• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2011年03月26日 イイね!

AUDI、フォルクスワーゲン、ポルシェも日本に義捐金

2011/03/24
フォルクスワーゲングループ、東北地方太平洋沖地震の被災者支援で結束

フォルクスワーゲングループ各社は結束して、未曾有の被害をもたらした東北地方太平洋沖地震の被災者に対する支援を決定しました。アウディAG(本社:ドイツ インゴルシュタット)とフォルクスワーゲンAG(本社: ドイツ ウォルフスブルグ)は、それぞれ100万ユーロの人道的支援を、ドイツ赤十字社などを通して行います。フォルクスワーゲンAGの人事労務担当取締役のホルスト ノイマンは、これらの支援をウォルフスブルグで発表するにあたり、「フォルクスワーゲングループ各社の従業員からは、大変な災害に苦しむ日本のとりわけ東北地方の人々を少しでも助けたい、という声が毎日のように寄せられています」と述べました。さらに、ポルシェAGも同様に、日本の被災者に対し、50万ユーロの援助をすることを決めました。

フォルクスワーゲングループの従業員協議会のベルント オステロー会長は、グループ各社の従業員による大規模な寄付キャンペーンの実施を発表しました。「すべての従業員が、今回の大地震と津波の被害の凄まじさに衝撃を受け、被災者の苦しみに心を痛めています。私たちの気持ちは、被災者を少しでも助けたいという強い気持ちで結ばれています」と、オステローは述べました。従業員協議会は、ドイツ赤十字社のウォルフスブルグ支部を通して、ベルリンの同本部と連携し、今回の大震災の救援活動を精力的に行っている日本赤十字社に対し、集まった義援金を送ることになります。

アウディ ジャパン代表取締役社長の大喜多 寛は「今回の震災で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。皆様の救援活動に役立つよう、弊社としてできる限りの支援を実施してまいります」と述べました。

フォルクスワーゲンは1953年、アウディは1967年にそれぞれ日本で輸入販売を開始。現在は、フォルクスワーゲン グループとして、フォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、ランボルギーニ、およびポルシェの各ブランドのクルマが販売されており、昨年は全体で約6万7千台を販売しています。また、国内には新車ローンや関連する金融サービスを行うフォルクスワーゲン ファイナンシャル サービス ジャパン(株)や、フォルクスワーゲン グループ ジャパンならびにアウディ ジャパンの全額出資販売会社であるフォルクスワーゲン東京(株)とアウディ ジャパン販売(株)、本社研究開発部門の出先機関であるフォルクスワーゲン東京技術代表部などがあり、ポルシェ ジャパン株式会社を含めると、全体で約1,200人が就業しています。

AUDI Japanより

AUDI AGで100万ユーロ
VW AGで100万ユーロ
Porscheで50万ユーロ

グループとして総額250万ユーロ(今日のレートで約3億円近い)の義捐金は本当にありがたいと思いますよ。

ドイツメーカーからの義捐金を合わせると

BMWが100万ユーロ
メルセデスが200万ユーロ
VWグループが250万ユーロ

総額:550万ユーロ(今日のレートで6,3億円)
これかなりの金額ですよ、

他国のメーカーを見ると

GMが50万ドル、ルノーが50万ユーロ(+ルノージャポンディーラーにおいて募金箱設置)、フィアットが20万ユーロと他国に比べても桁が違います。

桁の違いはあれど、日本国に義捐金を出してくれたメーカー(国籍問わず)に対する恩返しの一環としてディーラーメンテをするとか、メーカーグッズを購入する(所謂不買の反対を行う)というのはいかがでしょうか?
おいらも予算ができたらBMWのグッズ買いたいなぁと思っております。

追伸:ちなみにみんカラ募金の方は

3/22 17時現在、多くのみんカラユーザーの皆様およびみんカラ+加盟店の皆様にご協力頂き、6,747口(3,373,500円)のお申し出を頂きました。

心より御礼を申し上げます。
Posted at 2011/03/26 22:20:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | Audi | 日記
2010年03月17日 イイね!

US版AUDI CM VS BMW CM - どっちがお好き?

アウディのテレビCM…ライバルは退屈?

アウディの米国法人、アウディUSAは、フェラーリ、レクサス、メルセデスベンツ、BMWを意識したテレビCMを、米国でオンエアしている。

CMのタイトルは、『ザ・スペル』。フェラーリに憧れる少年、先代レクサス『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)に乗る女性、先代メルセデスベンツ『Cクラス』に乗る2人のビジネスマン、レクサス『ES』に乗る老夫婦、BMW『3シリーズカブリオレ』に乗るカップルが登場。それぞれがセリフ(スペル)を棒読みするかのごとく、退屈な毎日を過ごしている様子が強調される。

ところが、アウディ各車を見た途端、目の輝きが変わるというストーリー。CMでは、『S4』『Q5』『A5カブリオレ』『R8 5.2FSIクワトロ』が、魅力を讃えたアウディ車として紹介されている。

そして画面には、「アウディは米国プレミアムカー市場において、BMW、メルセデス、レクサスよりも急速な成長を遂げています」とのメッセージ。アウディの自信とも受け取れるこのCM、動画共有サイトで見ることができる。

Carviewより

上記の動画がこちら



個人的な意見を言わさせてもらうと

それで?

これ以上これ以下でもないんですけど(;´Д`)
AUDI R8はLamborghiniのエンジン搭載してデザインも好きな方なので良いんですけどそんなにQ5やA5カブリオレって良いって思えないんですけど…

対抗してBMWの比較CMなんですけど



まぁこれもそんなに好きな方なCMじゃないんですけどね…
センスの良さではこっちの方が好きなんですけどね


AUDI A4


BMW

ちなみにBMWのJoyキャンペーンCM見てると必ずこれを思い浮かべるのはなぜ?(;´Д`)





マーク・フィールズ元社長と井巻前社長が神すぎたか?
Posted at 2010/03/17 08:13:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | Audi | 日記
2010年01月26日 イイね!

認定中古車が熱い

アウディ、新車に続き認定中古車の販売も好調

 2009年のアウディ認定中古車の販売台数は、前年同期の3360台を大きく上回る4934台(前年同期比+47%)という実績を残した。

 アウディ認定中古車の販売が好調な理由として、“新車モデル数の増加に伴い、認定中古車のバラエティが増え、多様化するユーザーニーズに応えることができた”、“大規模認定中古車センターの新設”、“新車販売拠点に併設されている中古車コーナーへの専任スタッフの配置による認定中古車の営業活動強化”が挙げられている。

 同社の認定中古車ビジネスは、2001年にスタートし、現在では、認定中古車のみを取り扱う大型認定中古車センターが17店、新車と認定中古車を併売する認定中古車コーナー店が64店、合計81の販売拠点をかまえている。
 
 アウディ認定中古車は、初年度登録日から6年以内、走行距離9万キロ以内のアウディ正規輸入車両を対象に、1年間走行距離無制限の一般保証や、24時間緊急サポートサービスとロードアシスタンスサービスが付帯されるなど、充実した内容となっている。

 アウディ ジャパン代表取締役社長ドミニク ベッシュ氏は、「顧客の間口を広げる認定中古車の販売は、新車販売と同様に大変好調で、アウディブランドへの関心が高まっていることを実感する。引き続き、高品質な商品とサービスの提供、取り扱い車種の拡大など、満足度の向上に努めていきたい」と、語っている。

Carviewより

AUDIの認定中古車の売り上げが約50%増しとは…
ちょっと意外でしたね。ただ、わからなくはないと思います。
新車で買えば高いですが、認定中古車であればBMWのように新車同等の保証とか、AUDIや他の輸入車のように保証+付加価値がついて素性も大体分かる車ですから、頑張れば手が届く車になっていたりします。

それにAUDIの場合は日本車と比べても内装の作りこみのレベルは世界屈指の作りですし、メンテさえよければ長く走る車ですからね。
少なくともAUDI(&VW)の評判を欧州で落としたのは2LTDIエンジンが原因であって、ガソリン車は大きな問題はないと思います。まぁ欧州車のほとんどが初期のクリーンディーゼルで評判落としましたからね(Mercedes、BMW、Peugeot-Citroen、VAG、Ford、Renault等)

もしかしたら満足する一台が見つかるかもしれませんよ。
関連情報URL : http://www.audiaaa.com/
Posted at 2010/01/26 18:45:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | Audi | 日記
2009年11月08日 イイね!

【アウディ・エコドライビング】実地走行と座学で燃費が15%向上

◆2009年よりスタートしたアウディエコドライビング

ハイブリッドカーやコンパクトカーなど、世は燃費性能の良いエコカーがブームとなっている。が、燃費向上を果たすには、クルマの性能ばかりでなく、ドライバーの運転技量や意識を高めることも重要。レスポンス編集部はアウディジャパンが行っている省燃費運転講習「アウディ・エコドライビング」に参加した。

フォルクスワーゲンは、ドライビングに関する体験講習を通じて、自社ブランドのユーザーとのリレーションを深める取り組みを世界で行っているが、近年は低炭素化を進めるため、省燃費運転講習に力を入れている。

日本では07年冬に、まずフォルクスワーゲングループジャパンがエコドライブ・トレーニングを開始。プレミアムブランドという位置づけのアウディは、走りの性能を体感するプログラムを展開していたが、エコカーブームが盛り上がる中、今年に入ってからアウディ・エコドライビングをプログラムに加えた。10月末時点で6回実施されたという。


◆アウディA3スポーツバック 1.4 TFSIでエコドライブ

今回、体験に使われたのは、ショートワゴンの『アウディA3スポーツバック 1.4 TFSI』。排気量1.4リッターのストイキ(理論空燃費)ターボエンジンと、2枚の乾式単板クラッチを使った機械式AT「Sトロニック」が採用され、日本でのアウディラインナップの中で最も価格が安く、最も環境性能に優れたプレミアムコンパクトである。

通常は市街地コースで体験講習が行われることが多いとのことだが、この日は栃木県にある駆動系部品メーカー、GKNのショートテストコースを使った。高速周回路を60 - 100km/hの間で加減速しながら1周、その後インフィールドでワインディングコースを走りるというもの。


◆座学でエコドライブのスキルを学ぶ

運転したライター、井元の省燃費運転スキルは、一般ドライバーの中庸レベル。まずは予備知識なしで第1回目の走行。先行車がコースアウトするのを確認してから走行開始。指定された速度で加減速を行い、インフィールドのワインディングも普通に走行。A3は、前サスは柔軟、後サスはロール剛性強化というセッティングがなされており、コーナリング時に鼻先が軽快にインを向くので、なかなか爽快である。結果はスタート待ちのロスを含めて平均車速37km/h、燃費は 12.5km/リットルであった。

1回目の走行を終えると、次は座学である。まず指摘されたのは、アイドリングストップの活用。この日、スタート前にアイドリングストップを行ったのは参加者中1名のみ。井元はアイドリングストップしていなかった。

さらに、スタート直後に一気にスロットルを踏み込まず、じわりと踏むことによって余計な燃料を噴射させない、巡航時は一定速度を保ちつつ、アクセルを踏まない慣性走行を利用する機会を逃さないため周りの状況をよく見る――といった基本的なこと。またシートベルトの装着やカーナビのセッティングが終わってからエンジンをスタートさせることでアイドリングのロスを防ぐ、省燃費運転の操作を正確に行えるよう、きちんとしたドライビングポジションを取ることなど、燃費向上を果たすための細かい気配りなどが簡潔明瞭に伝えられる。


◆12.5km/リットルから14.4km/リットルに、15%燃費向上

その座学の内容をなるべく頭に入れつつ、2回目の走行にチャレンジ。スタート前のアイドリングストップはきっちりクリアしたが、スタート時にうっかりスロットルを踏み込みすぎてしまう。そうだ、じわりと踏み込み量を増やすんだった……、などと反省しつつ、高速周回路では減速時にスロットルを一息早くオフにしてエンジンブレーキを積極利用、インフィールドでもコーナリング出口の加速時のスロットルの踏み込みをなめらかにするよう心がけた。

2回目は平均車速が待機時間含め36km/h。燃費は14.4km/リットルと、1回目に対して15.2%向上した。「心がける項目が増えてくれば、もっと上がると思いますよ」とは、インストラクターの弁。「A3スポーツバックは小型高出力の1.4リットルターボやSトロニックなどによって、ハイブリッドシステムやアイドリングストップ機構なしで高い燃費性能を実現していますが、運転の仕方で燃費は大きく変わってきます。このことをできるだけ多くのアウディオーナーの皆様に伝えていきたいですね」。

Carviewより

これで外車は環境に悪いというイメージを払しょくできればいいのですが…
最近、かなり日本に攻勢かけてるなぁ<AUDI
Posted at 2009/11/08 03:35:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | Audi | 日記
2009年10月28日 イイね!

アウディ TTクーペ 100周年仕様…100台限定、544万円

アウディジャパンは、アウディTTクーペ特別仕様車『Audi 100years Anniversary TTクーペ 2.0 TFSIクワトロ・リミテッド』を10月27日から発売した。アウディAGが創立100周年を迎えた記念モデルで100台限定となる。

特別仕様車は、「TTクーペ2.0 TFSIクワトロ」をベースに、「S-line」仕様のスポーティなエクステリア、19インチの特別仕様車専用5セグメントスポークデザインアルミホイール、磁性体を利用する連続可変ダンピングシステム「アウディ・マグネティックライド」を装備する。

また、TTSが採用する本革シートに加え、100周年記念ドアシルプレートを装着する。

TTラインアップの頂点に位置するTTSの専用色2色も設定した。インテリアでは、インパルスレザーを使用し、運転席と助手席にシートヒーターを採用した。ハンドブレーキグリップ、センターアームレスト、ドアプルハンドルも本革仕様とし、ラグジュアリー性の向上を図った。

総額約100万円相当の特別装備を施しながら、価格はベースモデルの40万円アップとなる544万円に抑えた。

Carviewより

この青のTT良いなぁ…
ただ、おいらの場合、使い勝手が良くないとダメなんで買えませんが、趣味で車持てるくらいになればいいんですけどさすがにそこまでお金ないんで無理です。

作りつけとかはAUDIのレベル高いし、正直に良いと思えますけど、誰が買うんだろうか…
Posted at 2009/10/28 22:29:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | Audi | 日記

プロフィール

「[整備] #リトルカブ ドリブンスプロケット交換+ハブダンパー交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/205797/car/2270589/5333793/note.aspx
何シテル?   05/26 22:24
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.