• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2012年05月30日 イイね!

カルガモの親子♪

カルガモの親子♪家の近くの川に人だかりがしていました。
のぞいてみると、川の中にカルガモの親子がスイスイ泳いでました。
早速、デジイチを持ち出して動画撮影♪

何とも癒される風景ですね~(*^_^*)

Posted at 2012/05/30 21:04:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年05月27日 イイね!

奈良・市内散策&若草山ドライブ♪

奈良・市内散策&若草山ドライブ♪奈良の春のパーク&ライドが本日最終日ということで、家族で奈良市内を散策です。
奈良市役所の駐車場は無料開放、レンタサイクルも無料で借りることができます。
運のいいことに、レンタサイクルは予約してなくても電動自転車を借りることができました♪!(^^)!

まずはメジャーどころなのに行ったことのなかった、唐招提寺にまずは向かいました。
電動なので秋篠川沿いのサイクリングロードをスイスイ走ります。

唐招提寺の勅額
唐招提寺の勅額 posted by (C)FLAT4

子どもが以前学校で鑑真和上について学び、興味を持っていたのでお寺の中も見学しました。門に掲げられた「唐招提寺」の額がちょっと変わっていたので「何だか変わってるね」と話していたら、受付の人が「あれはレプリカなんですが、実は孝謙天皇の書かれた由緒あるものなんですよ♪」と教えてくださいました。
唐招提寺
唐招提寺 posted by (C)FLAT4
唐招提寺
唐招提寺 posted by (C)FLAT4
金堂はまさに天平文化といった堂々たる建物、さすが奈良・平城京のどっしり感があります。境内は広く見どころもたくさんあるのですが、修学旅行生徒以外は観光客は少な目でした。拝観料が一人600円と高いのが理由かも・・・。奈良は拝観料が高いような気がしてきました。

次に向かったのはこれも行ったことのない「薬師寺」です。すごくメジャーだし、会社の研修などでも使われてたりしたので行ったことのないのは内緒にしてたほどです。でもまた拝観料が高そうなので、こちらは門前をスルーして別の場所に向かいます。
薬師寺
薬師寺 posted by (C)FLAT4

そこは薬師寺から少し離れた「大池(勝間田池)」の対岸から、薬師寺を水面に写して撮ると、薬師寺のバックには若草山がそびえ立っているという有名な撮影スポットです。薬師寺は金堂と東西の二つの塔があるのに現在右にある東塔は解体修理の為縞々の覆屋になっています。ビジュアル的には残念ですが、なかなか絵葉書チックに撮れました。私たちの他には誰もいませんでしたが、若草山の山焼きの時などは大勢のカメラマンでこの辺りは大変なことになるそうです。
薬師寺を大池から
薬師寺を大池から posted by (C)FLAT4

最後に好きな朱雀門と大極殿に寄って約10㎞のサイクリングを終えました。
朱雀門から大極殿
朱雀門から大極殿 posted by (C)FLAT4
大極殿
大極殿 posted by (C)FLAT4

午後からはレガシィで若草山に向かいます。以前麓から歩いて登ったことがあったので、今回は奈良奥山ドライブウェイで山頂の展望台に直接行きました。ドライブウェイはヘヤピンカーブの連続で高低差のある道のりです。ハイカー歩行禁止なので安全なのですが、対向車が軒並みセンターラインをオーバーして来るほどだったので、ノロノロ景色や鹿を眺めながらの遊覧走行となりました。
若草山ドライブウェイ
若草山ドライブウェイ posted by (C)FLAT4
若草山ドライブウェイとレガシィ
若草山ドライブウェイとレガシィ posted by (C)FLAT4
途中で東大寺の撮影スポットなどもありました。東大寺の大仏殿は世界最大の木造建築物ですが、それを斜め上から見ることができるということはすごいことなんだと、最近読んだロシアの方が書いた奈良の歴史書の中にあったのを思い出しながら写真を撮りました。
若草山からの大仏殿
若草山からの大仏殿 posted by (C)FLAT4
若草山
若草山 posted by (C)FLAT4
若草山
若草山 posted by (C)FLAT4
若草山の鹿
若草山の鹿 posted by (C)FLAT4
若草山からの興福寺五重塔
若草山からの興福寺五重塔 posted by (C)FLAT4
若草山 鶯廟
若草山 鶯廟 posted by (C)FLAT4

先々月あたりから、歴史関係の中でもとりわけ奈良に関係する本ばかり読み漁っています。興味を持ったのは「平清盛」がきっかけですが、平氏、源氏、藤原氏などを探っていくと「日本」という国がどういう成り立ちをしてきたのかというところに辿り着いてしまいます。

日本の歴史は「古事記」と「日本書紀」を元にしていますが、それはもともと日本には日本人が住んでおり、そして天皇家があって、そこに多くの海外からの渡来人が色んな文化や文明をもたらしたというのが基本です。でも何となくちょっと嘘っぽく感じます。もしかしたら純血主義の時代に書き換えられたのかもしれません。

先住民がいたのを渡来人が追い払って、その移民達によって国家として成立したのが大和朝廷(倭国)、つまり日本なんじゃないだろうか?というのが私の疑問です。もしくは朝鮮半島にあった任那(伽耶)が元々の日本で、日本列島まで支配地域を広げた後に、朝鮮半島側が滅亡したのかもしれません。まぁ多くの海外からの帰化人が日本人に同化してきたのは事実ですし、DNAの中にはそういった先祖の記憶が残されているのかもしれません。奈良にはそういったものがまだ地面に埋まらずに残っているので、ミーハーチックではありますが興味深いわけです。

こんな感じなのでまた色々探索してみたいと思っています。
私の先祖は岐阜の出らしいですが、また自分のルーツなんかも調べると面白いかも知れませんね。
Posted at 2012/05/28 19:33:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2012年05月19日 イイね!

Facebook♪

Facebook♪「FacebookがNASDAQ市場に上場、時価総額は8.2兆円に」というニュースが、出てますね。

私も昨年の9月にFacebookに登録したんだけど、設定とか何だかよくわからないので放置してました。

ところが昨日、30年前に海外にホームスティしてたお宅のお嬢さん(当時)から、Facebookのメッセージで「もしかして・・・」という英文が突然届いたんですよ。自分の名前(本名)が広い世界の国からでも探し出すことができるんだってことにちょっと感動!

Facebookのメッセージ機能のおかげで、30年ぶりの近況を知らせあったり、お互いの家族の写真も送りあったりして、当時のことを懐かしむことができました。また彼女の弟がタイに今住んでてFacebookやってるってことで、そこからまた国を超えて繋がってしまいました!(^^)!

Facebookは、自分がこの地球上に生きているというコミットメントの場なんですね。世間日常の波に飲み込まれていても、自分の社会的存在価値を確認できるのが素晴らしいね。

Mixiやみんカラと違って、リアルというか公(おおやけ)のSNSなのであまり自分の内心的なことは出さず、「自分」という家の表札とPOSTだけ世界に公開にしてる感じ。

日本では「インターネット=匿名」というイメージが強く、Facebookも若年層ユーザーが多いようだけど、むしろ人生を色々経験してきた中高年以上の方のほうが、今までに自分が関わってきた数多くの人生の恩人や友人との間に培ってきた、つながりの蓄積を確認し、また活用できるんじゃないかな。

ただ日本でのFacebookは、どうも企業の宣伝やマーケティング情報収集の手段に利用されてる面が多くて、プライバシーを守りたい側にとっては危険な面もありますから要注意ですね。

また、お友だちの方でFacebookやってる方はまたメッセージくださいね♪
Posted at 2012/05/19 13:13:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 一言放言 | 日記
2012年05月17日 イイね!

BRZ試乗その後(追記)

BRZ試乗その後(追記)BRZに試乗して数日、今も瞼に焼き付いて離れないあの走り。あらためて思うことを書いてみる。

どこかのチューニング屋さんが昔、「世の中で一番楽しいクルマ…LSD付のFF車。世の中で一番つまらないクルマ…LSD無しのFR車」とかいった意味のことを書いていた。曖昧な記憶なので細かいところは間違ってるかも知れない。

BRZはもしかするとこのLSD付のFF車よりも曲がるかもしれない。回り込んで奥でさらに厳しくなるコーナーなど、きっちりフロント荷重で入ると、まるで糸で引っ張られるかのようにコーナーをクリアできるのだ。この感覚はフロントLSDよりも自然でランエボの4輪電子制御のような不思議な感覚だ。

「足が柔らかい=ロールする」というのもBRZには当てはまらない。低重心だからという表現だけではその真価は伝わらない。元々、曲がるボディアライメントにおいては、足まわりは曲がるために作用しているのではなく、トラクションを保持するために機能させているのではないか。

BRZは世界で唯一の水平対向エンジンを搭載するライトウェイトFRスポーツカーだ。当初は日本の若い人が車の運転の楽しさを知ってもらうために開発されたということだが、何と結果として世界に誇れるほどのスポーツカーに仕上がってしまったのかもしれない。日本人が想像する以上に海外のエンスージアストを唸らせるレベルの走りを持っていると思う。

サーキットタイムではハイパワーなスーパースポーツカーにはかなわない。しかし街中、高速、ワインディングで扱いやすくて乗り心地がよくて、気持ちいい運転が上手くできる、こんなクルマは滅多に…ない。

個人的にもBRZはポルシェの前にいつか愛車にしてみたい。真剣に憧れるクルマが見つかった。今は家族もいるから乗り換えられないけど、欲しいと思えるクルマがあるって車好きにとつて幸せなことだ…ね(^_^)b。

また是非、機会があれば試乗してみてほしい♪


Posted at 2012/05/17 22:14:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレ | 日記
2012年05月14日 イイね!

スバルBRZ ワインディング・インプレッションon箕面ドライブウェイ♪(動画あり)

スバルBRZ ワインディング・インプレッションon箕面ドライブウェイ♪(動画あり)今日はスバルBRZで走り慣れている箕面ドライブウェイのワインディングでじっくり試す機会が得られたので走ってきました。

86は前回街中で試乗したが、BRZは初めての試乗。
試乗車はBRZの白で最上級グレードの6MT。BRZのエンジンは低回転でも扱いやすくフラットなトルク特性なので街中ではあまり変速を頻繁にする必要もない。乗車位置は一番低い値にセット。インパネが低く見切りがいいのであまり低さによる圧迫感は感じない。

86に比べBRZはステアリングの初期操舵量が多め、86よりフロントがややソフトでリヤがハードなのかも知れない。86はゴツゴツ、クイックな印象だったが、BRZは乗り心地が良く、ステアリングセンターの遊びが大きめ。ダルというほどではなく、大きく切ればノーズはクルッと向きを変えてくれる。これは最近のスバル(STI)全般のセッティングだが、BRZはさらに遊びが多いように思う。これもまたSTIなどから補強パーツなどが発売されるからなんだろうか。

タイトなワインディングに入ってボディを左右に振り回してみた。
足回り自体は峠用とすればまだ柔らか目だが、限界はやたらと高い!速度を乗せていくとタイヤがゴーゴーとうなりを上げるが、簡単にはブレークする様子もない。低重心ゆえに前後への荷重移動なしでもフロントが逃げず、コーナーのインに向かっていく。これはホント、スポーツカーだよ。

私がもし現状のBRZを買うならフロントのスプリングをもっとハードにする、あるいはタイヤを今、使ってるADVANネオバ(AD08)にするね。そうすることでもっともっと走行リズムのレベルを上げていけると思う。でもこのBRZはそういうのではなく、スバルは最新のシャーシ性能でノーマル状態で誰もが安全にコーナリング上手に走れる方向を狙っているんだろうな。

特筆なのは、ある一定速度まではフロントサスのストローク量がどんな状態でも、同じコーナリング姿勢をつくって曲がっていけるのがすごい。おまけに腕のある人がフロントに荷重移動をかければ、さらにもっと曲がるのが大好きな本性を現してくれる(はず)。

リヤサスの出来もエクセレントな出来で、荷重をフロントに移してリヤの内輪のトラクションが抜ける状態をつくろうとしてもかんたんには何事も起こらない。

安全というと面白みに欠けるかというとそういうことでなく、BRZは自分の意のままに操っているという印象をドライバーに与えてくれるのが楽しい。運転していると自分がうまくなったように感じる。そして危険領域に入らないよう適切にスピード感を感じるようになっている。CMのように女性でもどんどん運転できる。重いとか、難しいとか感じることはないだろう。

前回不快に感じたタイトなシートもワインディングでは快適そのもの。左の腿側インパネがにいい感じで左膝をホールドできるのもいい。ステアリングはどこかダイレクト感に欠けるが問題ないレベル。ブレーキは峠を軽く走るレベルなら必要十分、タッチも申し分ない。何よりドライビングポジションが快適さを失わない程度に低くスポーティで運転しやすいのがいいね。

パワーも十分、もうターボはいらないかな。車重が軽いノーマル・アスピレーション(自然吸気)特有の気持ちよさを失いたくないと思う。5000回転以上のパワーゾーンをキープし、峠にこだまするサウンドを聞きながら走るとホントこれ以上ない爽快感!!

自分のレガシィに乗り換えて、BRZはシートの高さが低いだけでなくまだ後ろ下がりであったこと、クラッチの踏力が軽いだけでなく上から下まで一定だったこと、ステアリングはレガシィのほうがシャープだったこと、ブレーキが最初からよく効き踏力が少なめだったことなどなど、試乗時間が長かったためか自分のレガシィに違和感を感じるほど、その良さ、スポーツ度には違いがありますね。

一度は自分のものにしてみたい。憧れのスポーツカーにBRZはなったと思う。


by ARROWS X LTE F-05DにてHD撮影

試乗は営業氏の同乗のもと、安全運転で行っております
Posted at 2012/05/14 14:43:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | インプレ | 日記

プロフィール

「朝からこちらに来ています♪(^^)」
何シテル?   01/12 08:36
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.