• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2017年12月25日 イイね!

合掌 - 故山本健一氏に捧げる

元マツダ社長、山本健一氏死去=ロータリーエンジン育ての親

マツダの独自技術を象徴するロータリーエンジン(RE)の育ての親として知られた技術者で、社長を務めた同社名誉相談役の山本健一(やまもと・けんいち)氏が20日午後1時27分、老衰のため神奈川県内の施設で死去した。95歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日お別れの会を開くが、日程などは未定。

 熊本県出身。1944年東京帝大第一工学部を卒業後、46年東洋工業(現マツダ)入社。63年ロータリーエンジン研究部長に起用され、当時「夢のエンジン」と言われたREの開発責任者として指揮を執った。84年社長、87年12月から会長を5年務めた。 
 REは小型で高出力という特長を持つ。60年代に世界の自動車大手が研究開発レースにしのぎを削ったが、技術の難しさなどでライバルメーカーが脱落する中、マツダは実用化に成功。67年に初のRE搭載車「コスモスポーツ」を誕生させた。

時事通信より



改めて山本健一氏にお悔やみ申し上げます。
山本健一氏の偉業はやはりすごいと思います。あの、物になるかどうかわからないロータリーエンジンを市販レベルにまで作り込めたのは、この方なしでは難しかったと思います。

飽くなき挑戦

このロータリースピリッツがあったからこそ、マツダは独自の路線を歩み続けることができ、ロータリーエンジンのみならず



Skyactivテクノロジー、そして

マツダ SKYACTIV-X はこれまでのエンジンと何が違うのか…「HCCI」実用化、なぜできた?

と他のメーカーが成し遂げられなかった燃焼エンジンの技術革新を着々と進めております。特にHCCIは三菱のGDI以来の快挙かと思います。

他にも水素ロータリーなどありますし、正直今の日本車で目が離せないメーカーは今やマツダとスズキくらいしかないように思えます。

私の座右の銘でもありますが、私も山本健一氏の様に諦めず、前へ進んでいければと思います。

最後はこちらの動画をどうぞ







Posted at 2017/12/25 22:09:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | マツダ | 日記

プロフィール

「ジムニーとアルトワークス乗り比べてみた http://cvw.jp/b/205797/43092182/
何シテル?   07/27 00:29
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
シトロエン BX シトロエン BX
一番楽しかった上に、一番もったいない事した車でした。 乗り心地は最高、ただし、小さな故障 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.