• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2015年04月26日 イイね!

200万円台の新車選び:目的を見失わないこと

本日は少し趣向を変えて車とお金のことについて書いてみたいと思います。
ここ最近、いろいろな車を試乗、見積もりを出してもらったことによりいろいろ見えてきたものがあります。

まずは前提を立てないとお話が成り立たないので、前提条件を述べたいと思います

・購入総額:200万前後
・頭金:25万円
・金利:4.5 % (金利はディーラー、銀行などのおよその平均金利となります)
・借入期間:5年
・返済方法:通常ローン、均等払い(ボーナス払いなし)
・月賦:約33000円
・下取り車なし
・保険等級:7F
・任意保険:車両保険有り

無論、あくまでも参考数値ですし、返済方法、頭金、割賦金、などは各自の選択によって変わってきます。
また、保険も20の方もいらっしゃれば6以下の方もいらっしゃるのでいろいろと変わってきます。
さて、総額200万円で、どんな新車が選べるのでしょうか。ここは独断で選んでみたいと思います

軽自動車
任意保険:月7500円前後
1)スズキ ハスラー
グレード:X ターボ 4WD ツートンルーフ仕様
オプション:メーカーオプションフル装備、ディーラーオプションなし、ナビ・ETC無し
オンライン見積もり価格:約187万円
JC08燃費:25 Km/l
平均実燃費:18.75 Km/l
タンク容量:27 l
航続距離:506.25 Km
軽自動車税:10800円

2)ダイハツ ムーブカスタム
グレード:ハイパーRS 2WD
オプション:オプションカラー、メーカーオプション:フル装備、ディーラオプション:フロアマット、バイザー、マッドガード、ナビ有り(スタンダードナビ)、ETC無し
オンライン見積もり価格:約205万円
JC08燃費:27.4 Km/l
平均実燃費:20.55 Km/l
タンク容量:30 l
航続距離:616.5 Km
軽自動車税:10800円

普通車
任意保険:月15000円前後
1)トヨタ アクア
グレード:S
オプション:メーカーオプション無し、ディーラーオプション無し、ナビ・ETC無し
オンライン見積もり価格:約203万円
JC08燃費:37 Km/l
平均実燃費:22.2 Km/l
タンク容量:36 l
航続距離:799.2 Km
自動車税:34500円

2)スズキ スイフト
グレード:RS-DJE
オプション:メーカーオプション:ディチャージライト、ディーラーオプション無し、ナビ・ETC無し
オンライン見積もり価格:約181万円
JC08燃費:26.4 Km/l
平均実燃費:19.8 Km/l
タンク容量:42 l
航続距離:831.6 Km
自動車税:34500円

3)スバル インプレッサ
グレード:1.6 i MT AWD
オプション:メーカーオプション:フル装備、ディーラーオプション:ベースキット、ナビ・ETC無し
オンライン見積もり価格:212万円
JC08燃費:15.6 Km/l
平均実燃費:12.5 Km/l
タンク容量:55 l
航続距離:643.5 Km
自動車税:39500円

いかがでしたでしょうか。
軽であれば、最上級グレードが選べますし、軽自動車税も安くつきます。普通車の場合は、残念ながら基本的にベーシックグレードか少し上のグレードでほぼオプション無しというのが実情だと思いますが、念のため、ハイブリッド、コンパクト、コンパクトセダン(AWD MT)を入れてみました。
無論、モデルやグレードによっても変わってきますし、メーカーによっても変わってきます。
用途によって合わせるのが一番ベストな選択肢だと思いますし、何よりも、好みにあった車が一番だと思います
Posted at 2015/04/26 21:56:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関係 | 日記
2015年04月26日 イイね!

レヴォーグ 1.6 GT Eyesight : 誰が乗っても満足出来る仕上がり

昨年の東京での大試乗会、並びに宮城スバル 泉店のご厚意で試乗させていただきました。
非常に満足度の高い仕上がりで、ワンボックスは嫌だけど、カローラフィールダーやプリウスαのような実用車系ワゴンはちょっとという方にはうってつけですし、何よりも現時点におけるレヴォーグのライバルは
・マツダ アテンザワゴン
・AUDI A4 Avant
・BMW 3シリーズツーリング
辺りでしょうか。総額300万〜350万円台で先進的なセーフティパッケージ(アイサイト)、AWD、実燃費の良さ、使い勝手などを見ても、お得としか言いようがないと思います。

もう少しパワーが欲しいという方には2.0の方が良いかと思いますが、普段でも気兼ねなく乗りたいという方には1.6で十分ですし、むしろそれ以上のパワーが必要かというのもありますね。
2.0はかつて存在したインプレッサスポーツワゴンWRX乗りの方にはちょうどいいかもしれませんが、自分のように1.5のスポーツワゴンや2.0Lクラスのセダンなどに乗ってきた人間にとっては必要十分ですし、17インチで十分すぎるくらいです。まさに日本の道を楽しく走るために作られた一台といっても過言ではないですね。本当にレヴォーグであればどこにでも行きたくなるような気分にしてくれます。
Posted at 2015/04/26 10:10:31 | コメント(0) | スバル | クルマレビュー
2015年04月25日 イイね!

トランスミッションの事を考えて見る

現在主に使用されている車のトランスミッションの事を改めて考えてみたいと思います。

マニュアルトランスミッション(MT)
仕組み動画



前回も書いた通り、基本的な操作として

1)クラッチを切る(クラッチペダルを踏む)
2)ギアを入れる
3)クラッチを繋ぐ(クラッチペダルを離す)

これらの操作が必要となります。
ATに慣れてしまうと面倒臭いと思いますが、当然ながらメリットもあります。

長所
・耐久性が高い(余程の無理をしない限りミッションは壊れない)
・オイル交換の頻度が高くない(スポーツ走行をしなければほぼ無交換でも乗れます)
・燃費がいい(ロスが少ないので燃費はAT車より良い)
・安い(AT車と比べると確実に安い)
・余計な安全装置が不要(少なくともAT誤作動機能はいらないですね)
短所
・渋滞時はクラッチを切ったりしなければいけないので面倒臭い
・半クラを使いこなすのがちょっと厄介

ただし短所にあげた点は慣れてくれば問題ないですし、ほぼ気にならなくなります。
良く、ヒールアンドトゥができなければマニュアル乗りじゃないなんて言われますが、20年以上MTに乗ってきましたが未だにヒールアンドトゥはできません。しかし、普通に乗るのに本当に必要だとも思えないので、必須ではないと思います(できるに越した事はないと思いますし、ヒールアンドトゥを否定する気はありません)
なので、こうやってみると、結構メリットの方が多い感じがします。
MTも終わった技術ではなく、マツダが証明しているようにまだまだ、改善の余地は十分残されていると思います



トルコン式AT

トルクコンバーターの仕組み


ATおよび遊星ギアの仕組み




遊星歯車がわかりにくいかと思いますが、基本的にAT車はこのトルクコンバーター(トルコン)と遊星歯車が利用されております。この二つを組み合わせる事により通常のATが作られております。当然こちらもメリット、デメリットがあります

長所
・技術的には枯れてきている
・ギアがあるのでエンジンブレーキ(エンブレ)を効かせる事が可能
・Dレンジに入れれば基本的に自動的に全部行ってくれるので楽

短所
・トルコンの構造上、ロスがある
・オイル(ATフルード)を利用するのでオイルの劣化が起きやすい
・上記に付随し定期的にATFを交換しないと効率が落ちる
・構造が複雑

課題
・トルコンのロスを如何に下げるか

最近は8段とかのATもありますし、マツダのスカイアクティブドライブもこのトルコンATを進化させたものなのでまだまだ、改善の余地は残されていると思います



自動無段変速機 (CVT)

仕組み動画




効率的には無駄の少ない変速機だと思います。また仕組みもトルコンATに比べると簡素です。また最近のものは擬似的段数をついているので、MTの良いところも使える感じがします。当然ながらメリット・デメリットは存在します

長所
・ベルトとプーリーを利用するため常に最適なエンジン回転数でのスピードが使える
・仕組み簡素なので、理論上故障しにくい
・コストがATより低い

短所
・オイル(CVTフルード)を利用するので定期的な交換は必須(むしろトルコンATよりもシビアかもしれません)
・エンジンブレーキやクリープ現象が起きにくい
・振動に弱い(かなり克服されたと聞いていますが)のでディーゼル車に不向き

最近かなりの車にCVTが利用されているのもトルコンATよりも安く、効率がいいので利用されているというのが実情でしょう。

AGS、DSGなどのセミオートマミッション

仕組み動画


VWグループが使用しているDSG、三菱がかつてランエボで採用したTC-SST、スズキが使用しているAGSはここに入ります。セミオートマの最大の利点はMTで利用するクラッチを自動化する事で利用できるので安価に作れるという点だと思います。特にAGSはクラッチが一つ(シングルクラッチ方式)しかないので、機構もMTに近いものです。逆にTC−SSTやDSGはクラッチを二つ使う(ツインクラッチ)ので構造的には複雑になるというデメリットもあります。

長所
・燃費がトルコンATより良い
・ベースがMTなのでガソリン、ディーゼル問わずに使える
・シフトショックが少ない(ツインクラッチ方式)
・コストが比較的低い(シングルクラッチ方式)

短所
・機構が複雑(ツインクラッチ方式)
・シフトショックが大きい(シングルクラッチ方式)
・コストが高い(ツインクラッチ方式)

AGSはまだ出たばかりなのでこれからさらに進化すると思われます。逆にツインクラッチは構造がかなり複雑なのとコスト的に見てメリットが日本車(ガソリンが主流)にはあまり向いてない感じがします。ただ、先にも書いたCVTとトルコンATが進化しているので、ツインクラッチの先はそんなに長くないと思います。(VWが固執してさらに磨き上げれば話は違ってくるかもしれませんが)

今回、トランスミッションの話を中心に書いてみましたが、如何でしたでしょうか。
特にAT(セミオートマ含む)系はフルード交換を定期的に行わないとダメージも大きくなりがちですし、費用も馬鹿になりません。また最近では誤作動を防ぐ装置もついてくるのでさらなるコストアップにもつながります。
そう考えると、強ちMTも馬鹿にしたものではないですし、もっと評価されても良いのではないかと思います。
特にエンジンブレーキを利用することでブレーキパッドの消耗を抑えることが可能ですし、どのミッションでも可能ですが、やりやすいのは何と言ってもMTだと思います

参考動画:エンジンブレーキの仕組み

Posted at 2015/04/25 22:14:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車関係 | 日記
2015年04月25日 イイね!

アルトターボRS:気持ちのいい走りを低価格で提供してくれる最強の車

スズキアリーナ信州 長野中央店様のご厚意で試乗させていただきました。
満足度は非常に高いです。お勧め度も、珍しく一押しをつけさせていただきます。
走行性能、燃費、フロントシートのレベルが高い次元に設定されているので、確かにリアが二分割できないというところは痛いですが、価格を踏まえると正直満足度は非常に高いです。
買って損はしない、むしろ、お値段以上の価値はある車だと思います。
Posted at 2015/04/25 18:40:16 | コメント(0) | スズキ | クルマレビュー
2015年04月25日 イイね!

ダイハツ ムーブカスタム ハイパーRS:普通車いらずの出来栄え

長野ダイハツ 南俣店様のご厚意で試乗させていただきました。
モデルも最上級グレードということもあり、非常に満足度の高い車に仕上がってました。
ハイパーであれば、ほぼ確実にコンパクトカーの代替え、所謂ファーストカーにしてもいいという出来になっていると感じました。
軽自動車だからということで妥協してきたケースも多々あったかと思いますが、ムーブのRSグレードであれば我慢の必要も妥協の必要性も感じられませんでした。
惜しむらくは燃費が試乗コースが若干混みやすいコースだったのもありますが、伸びにくいと言う点と、装備を足していったら200万近いというところでしょうか。

軽自動車に200万出すかと言う点がムーブカスタムを選ぶ、選ばないの分かれ道になると思いますが、正直な話、あまりにもイースが酷かったので敬遠していたのも事実ですが、今回のムーブの試乗は良い意味で驚かされましたし、ムーブカスタムであれば若いカップル+子供1名なご家庭であれば、十分検討の余地はあると思います。
下手なエコカーより税金も安く済みますし、イースは嫌だけど、ウェイクやタントの様な超ハイト系もちょっとという方にお勧めできます。特にシートに関してはワゴンR、ハスラーよりも上ですので、個人的にはありな選択だと思います。
Posted at 2015/04/25 16:29:45 | コメント(1) | ダイハツ | クルマレビュー

プロフィール

「ジムニーとアルトワークス乗り比べてみた http://cvw.jp/b/205797/43092182/
何シテル?   07/27 00:29
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
シトロエン BX シトロエン BX
一番楽しかった上に、一番もったいない事した車でした。 乗り心地は最高、ただし、小さな故障 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.