• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月03日

バッテリー劣化と再生は七転び八起き



バッテリー容量101.6%で駒ヶ根を発して伊東を往復した帰りの双葉SAではバッテリー容量は98.9%まで低下してしまった。
400km走って2.7%分のバッテリー容量を失ったことになる。

日産がバッテリーを無償交換することになっている8セグは66%付近で達成するはずなので劣化分は33%になる。
33÷2.7×400=約4900km
同じ条件で5千キロメートル走るとバッテリーを交換してもらえる可能性もある。

30kWhリーフのバッテリーが粗悪品であるとアメリカでリポートされているが、その通りだ。
途中で再生を試みてこの結果だから、何もしなければさらに劣化は早まっていたと思われる。

しかし、劣化はある程度のところで安定することを24kWhリーフで経験している。
安定期をできるだけ短くするには、劣化モードに入る時期をギリギリまで遅らせる必要がある。
すなわち劣化しても再生走行で無理やりバッテリー容量を戻してやる。

双葉SAで食事している間に30分充電したら残量30%から98%まで入った。
30kWhリーフの充電速度はすさまじい。
90%くらいまでなら充電器がフルパワーで充電してしまう。

ここからは再生走行にチャレンジ。
アクセルONとOFFを繰り返し再生現象が現れるかどうかを試す。
現れたとなれば周りの車の流れを邪魔しないように加速と減速を繰り返す。

再生現象が頭打ちになったら、しばらく定常走行に切り替える。
頃合いを見て再生現象が現れるかどうかを再確認し、現れたら小刻みに加速と減速を繰り返しつつ車の流れに乗る。
距離にして90キロメートルの区間で再生走行を実行し、結果はバッテリー容量102%まで復活した。

バッテリー交換を目指して劣化モードに入るのは先延ばしできた。
劣化と再生を繰り返す「七転び八起き」走行がしばらく続きそうだ。

あまり遅らせると無償交換ではなく無償修理で中古セルを使われてしまう危険性がある。
再生をやめ劣化モードに切り替える見極めが難しい。
ブログ一覧 | リーフ | クルマ
Posted at 2018/06/03 07:02:38

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ホンダの電気自動車 Honda e
ユタ.さん

フル充電で300km走れたぞ(^_ ...
famioさん

試乗体感ポイント&Nissan L ...
leaf_miharunoさん

日産リーフ、大幅に航続距離を向上し ...
散らない枯葉さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[パーツ] #リーフ LEDヘッドライト用バルブ H8/H11/H16 / LEH102 http://minkara.carview.co.jp/userid/2063701/car/1565974/8003679/parts.aspx
何シテル?   10/04 19:14
《ディープリンク禁止》 日産リーフ初期型から初代後期型30kWhに乗り換えました。 電力消費シミュレーションを独自開発して未知の道路でもリーフの電力消費...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

日産 リーフ 日産 リーフ
初代後期30kWhXグレードに乗っています。 リーフの走行データ、カーウィングス、lea ...
三菱 ミニキャブ・ミーブ トラック 電トラ (三菱 ミニキャブ・ミーブ トラック)
搭載されている東芝SCiB電池の信頼性の髙さゆえにバッテリーの劣化を気にすることなくEV ...
日産 リーフ 日産 リーフ
初代初期型Gグレードに乗っていました。 リーフの走行データ、カーウィングス、leaf s ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.