• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2016年12月24日 イイね!

クリスマスは有馬に行ってきました♪

クリスマスは有馬に行ってきました♪クリスマスは年末恒例の兵庫県の有馬温泉にあるホテルで過ごしました。

有馬の写真に行く前にいつものカメラ教室の復習を少しだけ。

◎スローシャッターにする4つの方法
1. ISO感度を下げる
2. 絞り値を大きくする
3. PLフイルターを使う
4. NDフイルターを使う
※NDフイルターは5段くらい絞り値を変えられるものがオススメ(#16)

◎画像の明るさ調整の基本
全体的な明るさ・・・露出
部分的な明るさ・・・シャドウ、ハイライト

◎イルミネーション撮影のポイント
・イルミネーションにソフトフイルターの代わりに食品ラップが使える。
・ライトアップ撮影は、光源から少し離れたところで撮ると、光のグラデーションが撮れる。
以上です。

有馬では、食事まではスナップを撮りながら温泉街をブラブラしました。
食事の後は一人になりホテルの中庭でイルミネーション撮影です。


2




3




4




5





6





7





8



ソフトフイルター代わりにサランラップをクシャクシャにしたものを広げてレンズの前にかざしてみましたが、シワの影が写ってうまく行きませんでした(ボツ)。また先生に年明けに聞いてみます。
来年も引き続きカメラ学校には通うことにしました。


毎年、同じ場所で撮っているので、似たような写真ですが、少し変化をつけてみました。


のんびり美食と温泉三昧のクリスマスでしたので、すっかり気分は年末休暇の気分になってしまいました。


今年も色んなところに行けていい一年になりました。
みんカラでは私のブログにたくさんの方にお越しいただき感謝しています。

あと数日残っていますが、皆様よい年の瀬をお過ごしくださいませ。
Posted at 2016/12/26 21:28:14 | コメント(10) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年12月19日 イイね!

司馬遼太郎展に行ってきました♪

司馬遼太郎展に行ってきました♪大阪梅田の阪神百貨店で開催されている
『没後20年 司馬遼太郎展~「21世紀"未来の街角"で」』
に行ってきました。

「日本とは何か、日本人とは何かを問い続けた国民的作家、司馬遼太郎(1923~96年)が亡くなって今年で20年。まさしく20世紀を駆け抜けた72年の生涯で司馬遼太郎は、『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などのミリオンセラーをはじめ、数多くの小説やエッセーを残しました。その作品はいずれも版を重ね、時に映画やテレビで映像化され、世代を超えて繰り返し読み継がれながら、混迷の時代という現代に生きる私たちの道しるべとなっています。これほど長く愛されるのはなぜかと考えたとき、司馬作品には物語としてのおもしろさだけでなく、時代を超えて色あせない強いメッセージ性があるからだと気付くでしょう。」と開催のことばにあります。

展示としては自筆原稿や挿絵原画、作品に関する歴史資料などによって、司馬作品の世界を再現するというものです。大阪での開催は12月24日までで、来年2017年は4月に高知、6月に横浜で巡回開催されます。

司馬遼太郎作品と私の出会いは小学校の5年生、今から40年以上前に知り合いの大学生から、「竜馬がゆく」の文庫本をもらったことでした。当時の私は歴史よりSF小説が好きでしたが、「竜馬がゆく」ですっかり歴史の虜になり、「国盗り物語」や「花神」、etc・・・と続けて司馬作品を読み漁りました。

司馬遼太郎の特徴として「余談であるが・・・」から話が本筋から外れ、司馬遼太郎が実際に小説の舞台を訪れて現地の人に話を聞くというのがあります。私もこれが大好きで、小学生なのに電車に乗って京都の小説の舞台の史跡を巡ることを始め、中学から高校に進むと京都の同級生の家に泊まり込んでそいつを連れ出して幕末の史跡を見て回るというのが趣味の一つになってました。今でもそのクセは変わってないと思います。(^^)

高校生のころ、海外に留学した際は「竜馬がゆく」を持参し、夜にヒマと孤独さを感じると穴が開くくらい何度も読み返しました。小説の中で竜馬が語る多々の名言・語録をノートに書き連ねたことも懐かしく思い出しました。

「世に生を得るは事を成すにあり」

「世の中の人は何とも言わば言え、我がなすことは我のみぞ知る。」

「人の世に、道は一つということはない。道は百も千も万もある。」

「衆人がみな善をするなら、おのれ一人だけは悪をしろ。逆も、またしかり。
                        英雄とは、自分だけの道を歩く奴の事だ。」

他にもたくさん頭に思い浮かぶ言葉は、どれもが私が生きていく支えになりました。

大人になってから読む司馬作品は、「項羽と劉邦」、「坂の上の雲」などの歴史小説に加え、「街道をゆく」などの紀行文も楽しむようになりました。そして「この国のかたち」、「風塵抄」などの随筆作品からは私が公益活動に取り組むヒントをたくさん得ることが出来ました。

対話集なども好きでしたが、中でもNHK教育TVで1995年に3夜連続で放送された「宗教と日本人-対論・司馬遼太郎VS.山折哲雄」は日本人の宗教観、倫理観について、学ぶものが大きかったです・・・。

かって私には「いつか地元で司馬遼太郎の講演会を開催する」という夢がありました。司馬先生は講演嫌いということもあって当時実現はせず、そのまま逝ってしまわれました。


あれからもう20年。
身近な存在であったはずの司馬遼太郎も、今は壁にかかった年表で語られる歴史のなかの文豪の一人になられたのだと、私は今回の展示を見ながらしみじみと感じました。

時代は変わっていくのに、今の時代について歴史を俯瞰して一つの物語と見る「司馬史観」で語る司馬遼太郎の言葉はもう聴くことは出来ず、あの頃を語る言葉で時がとまってしまいました。今の世の中を司馬先生が見たらどのように感じ、語るのかは想像するしかありませんが、「二十一世紀を生きる君たちへ」の中にあるように、「人間は、自分で生きているのではなく、大きな存在によって生かされている」、「国家と世界という社会をつくる私たちがたがいが助け合いながら生きていけば、人類が仲よしで暮らせる時代になるにちがいない。」と語るのではないかと思います。


最近はあまり読んでいなかった司馬作品ですが、まだ未読の書籍がいくつか残っていることが今回わかったので、またあらためて読んでみたいと思います。


【大阪展】 2016年12月14日~24日
【高知展】 2017年4月1日~5月25日
【横浜展】 2017年6月2日~7月2日
会場
【大阪展】 阪神百貨店梅田本店
【高知展】 高知県立文学館
【横浜展】 そごう美術館


Posted at 2016/12/20 17:42:08 | コメント(7) | トラックバック(0) | 一言放言 | 日記
2016年12月11日 イイね!

HT2016忘年会オフ in 青山高原に行ってきました♪

HT2016忘年会オフ in 青山高原に行ってきました♪ ホリデーツアーズ主催の第5回ツーリングオフは三重県の青山高原でした。

集合は名阪上野ドライブイン。いつもより近いのでのんびり出発です。
近畿道から西名阪そして名阪国道を省燃費走行で走ります。途中ハイドラにひろさんの姿が見えましたがそのままのんびり走行。近距離なのに香芝と針と2回も休憩しました。針テラスでトイレから戻るとレガシィの隣にひろさんのWRXが!ひろさんもここで休憩されていたようでした。そこからもひろさんの後ろについてのんびりアイサイトに追従走行です♪



集合時間の少し前に名阪上野ドライブインに到着~♪
もうすでにたくさんの方が集まっておられました。グループの皆さんが停めてる真ん中に911GT3が停まっていたので私も911並べ~(謎)。コソッと2ショット写真を撮ろうと思ったのですが、911ドライバーの方が戻ってこられて写真が撮れず・・・(^_^;)




出発時間になったので青山高原に向けて出発~!
皆さん、いただいた「旅の栞」を元にナビにセットして、約30kmちょいのツーリングの始まりです。私は地元のしろへーさんの後ろについて2番めを走ることにしました。

青山高原はこのレガシィで2007年に来て以来です。この時のイメージは道幅も広くてRの大きいカーブの道路というイメージでしたが、いざ高原道路に入ってみると回り込んだタイトコーナーの連続です。相変わらず凸凹が多くて足を固めた車だと跳ねちゃうので、あまりスピードを出す気になれません。前を走るしろへーさんもブレーキを踏まない程度ののんびり走行でしたので、私も景色を眺めながらサンルーフを開けて風を感じながらのんびり気持ちよく走りました。(^^)





ウインドファームの駐車場にとうちゃこです!
この並びは左から到着した順番になってます。関東から遠征のTsukakenさん、スタッドレスなのに夏タイヤ勢に混じって余裕で付いて来てましたね~。さすがです。





駐車場にほかの車がいなくなったので、色別、車種別に並べ替えをしました。こうやって見るとまだまだBPBLレガシィがいっぱいいるように見えますね~。






逆から見るとWRXがいっぱいとなります(^^)





上から見ると大勢ですね~。13台、みんなスバル車です(^^)




風車の向こうには伊勢湾も見渡せます。





カッコいいWRXSTIと風車の前でホリデーツアーズ社長もハイポーズ♪


お昼近くになりましたので青山高原を離れ、本日の忘年会会場の青山高原リゾートホテルローザブランカに向かいます。



ホテルではもう私達の到着を待ちかねていたようで、ホテルの入り口を入るとすぐにフロントの方が「ホリデーツアーズの皆様ですか」と迎えてくれました。







お昼を頂いた後は温泉に入浴です。広々とした露天風呂には私達のグループしかおらず、青空の下最高の気分でくつろぐことが出来ました。




お風呂の後はロビー横のカフェのソファに座ってコーヒー&ケーキです。







新しい車の話やオフならではのオフレコ話で楽しい忘年会タイムを過ごすことが出来ました。





帰りにまたお土産を買うために名阪上野ドライブインにNAさんとひろさんで立ち寄りました。
赤福が売り切れていたのは残念でしたが・・・。





帰り道もひろさんと同じ方向なので、ずっとアイサイト追従走行で帰りました。おかげで燃費が12.0km/lまで伸びました(^^)


NH社長、いつも楽しい企画に感謝しています。
参加された皆様、お疲れ様でした。楽しい時間を有難うございましたm(__)m
また来年もホリデーツアーズのツーリングオフ楽しみにしています。

総走行距離 256.83km
Posted at 2016/12/15 21:26:10 | コメント(9) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2016年12月10日 イイね!

スバルカレンダー2017をもらいました♪

スバルカレンダー2017をもらいました♪今日は朝から年賀状の前準備をしました。パソコンに今年の筆まめ27をインストール。まだ喪中ハガキが来そうなので、おおよその出す枚数を割り出して続きはまた来週末に。

暇になったのでかかりつけ医に電話すると「空いてる」とのことだったので、予約をしていたインフルエンザワクチンを射ってもらいました。今年はノロウイルスが流行っているとの報道がありましたが、病院は空いてましたね。

お昼からは明日のツーリングに備えて洗車です。先週からそんなに汚れていなかったのと風が強くて寒かったので簡単に済ませました。

リヤワイパーのゴムが切れていたのでオートバックスに行くことに。タイヤ交換をする方が多いようで、駐車場に入るのに順番待ちするほどでした。ワイパーは替えゴムをその場で交換しました。今回は撥水タイプにしましたよ。

最後は約束していたスバルに行きまして担当さんに年末のご挨拶です。今日は珍しく暇そうでしたのでのんびりしてましたね。現担当さんもこの店に来てから5年になったそうで、早いもんだなぁ。最近はかなりオフレコな情報の会話が多くなりました。話が際どすぎてブログはおろかお友だちにも話せないことを教えてくれるので、親密度、信頼度も年々増しています。彼が転勤や店長になるまでに新車を買ってあげられたらなぁ。

そして毎年恒例のカレンダー、そして来店記念品のコールマンのポーチをいただきました。毎年みんカラにカレンダーのことを書いていますが、来年のカレンダーもなかなかいい感じです。

帰りにガソリンスタンドで満タンにして本日は終了。
のんびりしながらもいい1日になりました♪(^^)
Posted at 2016/12/10 19:42:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | メンテ&チューニング | 日記

プロフィール

「先ほど帰宅しました!
お会いした皆様お疲れ様でした~
\(^o^)/」
何シテル?   12/07 22:15
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.