• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2018年07月30日 イイね!

でたらめの極み

一般道でも通行料金? 公共サービスは住民負担で…国交省若手官僚が2030年想定の政策集公表

 国土交通省の若手キャリア官僚らでつくる政策立案チームが30日、2030年の日本を想定した政策集を公表した。自動運転車が普及すれば都市部で通勤に使う人が爆発的に増えると予測。「一般道でも渋滞箇所の通行には課税し、利用抑制や鉄道の代用を促す」との大胆な提案をしている。

 チームは昨秋、本省34人と地方出先機関の103人で発足。本省メンバーは30代の課長補佐が多く、30年時点では省の中核を担う可能性がある。

 政策集ではこのほか、人口減少が一層進む局面では「住宅やインフラ、公共交通は縮小するのが自然」だと指摘。「地域内に効果が限定される公共サービスは、住民負担で賄われるべきだ」とするなど、過疎に悩む地域には厳しい主張も盛り込まれた。

 労働力を補うため重みが増すと見込まれる定住外国人については、住まい確保のため、家賃を割高にする代わりに、敷金や礼金、保証人が不要な物件をさらに用意すべきだとしている。

産経新聞より

申し訳ないですが、これでよく地方創生とか、景気回復とか言えたものですね。

> 自動運転車が普及すれば都市部で通勤に使う人が爆発的に増えると予測。「一般道でも渋滞箇所の通行には課税し、利用抑制や鉄道の代用を促す」との大胆な提案をしている。

自動車に関わる税金を一般財源化したのは政府ですし、更なる増税は落ち込んでいる消費をさらに冷え込まします。おまけに鉄道の代用と言いながらその地方は廃線が増えています。しかも渋滞箇所に課税ということは料金所(ETC?)を設けるということになりますから、あの竹中などの民営化推進派(別名タダ乗り一派)はここぞとばかりに民営化推進を促してくるでしょう。

ちなみに今年、高速道路の割引の時期をずらすというだけで今年は高速道路を利用しないという意見が多い位ですから、更なる都心への人口流出、地方の過疎化は拍車がかかるでしょう。おまけに

> 「地域内に効果が限定される公共サービスは、住民負担で賄われるべきだ」とするなど、過疎に悩む地域には厳しい主張も盛り込まれた。

なにが地方創生ですか、なにが地方の活性化ですか。もう日本の省庁はでたらめ極まりないです。すでに地方は疲弊しきっているのでインフラ(特に公共交通機関)維持はほぼ無理というか破綻に近い状態なので、通貨発行権のある国が支援しない限り無理です。それとも夕張みたいな市町村を増やすことを推進するというのが国交省の意向なのでしょうか。
しかも

> 労働力を補うため重みが増すと見込まれる定住外国人については、住まい確保のため、家賃を割高にする代わりに、敷金や礼金、保証人が不要な物件をさらに用意すべきだとしている。

これを移民推進政策と言わずとして何でしょうか。
どちらにしても今の政府を信用しろなんて無理筋ですけどね。
どのみち、今の日本はもはや先進国ではなく衰退途上国ですから。まぁ企業栄えて国滅びるというのも時間の問題でしょうね、こんなのが官僚にいるのであれば。
Posted at 2018/07/30 22:10:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記
2018年07月05日 イイね!

唯一無二の存在

スズキ、軽四輪駆動車 新型「ジムニー」、小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を発売

スズキ株式会社は、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売する。

「ジムニー」は、1970年に軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた。同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的とした需要も開拓し、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げた。
「ジムニーシエラ」は、1977年に発売された0.8Lの「ジムニー8」を原点とする小型車である。軽自動車のジムニーをベースに小型車用エンジンを搭載し、海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活躍し続けてきた。
「ジムニー」シリーズは、全世界194の国・地域で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍し、世界累計285万台を販売したスズキを代表する車種であるとともに、日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WDである。

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、半世紀に及ぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させた。
「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承。「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備し、高い走破性能を実現した。新型「ジムニー」には専用にチューニングした「R06A型ターボエンジン」、新型「ジムニーシエラ」には1.5Lの新開発「K15B型エンジン」を搭載し、動力性能と信頼性を高めた。
機能を追求した内外装デザインに、取り回ししやすいボディーサイズ。見切りの良さ、荷室空間の広さや使いやすさを進化させ、様々なニーズに応える使い勝手を追求した。
また、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載するなど安全装備を充実。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する。

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、今回の全面改良にあわせて、初めて湖西工場(静岡県湖西市)で生産し世界に供給する。
このクルマを必要とするお客様が求める本格的な走行性能を備えるとともに、幅広いお客様がレジャーを楽しみ、ライフスタイルを表現するための道具として選んでいただけるデザイン、装備を採用し、末永く愛されるコンパクト4WDを、日本をはじめ世界に提案する。

スズキ株式会社ニュースリリースより



ようやく、今日発売になったジムニーです。
正直、私の知る限りではジムニーは唯一無二の存在だとおもいます。

・本格クロカン車
・軽自動車規格
・50年近く製造されており、コンセプトも大きく変わっていない

つい最近までは軽の本格クロカンといえばジムニーとパジェロミニでしたが、今の三菱ではそんな車を作る余裕なんてないでしょうし、ダイハツも今更こういうライバル車を作るとは思えません。

上記に近い車やバイクとなるとスーパーカブくらいしかないと思います。
考えてみるとスーパーカブも同じく

・ビジネスバイク(これだけなら、ベンリィ、ギアが存在する)
・ロータリーミッション搭載(メイトとバーディーがないため、唯一の存在)
・60年製造され、コンセプトも変わっていない

どちらも4輪・2輪の雄という存在です。それがこの日本で作られ、また世界でも作られているのは珍しいケースだと思います。
正直ランサーの部品の入手が難しくなってきた事を考えると、将来的にはジムニーもありかなと思ったりします。もちろん、今はそんな買い替えるなんて余裕はないですし、できる限り長く乗り続けますが、先代のジムニーが20年もFMCなしで作られており、部品入手もスズキ車の場合は容易いということを考えるとこのジムニーも長く作られるのではないかなと思ったりします。

久々に本気で欲しいと思える新車がジムニーなんですが、今の日本車で欲しいと思える車があるメーカーって結局スズキになっちゃうんですよね。例を挙げると

・ハスラー
・アルトラパン
・アルトワークス
・スイフト(スポーツも含む)
・イグニス
・バレーノ
・X-Bee

という感じでほとんどスズキしか思い浮かびません。他社だと

トヨタ:カローラフィールダー、アクア
日産:無し
マツダ:デミオ、アクセラ
ホンダ:N-One、N-WGN、グレイス、シャトル
ダイハツ:ミラトコット、キャスト
三菱:ekワゴン、エクリプスクロス
スバル:インプレッサ、レヴォーグ

という感じです。まもなく長野でも試乗できるということなので、折見て試乗してみます。
多分当面は相当人気があると思うので、落ち着いたころにでもと考えております。

ちなみに自分が買うとしたらジムニーの
・XLグレード
・セーフティーパッケージ搭載
・キネティックイエロー、ブリスクブルーメタリック、ジャングルグリーンの何れか
・MT車
でしょうね。まぁ燃費は目を瞑るしかないですね、この車の場合。燃費重視であれば多分ラパンかハスラーあたりですかね。
ちなみにワゴンRスティングレーも良い車だと思うんですが、気に入った色がないんですよね…

多分、鈴菌感染者と言われてもおかしくないだろうなぁ…
Posted at 2018/07/06 00:03:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車関係 | 日記

プロフィール

「[整備] #リトルカブ ドリブンスプロケット交換+ハブダンパー交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/205797/car/2270589/5333793/note.aspx
何シテル?   05/26 22:24
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
事業用として購入しました。 初のスズキ車です 数少ない4WD、MT車の極上品を購入するこ ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.