• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2014年03月29日 イイね!

ランエボ生産終了そして三菱・・・

ランエボ生産終了そして三菱・・・ランエボが生産終了するらしい。

理由は販売不振。昨年は600台あまりしか売れなかったとか。

ランエボはもともとWRCの出場規定(ホモロゲ)を得るために必要な生産台数を、軽い車体に強力なエンジンを載せてつくられたエボリューションモデル。ベースは1500~1800CCのファミリー用とか商用のランサーにギャランVR-4の2000CCターボをぶち込んだわけです。毎年、まったく新しい車両を数千台だけ生産なので、発表して1ヶ月くらいで完売っていうことで、実物も見ずにカタログだけで注文してたのが大半じゃないでしょうか。競技車ベースってことで装備の割には価格も安かったですね。

自分が乗ってたからってのもありますが、前人未到のWRC完全制覇を成し遂げたランサーエボリューション5はそのランエボの全盛期、WRCでの日本車勢の絶頂期でしょう。

1998年世界ラリー選手権(WRC)
三菱、WRC完全制覇!!
 
初のマニュファクチャラーズ・チャンピオン
トミー.マキネン、史上初のドライバーズ・チャンピオン3連覇 

三菱ラリーアートチームは、WRC参戦26年目にして、悲願のWRCマニュファクチャラーズ・チャンピオンを獲得。さらにトミー・マキネンも史上初のWRCドライバーズ・チャンピオン3連覇を達成し、三菱はWRCの完全制覇を成し遂げた。さらに三菱ランサーはグスタボ・トレレスが今シーズンのグループNドライバーズ・チャンピオンをすでに確定し、WRC三冠、完全制覇を達成した。

 
このエボリューションモデルってのはホモロゲ取得目的があってこそ、そしてベースの車があるクルマにのみ、授けられる称号です。

ところが・・・、三菱自動車はWRCは撤退しちゃって、そしてベースのランサー自体が無くなっちゃいました。なのに未練がましいというか浅ましいことに限定車でもなくなっちゃてる普通の量産車に「ランサーエボリューションX」という、名称偽装、濫用のような紛らわしいことをしてしまったんです。そしてこのXと名付けられたクルマは誰のための何の目的の車かも明らかで無いまま、重たくされ値段を高くされてしまった。何よりも大事な毎年の「進化(エボリューション)」がその後無くなって、「完全停止」してしまった。だからこりゃ売れなくなって当然です。おそらく三菱は販促につながらないエボの名やラリーイメージはもう終了させる気だったのでしょう。

エボX自体は私も好きですしスゴくいい車なんだからホントはエボリューションの看板は外して、別のコンセプト、別の名前にしていたら販売不振による生産終了にはならなかったかもしれないですよ。三菱の4WD技術って電子制御とメカの融合がすごくてアクティブヨーコントロール(AYC)を筆頭にむっちゃ曲がるし、ホントこの技術が今後の車両に引き継がれないとしたらホントもったいない。今、力入れてるミラージュを4WDにしてまるまるACDとAYC搭載とか、無理なのでしょうか・・・?

三菱自動車は今後は電気自動車などに力を入れていくなどと発表しているようですが、それよりも経営陣はリコール隠しやPHEVのバッテリー火災などの事件から安全面での信頼性が不足しているメーカー、ディーラーという評価を変えていく取り組みをしてほしいものです。ホンダやトヨタが若いユーザー離れからスポーティカーのイメージを取り戻すのに必死でやっています。ユーザー層を一度失ったら取り戻すのが大変なのを、三菱自動車の現経営陣がわかっておられるのか疑問です。このままだともはや自動車メーカーとしての存続も危ういでしょう。

三菱ファンとして一言
三菱自動車さんはもう一度自社のこの企業理念を毎朝、社長自ら唱和されててはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三菱自動車の企業理念
大切なお客様と社会のために、走る歓びと確かな安心を、こだわりをもって、提供し続けます。

・大切なお客様と社会のために
お客様第一主義に徹します
お客様からご満足いただくことを最優先に企業活動を行います。そのためには環境問題への対応や安全性の追求に全力を尽くし、お客様のご満足を通して社会から信頼される企業を目指します。


・走る歓びと確かな安心を
三菱自動車のクルマづくりの方向性を明確にします
三菱自動車がお客様に提供するクルマは“走る歓び”と“確かな安心”という2つの考え方を反映します。クルマ本来の魅力である走行性・走破性と、お客様にながく安心してお乗りいただける安全性・耐久性を両立したクルマづくりを行います。


・こだわりをもって
三菱自動車らしいこだわりを大切にします
お客様にご満足していただけるようなクルマの新しい価値を見出し、お客様のカーライフをより豊かなものにするために、どんな小さなことでもこだわりを持って、クルマづくりに取り組んでまいります。


・提供し続けます
継続性を重視します
三菱自動車は信念と情熱を持って継続的な挑戦を行うことで、三菱自動車らしさを進化させたクルマをお客様に提供し続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted at 2014/03/29 13:14:27 | コメント(5) | トラックバック(0) | 一言放言 | 日記
2014年03月23日 イイね!

箕面山ドライブ&カフェでプチオフしました♪

箕面山ドライブ&カフェでプチオフしました♪今日はお友達のTarosaさんが箕面に来られるということで、せっかくならと箕面ドライブウェイをご案内することにしました。

冬場は凍結するので久しぶりの箕面山。タイヤの空気圧も調整してTarosaさんと合流、気持ちよくのんびりツーリング♪たぶん道の細さにビックリされたでしょうね。今年に入って初走行ですがやっぱマイレガで箕面を走るのは最高に楽しい~♪(^-^)

山を降りてコメダでミニシロノでコーヒータイムをしていたら、ちゅわわさんがこちらに向かってるとのご連絡です。合流するため移動し、今度はMille-feulleauxChampsのオープンカフェで2回目のコーヒータイム~♪

今日は春らしい陽気でいいオフになりました(^^)
Posted at 2014/03/23 19:24:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフミ | 日記
2014年03月21日 イイね!

映画「アナと雪の女王」英語版と吹き替え版を見比べてきました♪

映画「アナと雪の女王」英語版と吹き替え版を見比べてきました♪アカデミー賞作品ウォルト・ディズニーのアニメミュージカル「アナと雪の女王」を観てきました♪

そもそもブロードウェイのミュージカル女優イディナ・メンゼルさんが歌う「Let It Go」がインパクト抜群で、上映前からCMやYoutubeでハマって聴きまくってたのです。そして吹き替え版で同じ曲を女優の松たか子さんが歌っているのですがこれも予想を超える良さでした。
下の動画を観たら耳についてハマること間違いなしです(^^)

ディズニー公式動画 英語版「Let It Go」イディナ・メンゼルさん


ディズニー公式動画 吹き替え版「Let It Go」松たか子さん


ロードショー翌日にまず吹き替え版、そして今日英語版を観ました。

どちらもまず何よりアニメーション映像が美しい!雪と氷の世界をアニメでこんなに美しくきめ細かく表現できるとは思いませんでした。日本のジブリ作品とはまた違う素晴らしさがあります。「雪の女王」というアンデルセンの童話は私もとても好きな物語です。原作と映画はストーリーはまったく異なりますが、愛と一途な想いを貫くことで、死にも打ち勝ち、幸福を手に入れるという根底のテーマでは一致しています。

両方観た感想は・・・、やはり先に観た吹き替え版が秀逸という感想です♪

もちろん、英語版のほうのブロードウェイ女優の歌声、そして字幕がなくてもいいくらいわかりやすい発音のセリフ回しがとてもよかったです。

吹き替え版の一番の評価は、妹のアナ役の声優の歌声とセリフの表現力が何とも素晴らしかったことです。「まるで松田聖子みたいだなぁ・・・」と最初聴いてて感じたのですが、見終わった後娘の神田沙也加さんだったとビックリでした。イディナ・メンゼルさんや松たか子さんの歌声は想定していたのに比べ、神田沙也加さんの歌唱力演技力は想定外だったこともあったと思います。

ディズニー公式動画 吹き替え版 生まれてはじめて/アナ(神田沙也加さん)


また今回の吹き替え版、とても脚本が練られていてコミカルなギャグのやりとりがとても面白く、神田沙也加さんやピエール瀧さんはまるで本当の声優さながらで、楽しくあったかい雰囲気が英語版を上回っていたと思います。

「真実の愛とは何か?」・・・シンプルなテーマですがとても感動しました。
とっても楽しくて観てよかった作品です(^^)。
Posted at 2014/03/21 19:13:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2014年03月16日 イイね!

久々に洗車しました♪

久々に洗車しました♪春が近いと消費税が上がるからか、何かとお休みも忙しいです。

庭の雑草も抜かなきゃいけないし、家のあちこちも手入れが必要だし、洗車したくてもなかなか出来ません。ようやく時間がとれたので洗車&ブリス&タイヤブラックでようやく綺麗になりました。平日は自転車通勤なのであまり汚れてなかったのですが、黄砂とホコリがスゴかったです。

いつもなら箕面の山にでも煤落としに行くのですが、今日のところはやめときました。そろそろオイルも交え時だし、ブレーキフルードの色も悪いからガマンガマン(-_-;)

またどっか行きたいなぁ♪(^^)
Posted at 2014/03/16 19:00:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテ&チューニング | 日記
2014年03月08日 イイね!

大阪城公園内の太平洋戦争戦跡とピースおおさか

大阪城公園内の太平洋戦争戦跡とピースおおさか3つ目のブログは近代の大阪の史跡戦跡についてです。
NHKの朝の連ドラ「ごちそうさん」で太平洋戦争時に大阪も大空襲の被害にあうシーンがありましたが大阪に住んでいる者としてあまり実感の無いシーンでした。

大阪は古墳時代、難波宮の建てられた飛鳥時代など、京都や奈良に負けないくらい古い都の歴史をもつまちですが、観光に来た方をご案内できるのはUSJや海遊館などの新しい施設ばかりです。市内にはお寺もたくさんあるのですが、コンクリート製の建物ばかりが目立ちます。その理由はアメリカ軍によって大阪のまちはすべて焼きつくされたからだったようです。

明治維新の頃に徳川慶喜が脱出する際に燃えてしまった後、大阪城とその周辺は明治以降日本の軍の施設と軍需工場の立ち並ぶ場所になりました。アメリカ軍が重点的に攻撃したのもそれが理由です。
大阪城は地理的軍事的にそれだけ優れていたのでしょうか・・・。

京橋の近くにある大正の頃に建てられた旧大阪砲兵工廠化学分析場は戦後一時自衛隊が使用していましたが、今は廃墟のまま放置されています。
IMG_2206
IMG_2206 posted by (C)FLAT4
IMG_2208
IMG_2208 posted by (C)FLAT4
IMG_2210
IMG_2210 posted by (C)FLAT4
日本軍砲兵工廠守衛詰所
日本軍砲兵工廠守衛詰所 posted by (C)FLAT4
砲兵工廠の入口
砲兵工廠の入口 posted by (C)FLAT4

日中戦争の際に日本が略奪した?明時代の狛犬なんてのもありました。
IMG_2215
IMG_2215 posted by (C)FLAT4
IMG_2217
IMG_2217 posted by (C)FLAT4

IMG_2224
IMG_2224 posted by (C)FLAT4

秀頼、淀君ら自刃の地の脇にも謎めいた階段があります。今もなんの説明もなく閉鎖されていますがおそらく軍の利便性のために石垣に階段をつけたのでしょうか。これは歴史文化財ではなく、軍事用城塞として実用されていたことが伺えます。

謎の階段
謎の階段 posted by (C)FLAT4

昭和の初め頃にコンクリート製の大阪城天守閣が建てられますが、しかし何故かお城のすぐ横に同時に軍の指令部の建物が建てられ、戦後の今もそれは存在しています。全国色んな所に天守閣はありますが日本軍の施設と一緒になっているところは他にあるのでしょうか?そして今はこちらも使用されず閉鎖されています。いまだここも「戦後」のまま。戦争遺産として平和目的に扱われる日はいまだ未定のようです。

IMG_2228
IMG_2228 posted by (C)FLAT4

IMG_2227
IMG_2227 posted by (C)FLAT4

写真ではわかりにくいので撮りませんでしたが、大阪城の石垣のあちこちにアメリカ軍の銃弾の跡や爆撃の跡が見られます。今後この大阪城は豊臣の史跡の部分だけを発掘して残し、徳川期から第二次世界大戦の戦跡や傷あとはすべて無かったことにして潰してしまうのでしょうか。古い戦争でも新しい戦争でも悲惨さに変わりはないはずですよ。

陸軍第4師団司令部庁舎
陸軍第4師団司令部庁舎 posted by (C)FLAT4


この後は大阪で唯一大阪大空襲のことを展示しているという「ピースおおさか」に行きました。ここは平成3年に大阪府と大阪市が出資して建てられた戦争博物館です。

IMG_2307
IMG_2307 posted by (C)FLAT4


アメリカ軍が空を覆うように何百ものB29から大量の1トン爆弾と焼夷弾を火の雨が降るように撒き散らし、一度の空襲で大阪のまちはそのほとんどが焼けたようです。奈良からは西の空が真っ赤に見えるくらいの業火だったそうで焼け残った建物は高島屋と歌舞伎座、大丸くらいになってしまいました。

今、同じようにある日空を見上げたら爆撃機がいっぱいということが起きたら、誰もが絶体絶命を感じることでしょう。戦争というのは、国と国が戦うということは、いかに恐ろしいことかよくわかりました。

IMG_2309
IMG_2309 posted by (C)FLAT4
IMG_2311
IMG_2311 posted by (C)FLAT4
IMG_2312
IMG_2312 posted by (C)FLAT4

アメリカ軍は渦巻状に外から火災を起こし、徐々に中心部に追い詰める作戦をとっていたようで、おそらく大阪の中心部にいるすべての人間を殺そうとしたのです。今は非戦闘員を攻撃するとダメとかいいますが、当時は関係なかったのでしょう。当時大阪市200万人の人口のうち100万人が被害を受け、1万人以上が虐殺されたのです。


IMG_2313
IMG_2313 posted by (C)FLAT4

アメリカはこんなビラを空中から散布し、大阪からの脱出避難を呼びかけていたようです。爆撃予告をした上で残っている人は非戦闘員ではないという解釈をしているのはこのビラがあるからでしょう。

IMG_2314
IMG_2314 posted by (C)FLAT4
IMG_2315
IMG_2315 posted by (C)FLAT4

館内には戦災者名簿が置かれていました。私と同じ姓を探すと12人も犠牲になっており、もしかしたら遠い親戚がアメリカ人に殺されたのかと思うと胸がつまりました。

このような大規模な殺戮と虐殺に対する慰霊碑は、京橋駅南口に京橋駅空襲の際の慰霊碑があるだけだそうで、これも個人が建てられたものだそうです。戦争の恐ろしさやアメリカ軍の虐殺を忘れないためにも、大阪府には大阪大空襲被災者すべてを慰霊する施設を大阪城公園内に建てていただきたいものです。そして政府、大阪府主催で毎年追悼式典を行うことで、犠牲者を追悼し平和を祈念することができるのではないでしょうか。

東京都には墨田区に東京大空襲の慰霊堂があり、今年も3/10に秋篠宮殿下ご夫妻や東京都知事が参列されたそうです。

大阪大空襲のことを説明するAゾーンですが、最初にこの説明が眼に入るように展示されています。

IMG_2308
IMG_2308 posted by (C)FLAT4
日本国は・・・ではなく「日本国民は・・・アジア太平洋地域の人々に多大な損害を与えました。」で始まります。そして「わたくしたちは・・・世界の恒久平和達成のために努力を積み重ねていかねばなりません。」と結びます。英訳も「Japanese people were・・・」であり、わたくしたちはのくだりも「each one of us must・・・」とあり、現在の私たち日本人が戦争を起こした国民で現在の日本人が平和への努力をしなければならない。戦争責任の一部を負わなくてはならない。というものです。

Bゾーンには戦争当時日本の犯した罪を断罪する内容ばかりとなります。その視点は朝鮮人や中国人のもので、とても日本人の建てた施設で、日本人が書いたものとは思えないものばかりです。
例えばこの説明
IMG_2320
IMG_2320 posted by (C)FLAT4

もちろん被害者の視点に立つことも大事なことですがそればかりだと、戦時中日本がなぜそのような政策をとったのかの説明が不十分で、同じ日本人として理解できないのです。これは日本の戦後教育と同じですね。「負けたから悪く言われるんだ」と最近よく言われてます。この施設だと「世界中で一番日本人はひどいことをしたからこんな空襲に遭ったのです。」という因果応報的な意図があるようです。

そうすると逆に「次は負けないように戦争をやればいいんだ」という論理になる恐れがありますから、この展示はむしろ逆効果になるのではと思います。広島の原爆資料館のように世界中のの人々に訪れてもらい、アメリカ軍の非道な残虐行為、戦争の恐ろしさを知ってもらえる施設に生まれ変わってほしいものです。

それで平和には十分だと思います。

IMG_2327
IMG_2327 posted by (C)FLAT4
Posted at 2014/03/10 02:00:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 一言放言 | 日記

プロフィール

「先ほど帰宅しました!
お会いした皆様お疲れ様でした~
\(^o^)/」
何シテル?   12/07 22:15
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.