• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2010年02月28日 イイね!

今日の歌 - One more things

Posted at 2010/02/28 08:42:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ネタ・その他諸々 | 日記
2010年02月28日 イイね!

今日の歌







Posted at 2010/02/28 07:43:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ネタ・その他諸々 | 日記
2010年02月28日 イイね!

フィギュアスケート - 審判の選び方に問題はなかったのか?

フリー審判に韓国人&カナダ人

 フィギュアスケート女子の浅田真央(19)=中京大=が25日(日本時間26日)、最終決戦のフリーに出場する。ショートプログラム(SP)で成功させたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度跳ぶ予定で、合わせて3度決めれば女子で史上初というギネス級の快挙。SP首位の金妍児(19)=キム・ヨナ、韓国=を逆転し、銀盤の女王の座を手にしてみせる。

 ライバル対決を裁くフリーの審判員は9人。抽せんによって決まったメンバーの中には、金妍児の母国・韓国と、3位につけるロシェットのカナダの審判員が含まれている。一見、真央には逆風のようにも映るが、残る7人がすべて欧州出身の審判員というところにプラス要素がある。

 男子では、4回転ジャンプに挑んだプルシェンコ(ロシア)が、完成度を追求したライサチェク(米国)に敗れたことで、技術追求の欧州Vs完成度の北米、という対立構図が生まれた。技術力のある真央には追い風だ。また、ある日本人審判は9人の大半が女性であることに注目。「男性審判は金妍児の妖艶な演技に得点を高く出しがち。女性が多いのは真央に有利」と話した。

サンケイスポーツより

五輪女子フィギュア 謎の韓国人審判の笑顔

26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

確かにキム・ヨナの演技はSP、フリーとも素晴らしく、金メダルに相応しいものだった。浅田真央もトリプルアクセルを3回も決めるという史上初の快挙を成し遂げたが、細かいミスがあり、演技力や表現力といったところはキム・ヨナに劣っていたのは日本人でも認めなければいけないところ。しかし、総合で「20 点」という数字ほどの差はなかっただろう。

取材にあたっていたロシア人記者はこういう。
「150点という点が出た時、思わず笑ってしまったよ。キム・ヨナが4回転ジャンプを成功させたのだと思った。今回は審判のジャッジが偏っているという批判がずっとあった。これから、どの国の記者も審判に不正がなかったか調べることになると思う」

フリープログラムの審判団は偏向ジャッジがないように、世界各地から無作為に選ばれる。今回の国籍はヨーロッパ7人、カナダ1人、そして韓国から1人の計 9人だった。各々の点数は発表されないが、ヨーロッパの審判を取材したアメリカ人記者によれば、こんな話があったという。
「フリー後、キム・ヨナとカナダのロシェットの点数だけが異様に高いと、ヨーロッパの審判団の中でも首を傾げる人物もいたそうです。キム・ヨナの演技が終わった後、韓国人とカナダ人、そしてもう一人、東欧の審判が顔を見合わせてニヤリとしていたそうなんです。それはロシェットの時もそうでした。疑いたくないが、彼ら3人の動きが気になるのは事実です」
フィギュアは9人の審判が採点するが、実際に数字として反映されるのはそこから無作為に選ばれた7人の点数。本人たちは誰の点が反映されたかわからない。

しかし、件の3人のうち誰かが何らかの不正を働き、点数を「盛っていた」としたら——
もし、その3人が付けたジャッジが、採点する7人の中に反映されていたら——
あれだけの高得点も頷ける…

これはあくまで先のジャーナリストたちが取材している話にすぎないが、何かと物議を醸す点差だったことには違いない。

ナイマガより

やはり疑問が高まっている今回のフィギュアの採点ですが、韓国人が審判に入っているとなると穏やかではありません。

審判という立場上公正公平を求められるのですが、朝鮮人にそんな期待はできません。ただでさえスポーツを国威の場所としている人間ですから。

確かに金妍児自身の演技には一切文句は言いません。それだけ出来が良かったのですから。だからこそ、疑惑がもたれるような審判にはしてほしくなかったんですけどね…

キムチに汚された女子フィギュア

観客席で大量に振られる太極旗にブーイングがあった。

キム・ヨナの美しい演技で幕を閉じた女子フィギュアのフリープログラムファイナル。その裏では「世界一の嫌われ者」が思う存分暴れていたという。

「せっかく10万円も払ってチケットを買って見に行ったのに、最悪の気分になった」というのは、40代のアメリカ人女性だ。定価450ドル(約3万 8000円)のチケットは速攻売り切れ。ネット上のオークションで取引される金額は最高で9000ドル(約75万円)にまで高騰。この女性はまだ運が良いほうだったが、なぜ怒っているのか?
「韓国人のマナーの悪さにはウンザリしたのよ。キム・ヨナの演技の前からずっと太極旗を振りかざしていて、せっかくの演技が見えなかったの。ヨナの演技が終わった後も興奮したのかずっと旗をふったり、ぺちゃくちゃとおしゃべりしていて、マオアサダの時も、ロシェットの時もまったく観戦に集中できなかった」

確かにテレビ中継でも観客席で多くの太極旗がふられていたのは確認できた。この女性によると、それだけではないという。
「韓国人の応援席近くだったのが最悪なの。とにかくガーリック臭がする。キムチ臭いの。観客席では食事しちゃいけない決まりなのに、『辛』って書いたお菓子を食べてたわ。それが、またキムチ臭くて、本当にムカムカしたわ」

せっかく、キム・ヨナが良い演技を見せたのに、サポーターのマナーの悪さで味噌を付けてしまった格好。そもそも韓国人のマナーの悪さは今に始まったことではない。アメリカやヨーロッパでは「中国人と韓国人とはデートしたくない」といわれており、たびたび、その国民性が「意地汚い」「遠慮がない」「閉鎖的だ」などといわれてきた。

しかし、フィギュアを観戦した当の韓国人女性は平然とこういう。
「我々の民族が世界中で嫌われているという自覚はある。でも、外人に何をいわれようと関係ない。我々は勝ったのだから」

キム・ヨナがかわいそうになるぐらい民度が低い。

ナイマガより

民度が高ければ朝鮮人に非ずというところですかね。
とにかく、審判の結果が如何であれ、真央ちゃんには4年後期待しております。
Posted at 2010/02/28 02:44:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | ネタ・その他諸々 | 日記
2010年02月27日 イイね!

週末です

何かと物議をかもし、個人的には後味が悪い女子フィギュアでした。
こういう時は音楽で癒されるのも一つの手かと思いますので…





同じCanonですがオリジナルとアレンジ版ですがどちらお好きですか?





たまにはクラシックも如何ですか?
Posted at 2010/02/27 09:22:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | ネタ・その他諸々 | 日記
2010年02月26日 イイね!

金妍児対浅田真央 - 本当に公正だったのか?

【甘口辛口】金妍児と浅田真央 採点競技の難解さ

 ついても僅差かと思いきや4.72差とは、一体どこから出てきたのか。女子フィギュアSP。トップの金妍児と2位浅田真央の5点近い差を意外に思った人は多いだろう。金が連続3回転はじめ難度の高いジャンプなら、浅田も大技の3回転半を決め素人目には甲乙つけがたいものがあった。

 「結局は表現力の差だろう」というのは、男子で8位入賞の小塚崇彦の父親で元五輪代表の嗣彦氏(中京大講師)。正統派ともいえるワルツに乗った演技で魅了した浅田とは対照的に、金は「007」シリーズのテーマ曲に合わせ、挑発的でセクシーなボンドガールになりきってスピード感あふれる演技を見せた。

 「曲そのものをみんなが知っているし、射るような目付きや身のこなしでボンドガールのイメージをうまく表現していた。

 浅田も最高のできなら金もパーフェクトだった」と小塚氏。浅田の高得点にも動じなかった金の憎らしいほどの精神力には恐れ入るが、ともにパーフェクトでこの点差。採点競技の難解さを改めて感じる。

韓国メディアは早くも「金妍児が金確実」

 前回トリノ大会で荒川静香がフリーで逆転優勝したときSPはトップと0.71差だった。フリーでは荒川が無欲で自分の演技に徹したのに対しSP1 位のコーエン(米国)、2位のスルツカヤ(ロシア)が金メダルを意識しすぎともに転倒した。点差は開いたが、今回も何か起きないものか。

 小塚氏はいう。「野球なら3点ビハインドで迎えた9回裏。相手がエラーや四球を連発し、逆転満塁ホームランもある」。韓国初の快挙に向け「もう金は取った」と韓国内は大騒ぎだろう。それが大きなプレッシャーになって…。ま、余計なことは考えずフリーを見守ろう。

産経新聞より

今日、ショートプログラムの再放送があったので見ていて、自分もそうですが、テレビの解説(フィリップ・カンデロロ等)もたどりついた意見が

どう考えてもおかしい

ということです。技術の詳しいことまではわかりませんが、浅田真央ちゃんが技術的にかなりハイレベルだったのに対し、金妍児はあくまでも普通のジャンプなどだったのにもかかわらず技術も全て真央ちゃんより上というのは納得いきませんし、解説の方も0.X点差ならともかく、約5点差は不可解すぎるとかなりぼやいておりました。<それもフランス人がですよ(;´Д`)

スポーツの世界だからとやかくは言えないですがKの国はW杯でも前科があるので…



まぁ、フリーでのチャンスがあるので、君が代聞かせてください!<真央ちゃん
Posted at 2010/02/26 05:52:35 | コメント(15) | トラックバック(0) | ネタ・その他諸々 | 日記

プロフィール

「ジムニーとアルトワークス乗り比べてみた http://cvw.jp/b/205797/43092182/
何シテル?   07/27 00:29
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
シトロエン BX シトロエン BX
一番楽しかった上に、一番もったいない事した車でした。 乗り心地は最高、ただし、小さな故障 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.