• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もっぱらソロツーのブログ一覧

2014年02月23日 イイね!

部品

部品いや~、家の中からいろんなモンがでてきます。
しかし、いつ買ったんだろうか?なんてのもあったり
あー、これなー、探してたんだけどもはや不要だなー。
あー、これなー、とっとこうかなー、だれか欲しい人いるかなー、居ねえな。
っていうことで
一部在庫処分することにしました。

オク見ても、BIG1の部品なんて使う人が居ないのがわかる。
なので、買い取ってくれるならありがたやと思わなければいけない。
ま、いろいろ出しました。

そして、これらに変わったのが写真にあるブツ。

前から欲しかったアクラポビッチ。
これの音好きなんだけど
ワタクシのBIG1ではどういう音するのか楽しみ。

集合出口から流用できれば
短めになってカッチョいいかも。
とりあえず、合わないものは合わせるっていうのがワタクシ流。


でわ~


Posted at 2014/02/23 23:06:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年02月15日 イイね!

またかよ

BIG1の車検を終えてから
2週連続で大雪ってきた。
もはや写真なんか撮ってる暇があったら
一回でも多くの雪かきをシレというハナシです。
なので雪の量は、ご察しください。
あえて写真なんか載せません。

それにしてもBIG1が
毎週末の雪を連れてきたのでしょうか。
これでは、道が乾いても
道が乾いてるのか
解けない雪が、乾いてる道と同化してるのか
まったくもってわかりません。
なので、マジ冬眠確定です。
ただ今、BIG1を置いてる軒下の庭は
積雪30センチってとこでしょうか・・・

先週の雪はスタッドレス効いたけど
今日のは全くダメですね。
ホイールスピンすると解けてハマり、
ハラが雪の上で浮き
マジでスタックが体験できました。

外は暖かいので融けるでしょうが
問題は月曜日ですわ。


おきをつけて~


でわ~







Posted at 2014/02/15 21:13:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年02月09日 イイね!

ワールドソーラーチャレンジPart4

ワールドソーラーチャレンジPart4えー、いつまで続けんだよっていうハナシもありますが
こういうのは、経験がものをいうんですけど
これからオーストラリアで走りてえなっていうひと向け、
少しでも「感じ」がつかめればいいかな~なんて思っとります。

レース中の走行中の写真なんてねえかな、って探したんだけど
あるわけねえ。そりゃ100km/h以上で巡航してるソーラーカーの写真なんて
撮影素人のオレらに撮れるわけがねえ、っていうハナシです。
当時の動画見てると、メディアはずいぶん寄ってます。ワゴン車にゲート開けて後ろすわりで
写真&ビデオ撮りまくりのメディア。でも気にせずオートクルーズなドリーム。
ときどきホーン鳴らしてやったりして。

初日だったかな?2日目だったか?発電量がすごくて充電しながら走ってた時があった。
これで、電卓一つで走らせ方決める人に、スピード上げたいんだけどクルマ大丈夫?
って聞かれたとき、うっ、って思ったけど、当然余裕のよっちゃんイカですわ、
って答える自分がいるんですが、走り終えたタイヤを見てから、マジビビりまくりです。
ヤバかったっす、なんて言えるわけがありません。
ちなみに
スチュワートハイウェイって、どうやって道作ったかっていうと、
砂利撒くクルマ→アスファルト撒くクルマ→まとめて均すクルマっていう順番(ザックリ)で道を
作ってるんですねえ。直に見た人いるかと思いますけど、砂利が尖ってるんです。
しかも炎天下にてらされてて、熱い。ここをあんな細っこいタイヤで走ってるんですから
パンクしないほうがオカシイのです。タイヤテストって重要ですよ。

で、写真なんですけど、これはレース終わってからの充電風景です。たしか1日目。
今やどこもスタンドを使って充電するスタイルは当たり前となっておりますねえ。
この写真では、人が居ません。居るんですけどカウルの陰に3人くらい座って一服してます。
風で飛んでっちゃうのを防ぐのと、バッテリーとかユニットの監視っていう役割。

そして、5時から日没まで充電すると、バッテリーはほぼ100%になります。
で、オブザーバーがバッテリーを抱えて寝るわけです。
日没までとはいえ、日が沈む直前までは発電量出てますからね、バッテリー次第では
暗くなって片づけっていう日もあったなあ。

レース期間中のオーストラリアって初夏で、南極に近づくにつれ寒くなます。
アリススプリングスへ向かう途中は上り坂です。しかも向かい風。
ここでクルマの空力ポテンシャルと、走らせ方のアイデアっていうのが重要になってくる。
うちらの場合、路肩ギリギリで走ると発電量が何wか増えることを発見したドライバーが
実践してくれて、予定のスピードは下回るものの予定どうりのバッテリー使用量で走ってました。

アリスを過ぎると、下りです。しかもダーウィンとは明らかに違う気候です。
でもグリッドはあるし、まだ路面は荒れてる。

記憶にあるのが、長ーい下り坂があってソーラーカーは惰性で走ってるのにどんどん加速してって
伴走車がだいぶ引き離されたことがあった。あれで空力ってスゲーって思いましたよ。
テレビではゴールが道沿いだったすけどオレらのときって公園の中だったんだよね。
そこまでが長くて、夕方で発電しねえし、バッテリは逝く寸前だしで。
そこでクルマに仕込んでいたスイッチがあって、そいつが最後役にたって
これで無事ゴールしたわけなんですけど、すでにバッテリーは死んでたのは
言うまでもない。スゲかったっすね~。

我々がゴールするまでは晴天だったんですけど、そのあとは曇天でですね、
地元の新聞なんかにはドリームが雲を連れてきたなんて書かれてた。

しかし、自然相手だから難しいねえ。
平均車速3ケタは無理でしたな~
でも、クルマの性能を100%使い切りましたよ。反省はあるけど。



いちおうこれで終わり




Posted at 2014/02/09 23:13:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他
2014年02月08日 イイね!

ワールドソーラーチャレンジPart3

ワールドソーラーチャレンジPart3予選の写真もありました

予選の会場は、ヒドゥンバレーです。
この前テレビでやってた場所と一緒です。
我々のときは、ホームストレートでロードトレインと安全にすれ違え、
且つ、その時の最高速でスタート順位が決まるというものでした。

正月のテレビでやってたのは、最終コーナーで2回もスピンしてましたから
タイムを競うんですかね?あそこ頑張ると危ないですよね。
良かったですねクルマ壊れなくて。ヒヤヒヤで見てましたよ、テレビ。
ひっくりかえったら人もThe ENDになりますからね。
しかし時間の経過とともに、コースも当然きれいになってましたね。
うちらの時、もっと赤土でてて、路面ガタガタで、ブレーキテストのピットレーンなんて
草ボーボーでしたよ。

順位が最高速っていうことですから、1993の前チームは
予選仕様は、チェーン駆動で加速重視にしてました。
我々は、ホイールインモーターのみなのでそれができません。
なのでホイールインで予選仕様っていうのがありました。ブ厚いモーター。
これを付けると、サスペンションまわりのレイアウトがガラッと変わり
たしか予選用の仕様を見たのが現地に入ってからだったような
記憶がありますが、組み替えるだけなら問題ないのですが
ブレーキの調整が難しかったですね~、どうにでも動いたので。

知ってる方はご存じかと思いますが、最終コーナー静かに回って
車体がまっすぐになり加速開始ライン過ぎてからGo!!!って感じでした。
計測地点ではウチのはたしか150km/h台が出てた。
でもスピードガンだったのでたしか130km/h台の結果でブーたれた記憶がありますが
順位に意味があって、最高速に意味はないのでという上の判断で結果待ちとなる。

加速したら今度は止まらなくちゃいけなくてですね
いかんせん、レースではブレーキってのは一日に何回かしかかけないので、且つ
こんな最高速からのブレーキングは想定してません。
結果的にブレーキテストは合格したんですけど、最高速加速後のブレーキですでに減ってるのよ。
そこからブレーキテストするんですもの、おかげで後ろブレーキが一発で終了。
それとホイールとタイヤも一発で終了となりました。
当時のビデオ見るとテール振ってましたからね、よくあんな危ないもん走らせてくれましたよ。
しかし車体の、アームの付け根が良く持ったなという感じです。
予選は最高速が目的なので、発電量は関係ありません。バッテリーが満タンなら
使い切るまで使うという感じ。ソーラーカーじゃねえじゃんというのに気付きましたね~。

しかし電気ってすげえですよ。

ていうことに今後気が付いていくことになる。


Posted at 2014/02/08 23:16:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他
2014年02月07日 イイね!

ワールドソーラーチャレンジPart2

ワールドソーラーチャレンジPart2チョウシづいてきました
まだまだ当時の記憶は残ってますよ。

先にスタートの写真を出しちゃいましたが
これに行くまでに、第一関門に車検っていうのがあります。
写真はまず1台目のほう、そうです2台持ち込んでました。
1台目はレースカーで、太陽電池やら不思議なアイテムが盛りだくさん仕様。
2台目はスペアカーのつもりだけど、使い道はさまざま、太陽電池も別物だけど
単結晶シリコン。今はガリヒ素ですか?
もし、当時ガリヒ素使ってたら、バッテリー使いきるの大変だったろうなあ。

キャノピーはミラーになってて、あれだけで車内温度は何℃か下がります。
それと、暗くなっても見えます。歪みはほぼ無し、映り込みも無し(奇跡)。
いちおう、室内にバックミラーが付いてまして、車検は通ってます。
室内は隙間風程度ですから、運転後ドライバーが外に出ると、外も暑いのに
外はエアコンが効いてますね、っていうくらい暑い。ま、皆一緒っつうことで。

このクルマに使ってる材料はカーボン、マグネ、アルミ、チタン。
モノコックだけなら一人で、重心なら片手で持ちあがる。
カウルもだったな。とにかくカルカッタですよ。

車検はしょっぱなだったので拍手が起こりましたよ。
あれはね、ウチは特別扱いじゃないのよって思ったよ。
レースをするために車検やってもらってるんですよ。
ちょっと複雑な気持ちでしたね。
車検はナンバーもらうためであって、ナンバーはモノコックの後ろ側に
ちゃんと付けてましたよ。たしかSUN01だったかな?

このあと、中身の車検でバッテリーがあっというまにバラバラになるのでした。
当然興味深々で、当時流行ったのが酸化銀亜鉛電池でした。
なにやら人工衛星とかに使われる電池だとか・・・
強烈な充放電に向いてる電池らしい。そりゃそうだ人工衛星なんてのは宇宙で
モロに太陽光浴びんだもの。

いやあ、しかし今どうなってるんだろう?このクルマは?
たぶんカビだらけなんだろうなあ・・・
接着はまずダメだろうなあ・・・


ちなみに背中の白ツナギはワタクシだったりする。



Posted at 2014/02/07 00:47:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

プロフィール

「ラジコン ドリフト 新車 http://cvw.jp/b/2063113/42429129/
何シテル?   01/20 17:52
もっぱらソロツーです。 ソロツーなのは、誘っても誰も行ってくれる人が居ないからなんだな~ いいんだ~、行きたいときに行きたいところ 誰にも気兼ねするこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

愛車一覧

ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア) 第一夫人 (ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア))
ホンダ CB1000 SUPER FOUR (スーパーフォア)に乗っています。限定解除直 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.