• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年01月19日

日本にもテレビコンテンツの評価システムを!

日本にもテレビコンテンツの評価システムを! TVの番組を観ている視聴者の一人として、改善してもらいたいことがあります。

番組の改編期ということで新番組が軒並み始まっています。ドラマの番宣やCMでPRされているので、これは面白そうだなと思えるものがたくさんあります。

先日も若手の人気俳優が演じる新ドラマが始まるということで、家内が中学生と小学生の娘が21時からそのドラマを見始めたのですが、ちょっと困った状態になりました。そこには学校の先生と生徒の性描写的演出があったからです。

家内は困ってすぐチャンネルを変えたのですが、気まずい雰囲気になったようです。恋愛程度ならまだしも、教師と生徒の具体的なHシーンなどは私も家族で一緒に見たくはありません。「次からは見せないようにしないと」と家内もぼやいていました。


ずいぶん昔30年前の話ですが、オーストラリアでは夜9時になると、TVの時報とともに「以降のテレビは大人向きです。子供はベットに行きましょう」というのがTV画面に流れ、小さい子供が寝るのを促すようにしていました。

そしてニュースを除く、ドラマ、映画、バラエティー番組では番組の冒頭において「この番組は一般向けです。(General )」「この番組は親同伴が推奨です。(PGR:Parental Guidance Recommended」、「この番組は成人向けです(AO or R)」というテロップが流れ、画面の隅に「PGR」や「R」などの表示がずっとなされていました。

少し前から日本でも映画やゲームではレイティングという形で視聴制限が取り入れられていますが、何故かテレビ番組ではありません。

調べてみると世界では40か国以上の国で独自のテレビコンテンツの評価システム(Television content rating systems)がありました。ご存知でないかたにはリンク先を見ていただきたいと思います。

なぜ日本で取り入れられないかも調べてみると、「子どもの興味をあおり、さらに興味本位で見るようになる。」、「番組の作り手が縛りが解けたと勘違いし演出がエスカレートする」などがありました。

アメリカなどではVチップというもので制限し、暗証番号を入れないと成人向け番組は見られないようになっていたようですが、ここまですると確かに過激な表現を含んでも許容されると勘違いされそうですね。最近はデジタル放送になりソフト的に視聴制限できるようになったようです。「TV Parental Guidelines」というのもあるようです。

これらは厳密に制限をすることが目的ではなく、視聴者が見てショックを受けない範囲に番組を分類しておけば、視聴者は見る前に事前にそれがわかるのがユーザーメリットと考えることが、日本では著作の自由や視聴の権利の制限ということに歪曲されてしまうようですね。

例えば歴史や医療、警察などのドキュメンタリーなどの番組、政治家の討論番組、日本では真面目な普通の番組として扱われています。これらの中でもとりわけ問題提起型のものは本当は子供だけで見るよりは大人と一緒に観て、その内容の理解を手助けするほうが正しい番組解釈がされるものです。

こういった番組に「親と一緒に観たほうがわかりやすいよ」という意味で「PGR」と表示されるのです。表示されていれば、子どもたちは前もってそういう番組なのかと判断することができますし、親も子供の成長度、理解度によって見せる見せないを決めることができます。

もちろん、今回のような具体的性描写や殺人、暴力による流血シーンがあるようなものは、例え若手人気俳優が出ていても、「R」表示をしておいていただかないと困ります。前もってそうあれば子供に違う番組を見せるか、テレビを見ないようにもできますからね。

しかし番組の作り手側には普通の学校番組と見せかけておいて、そこにショッキングなシーンを加えることでドラマが良くも悪くも話題になり、それが高視聴率に繋がると考えている節があります。あげくに作り手は「とらえ方は様々ですから、見る見ないの判断は見た方にお任せします。」ってのが常套句です。

民放はCMスポンサーが番組を製作資金を提供し視聴者は無料で見ているわけで、内容は一瞬のCM視聴率を得ることが至上命題に番組作りがなされているからです。
それが嫌ならNHKを含む有料視聴番組を見る選択肢もあるでしょということでしょう。

逆に近年、昔はTVドラマ、2時間ドラマなどではよく女優さんの入浴シーンやバラエティーでのポロリなどもあったのが深夜とか関係なく一斉に自粛されてしまったようです。体のパーツを見せない代わりに表現を過激化することで、個々に指摘をされにくいようにしているようですが、これでは子供から年配の方までに番組の視聴対象の間口を広げすぎているように思います。

1日も早く新聞などの番組欄に普通に「PG」、「M」などの表記がされる日が来ることを望みます。

30年前に他国で普通のことが、普通ではない日本。
誰も言わなければ変わりません。
ブログという場を借りてでも、声を上げていきたいと思います。
ブログ一覧 | 一言放言 | 日記
Posted at 2011/01/19 11:16:17

イイね!0件



タグ

この記事へのトラックバック

ドラマ「明日、ママがいない」の問題につ ...」 From [ ★イメージはプレミアムな国産GTワゴン★ ] 2014/01/29 19:55
昨今マスコミを賑わしている表題のドラマ。 視聴率を稼ぐために暴力的、性的またはその他の不適切な内容を含むテレビ番組が増えています。 内容については試聴する側の価値観によって是非が異なるため、こと ...
あいちトリエンナーレの問題の本質につい ...」 From [ OUR SPILIT OF CHALL ... ] 2019/10/17 22:25
クルマの話ではないこともたまには書いてみようと思います。ご興味のない方はスルーしてくださいませ。 あいちトリエンナーレで「表現の不自由展、その後」の展示が中止になった事件についていろいろ対立や分断 ...
ブログ人気記事

秋も終わり…冬を感じる
28mikanさん

Many thanks.(^^) ...
picoo32さん

CLUB VF30忘年会MTG…I ...
☆ぼんちゃん☆さん

挫折からの復活❓(((c=(゚ロ゚ ...
shomayuさん

レジまで長い行列。
vfr800ccさん

デンドロまゆゆ遂にロールアウト!随 ...
エクストレイルハイブリッドスノーホワイトさん

この記事へのコメント

2011/01/19 12:59:28
私はあまり民放番組を見ないので最近の内容はあまり知りませんが、海外ドラマなどを見ているとそのあたりは厳しい縛りがあるようですね。確か昔は犬と子供は絶対に殺してはいけない、などという紳士協定もあったのではないでしょうか?
まーウチの子供はドラゴンボールで興奮している状態ですが(「パフパフ」とかw)・・・
コメントへの返答
2011/01/19 16:57:18
私も最近はNHKかBSが多くなってきました。
確かに韓国ドラマなども凄惨な交通事故シーンはあるものの裸やベッドシーンなどはないですよね。

ドラゴンボールは戦闘や殺戮シーンが中心のアニメですから、甘く見てもPGRですよ。
2011/01/19 13:41:50
こんにちは♪
自分もその番組を見て違和感がありました(^^;
何でもアリってのは、オヤジにはイマイチです!苦笑
コメントへの返答
2011/01/19 17:03:53
こんにちは♪
私は見てないんですけど、最近ありがちですよね。

視聴者の先読みの裏をかいているつもりなのかもしれませんが、あざといですよ。

日本じゃ親検閲が必要ってことでしょうが、見せる親もいるから困ります…。
2011/01/19 14:27:30
日本のドラマ番組は、ほとんど見ないのですが
(もっぱら海外ドラマチャンネルを見てます)
確かに、海外の番組と比べると、配慮が不十分と感じます。

教育とか道徳とかについては、後進国日本と思います。
コメントへの返答
2011/01/19 17:10:07
ひろさんも皆さん民放離れがすすんでますね。
配慮が不十分というのはたしかですね。視聴率という不確かなものにふりまわされすぎですね。

テレビにもイイね!をつける機能が欲しいです…。
2011/01/19 20:22:43
携帯電話のmixiの上にでるバナーがウザいです。


以前みんカラでも同様でしたが、近頃は車関係が増えていますので良くなりましたね。
エッチ系が減った分怪しいのか増えたんでしょうか?
コメントへの返答
2011/01/20 10:07:37
あらためて見ましたが確かに邪魔ですね。
今出てたのは婚活関係でしたが、エッチ漫画系が多いような気がします。

こういうのがあるから子供にはSNSなんてすすめられないですね。
2011/01/19 20:51:42
矛先が違うのは日本の独特の文化なんでしょうかね。w
政治にしろ何にしろ・・・。

バラエティのポロリなんかよりもよっぼど過激なラブシーンのほうが子供に与える影響はデカイと思いますけどねぇ。
コメントへの返答
2011/01/20 10:17:13
こんにちは!
日本人は戦時中の検閲とか大本営発表通りに規制を強要されたトラウマなのかこの手の話題には、非常にセンシティブですね。反面、外圧や官によらないと自己規制できない国民性が皮肉的です。

自分で書いてて何ですが、なかやんさんのおっしゃるとおりですね。ポロリに興味をそそられるのは健全なことですもんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「先ほど帰宅しました!
お会いした皆様お疲れ様でした~
\(^o^)/」
何シテル?   12/07 22:15
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.