアライアンス・ファミリーの新たな一員として歓迎したいと思います」と述べました。

三菱自動車の取締役会長兼CEOの益子修は、「長年に亘り数々のパートナーシップで成果を生み出してきた日産自動車には、アライアンスのメリットを最大限に活かす豊かなノウハウがあります。今回の合意で、両社の将来の発展に求められる、長期的な価値を生み出すことができるでしょう。開発や共同購買など、リソースの共有を含む戦略的なパートナーシップの深化が、長期的な価値をもたらします」と語りました。

以上の取り決めに従い、日産は新規に発行される5億660万株の三菱自動車株を、一株当たり468円52銭で取得する予定です。株価は、2016年4月21日~2016年5月11日までの期間の出来高加重平均とします。取引成立後、日産は三菱自動車の筆頭株主となります。

三菱自動車と日産は、三菱重工業、三菱商事、ならびに三菱東京UFJ銀行が、今後も三菱自動車への出資比率を高水準で維持し、この戦略的アライアンスを支持することを期待しています。

株式の取得は、三菱自動車の株主である三菱グループと株主間契約を結び、規制当局の承認を経て、2016年5月末を目処にアライアンスの正式契約を締結し、2016年末までに全ての手続きが完了する見込みです。

日産による三菱自動車への戦略的な出資は、17年間に亘る仏ルノーとの株式持合いを中心とするアライアンスモデルを更に拡大します。日産はダイムラーとアフトワズを含む他の自動車グループにも出資、またはパートナーシップを結んでいます。

本合意を受け、三菱自動車は、日産が推薦する、同社の議決権に比例した人数の、取締役会会長を含む取締役候補を提案することになります。

三菱自動車プレスリリースより

正直、昨日の益子の態度を見ていたら、こんなところに連れ出すんじゃないという様な不貞腐れた態度を取っていながら、今日のゴーンとの共同会見では満面の笑み。しかも

「燃費問題で早まったが、いずれ提携する道だった」と三菱自の益子会長

> 日産を選んだ理由については、「軽の共同開発する協業をして信頼関係を築けている」ことに加え、「トップ同士の信頼関係もある。ほかのビジネスアライアンスも話をしてきた。燃費(不正問題)をきっかけに早まったが、いずれこの道にいったのではないか」と述べた。

この道に行ったのではなくこの道に行かせたというのが益子(=三菱商事+銀行)のシナリオではないですか?
しかも、明日、5月13日(金)に金曜会が開かれる前に既成事実を作って、重工に介入させない様にしたというのが本音じゃないんですか?

まあ、益子は三菱自動車を救った救世主として扱われて多額の退職金をもらって勇退、残務処理などを相川社長に押し付け、終わったら極悪人のレッテルを押し付けて引責辞任させるのでしょうね。

また今後の三菱自動車の車は三菱製が極端に減り、プラウディアやディグニティみたいな日産車に三菱マークをつけた車が大量に出てきそうな感じがします。
それをウインウインというのでしょうか?こういうことがステークホルダーを満足させるとでも言うのでしょうか?

三菱ユーザーが望んでいるのは燃費でもOEM車でもなく

・ランサー(エボリューション含む)
・ギャラン(レグナムみたいな派生を含む)
・かつてのミラージュ(サイボーグとかを作っていた時代)
・パジェロ

などの様な三菱らしい個性的な車を待っているというかいたんですよ。
さぞかし、ルノー・日産は軽の技術を低価格で得られてご満悦でしょうし、益子や商事・銀行はさっさと売れてよかったと思ってるでしょうけど、最終的には三菱ユーザーや販売店に対しての裏切り行為でしかないと思います。

三菱の軽のノウハウや、AWD、電気自動車の技術吸い取られたらポイ捨てされるのが見え見えですし、既存の三菱ユーザーは多分トヨタ、マツダ、スバル、ホンダ、スズキや輸入車に流れるでしょうね。
自分も今のランサーワゴン乗り潰したら、正直次は三菱にするかといったら?が浮かびます。
少なくともルノーや日産車はありえない選択肢です。
とにかく、最低あと5年は乗り続けますがその後はその時の状況に応じて考えます。その前に三菱の販売店が消えないことを祈るだけです。

正直今の気持ちは落胆と怒りが同時にきている状態です。あとシラけたというのも実情です。
Posted at 2016/05/12 23:40:22 | コメント(7) | トラックバック(1) | 三菱 | 日記
2016年05月09日 イイね!

お家騒動の可能性

まずはこちらの記事のご紹介から

三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ

> 同時にポスト現体制への布石も打たれていた。4月1日付で三菱商事から白地浩三氏を常務執行役員として迎え入れたのだ。

> それを表面化させたのが、13年の優先株処理だった。積極的な姿勢を示したのが三菱商事である。東南アジアで自動車販売事業を手掛けており、ビジネスのうまみと支援を天秤にかけた結果の判断だ。

> そもそも、今回の危機は三菱自の自爆が原因。04年のように、ダイムラー・クライスラー(当時)に支援を打ち切られたからグループで支えるべき、といった大義名分がない。「向こう1年で三菱重工が足抜けする合意がなされつつあった」(三菱商事関係者)ことを踏まえれば、基本的には、三菱商事を筆頭に、三菱銀がサブで支えるという救済態勢になりそうだ。

> それでも、恐ろしいほどのスピードでブランド毀損が進んでいる。相川社長によれば「1日当たりの国内受注は半減」しており、国内ユーザーの風当たりは強い。国内事業の機会損失、顧客や日産自動車への損害賠償費用など、業績への打撃は計り知れない。

> そこで導き出された結論は、強みに経営資源を集中すること。強みとは、市場で言えば、タイやインドネシアなどの東南アジアマーケット。車種で言えば、「アウトランダー」に代表されるSUVやプラグインハイブリッド車である。

> また、中長期的な軽自動車規格の廃止をにらんで、自社生産の態度を決めかねていた日産だが、ここまで燃費偽装問題が大ごとになれば、三菱自との提携解消に踏み切らざるを得ない。日産が自社生産に踏み切るのは時間の問題だ。

タイトルはまるで決まっているかの如くですが、よく見ると、ダイアモンドの希望的観測に過ぎず、かなり三菱商事・銀行よりの書き方をしております。とにかくこの記事から見えてくるのはお家騒動の一環であるというのはほぼ確信的だと思います。

つまり、今回の一連の三菱の騒動は以前から申し上げているように

・日産からの関与
・三菱商事・銀行による三菱自工潰し

の可能性が非常に高くなった感じがします。
まるで重工は手放したいというような書き方が記事内にありましたが、もし本当に手放したいのであれば相川社長(元重工社長・現重工相談役のご子息)を任命した理由が見当たりません。

益子会長になってから
・技術力の低下
・製品(商品)の魅力の低下
ばかりであり、そもそも、風土改善を謳っていたのは他ならぬ益子会長(商事出身)です。

まるで今回の問題は相川社長が悪いと言わんばかりですが、事の本質は

・目先の利益ばかりを追い求めた体質
・風土改善と言いながら、実際には楯突くものは容赦なく退職に追い込むように仕向ける体質
・10年以上も社長をしていながら三菱自工ブランドを毀損し続けた

益子会長、および商事・銀行に問題があると思います。にもかかわらず益子会長、商事、銀行の責任は棚上げし相川社長だけに責任を押し付けるのは納得いきません。
退陣するべきは益子会長と益子会長を送り込んだ商事であり、相川社長や重工ではないと思います。
金曜会でどのような判断がされるかわかりませんが、少なくともダイアモンドのようなシナリオにさせたくないと思っているのは相川社長や重工、三菱自工の技術陣ではないかと思います。また、少なくとも今回の金曜会は相当荒れると思います。

金曜会には賢明な判断をしていただきたいと思います。

また何かと不正、不正と喚く雑誌や新聞ですが、最も言われたくないのが新聞社各社です。自分たちこそ不正に売り上げを水増ししておきながら、人には厳しく自分たちには甘いのですから。新聞各社の連中に三菱自工の不正のことを言う資格がないと思うのは自分だけでしょうか。
Posted at 2016/05/09 22:41:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 三菱 | 日記
2016年05月01日 イイね!

三菱自工を潰したいメディア

まずはこちらからご覧いただければと思います。

73式小型トラック

> 73式小型トラック(ななさんしきこがたトラック)は、1973年(昭和48年)に採用された自衛隊の汎用小型軍用車両(トラック)である。三菱自動車工業(パジェロ製造)が製造するが現在は2種類の車両がある。
なお、「73式」となっているが実際は「制式化」されておらず、正式名称については「1/2tトラック」に変更された。

この様に、三菱自工は防衛にも関わっており、現在、熊本などの災害派遣にも使われております。
これを踏まえた上で、次の記事をご覧いただければと思います。

三菱自動車の事後処理は、「会社丸ごと外資に売却」がベスト!

ソースが現代ビジネスであるので、勘の良い方はすぐ気付かれるかと思いますがメディアの言う外資というのは

・支那
・朝鮮半島

のいずれかに売り飛ばせということです。
支那や朝鮮半島からしてみたら、

・電気自動車の技術
・安定したエンジン作成技術
・防衛産業

は喉から手が出るくらい欲しいに決まっています。特に防衛は三菱重工も絡んできますので、自工潰しをきっかけに重工まで手に入れたいというのが本音でしょう。

なぜ三菱自動車は芯から腐ってしまったのか

そもそも性根が腐りきっているメディアに言われたくないのですが、とにかくこの記事や

「三菱自」米制裁問題で追い打ち 何があっても潰れないハズの財閥系が

この様な異様とも言えるバッシングレベルの記事が書かれております。また、この記事に書かれている600件の訴訟という話も調べてみましたが、どこから出てきたのか見当がつきません。
まずタイミングがあまりにも異様なタイミングと言えます

4月20日:カタログ燃費不正発覚
4月22日:国産ステルス戦闘機初飛行
これらに付随してMRJのテストも着々と進んでおります。

また仮にアメリカで訴訟という話というのが本当であれば以前にも起きたことと似ていると思います。

トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

しかも時期が豊田章男社長が就任間もなくの時期であり、しかも、奥田・張・渡辺体制から豊田家に大政奉還された時期でもあります。

今回の三菱はというと相川哲郎社長は相川賢太郎元重工社長(現重工相談役)のご子息です。
つまり、三菱自工が重工に大政奉還されるとまずいと思う勢力がいると思います。

・未だに益子会長が表に出てこない
→当時の社長は益子氏であること
→益子氏は三菱商事出身であること
・共同開発と言いながら、日産は被害者のポジションを取っている
→被害者ならばなぜ、三菱の車を日産製と売り込んだのか
→共同開発である以上、日産にも落ち度はなかったのか
・特亜の動き
→現代自動車の技術のベースは三菱自動車の技術供与の上で成り立っている
→支那においても三菱自動車製のエンジンがなければ自動車供給ができない

これらを総合的に踏まえると三菱自工が三菱重工の配下に戻る可能性が高く、三菱グループの動きの中心が銀行や商事ではなく重工中心になりつつある可能性があります。

真相は未だ解らないところが多々有りますが、特亜が何らかの形で関与しているというのは間違いないと睨んでいるのは自分だけでしょうか。
Posted at 2016/05/01 22:54:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 三菱 | 日記

プロフィール

「ジムニーとアルトワークス乗り比べてみた http://cvw.jp/b/205797/43092182/
何シテル?   07/27 00:29
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
シトロエン BX シトロエン BX
一番楽しかった上に、一番もったいない事した車でした。 乗り心地は最高、ただし、小さな故障 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.