• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2018年06月29日 イイね!

誰の為のカブ?

上質感を追求したパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を発売



ホンダさん、申し訳ないんですけど、このカブ、誰がターゲットになってるんですか?
もちろん良い点もありますよ
・125CCエンジン(無理な改造をしなくてもよい)
・ディスクブレーキの採用
・アルミキャストホイールの採用(いわゆるビジネスバイクでキャストホイール使われたのってバーディー90位しか思い浮かばない)
・自動遠心式クラッチの踏襲
・燃費がカブ110より若干改善されている

しかしほぼ40万の本体価格で荷台も小さい、PCXと同じ様なスマートスタート(まぁ防犯対策にはいいのかもしれませんが)方式、キックもない(多分キックが難しいんだろうなぁ)、色もワンタイプのみって随分強気な設定ですが、果たして本当に3000台も売れるのでしょうか。

上質なシティコミューターであれば、大抵の方はPCXの方に流れると思うんですよね。そうでなければ、熱烈なファンが多いモンキー125とか。あるいは普通にカブ110やベンリィ110の方が売れると思うんですけどね。

元々、カブって蕎麦屋が片手でも操作出来るくらい誰でも簡単に扱え、しかも誰もが乗りやすい(価格も含めて)っていうのがコンセプトだったと思うんですが、なんかピントがずれてる様な感じがします。

多分好きな人は欲しいというかもしれませんが、私であればC125よりも、中古で状態のいいカブ90とか、カブ50の4速モデル(カスタムベース用として)、あるいは先代のクロスカブを探しますね。
ちなみに中古の場合、状態の良いものはかなりプレミアついてますし、すぐ売れます。あと、盗難も多いとか。
なんか本田宗一郎氏の理念から乖離している様な感じがしてなりません、今回のこのカブに限っては…
Posted at 2018/06/29 01:52:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ホンダ | 日記
2018年06月26日 イイね!

受け継げられていく思い

今年でホンダのカブは生産1億台越え、生誕60周年記念を迎えました。



本田宗一郎氏の思いで作られた誰でも気軽に乗れるバイク、それがカブです。
通勤に、通学に、配達に、営業に、レジャーに、そしてカスタムまで許容されているバイクというのはあまり見たことがありません。長きにわたって愛されているバイクとしてはモンキーの方が有名ですが、60年経っても毎日の配達等に使われているバイクとなるとカブしか見たことないです。

そんな中、連綿と親から子へ、兄(姉)から弟(妹)へ、先輩から後輩へ受け継げられているのがこちら



種子島高校編

また、晴れの日、雨の日、雪の日と配達に使われている郵政カブ

郵政編

そして世界で使われているカブ



こういう車両、未だにありますか?私は見たことないです。
強いて言えば国内であればカローラ、キャリー、ハイゼット、アクティ位ではないでしょうか。
(サンバーは現在ダイハツハイゼットのOEM、タウンボックス・ミニキャブは現在スズキキャリーのOEMの為、割愛いたしました)

カブは小さなバイクですし、使い勝手も素の状態であればスクーターより不便です。
しかし、かごを付けたり、箱を付けたりすることで使い勝手が飛躍的向上しますし、キャブレター車であればボアアップなどをして原付1種から2種への変更もできます。そして何よりも耐久性がすごいです。そうでなければ未だに郵政、信金、新聞屋などが使わないと思います。
部品も豊富です。(純正からアフターパーツまで)修理もほぼどこの店(バイク屋、自転車屋)でもできます。

ここ最近はカブの人気が再燃しているせいか、キャブレター式のカブが高騰しておりますが、それだけ愛されているバイクと言っても過言ではないでしょう。

こういうバイクや車って今後出てくるんでしょうか?私は懐疑的です。如何に本田宗一郎氏が先見の明があったかという証拠でしょうね。
このバイクが60年前に完成しており、今は改良(大小問わず)だけというのも珍しいと思います。

今日も色々な人の思いを乗せながら運ぶホンダのカブ、このバイクだけは作り続けてほしいですね。
Posted at 2018/06/26 08:47:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホンダ | 日記
2018年06月26日 イイね!

意味不明すぎるCM

もしかしたらそれなりに有名なのかもしれませんがまずはこちらの動画をご覧ください



X-TRAIL vs OKAMOCHI MOTORCYCLE

正直見ていて意味不明な上に、不快感がわきました。

まずそもそもとして用途が全く違うこと
・カブ+出前機:町中の配達における安定性
・Xトレイル:悪路における安定性

価格が違うこと
・カブ+出前機:カブが50ccで約25万円+出前機が定価約8.5万円、計33.5万円
・Xトレイル:最低グレードでも260万円(車両本体価格+諸費用)

歴史が違うこと
・カブ+出前機:カブが生誕60年、出前機がほぼ同時期
・Xトレイル:発売されてから約20年

上げるときりがないのでこの辺にしておきますが、日産としては安定性の代名詞である出前用カブと比べてこんなにうちの製品は安定しているんだと言いたいんでしょうけど、正直不快です。

私から言わさせていただくと
・カブ+出前機:60年前から続く技術で毎日の配達で使用されている。すごい。
・Xトレイル:300万近くする車が安定性、それも日産車が有利になる様な条件で作られたコースで比較?最小限にこぼれないで当然だし、そもそも用途が違う。

配達用途であるならADバンとかクリッパーで行うべきですし、オフロードでの安定性を訴求するのであればアフリカツイン辺りでしょう。

こんなふざけたCMする車なんか買う気起きませんね。
まぁうちの近所の森林管理局はかなりの台数納入されたとか、長野では売り上げNo1らしいですが。

皆様はこのCMみてどう思われましたか。
まぁ自社の車を貶めるようなメーカー



ですから、お門違いなものと比較して貶めるのは容易なことなんでしょうね。その程度のレベルのメーカーという認識しかないです。
Posted at 2018/06/26 07:51:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日産 | 日記
2018年06月20日 イイね!

終わりの始まり

逆風のスバル 命運握る「新フォレスター」投入

>  SUBARU(スバル)は20日、6年ぶりに全面改良した多目的スポーツ車(SUV)「フォレスター」を7月19日に発売すると発表した。都内で会見した次期社長の中村知美専務執行役員は「新たな一歩を踏み出す最初の商品としたい」と話した。同社は5日に公表した完成車の試験不正の渦中にあり、販売にも停滞感が出ている。頼みの綱である最量販車で失敗は許されない状況だ。

> フォレスターは世界で年30万台前後の販売が見込める最量販車だ。小型車「インプレッサ」などと比べて採算も良い「優等生」で、同社の経営を20年間支えてきた。5日には完成車の試験で新たな不正が発覚したが、フォレスターは「生命線」(同社幹部)と位置付けており、発表も予定通りに行われた。

すいません、今回のフォレスターは元スバリストとしても擁護は難しいです。
スタンダードグレードで乗り出し価格は300万越え(車体価格280万円)は確実、エンジンサイズは2.5L、e-Boxer搭載モデルは本体価格で300万円越え。誰が買うんでしょうか。いや、誰が買えるのでしょうか。

世界でと言ってますが、売れてるのはアメリカと欧州の一部地域のみなので世界でっていうのは違和感があります。

ボディサイズはでかい上に重い、値段も高い、燃費も決して良くない。

まぁスバルにはアメリカ市場で頑張ってくださいとしか言いようがないです。
個人的には無理にスバルでなくともスズキで十分かなと思ったりします。今の日本メーカーで欲しいと思えるのはスズキくらいしか残ってないので。

多分、インプレッサ、フォレスターあたりは中古市場が高騰しそうな感じがします。
少なくとも自分ならインプレッサ、フォレスター買うんであればスイフト、ハスラー、クロスビーあたりにしますね。というか、新車買える余裕なんかどこにもないので落とし所としてはアドレス110あたりでしょうね。
Posted at 2018/06/20 21:24:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | スバル | 日記

プロフィール

「[整備] #リトルカブ ドリブンスプロケット交換+ハブダンパー交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/205797/car/2270589/5333793/note.aspx
何シテル?   05/26 22:24
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.