• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2015年06月28日 イイね!

トヨタ 86:バランスのとれたスポーツカー

長野トヨタ プリズム店のご厚意で試乗させていただきました。
ロードスターと比較するのであれば、完全に割り切って作られているロードスターの方が上かもしれません。
ただ、水平対向エンジンということもあり、重心の低さによる安定性の高さ、コーナリング性能の高さ、足回りは非常に満足しております。

ただ、普段使いとなるとちょっと厳しいかなと思いますが趣味車やお子さんのいない、あるいは小さいご家庭であればありかなと思います。願わくばRX−8みたいな大人4人が乗れるスポーツカーであればなおさらいいんですけどね。

カスタマイズとかを考えると86はいいベースだと思います。
ちなみにBRZと比べるとBRZはどちらかというと誰もが乗りやすい車、86はある程度FRに乗り慣れている方の車という感じがしましたね。またATでも十分楽しめる作りになっているので、誰もが楽しめるFR車になっていると思います。

ドリフトとかする方ではないのですが、確かにあの車であればそういう走り方をしてみたいというのもわからなくないですね。グリップ走行でも十分楽しめる仕上がりになっているので、スポーツカーに乗ってみたいという方には是非、一度試乗してロードスターと比較するのも一つの手だと思います。

個人的にはロードスターと86・BRZであれば86・BRZにしますね。ただ、色的にはBRZのWRブルーが好きなので、購入するのであればスバルのBRZになるかと。実際にはこの手のスポーツカーではなくもう少し実用的な車になるかと思いますが…

この車で培った足回りの作りは他のトヨタ車にも生かされている感じがしましたね。少なくとも以前のトヨタ車では考えられないような足回りになっているのは確かですね。(スバルの共同開発というのもあると思いますが…)
Posted at 2015/06/28 22:06:53 | コメント(1) | トヨタ | クルマレビュー
2015年06月20日 イイね!

トヨタ プレミオ:埋もれたいい車

トヨペット長野 徳間店様の御厚意で試乗させていただきました。
正直な話、個人的にはかなり満足度の高いセダンに仕上がっていると思います。
価格も絶妙ですし、足回りも末期ということもあり、抜かりなく仕上がっていると思います。
内装や外装が好みが分かれるところだと思いますが、個人的には気に入りましたね。

またおすすめグレードに関して言えば1.5 EXがベストだと思います。個人的には電動シートが欲しいので、1.5で電動シート付き、しかも前後にスタビライザーが入っている上に5ナンバー車となるとプレミオ・アリオンしかないのが実情なので…

カローラも悪くはないと思うのですが、カローラのセダンはどうしてもデザイン気に食わないので、トヨタの中では最も無難かつ、誰にでもおすすめできるいい車に仕上がっていると思います。
セダンだからとかデザインがオヤジ車っぽいという理由で敬遠している方は正直、勿体無いと思います。それほどまでに良く仕上がっているというのが率直な感想です。

敢えてこの車と比較するのであればアクセラ セダン、インプレッサ G4あたりでしょうか。ただ、5ナンバーにこだわりたいという方には強くおすすめできる車だと思います。
Posted at 2015/06/20 20:20:20 | コメント(1) | トヨタ | クルマレビュー
2015年06月20日 イイね!

トヨタ Safety Sense Cはスバル Eyesightの脅威になり得るのか?



久々にトヨタのCMでいいなと思えました。
自分のお気に入りのCMはこちらとなります





同じく家族をモチーフにしたCMは日産にもあるのですが、私の感性には合わなかったですね…一応、ご紹介は致します





さてこちらでも出ているトヨタSafety Senseですが、果たしてスバル Eyesightの脅威になれるのでしょうか

まずトヨタ Safety Sense Cですが、衝突回避・軽減機能は次の様に動作致します



次に車線逸脱回避機能は次の様に動作します



それではスバル Eyesightの方をみてみます。スバルの場合は上記の機能をまとめてプリクラッシュセーフティーと呼んでおります

まず、バージョン2の場合ですが



バージョン2でもすでにSafety Sense Cで区分けされている機能が標準で装備されております。これがバージョン3になると



Safety Sense Cではできないこともできております。
またSafety Sense Cは現在搭載可能な車は

・カローラ(フィールダー&アクシオ)
・オーリス

だけですがEye Sightはバージョン2であれば

・フォレスター
・XV&インプレッサハイブリッド

バージョン3は

・インプレッサ&XV(ガソリン車)
・レヴォーグ
・レガシィ&アウトバック

その中で最も先進機能が搭載されているのがレヴォーグです。
また実際に稼働している動画をみてみると

Eye Sight Ver 2







Eye Sight Ver 3







と非常に高い精度、安全性が高いレベルで実現されております
それに対しSafety Sense Cはというと







カローラの場合は止まることは止まるのですが、制動がかなり急なので、追突される恐れもあると思います。
ところが同じものをオーリスに搭載すると…







特に50Kmで止まれないと言うのはダメでしょう。特に同じものを搭載しているのであれば、なおさらかと。
しかもSafety Sense Cだと追従型クルコン機能もないので、正直まだまだプリクラッシュセーフティに関して言えば、スバルの方が上に思えます。CM自体非常に良いのにもかかわらず、勿体無い感じがします。

あえてスバルのEye Sightに苦言を言うとすれば

・誤認識する確率がまだまだ高い
・Ver 2では一旦止まったらブレーキを踏まないと、クルコン機能が再稼働する

なので、まだまだ両者ともに改善の余地はあると思います。
Posted at 2015/06/20 18:42:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタ | 日記
2015年06月20日 イイね!

モータースポーツ推進と旧車はセットにするべきでは

まず、こちらの記事をご覧いただければと思います

日本版「モナコGP」法案、自民党が国会提出へ カジノ解禁とともに観光の起爆剤を狙う

古屋圭司議員に訊く「モータースポーツ推進法案」

正直な話、カジノなんかは不要ですが、これをきっかけにモータースポーツに対する理解や深まりにつながるきっかけになればと思います。

また古屋議員曰く

「この法律は、モータースポーツ産業・文化の振興、観光資源の開発、技術の革新、青少年の健全育成とか、地域創世などが目的なんです。その目玉が、公道レースができるということなんですよ。それを、法案でもしっかりと謳いました」

モータースポーツ文化というのであれば旧車に対してなんらかの優遇措置も取るべきではないのでしょうか。
なにかと、モータースポーツ=F1というイメージが強いですが、実際には

La Festa Mille Miglia

の様に旧車によるレースも行われております。また参加資格を見てみると

C:Post War-Iクラス 1940年1月1日~1949年12月31日に製造された車輌
D:Post War-IIクラス 1950年1月1日~1957年12月31日に製造された車輌
E:Closed List クラス 1958年1月1日~1967年12月31日に製造された車輌

この時代ですと

マツダ コスモスポーツ
トヨタ スポーツ800
トヨタ 2000GT
ホンダ S500

等、決して他国のメーカーに劣るとは思えない車も多々あります。しかし、昨年の日本版ミッレミリアの参加者リストを見てみるとかろうじて2000GTが1台参加しているだけで、ほとんど日本車が参加しておりません。

文化の振興というのであれば今の様な産廃促進税制をやめ、旧車も新車も共存できる法律にしていただきたいと思います。しかし、なぜかモータースポーツ=F1、モナコGP=カジノというわけのわからない論調が出るのは如何なものかと思います。しかもカジノ法案というとパチンコの換金合法化も含まれるので正直な話、カジノ法とモータースポーツ推進法はセットで行うべきではないと思います。まずはモータースポーツ産業・文化の振興というのであれば、旧車に対しても見直しを行うべきだと思います。
実際、今年のニュルブルグリングでも



上記の動画の様にオペル マンタが健在しております。つまり旧車もモータースポーツへのきっかけとしても繋がる以上、旧車に対してもなんらかの見直しを図っていただきたいと思います。どうも、今回の法案はカジノ法案を通すための事前作業にしか見えないの様な気がするのは自分だけでしょうか。
Posted at 2015/06/20 16:53:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関係 | 日記
2015年06月08日 イイね!

カタログ値が出せるか検証してみた

写真がないので怪しいと思われても仕方ないのを覚悟で書きます。
昨日、フォレスターXTの件でレビューを書きましたが、その際に15Km/lを出したと書きましたが、本当に出しました。
あまり細かい場所を書くと特定されてしまうので一部は伏せますが下記の様なルートを走った結果です。

仙台北部→三陸自動車道→石巻→三陸自動車道→松島→利府→仙台北部

明確に高速道路名が書かれていないところは国道や県道等を利用しました。このルートで15km/lを出しました
また山道に関しては

仙台北部→岩出山→仙台北部

登りが13Km位で下りが19Kmでした。
ちなみに使用した車はフォレスターXT、カタログ燃費はJC08で13.5Km/lです。
返却時は13.5Km/lの平均燃費でした。
まぁこの燃費を出せた種明かしをすれば

・利用できるところはアイサイト+クルコンを使用
・山道はS、S#モードも使いつつ、パドルシフトを積極的に使用
・特に下りはエンブレを多用

こんな感じでしょうか。ちなみに速度は法定速度遵守です。これだけでここまで燃費を伸ばすことができました。

フォレスターは比較的新しい車なので出しやすいというのもあるので、マイカーであるインプレッサでどこまで燃費改善できるかもやってみました

ルートは

仙台北部→東北道→北関東道→上信越道→長野(およそ500Km)

で、出せた燃費(4AT仕様)は満タン方式で約14.7Km/lがでました。ちなみにカタログ燃費は10・15モードで15Km/lです。宮城 − 長野間を無給油で走行できたのは大きいですね。

速度も同じく法定速度遵守ですが、事前に行ったことがあります。まぁこれが影響しているかどうかは別ですが…

・タイミングベルト+Vベルト交換(スバルD)
・エンジン燃焼室洗浄(所謂ワコーズ レックス相当の作業。実施はジェームス)
・エンジンオイルフラッシング(ジェームス。機械ではなくフラッシング剤を使用)
・エンジンオイル交換(ジェームス。ピットメニューを利用(オイルはキャッスル5w30))
・オイルフィルター交換(ジェームス ピットメニュー。フィルターはドライブジョイ(デンソー製))
・エンジンオイル添加剤注入(ジェームス)
・ガソリン清浄剤注入(ジェームスで購入のカストロール製の清浄剤(ワコーズF1は今回、費用の関係で見送りました汗))

まあ他にもATFフルード交換やパワステフルード交換等も以前に行っているので、そういうメンテナンスの積み重ねというのはあるかもしれないですね。実際以前長野−東京を走行した際は400Km持ちませんでしたから汗
長野→東京はできても帰りの東京→長野無給油は無理でした(当時は東部湯の丸、横川、あるいは都内を出る前に給油しました。また長野出る前に給油したのは言うまでもないかと)
そこから比べたら大きく改善させたのは確かだと思います。

古い車でも整備すればカタログ値に近づける事は可能ですし、実際やってのけましたから。
それにこんな事、誇大にして書いても無意味ですし、嘘はバレますから。ただ、500KmをインプレッサGG2で無給油で走りきったのは紛れもない事実だという事だけは宣言いたします。
しかし、こうやって改めて文章化してみるとよくやったなと思います。

ちなみにインプレッサ、街中になるとすこぶる悪いです。これらの作業前で10Km出ればいい方でしたからorz
多分、今はかろうじて10Km出るんじゃないかと思います。

総括すると

・スバル車は決して燃費は悪くない
・メンテナンスをきちんと行えば最新車であればカタログ値越え、旧車でもカタログ値に近づける事は可能
・ただし、あくまでも私、一個人が出した結果であって、誰もが絶対出せるという保証はできかねます。

少なくともメンテナンスをすれば燃費改善できるというのは実証できたと思います。
Posted at 2015/06/08 22:48:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | マイカー関係 | 日記

プロフィール

「高齢者の危険運転を低減させる提案 http://cvw.jp/b/205797/41920548/
何シテル?   09/07 14:26
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

お友達

ジャンルは幅広いです。
当方のスタイルがOKという方であればどなたでも。
142 人のお友達がいます
tacotaco * kyupi5kyupi5 *
16nights16nights * 鎮痛剤鎮痛剤 *
macモフモフmacモフモフ * ひでっち.ひでっち. *

ファン

163 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
デザイン的にも、価格的にも非常に満足できた車でした。 ただ、シート、トラブル続き、ディー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.