• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2011年04月18日 イイね!

信用できない工程表

関係者も愕然!東電“嘘っぱち”工程表「あくまで希望的観測」

 放射性物質の漏出が続く福島第1原発について、東京電力は17日、事態収束に向けた「工程表」を発表した。放射線量の着実な減少(ステップ1)に3カ月、放出を管理し、線量を大幅に抑制する段階(ステップ2)までは最長9カ月かかる見込みという。しかし、深刻な事態が続く1-4号機周辺は、依然高い放射線濃度を記録しており、作業員が近づくことさえ不可能。放射性物質を含む水や蒸気の漏出箇所も特定できておらず、関係者は「(工程表は)あくまで希望的観測」と自嘲している。

 「少しほっとしたが(6-9カ月は)大変長い期間だと思う。ようやく少し先が見えたという感じだ。収束後から村が再建されることになる」

 政府と東電の“泥縄”で示された計画避難に揺れる福島県飯館村の菅野典雄村長は、東電が発表した工程表を受け、複雑な表情を見せた。しかし、実際に現場で復旧作業に従事する原発関係者の多くは、「こんなに早期に冷温停止状態に持っていけるとは思えない」と語る。工程表は、関係者の多くが愕然とするほどの“楽観的観測”というのだ。

 そもそも、こうした工程表を作成するうえでは、各原子炉の損傷状況の詳細な把握が不可欠。しかし、建屋近辺や内部はいまだ高い放射線量が示され、とても人間が作業できる状態ではない。原子炉や燃料プールの現状は未確認のままで、汚染水の漏水が完全に止まったかどうかも判然としていない。タービン建屋の地下だけで6万トンに及ぶ汚染水の保管場所すら定まっていないのが実情だ。

 「一連の爆発で1、3号機は格納容器、2号機は格納容器につながる圧力抑制室の一部が損傷している可能性が高い。だが、注水作業が続く中、総延長数十キロに及ぶケーブルや配管をかきわけて損傷箇所を特定するだけでも至難の業。さらに、燃料プールに漏水があった場合、格納容器と異なり外側からの補修は困難なことから、数カ月ですべての穴を塞ぐというのは希望的観測に過ぎない」(原発作業員)

 こうした声を裏付けるように、工程表の確度を追求された勝俣恒久・東電会長は、会見の席上、「(事故の)収束は成功するのではないか。自信がないが…」と、しどろもどろに。一方、菅直人首相は、「これで一歩前進かな」とまるで他人事のようなコメント。最長9カ月の事態収束は完全に絵に描いた餅だ。

 ほかにも、リスクを数え挙げればキリがない。東電関係者はこう語る。 「燃料ペレットの損傷状況は未知数で、今後も断続的に小規模な再臨界が生じて急激に放射線量が増加する可能性も否定できない。だが、工程表はこうした際の作業員の退避方法や抑制手法に一切踏み込んでいない。格納容器の損傷を補修する前に燃料域上部まで水を満たせるかどうかも分からない。当然、作業員の安全はまったく担保されていない」

 史上最悪といわれるチェルノブイリ原発事故(レベル7)で、米共同調査チームの代表を務めたジョージア大のチャム・ダラス教授は、放射性物質の漏出を止めるまでに「1年は必要」と工程表よりも厳しい見方を示しているが、これはあくまで巨大余震のリスクを度外視したもの。福島第1原発が建つ福島県浜通りは、約1週間前にも最大震度6弱の余震が2回、5弱が3回発生。先月23-24日にも5強を3回観測するなど、強い余震に見舞われている。

 東電は工程表の中で、今後の作業の障害となり得る9つのリスクを示した。すでに存在するリスクとして、水素爆発が再度発生することと、原子炉格納容器の損傷箇所の密閉作業が長期化することを挙げたほか、原子炉の冷却に必要な電源が余震や夏場の雷で一部喪失することも挙げている。 また、放射線レベルが高い場所での作業の長期化や、高濃度の汚染水を保管する施設の設置遅れなども懸念している。

 その後に続く第2段階でも、放射性物質の放出を抑えるために原子炉建屋全体を覆うカバーが巨大台風で破損する恐れを想定。つまりはリスクだらけ、ということだ。

 日本戦略研究フォーラム復興支援・国際連携室室長の唐川伸幸氏は、「工程表は、内部の損傷の状況を最小限に見積もっている。原子炉の冷却を最優先にする一方、放射能そのものの抑制は後回し。それだけ、作業員や住民の生命を危機に追いやっていることになる。米国は冷却だけで2~3年かかるとみており、政府や東電の認識の甘さがうかがえる」と話している。

Zakzakより



東京電力から工程表が発表されましたが、こちらのメディアなどでは非常に懐疑的な目で見られております。

何しろ無能無策で嘘をつきまくった政権と東電の工程表を信じるなど難しい上に、こちらの専門家の意見だと9か月で事態が安定するなどとても楽観的すぎるというのがこちらの見解です。

ただ、民間レベルでは日の丸をつけたシャツを着た人や、会う人達から、日本国民なら必ず復興できるという言葉、心配しているという意見を多数聞いております。

つまり国家レベルの信用は失っても民間レベルでは日本国民と日本人を信用し、支持している方が海外にも多数いることだけは知っていただきたいと思います。
Posted at 2011/04/18 18:59:18 | コメント(8) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記
2011年04月18日 イイね!

そのODA、誰のために使われる?

超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
2011.4.14 10:39

 民主、自民両党など超党派の有志議員が14日午前、国会内で会合を開き、東日本大震災の復興に向けた平成23年度1次補正予算案の財源として検討されている政府開発援助(ODA)の2割削減への反対で一致した。同日中にも菅直人首相あてに再考を申し入れる。

 会合は自民党の中村博彦参院議員が全国会議員に呼びかけ、同党と民主、公明、みんな、たちあがれ日本、新党改革の各党から約20人の議員が参加。中村氏は会合後、「復興支援はやぶさかではないが、ODAが人道上、大切なのは復興と同じだ。一銭たりとも削減できない」と述べた。

産経新聞より

ODA削減に慎重=仙谷副長官

 仙谷由人官房副長官は14日、東日本大震災の復旧・復興財源として政府・民主党内で検討されている政府開発援助(ODA)予算の2割削減について、「(ODAは)今まで国家として徳を積んできた日本がなすべきことだ」と述べ、慎重な姿勢を示した。仙谷副長官と首相官邸で会談した自民党の中村博彦参院議員が、記者団に明らかにした。
 中村氏は超党派の勉強会を代表してODA予算削減の撤回を要請。仙谷副長官は「(大震災では)これまで日本が援助してきた国からも支援を受けている。(要請を)政府として重く受け止める」と応じた。(2011/04/14-20:11)

産経新聞より

ODA削減、2割から1割に…復興財源捻出

 政府・民主党は16日、東日本大震災の復旧に向けた2011年度第1次補正予算案の財源として検討していた政府開発援助(ODA)の2割削減について、党内の反発が強いことから、1割削減(約550億円)にとどめる方針を決めた。民主党幹部が明らかにした。

読売新聞より

この時期にODAの話題が出てくるというのはちょっと想定外でしたが、まぁ議論されても当然でしょう。

ODAが適切な国に適切な使われ方がされれば国益なのですが、問題は民主党がこのODAをどこの国に使うかが問題だと思います。

丹羽大使が対中ODA強化要請 関係改善めざし外務省に 

反日国にODAを注ぎ込んでも感謝されるどころか、むしろ支那の様な国では関係改善どころか集られる一方でしょう。

逆に台湾やトルコ、インド、インドネシア、タイなどの様な親日国や知日国に使えば今回の様な時でも支援の輪につながります。

ODAに関しては削減の賛成反対よりも、どこの国に、どのように使われるかというのをまず議論すべきではないのかと思います。

確かにODA削減した分の金額を被災地に回すのは当然のことだと思いますが、戦略的な意味合いもあるODAをむやみに削減するのもいかがなものかと思いますし、削減した分がパラオやタイ、インドネシア、トルコ、ニュージーランドの様な親日、知日国枠ならとんでもないことだと思います。削減するならばまずは反日国へのODAを削減するべきだと思いますし、それ以上にどこの国に使いたいのか、その辺をメディアは伝えるべきだと思いますが、伝えないでしょうね。何しろ現政権といい、メディア、媚中、屈中が多いですからね。
Posted at 2011/04/18 18:13:35 | コメント(10) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記

プロフィール

「[整備] #リトルカブ ドリブンスプロケット交換+ハブダンパー交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/205797/car/2270589/5333793/note.aspx
何シテル?   05/26 22:24
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.