• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2012年10月17日 イイね!

ライフスタイルを提案する重要性

「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」とは

"ファッション・ウィーク" とは、年2回、世界のファッション都市で開催されているファッションの祭典で、
ファッション・ショーや展示会で発表される最新コレクションから、
次のシーズンのトレンドが生まれています。

世界のファッション・ウィークの中でも、歴史性、話題性から情報発信力が大きい、
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で行われるものは、
「5大ファッション・ウィーク」と総称され、大きな影響力を持っています。

東京のファッション・ウィークが「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京
(Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT)」です。
一般社団法人日本ファッション・ウィーク(JFWO)が主催し、毎年3月と10月に開催しています。

渋谷ヒカリエと六本木のメルセデス・ベンツ コネクションという2つの拠点、
そして東京各所から、世界で注目される最新の日本のクリエーションを発信していきます。

「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」のスローガン

1. 世界に向けた新人デザイナーの登竜門に
2.「創」(デザイナー)、「匠」(製造事業者)、「商」(アパレル・小売)の連携の起点に
3. 東京をもっとおしゃれで楽しい街に

Mercedes Benz Fashion Week Tokyoより



ファッションとは最も縁遠いところにいる自分ですが、今、にわかに話題になっている事と繋がるので今回はこのファッション、デザインという観点から問題を提起してみたいと思います。

自動車メーカーとファッションショーというのは傍から見たら全く別世界かと思われますが、メルセデス・ベンツの場合、自社製品に合うファッションやライフスタイルを提案するという観点において、行なっているように思われます。

例えば



こちらはSクラスの広報用の動画ですが、Sクラスに合うライフスタイルというのはこういう感じだと言うイメージを作っています。あるいは



こちらは新型Aクラスの広報用動画ですが、Sクラスとは真逆に若者向け、つまりカジュアルな感じをイメージを取り入れています。
しかし、メルセデス・ベンツの根底的なイメージというのは

Premium、Exclusive、Elegance

というのが大抵の方のイメージではないのでしょうか。そういうブランドがファッションショーを行うと必然的にこういうメルセデスに合うファッションとはこういう感じだと刷り込まれることでブランド価値が高まると思います。

また、今年のパリモーターショーで、メルセデス・ベンツはS Lifeという小冊子を配布しており、Sクラスであればどういうライフスタイルが合うのかというのを提案しております。
たとえばダンディー系であればIWCの時計だったり、スポーティー系であればイッセイミヤケのSPORTという香水だったり、あるいはビジネスであればモンブランのシティーバックだったり等、どれをとっても一流品の商品を提案していたりします。
つまり同じSクラスでもあらゆるスタイルに合わせることができるという点を強調しつつも、プレミアム性を損なわないブランド戦略を練っているような気がしてなりません。

またファッションショーに関しても必ずしもこれらのスタイルがドライブに適しているとは思えませんが、少なくともドライブするためとは一言も入ってない以上、一緒にドライブに行ったり、こういう感じでこういうシーンだったらと想像を掻き立てる様な感じがします。

無論、これはメルセデス・ベンツに限ったことではなく、BMWも同じようにライフスタイルの提案行なっていたりします。例えば



これはBMW 7シリーズですが、BMW Magazine(France版)内ではBMW 7シリーズの場合に似合うライフスタイルの一つの提案としてジョルジオ・アルマーニのスーツやドレス、エルメスの蝶ネクタイだったり、あるいはBMWで行ってみたい場所として



Hotel du Castellet



France MegeveにあるChalet

だったり等、無論誰もがこの様な場所にいけるわけではないですし、買えるわけでもありませんが、一つの夢を売るというのがこれらプレミアムメーカーのブランド戦略であるような感じがします。
それに対して今回、話題になっているのはこちらでして。

【お台場学園祭2012】ミスキャンパス候補が考えたドライビングファッション[写真蔵]

若者にクルマやバイクの魅力を伝えるイベント「お台場学園祭2012」。10月14日の最終日、イベント会場ではクルマをテーマにしたファッションショーが開催され、東京大学、慶應義塾大学、立教大学、青山学院大学、東洋大学のミスキャンパス候補者が登場した。

最終日2回目のファッションショーのテーマは「マイドライビングファッション」。“このクルマをオシャレに運転するならどんなファッションでキメたいか?”と、「スポーツカー」「4WD/SUV」「エコカー」「ミニバン」「バイク」をテーマに、各ミスキャンパス候補者がファッションを考えた。

ショーではそれぞれ、ミニバンで行ってみたいリゾートファッションや、スポーツカーをイメージしてレザーを取り入れたスタイリッシュなファッションなど、自分が乗ってみたい憧れのクルマやクラシックカーをイメージしたファッションが披露された。

Carviewより

まず、評価できる点としては、ファッションという概念から車、カーライフと向き合ったという事でしょう。
何しろ、今まで日本メーカーにはなかったものですから。
問題となっている点は

カーライフではなくドライビング=運転という概念でこのファッションショーを行ったことでしょう

記事の後半にも書かれているように

> ミニバンで行ってみたいリゾートファッションや、スポーツカーをイメージしてレザーを取り入れたスタイリッシュなファッションなど、自分が乗ってみたい憧れのクルマやクラシックカーをイメージしたファッションが披露された。

この点を重視するのであればドライビングではなくカーライフファッションという風にすれば物議は起きなかったとおもいます。とは言っても物議を醸す=話題になるということなのである目線から見れば成功なのでしょうけど。
ただ、あまりにもドライビングとはかけ離れた服装も出ているので、ドライビングにしたいのであれば一つのガイドラインを用意しておくべきだったと思いますし、ドライビング+ライフスタイルというのであれば無難にカーライフファッションという風にした方が良かったと思います。

もう一つの問題点としては個人的には

潜在顧客からアイディアを募る(=提案される側=受け身な姿勢)

という点だと思います。本来、自動車メーカーと言うのは夢を売る=日常を非日常的にすることだと思うのですが、このファッションショーを見る限り、どうもアイディアを募る側に回ってしまったことだと思うんですよね。確かにこういう事を行えばメーカーは顧客の意見を積極的に聞くというイメージはつくかも知れませんが、逆に夢を売るという行為からはかけ離れているような感じがしてなりません。
例えばトヨタの86やマツダのロードスターの人気が高いのか。単に価格やデザインだけの問題だけではなく

乗って楽しいだけではなく、カスタマイズ可能等一つのカーライフ、ライフスタイルを提案している

からだと思います。具体例としては



まずトヨタ主催のFuji86Styleの様な86に特化したイベントでカスタマイズ性の高さやドレスアップコンテスト、あらゆるシチュエーションに合わせたスタイルが可能だということをアピールしています。
また、動画はないのですが、以前BS朝日で放映されていた

新しい道をゆこう

以前、たまたま飛行機内で上映されていたのですが悪くないと思いました。主役となる車はトヨタのカムリ・ハイブリッドで、行き先は軽井沢だったり、金沢だったりするのですが、自分が見たのは軽井沢編だったのですが、非常に車とマッチした場所だったりしたので、こういう車でこういう場所に行きたいなぁと思わせるような作りだった記憶があります。
それに引きかえ、今回のこの企画というのはどうも

一部のごく限られた人間の要望を取り入れる=ある種の歪んだ現実路線を取り入れる

という感じしかしません。つまり日常のものをどこまで取り入れられるかということなので夢というものがわかない感じがします。
例えば今回のファッションショーのテーマにもなっているスポーツカーやSUV、エコカーというのであれば単に女子大生のファッションだけではなく、どれだけその車に合っているかというのも引き合いに出すだけでもかなり違ってくると思うんですよね。
例えば86ならこんなファッションだったりとか、CX-5ならこんなファッションとか、GT-Rならこんな服装だとか、そうするだけでもかなり違ってくると思うんですよね。実際にその場に居たわけではないのでなんとも言えませんがせっかくスクリーンがあるのですから、事前にロケを行い、映画なり写真なりを流してからキャットウォークを歩かせたりしたらまた効果も違ったと思うんですけどね。例としてはこんな感じで







つまりは潜在顧客からの提案を利用して逆にメーカーが作っている車にあうファッションとはこういう感じであるというふうにすれば、またイメージも違ったと思います。
ただ、今回のお台場学園はいろいろな角度から車やカーライフと向かい合った試みだと思うので個人的には評価できる点は多々ありますし、また反省点もあるのでそれを踏まえた上で次回につなげていただければと思います。
Posted at 2012/10/17 22:15:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 起業・ビジネス | 日記
2012年09月22日 イイね!

感動なき商品に価値等ない

時計のデザインを丸パクリ! 「iOS 6」から追加されたiPad用時計アプリにスイス連邦鉄道が怒っているそうです

どうも@kuroji1987です。

「iOS 6」からiPad用に新しい時計アプリが追加されました。

iPhone用のものと違って白を基調としたデザインが印象的だったわけですが、実はこれスイス連邦鉄道の3,000ヶ所以上で採用されている鉄道時計のデザインを丸パクリしたものだったのだそうです! これはまずいw

ちなみに下の画像がスイス連邦鉄道のもので、トップの画像がiPadの時計アプリです。完全に一致してますな。

この時計のデザインは、スイス連邦鉄道のエンジニア兼デザイナーだったハンス・フィルフィカーが1944年に作成したもの。その後MONDAINEという時計メーカーが正式なライセンスを受けて商品化しています。

Appleは許可を取る必要が無いと考えていたみたいなのですが、スイス連邦鉄道がかなりお怒りのようで法的措置も考えているのだとか。

あーあぁ、色々大丈夫なのかiOS 6!!

Nanokamo Blogより

先ほど自分のiPadで確認しましたが写真通りまんまパクリでした(;´Д`)
ただ、これだけではなく、Jobsの死後、どうもApple製品の魅力が薄れている感じがします。理由はいくつか有るのですが

これがiPhone5の姿!? 日本発のiPhone5流出写真が世界で話題に!!

記事は7月31日の物ですが、ジョブズ時代にはあり得なかった流出が起きていた時点でサプライズと言う物が薄れ発表されてもあまり感動を覚えませんでした。
逆にRetina Display搭載版Macbook Proは噂には出ていましたが実物をみると感動しました。

また、iOS6に関しても地図の出来の悪さ等が重なり、今までのAppleでは考えられない様な事がおき始めており、正直これでは商品に対する魅力も半減と言う感じがしてなりません。

以前、アップルストアの方針について懸念を示しましたが、段々現実になりつつ有る様な気がしてなりません。



フランスではiPhone 5発売日にアップルストアの店員によるストライキがあり、労働条件の劣悪化を問題点として挙げられております。

どうも今のAppleは利益重視になっているような気がしてなりません。こうなると衰退の序章と言っても過言ではないでしょう。これは何もAppleに限る事ではなく

CEOは人民解放軍出身 海外で警戒されるルーターを扱う国内電話各社

こういう物を利用や販売したり

【遺憾】中国アウディ販売店の「日本人は皆殺しだ!」横断幕は事実だった / 日本&ドイツアウディが公式コメント「誠に遺憾」

こういう問題を一ディーラーの問題と矮小したり、政治や外交から距離を置くと言うだけでは済まされない問題です。
前者のファーウェイ商品に関しては既に懸念されている事であり、いくらファーウェイが安いとはいえ、こういう物をキャリアレベルで使ったり、あるいは売ったりと言う時点で問題が有りますし、AUDIに関して言えば、この問題を単なる政治や外交問題では済まない問題で、誠意なき対応はブランドイメージを失墜させる事になり、商品としての魅力も無くなります。

魅力や感動のない商品やサービスに価値等有りません。

ましてやそれに伴って失った信用を取り戻すのはなお、難しいでしょう。今後のApple商品もそうですが、AUDIもブランド力で成り立っている以上、失墜する恐れは高いと思います。

逆に言えば、こういうタイミングこそ、日本メーカーにとって好機でも有るんですけどね。ただ日本メーカーもどこまでこのチャンスを活かせるか…ただ、海外ではSONYのXPERIAが再評価されつつ有りますし、車ではマツダとトヨタが再評価されつつ有りますからね。チャンスを活かす事こそ日本製品に対する再興に繋がると思うのは自分だけでしょうか。
Posted at 2012/09/22 01:10:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 起業・ビジネス | 日記
2012年09月12日 イイね!

一期一会の精神を忘れてはいけない

この記事は、マツダ ロードスター トラブル奮闘記。について書いています。

一期一会

デジタル大辞泉の解説
いちご‐いちえ 〔‐イチヱ〕 【一期一会】

《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。

大辞林 第三版の解説
いちごいちえ【一期一会】

① 〔茶会に臨む際には,その機会は一生に一度のものと心得て,主客ともに互いに誠意を尽くせ,の意〕 一生に一度だけ出る茶の湯の会。 〔千利休の弟子宗二の 「山上宗二記」 にある 「一期に一度の会」 とあることによる〕
② 一生に一度だけの機会。

コトバンクより引用

TB先ではマツダの事を取り上げていますが、実際にはマツダのみならず、先に取り上げたApple Store、そして自らの起業やそれ以外のビジネスにも通用するので、あえてカテゴリは起業・ビジネスにしました。

まず車やパソコンの様な比較的高額な物を購入する際、何が一番重要でしょうか。
根本的には需要ですが、その需要の中身を掘り下げていくと大まかに言えば

1)必要性がある
2)嗜好性で購入する

大体この二つ分類にわけられると思います。
必要性の場合、必需性が高い以上、求めている機能を果たすと言う事が重要となります。逆に嗜好性の場合は機能もそうですが、それ以外のプラスαを求めているが、必ずしも即必要とは限りません。

具体例を出せば

必要性:冷蔵庫や炊飯器等の白物家電、商用車等
嗜好性:スポーツカー

しかし、実際のニーズを見てみると必要性の中に嗜好性が高い物を求めている人も多いですし、嗜好性を求めている人もある一定の機能を果たして欲しいという、まぁ欲張りな方向性に進んでいると思います。
例えば炊飯器であれば単にご飯が炊けるだけではなく、プラスαの機能が入っていてかつ値段が安ければ尚良しと言う感じですし、車であればただ物や人を運ぶだけではなくデザイン、ユーティリティーが高い物が欲しいと言う兆候がありますし、パソコンであればパソコンと言う機能+デザインが求められている感じがします。

白物家電の場合はお試しと言う事は難しいと言うか出来ませんが、車やパソコンの場合はディーラーや販売店に行けば体験出来ます。

ではいざ、購入、あるいは購入を視野に入れて出向いてみるとします。例えばマツダのCX-5を試したいと思ったがディーラーではぞんざいな扱いをされたり、あるいは以前、マツダ車を保有していたがディーラーの態度やメーカーのスタンスが悪ければ当然、試す事すら躊躇するでしょう。パソコンであれば、いざショップに出向いても、物が触れなかったり、自分が欲しいと思う物ではなく、販売店にとってプラスになる物を売りつけられたりすると当然その体験はマイナス方向に向かい、いくら商品が良かったとしても、既にマイナスの目で見てしまう以上、買って大丈夫かなと言う様な不安が過る以上、購入に躊躇するのは自然な流れです。

また、仮にディーラーや、ショップに悪い評判が有ればどれだけ店構えが立派でも、お客が入る可能性が減りますからね。
なぜ、こういう事が起きるのでしょうか。

心理的に不安を覚えるとそれを避けたくなるのは人間として自然な行動です。実体験であれ、あるいは評判であれ、マイナスのイメージが一度ついてしまうとそれを払拭するのは非常に難しいのが現実です。
それ故に口コミというのは企業、特に個人を相手にしている所では最も恐れられている物だと思います。

なぜそういう事が起きるのか?根底にあると考えられる物は

利益重視

だと思います。民間企業である以上、利益を出さなければ会社として成り立たないのは当然です。しかし、利益を出す為にはまず商品やサービスを知ってもらわなくてはなりませんし、その為にもファーストコンタクトと言うのが最重要事項だと思います。そこで出てくるのが最初にも書いた

一期一会の精神

これが物を言うと思います。全ての顧客がクレーマーではないですし、かといって全ての方がそこで買ってくれる訳でもありません。
あまりにも過剰に潜在顧客に対し反応しすぎると従業員が疲弊しますし、かといってあまり従業員ばかり見ていても潜在顧客にとって必ずしもプラスになる訳では有りません。

その良い例が、自分が購入したBMWディーラーと、現在メンテしてもらっているBMWディーラーの違いだと思います。
購入したディーラーはあまりにも利益重視のため、顧客は5シリーズ以上に乗っているのが顧客としか見ていませんでしたし、何よりも定期的に買い替えてもらったり、下取り価格ばかり気にして、本当にユーザーが欲しい物を薦めているとは思えません。つまり根底には自社の利益のみを中心として考えています。

逆に現在のBMWディーラーは本当なら買い替えて欲しいと思っているでしょう。しかし、ここで無理に買い替えを薦めるより、今は、BMWと言う車(商品)とディーラーのファンになってもらい、買い替え時は指名で購入されたいというのが今のディーラーの態度として出ています。また、その人にとって最初で最後のBMWかも知れないと言うのが頭に有るのでイベントとかに参加しても決して無理に買い替えを薦めては来ません。

実際、最近いつも行くゴルフ場でイベントが開催されたのですが、購入したディーラーがスポンサーとなっていました。購入した時の担当者がその場にいたのですが、開口一番、いつ買い替えるのですか?と聞いてきた時はぶち切れたので、あんたの所、出入り禁止になっているから行く気もないし、お宅で買い替える気もないし、メンテも他のディーラーでやってるからと言っても悪びれずにああそうですかなんて言う始末ですからね。こんなのがいるのであればいつまでたってもあそこのファンになる客は少ないだろうなぁと思いました。ただ、そこの営業課長も会いましたが、こちらは大分、態度が温和になっていました。こういう風に改めるべきは改める態度が出ていれば、こちらも鬼でない以上、再考する余地もあるんですけどね。

会社と言う組織を維持するにはただ闇雲に人を雇うのではなく、教育もしっかり行わないとあっという間に足下が揺らぐと言う事を再認識しました。自分もそうですが、多くの大企業も今一度本質を見直し、潜在顧客にとって最良の体験とはなんなのか、その時の体験が最良な物であったかを常に念頭に入れて行動しないと、作り上げた信頼と言うのはあっという間に消えますし、リピーターになってもらう為にもそのときに出来うる最善を尽くさなくてはいけないと思いました。

自分も慢心せず、常に向上心を持ちながらも改めるべき所は改め、持ち味は伸ばすそういう基本を忘れずに起業したいと思っております。実際、中小零細企業の方はこの辺を良く認識していると思います。その良い例がこちらの会社だと思いました

日美印刷

こちらの会社に自分の名刺のデザインと印刷をお願いしたのですが、非常に最良の体験でしたし、今後もこちらの会社を利用したいと思いました。最後に物を言うのは印刷技術もそうですが、人だと言う事を認識しましたね。営業の方も現場の方も非常に意欲を感じられました。何度も変更をお願いしたのですが、嫌な顔もせず、真摯とこちらと向かい合って作って頂いた名刺は本当にすばらしい出来です。
またそういう姿勢が、この会社で作っていただきたいと言う決め手になったのは言うまでも有りません。
フランスで起業するにしろ、日本で起業するにしろ、名刺は自分と自分の会社を表す物ですから、妥協したくなかったので、日美印刷様に作って頂いた名刺は本当にすばらしい仕上がりだと思っております。

自分も起業した後は、うちに任せてよかったと思われる様なサービスや商品を提供したいと思いました。
Posted at 2012/09/12 21:49:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | 起業・ビジネス | 日記
2012年09月06日 イイね!

自ら作り上げたブランドを潰すつもりなのか

アップルストアが「利益中心」方針に?

 ジョブズ氏の死去後、2001年からリテール部門を担当してきた役員がアップルを去り、安売りで有名な販売チェーンの出身者が担当役員となった。情報筋によると、アップルストアでは「顧客体験よりも利益」の雰囲気が醸成されてきているという。

 アップルストアは、しばしばデザインとカスタマーサーヴィスの最高水準とされ、単位面積あたりの売り上げは、ティファニー、コーチ、ラルフ・ローレンなどの高級店を上回る。1平方フィート(929平方センチ)あたりの売り上げは5,626ドルで、商店街の平均である341ドルの約17倍だ。

 しかし、ほかの販売チェーンの大半を上回ってはいるものの、アップル・リテール部門の利益幅は22%しかない。また、販売の数字はオンライン販売などほかの販路に見劣りする。こうしたことから、ティム・クック最高経営責任者(CEO)とピーター・オッペンハイマー最高財務責任者(CFO)はこの数年間、2001年からリテール部門を担当してきたロン・ジョンソンに対し、アップルストア戦略の変更を迫っていたようだ。2011年にスティーブ・ジョブズ元最高経営責任者(CEO)が死去した後、ジョンソン氏がアップルを退社すると決めたのはそのためだという意見もある。

 「ifoAppleStore」の記事によれば、2011年6月にアップル社を去ったジョンソン氏のあとを継ぐ形で、今年2月にリテール担当シニアヴァイスプレジデントに就任したジョン・ブロウェットは、アップルストアの経営方針を大きく変更する可能性がある。

 ブロウェット氏は、Dixons Retail社の元CEOであり、イギリスを中心としたパソコン販売チェーン「PC World」や家電販売チェーン「Currys」を経営してきた人物だ。これらのチェーンの評判は芳しくないが、アップルストアがそれらのコピーになろうとしているのではないかという恐れがあるという。

 ブロウェット氏が、忙しくなる連休の直前にアップルストアの人員を削減したことについては、アップルは間違いだったと認めた。いったん解雇された従業員たちは再雇用された。しかし、残業時間にはまだ制限があり、パートタイムの従業員は、いまも最低時間しか勤務できていない(週に10時間のみだ)。また、ブロウェット氏が実施しようとした「スタッフ配属の新原則」の一部として格下げされた従業員は、以前の肩書きに戻れていない。

 さらに悪いことに、顧客向けのワークショップやトレーニングセッションの縮小や削除が行われるようだ。デモやトレーニングのための場所だったスペースには周辺機器の棚が並べられ、販売スペシャリストは、雑多なアイテムの販売を増やすように命じられているという。

 販売スペシャリストの仕事は、ハードウェアに追加して売ることができるアクセサリーの数などで直接的に評価されるようになる。この新しい評価指標の下では、販売担当者は、「MacBook Air」を購入しようと来店した客に、ケース、ハードディスク、「AirPort」ベースステーションなどの購入を働きかけることが求められるわけだ。

 さらに、アップルストアの魅力だった清潔な美しさも損なわれるかもしれない。ifoAppleStoreの情報源によれば、店舗のメンテナンス予算が削られており、ストアが「うす汚れ、魅力的でなくなる」可能性があるというのだ。

 ifoAppleStoreの情報源によれば、ジョブズ元CEOがデザインチームを優先させていたのに対し、クック現CEOはそれらのアイデアをもとに焦点を絞り、容赦なく利益を追究するという業務を担当してきた(日本語版記事)。クックCEOはそのアプローチをリテールにも導入し、「顧客でなく、売り上げと利益」に焦点を当てようとしているという。

 クックCEOが実際にそのような方針でいるのかどうかはわからない。ブロウェット氏の就任に際してクックCEOは、「アップルのリテールストアで何よりも重要なのは顧客サーヴィスだ。ジョン(ブロウェット氏)は、われわれがこれまでに会ってきたほかの誰よりも、そのコミットメントを共有する人物だ」と述べている。しかし、Dixon社における同氏の履歴は不安を誘うものだ。

 アップルストアは、クックCEOの要求する利益への貢献こそ少ないかもしれないが、そこで生み出されている評判と好意は、四半期ごとに出される損益計算書上のわずかなポイント以上の価値があるはずだ。

産經新聞より

これが事実だとしたら、自分たちで自らの首を絞める行為にしか思えません。

> アップルストアは、しばしばデザインとカスタマーサーヴィスの最高水準とされ、単位面積あたりの売り上げは、ティファニー、コーチ、ラルフ・ローレンなどの高級店を上回る。1平方フィート(929平方センチ)あたりの売り上げは5,626ドルで、商店街の平均である341ドルの約17倍だ。

自分も何回か行った事ありますが、Apple Storeに行けばApple商品の最新の物に触れられます。たとえば、今回発売された

Mac Book Pro Retina Display搭載モデル

OS X Mountain Lion

このどちらも発売後には用意されており、Apple Store内にある全てのMacがMountain Lionに書き換えられており、最上かつ最良の体験が出来ました。また台数も豊富なのでMac Book Proのみならず、Mac Book Air、Mac Mini、Thunderbolt Display、iMacなどあらゆるApple製品があるのでこういう組み合わせにしたらどうなるのかとか想像や欲しいと思える願望も強くなります。
ところが、某家電量販店にあるAppleショップに訪れてみると

Mac Book Pro Retina Displayがおいてある所とおいてない所がある
Mountain Lionは非搭載
物によっては半分壊れた様な状態になっている

これではいくら商品が良いとしても最良の体験を得られるとはとても思えません。
Jobsが推進したのは大量に売る事ではなく、気に入ってもらう事、Macを使うと言う事がユーザーに取って最高の体験を得ると言う事を目指したのですが

>  さらに悪いことに、顧客向けのワークショップやトレーニングセッションの縮小や削除が行われるようだ。デモやトレーニングのための場所だったスペースには周辺機器の棚が並べられ、販売スペシャリストは、雑多なアイテムの販売を増やすように命じられているという。

これでは某家電量販店と何の変わりもないですし、ましてやJobsの名言の一つである

墓場で一番の金持ちになることは、私には重要ではない。夜眠るとき「我々は素晴らしいことをした」と言えること、それが重要なんだ。
(Being the richest man in the cemetery doesn’t matter to me … Going to bed at night saying we’ve done something wonderful… that’s what matters to me.)

これに完全に反しているとしか言えません。利益ばかりを追求し、最終的には駄目になったケースはいくらでもあります。具体例を挙げれば

奥田一派時代のトヨタ
ストリンガー以降のソニー
パナソニック

例を上げれば切りがないでしょう。また、トヨタが再興しつつ有るのは他でもない、創業家の人間である豊田章男氏のおかげですし、AppleもJobs追放後、倒産寸前に陥り、Jobsが立て直したと言っても過言ではないでしょう。
確かに、Apple Storeの利益幅は少ないかも知れませんが、しかし最良の体験が口コミで広がり、新たな顧客を呼び、少しずつながら顧客を増やした、これは紛れもない事実であり、実際大幅にApple製品が伸びたのは間違いなくこの体験でしょう。

しかし、今度Appleが苦境に陥った際、もうJobsはいません。その際、座して死を待つと言う事になるのではないかとしか思えません。
Posted at 2012/09/06 19:22:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 起業・ビジネス | 日記
2012年07月11日 イイね!

志村けん商法 - 高齢者社会で生き抜くには

平和堂/買い物代行サービス開始

平和堂は11月1日から、地域貢献事業「平和堂ホーム・サポートサービス」を本格始動した。
少子高齢化や地域コミュニケーションの希薄化などの社会環境の変化により、地方都市でも毎日の生活で不便な人が増えていることに対応したサービス。
ホーム・サポートサービスとして、まずは「買い物代行サービス」を実験的に9月1日から創業店の「彦根銀座店」で開始した。
開店時は、彦根銀座店から1km圏内の5500世帯を対象に会員募集をし、食品から日用雑貨まで、彦根銀座店で販売している全商品を対象に電話とFAX注文に対応し、配達時に自宅で精算できる仕組みを採用した。
当初は買い物代行サービスとして開始するが、将来的には商品配達時に切れた電球を交換するなど、買い物代行以外のサービスも、利用者からの意見・要望を基に検討する計画だ。
店頭のほか、平和堂の社員が訪問して会員受付をし、年会費は1000円で利用料金は金額に関係なく1回当たり105円。営業日は月曜から土曜で、日曜と正月2日間は休み。
平和堂ホーム・サポートサービス概要実施店舗:平和堂彦根銀座店(9時~20時まで受付)対象地域:店舗周辺の30町丁字目注文方法:電話とファックス、注文時間は9時~10時30分配達方法:冷凍冷蔵軽トラックで12時30分から配達取扱品目:彦根銀座店取り扱い商品全て(チラシやホーム・サポートサービスカタログ商品も含む)決済方法:現金または平和堂商品券

流通ニュースより

お墓参りサポート
料金
お客様お迎え時から60分以内4.550円
延長料金 以後30分毎2.050円

■お墓参りの送迎をさせていただくサービスです

■あか桶、お花、お供え物等の介添えをお手伝い致します。

■送り先&お迎え先は東京23区内、武蔵野市、三鷹市限定サービス

KM Anzen Taxiより

自転車サポート

雨天、猛暑、雪道・塾帰りの子供・飲酒後の帰り・深夜の帰り等にご利用下さい。

初乗料金 自転車に関して無料
積載量 1台

長野タクシーより

いくつかのサービスを掲示しましたが、これらのどこが志村けんと繋がるのか疑問に思った方は多々いらっしゃるかと思います。





志村けんのコントを載せてみましたが、大抵の方は志村けんやドリフのネタを見れば爆笑する方は多々いらっしゃるでしょうし、子どもから大人、お年寄りまで笑う人は多々いると思います。
むしろ最近の芸人でお年寄りまで笑える物ってあんまりないと思うんですよね。

何故かと言うと、志村けんのネタってマンネリ気味かも知れませんが、子どもからお年寄りまでわかりやすいネタなんですよ。

つまり、お年寄りに受け入れられるサービスを提供するのは子どもまで受け入れられるんですよ。それ故に、おいらが勝手に命名したのですが、こういう幅広い方に受け入れられるサービスを提供する事こそ、今のご時世を生き抜けるのではないのでしょうか。無論やり方次第では事業者、消費者ともに利益を得られますからね。

例えば一番最初に出た平和堂のホームサポートサービス。
これだと、子育て中のお母さんや、腰を痛めている方、免許の無い方やお年寄りにとって暮らしを豊かにしてくれますし、便利になります。特に地方や過疎化している所でも便利になります。

メリット:安価で質の高いサービスを提供する事でファンになり、リピーターになる。事業主に取っては定期的な収入を得られる可能性がある。課題は如何にサービスを維持し、更なるサービスを提供出来るか、提供地域の拡大と如何に人材を維持するか

次にKM安全タクシーのお墓参りサービス。
これはどちらかと言うと都内や都市部にとって便利だと思います。特に歩けなくなったお年寄りや、車の無い方等、これも幅広い範囲に及びます。

メリット:完全貸し切りでお墓参りにいける上に、色々なサービスを受けられる。料金がメーターではなく時間で課金されるのでいくら費用がかかるのか考えなくていい上に、時間計算をあらかじめ算段しておけば予算が組める。しかもドアツードアなので、顧客にとってメリットは大
事業主にとっては流しで客を捜すよりも確実に収入を得られる事ができ、質の高いサービスを提供する事でリピーターが出てくる。課題は如何にこのサービスを維持出来るかどうか。特にタクシードライバーは入れ替わりが激しいので、サービス維持が難しい可能性がなきにしもあらず。

そして長野タクシーの自転車サポートサービス。
朝、自転車でどこかに出かけたのは良いけど、帰りは大雨が降ったり、猛暑だったり、雪道だったり、あるいは単にスポーツ等して疲れきって自転車に乗りたくない場合等、様々なケースが想定されます。その場合タクシー料金だけで自転車一台を運んでくれると言うのは非常に大きいです。これならばお子さんや主婦の方、お年寄りまで受け入れられると思います。

メリット:顧客にとっては便利、事業主にとっては、荷物の延長なので少ない投資でサービス展開が可能。課題はドライバーの腰痛対策。なにげに自転車は重いので、どこまでドライバーの腰に負担をかけすぎないか。(常時座っているので、腰痛になりやすい上に重量物を載せる際に過度の腰への負担が懸念される)

ビジネスチャンスと言うのはアイディアさえあれば意外な所に転がっている。そんな感じがしてなりません。
ちなみに元ネタはガイアの夜明けを元に書いてみました。
Posted at 2012/07/11 21:22:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | 起業・ビジネス | 日記

プロフィール

「ジムニーとアルトワークス乗り比べてみた http://cvw.jp/b/205797/43092182/
何シテル?   07/27 00:29
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
シトロエン BX シトロエン BX
一番楽しかった上に、一番もったいない事した車でした。 乗り心地は最高、ただし、小さな故障 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.