• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT4のブログ一覧

2018年12月21日 イイね!

大阪・ひらかたパーク 光の遊園地に行ってきました♪

大阪・ひらかたパーク 光の遊園地に行ってきました♪撮影実習で大阪枚方市にあるひらかたパークに行ってきました。

ひらかたパークというと幼い頃に菊人形展で訪れて以来という何十年ぶりかの訪問でした。昔と違って純粋な遊園地というものが関西ではほとんど無くなってしまい、今ではこのひらかたパークが日本で営業している中で一番古い遊園地なんだそうです。




当日はR1で行ったのですが、周辺道路は夕方の混雑で大渋滞。集合時刻の16時半に30分以上遅れての到着となりました。なぜ夕刻の集合となったかというとタイトル画像にもある光の遊園地のイルミネーション撮影がこの日のテーマだったからです。


先生からは事前に撮影に関するアドバイスをいただいておりました。

●ドラマチックなイルミネーション撮影をするには●

近年のLED照明は普通に撮ると小さい点光源になってしまうので、ふんわり大きな光になるように撮ることであたたかい雰囲気が伝わってくるのです。

・絞り開放・・・絞りの小さいレンズのほうが背景の丸ボケが大きくなる。
・ソフトフイルター・・・強と弱がある。弱でOK。サランラップなどでも代用が可能。
・長時間露光・・・三脚を用いて航跡を入れて撮る。
・多重露光・・・丸ボケの写真とピント合わせした写真を合成する。
・ズーミング・・・望遠側から広角側にズームリングを回す。真ん中に配置する。
・ピントリングずらし・・・ピント位置から無限大位置に回す。F値を小さくするのでNDフイルターをつける。

※シャッタースピードを遅くするには
・ISO感度を低くする。
・絞りを絞る。
・PLフイルターを使用する。
・NDフイルターを使用する。
#32のフイルターの場合、1/30で撮影できる場面が約1秒間になる。




1




遅れて到着したので、何から撮ったらいいのかわからず、とりあえず空に舞うかのように吊ってあるランタンを撮ってみました。



2




続いては先生が撮影していた空中ブランコ。これでシャッタースピードは約15秒です。



3





何かわからないかもしれませんがいわゆるバイキングみたいな乗り物です。


4




当日は雨も降っていたので動きモノは少なめでした。



5




6




枯れ枝にピントを合わせて背景のイルミネーションをぼかします。

7




真っ暗な中をゆっくりと進む機関車をBULBのスローシャッターで。これで17.8秒です。



8





9





10



夜の遊園地でロマンチックなのはメリーゴーラウンド。


11




メリーゴーラウンドが回転するとこんな感じになります。



12



ピントリングずらしをするとこんな感じになります。



13





この日もこんな満月があればよかったのですが・・・。


14




光の遊園地のモニュメント。光の演出を写真で表現していこうと思います。



15





16





17





18




最後までご覧いただき有難うございました
Posted at 2018/12/31 19:31:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2018年12月16日 イイね!

【アメフト】甲子園ボウルに行ってきました♪

【アメフト】甲子園ボウルに行ってきました♪アメリカンフットボールの大学日本一決定戦の甲子園ボウルに行ってきました♪


当日の対戦は東日本代表の早稲田大学「ビッグベアーズ」と西日本代表の関西学院大学「ファイターズ」、阪神甲子園球場で行われました。




アメフトには縁遠いのですが、当日出場する関西学院大学の選手のひとりがウチの娘と生まれた時期と産科が同じ!という幼馴染、そして生まれる前からのママ友でしたので応援に行ってきました。

カメラはEOS Rに100-400mmをつけx1.6クロップモード(換算640mm)で、撮ってみることにしました。決定的瞬間とかは遠くてとても上手くは撮れなかったのですが、楽しい撮影となりました。






こちらのゼッケン3は今年の春、日本大の悪質タックルで負傷した関学クオーターバック(QB)奥野耕世選手。実は彼のお父さんと私は旧知の仲。あの事件の頃ニュースで彼(お父さん)がTVに映った時はびっくりしました。当日もMVPの大活躍でした!






アメフトのルールは複雑みたいで、用語とかもチンプンカンプンですが、前に進んでタッチダウンするかフィールドゴールを決めれば点数が入ることだけわかっていれば、十分楽しめました。





横に並ぶと100人近い選手がグラウンドサイドを含めていて、攻守が入れ替わるごとに出場選手が交代します。





アメフトというと頭に思い浮かぶのが少年漫画であった「フットボール鷹」という川崎のぼる氏の作品。今の若い人は知らないでしょうね。





椎の実ボールというとラグビーがイメージされますが、アメフトのボールはどうやら一周り小さく見えます。大きなプロテクターを着けたプレーヤーが隠していると誰が持っているのかわからなくなります。






おのずとカメラでボールを追いかけるのも難しくなるわけで、なかなかボールが写った状態の写真を探すのもまた難しいものとなりました。






西日本の甲子園球場で開催しているということで、応援している観客は圧倒的に関西学院のほうが多くなっています。





チアの人たちも試合前から試合終了までずっと踊っていて、よくまぁ体力が続くものだとこちらの皆さんにも拍手を送りたい気持ちになりました。学ランを着た応援団の人たちも昔と違って強面ではなく可愛い感じで、楽しい試合の盛り上げ役に貢献しておられました。

そのお陰か、試合の方は関西学院大学ファイターズの圧勝!という結果となりました。(^^)






応援している一般観客は主にアメフト部OBと現役選手の父母の方々でした。私も選手のお母さんからお誘いをいただいたのですが、皆さん青いジャンパーを着てまとまっておられました。大学生でも選手の父兄が応援の中心となっていることに、時代の変化を感じます。





私も学生時代豪州にいた頃は、休み時間になると校庭に出てオーストラリアンルールのフットボールを楽しんでいましたし、毎週のように週末はプロのフットボールの試合を観に行っていたので、こういう試合を観るのは何だか懐かしい気がしました。




当日はR1で甲子園球場の近くの家屋の駐車場に駐めました。最近、「akippa」という駐車場サイトをよく利用しています。こちらのサイトで駐車場を予約しておくと、通常より安く確実に駐めることができるので助かっています。

一般の時間極駐車場から使用されていないモータープール、今回のような一般住宅の駐車場まで様々なので使用する側に見極める力が必要ですが、観光地などで駐車場待ちが予想される場所ではうまく使うと非常に便利です。



最後までご覧いただき有難うございました。
Posted at 2018/12/22 13:51:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2018年12月08日 イイね!

年の瀬の諸々…をご報告

年の瀬の諸々…をご報告しばらくブログから遠ざかっておりました。

12月に入ってからいくつかの忘年会にも参加して忙しい日々をおくっております。

12月の8日には滋賀のほうで今年最後のオフを楽しんでまいりました。




道の駅 あいとうマーガレットステーションでは念願であったWRX白3台並べも実現いたしました。今年の春にsioさんに「VAを買うなら白にして3台並べよう!」と話してた頃はまだ現実味がなかったんですけどね。

NAさんが冬仕様ということで、フロントリップを外しておられましたので、また春に完全体で並べるのも楽しみです。





NH社長も続いて登場!GVは不調とのことでスーチャーくんで来られました。




ランチを道の駅でと思っておりましたが満席でしたので、永源寺温泉八風の湯へ移動。




ランチをいただいてから、こーぎーさんも来られ、のんびり温泉で話しました。


温泉の後は彦根のJOYSOUNDに移動、ムム斗くんも来られてみんなで深夜までカラオケを楽しみました(^^)。





2日後の10日の午後には大阪八尾のオリエントワークスに!しろへーさん、Jamesさん、そして某氏も来られて、また色んなお話ができました。






RA-Rの純正ECUデータもオリエントワークスの社長に提供しました。

数日後には解析も完了したそうです。既存のS207のデータとは若干違ったもののチューニングデータとしてはS207用がそのまま使えるとブログに書いておられました。

また、貯金をしなくては・・・(^^)。


最近、私の身内で体調を崩す者が多くて病院に行くことが増えています。インフルエンザやはしかなども流行っているんようですので、もらってこないように注意しなければと思っております。


年内は撮影実習が明日の夜、週末はまたいつもの有馬温泉に行く予定です。年賀状もようやく書き終えましたので、もうクリスマス~年末年始モードに突入です。


皆様もお身体にはくれぐれも気をつけていただいて、よいクリスマスを迎えてくださいね♪
Posted at 2018/12/20 17:45:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記
2018年12月01日 イイね!

京都・嵐山高雄~美山の里に行ってきました♪

京都・嵐山高雄~美山の里に行ってきました♪みん友のアルミヤさんにお誘いいただいて、京都へドライブに行ってきました♪

待ち合わせは京都の嵐山高雄パークウエイの駐車場。私、道に迷ってしまいまして、観光客で大混雑する嵐山の渡月橋をを渡って嵯峨野の素敵な小径を無粋なクルマでブォンブォン言わせながら通り過ぎ、化野念仏寺の近くからようやくパークウェイに入ることができました。

1




アルミヤさんは先に到着しておられ、すぐに撮影開始です。アルミヤさんとはみんカラでもかなり古いお付き合いになるのですが、二人で会うのはこれが初めてでした。

2




この日の撮影テーマは「スバルのレアな限定車のツーショット」。STIが製造した「S208」と「WRX STI type RA-R」という珍しい顔合わせです。

3



その後はカフェで休憩し、カメラ談義なんかにも花を咲かせました。


4



その後また違うスポットに移動して撮影~♪


5



互いのクルマを乗り換えて、試乗会もしてみました。アルミヤさんのS208は直巻サスペンションに変更されているためノーマルより車高も低く、制動力もよりコントール性の高いブレーキパッドに交換されていましたが、トータルバランスのいいとても上質な乗り味でした。S208のノーマル足回りにもやはり"あの"クセがあったのだとか・・・。


6




S208に比べるとRA-Rは粗削りな感じがしましたね。レガシィ時代はアルミヤさんのチューニング方向は私の好みと近かったので、RA-Rをどう感じられたのか楽しみです。


7




どちらも同じSTIチューンのエンジンフィールは最高なのは言うまでもありません。


8



晩秋の京都高雄は紅葉が終わっていると思われたのか、観光客もほとんどおらず、駐車場や広場はほぼ独占状態でした。



9




クルマの撮影って難しいです。EOS学園でもクルマ撮影の教室とか実習とかあったらいいのになって思います。



10




S208のリヤの巨大な羽根とリヤバンパーサイドの大きなダクトは後ろを走っていても強烈な印象でした。



11




その後はこちらのKAMONOSE CABINへ。私は初めて訪れました。ここまでの周山街道もツーリングにはぴったりの道ですね。


12 (スマホ撮影)



薪ストーブで暖かいログハウスの中で味わいのあるカレーライスをいただきました。美味しいお水もおそらく湧き水なんでしょう。


13 (スマホ撮影)



出掛けに、ご主人が「覆面パトカーいるから気をつけて」とライダーたちや私たちに声を掛けてくださるのが印象的でした。走り屋の聖地的なお店なんでしょうね。


14




次に訪れたのは美山かやぶきの里です。



15




名物の赤いポストの前は観光客がなかなか途切れません。



16



アルミヤさんから撮り方について色々質問をいただいたのですが、私にとってアルミヤさんはカメラの先輩的な存在なので、めっちゃ戸惑ってしまいました。



17




里山の風景にはちっさい軽自動車がよく似合ってました。



18




秋の美山は初めて訪れましたが、観光客が少なくていいですね。



19




冬になると色が少なくなるけど、秋はまだ色がありますね。



20





21





のんびり一周りしましたが、いつもながらいいところです♪



22 (スマホ撮影)




また夕暮れ時にコーヒーをいただき、アルミヤさんと日が暮れるまで色んなお話をさせていただきました。



23 (スマホ撮影)




最後にスマホでこの写真を撮って解散・・・でしたが、高速で分岐するまで、S208の後ろをついてほぼほぼ一緒に帰ることができました。

アルミヤさん、楽しい撮影とツーリングプラン、有難うございました。またこの道は違うシーズンにも走りたいですね♪



最後までご覧いただき有難うございました。




この記事は、まぁ! レアなコラボ!!について書いています。
Posted at 2018/12/03 19:30:04 | コメント(13) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 日記

プロフィール

「先ほど帰宅しました!
お会いした皆様お疲れ様でした~
\(^o^)/」
何シテル?   12/07 22:15
水平対向4気筒エンジンにちなんだHNで”FLAT4(フラットフォー)”と申します。 お出掛けと写真と愛車メンテの記録が中心です。 2006年にみんカラを...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

最高速今昔物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/02 22:51:01
 
新城・春花と愛車のある風景(撮影テクニック!?解説付き) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 20:14:27
【ニッポンの名車】目指したのは感動性能! 4代目スバル・レガシィ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:36:24
 

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
CBA-VABE4EH-66C [No.10/500] 2018年9月10日工場ライン ...
スバル R1 スバル R1
「小さいことの贅沢を味わう。R1。」 そのクルマは、乗る人の価値観を映し出す。 小さなボ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
そのスペシャルティは、 グランドツーリングをスポーツへと昇華させる。 レガシィの卓越し ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
スポーツからGTへ 細かなトラブルはたくさんありましたが、 なかなかいい車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.