• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤジキンのブログ一覧

2018年11月27日 イイね!

BON・JOVI Live (2018)な日

BON・JOVI Live (2018)な日11月26日 月曜
少し仕事を早く切り上げて



東京ドーム
1日のポール・マッカートニー以来
11月2度目です。

大好きなバンドのひとつ
ボンジョビの5年ぶりの来日公演。

コンサートは19時スタートですが、
水道橋には18時少し前に到着。

そのまま、22ゲート前のグッズ売り場へ。



長蛇の列。
「今から並ぶと開演の19時には間に合わないかも知れませ~ん!」
ってアナウンスが流れてましたが、
取り敢えずパンフレット欲しかったので、
並びました。
まぁ、駄目そうなら終演後も
売ってるそうなので、離脱して後でもいいかな?
って思って。

列は長かったですが、割りと進みが早くて、
18時40分位には売り場へ進みました。
グッズ、ツアーTシャツとかも
買おうかな?って思ってましたが、
私の番の頃にはTシャツ類は全て売り切れてました。
まぁ、余計なもん、買わないで済んだと思えば、良かったのかな?(笑)



結局、パンフレットだけ買って、



ゲートに並んで入場。
入場待ちの時、横見たら
小学校3年生位かな?
男の子連れたママが居て、
目が合ったので、ちょっと声かけたら、
その男の子にとって、初ライブがボンジョビだそうでした。
この人混みで迷子になったら大変だから
「絶対、お母さんから離れるんじゃ無いぞ!」
ってアドバイスして別れました。
あの子、初ライブ、楽しめたかな?

入場して、トイレもサクサク済まして、
席に到着。



今回の座席は、一塁側1階スタンドの20列目。
照明塔が少し邪魔な感じもしますが、先ず先ずの席。
前回のポール・マッカートニーのアリーナ席に比べると、距離は1.8倍位かな?

ボンジョビ、デビュー当初から好きで、
80年代、90年代は良くライブいってましたが、
2000年以降はCDは買ってましたが、ライブは行ってませんでした。
なので、今回のライブは20年以上ぶり。

久しぶりの生ボンジョビ、期待が高まりす。

普通、ロックのコンサートって、
たいてい、開演、20~30分、
下手すりゃ1時間近く遅れるのが当たり前なんだけど、
ボンジョビ、ほぼ定刻、
むしろ1分位早いんじゃね?って位

19時にはライブスタートしました。
真面目なんだなぁ~!



まぁ、昔観ていたボンジョビと決定的に違うのは、
ギターのリッチー サンボラが抜けちゃってる事ですかね。
オリジナルメンバーは
ボーカルのジョン ボンジョビと
ドラムのティコとキーボードのデヴィッドの
3人のみで、
あとギター2人、ベース、パーカッションを
加えて7人編成でした。



オープニンクは最新アルバムの
「This House not for sale」
からタイトル曲。
今もボンジョビらしいオープニンクに相応しい曲でした。

あとは、覚えきれないので
セットリスト↓見てください。

https://nme-jp.com/news/64629/

ライブの感想は、
ヒット曲も多い大物バンドらしく、
そつなくまとまってますね。
ただ、キャリヤそろそろ35年になるバンド、
ジョン ボンジョビも見た目は若々しいんですが、
流石に若い頃に比べると声が出てない感じはしますね。
ジョン、ほぼ同い年なんで、体力的にきつくなって来るのも解るけど、
もっと上の年代のロックミュージシャンも頑張ってるんだから、ジョンももう少し頑張って欲しいかな?

最近の曲は割りと普通に聞こえるんだけど、
昔の曲、特にデビュー曲でもあるRunawayは
少しテンポも遅くて乗りが悪かったです。
昔のテンポだと歌えないのかな?

あと、ギターのお二方
まぁ、決して下手ではなく上手なプレイヤーだとは思いますが、
やっぱりリッチー サンボラの方が良いですね。
リッチーの方がハーモニックスのつかい方とか、
トーキングモジュレーターの音の出し方とか、
なんか色が有ったと思います。
もう、戻って来ないんかなぁ?
(´д`|||)

全体的には、MCも少な目、良く言えば真面目に、
悪く言うと起伏がなく淡々と、
そんな感じのステージ構成。
もうちょっと、会場全体が盛り上るピークが有っても良かったかな。
例えば、ポール・マッカートニーで言うとヘイジュードで大合唱とか、
マイケル シェンカーだとロックボトムのギターソロとか、
そう言う、お約束の必殺技みたいなのがなかった気がします。

アンコールでデッドオアアライブやってくれたのは嬉しかったし、
オーラスではLivin' on a prayerで大合唱できたので良かったけど、
Livin' on~のさびの高音部分は
ジョン歌ってなくて、観客とコーラスに任せちゃってたのは残念かな。
やっぱり高い声、もう出ないんかなぁ~?

21時半ごろライブは終了。
二時間半程の久々のボンジョビのライブ。
まあ、ネガな事も書きましたが、
楽しめました。
やっぱり観て良かったですよ。

ポール・マッカートニーとマイケル シェンカーが
★5つ、だとすると
★3.9位かなあ。

全盛期を知ってる人間からすると
ちょっと厳しいかな?
まぁ、ボンジョビ、ジョンが元気な内は、
これからも活動続けて、また来てくれると思いますね。

そんな平日、月曜の夜。

(^o^)
Posted at 2018/11/27 11:51:01 | コメント(16) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2018年11月15日 イイね!

ボヘミアン ラプソディー な日

ボヘミアン ラプソディー な日15日 木曜
いつものお休み

はい、タイトル通り、
先週から公開された、
バンド 「Queen」の映画
ボヘミアン ラプソディーを観に行って来ました。



良い天気です。



家から歩いて5分ほどの映画館。

会員なのでネットで予約して1000円で観れます。



極上音響上映。
こちらの映画館、音に拘ってます。
映像は普通ですが、音が違うので、音楽ものの映画とかはとても良い音で聴けます。

こんなのもリメイクされてやるんですね。



恐怖の報酬、って音楽を
ドイツのプログレバンド
タンジェリン ドリームがやってたので、
公開当時観に行った事がありましたが、
まさか、こんな地味な映画が再評価されて
リメイクされるとは思いませんでしたね。


平日の朝一の回。
普通はそんなには混まないんですが、ボヘミアン ラプソディー、人気なのか、結構入ってます。
7割方、座席が埋まってたと思います。

観客の年齢層的には、20代~自分より上の60代位まで、幅が広かったです。

映画「ボヘミアン ラプソディー」は
Queenの結成から成功して、最後のフレディ・マーキュリーの悲劇までを、事実に基づいて、
俳優さんが演じるノンフィクションストーリーです。

ハントとラウダの事を映画にした「ラッシュ」
みたいな感じと言えば解りますかね?

Queen、1970年代初めから80年代後半まで活動したバンド。
私、以前にも書きましたが、ロックの聴き初めはBeatlesでしたが、Beatlesは解散後に聞き始めたファン。
Queenは、リアルタイムで聴いた最初のバンドの1つです。

Queenのファン層、大まかに3つに別けられると思います。

先ず第一世代
私みたいに70年代、初期の頃から聴いてた世代。

次に80年代
ヒット曲連発して、MTVとかの映像とかでファンになった第二世代。

最後にフレディ・マーキュリーが亡くなった後、
TVのCMとかラジオで流れたQueenの楽曲を聴いてファンになった、第三世代。

この映画は第一世代、第二世代の方々には
昔を思い出す、復習のような感じ。

第三世代の方々にはQueenの事を良く知ってもらういい機会だと思いますね。

内容は、まだ観てない人の為、あんまり細かくは書きませんが、
Queenの前身バンド、Smileのブライアンとロジャー、そこへフレディが出会うところから。

Queenのレコーディングに対する凝り様
アイデアの豊富さ。
初期の頃のNo Synthesizerに拘った事、
テープが擦りきれるほどのオーバーダビングとか、
そういうところが描かれていて面白かったです。

メインはフレディ・マーキュリーが軸に描かれたストーリー。
もう少し他のメンバーの事もやってくれたらなぁとも思いました。

愛に餓えたフレディの葛藤が凄いです。

あと最後に悲劇が来るのが解っていて、そこまで行くのを見守るようなストーリーは切ないですね。

最後のライブ エイドのシーンは鳥肌立ちましたね。

なので、もしこれから観る方は
ユーチューブなんかでライブ エイドの映像、
見てから観ると良いと思います。

Queen、フレディが亡くなった後にも、
ブライアン メイとロジャー テイラーは
ポール ロジャースとか
アダムランバートとか入れて
Queenとして演ったりしてますが、
私はやっぱりフレディ在ってのQueenだと思います。
ベースのジョン デーコンがフレディ亡き後、
沈黙して居るのもそういうことだと思いますね。

フレディの意思を継いで続けた、
ブライアンとロジャーの気持ちも解らないでは無いですが、
やっぱりQueenとしてではなく、他の形で演って欲しかったかな。
Queenはフレディ、ブライアン、ロジャー、ジョンのままで、そっとしておいて欲しかった。

なんか、映画見て、余計にそう思いました。

兎も角、良い映画でした。

観るんだったら、やっぱり大画面、
そして音の良い映画館で観て下さい。

そんな雲ひとつ無かった木曜。

(^o^)





ps



今年も12月2日
所属するAutomobile Club Japanの
谷保天満宮のイベント
またエリーゼで出ます。
去年より台数増えるみたい。
お暇な方、見に来てね!
Posted at 2018/11/15 16:47:58 | コメント(18) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2018年11月02日 イイね!

ポール・マッカートニー フレッシュ アップ ジャパン ツアー 2018 な日

ポール・マッカートニー フレッシュ アップ ジャパン ツアー 2018 な日11月1日 木曜
いつものお休み
朝のうちにいつものゴルフ練習場へ行って
軽く練習。

午後からは、電車で池袋まで。



こちらのケッドバックと言うショップが
期間限定で池袋のパルコに出店しているので、
そちらを覗きに。

https://www.getback.tv/smartphone/?fbclid=IwAR3tOiVAqiRrlRYVrOCsBcsIUrxq1M2PoVr2rd1iBCsQdikzvBtVJossZjg



ポール・マッカートニーの来日に合わせて、
11月26日まで出店してます。





Beatlesだけでなくブリティッシュ ロックの大物バンドのグッズが沢山売ってます。



レッド・ツェッペリンとか



もうすぐ映画公開されるQueenとか



PinkFloydとか



こちらも12月でしたっけ?
来日するKingCrimson



大好きなYES

等々、見ていてヤバイ位、買いそうになるものばかり。
在るところには在るんだなぁ~、って思いましたよ。
ある意味、これから行く東京ドームのグッズ売り場よりも、欲しくなるものが多かったです。
まぁ、今回はなにも買わずに偵察ですね。

一通り見たあとは、丸ノ内線で



後楽園駅~東京ドーム到着。

ここで、みん友の、たかぽん!さんとABBEY ROADさんと待ち合わせて、



ポール・マッカートニーの入待ち。
なんとか一瞬でしたが見ることが出来ました。

そのあとは開演まで少し時間があるので、
近くのSaizeriyaで、食事しながら、
久しぶりに(去年の春のポール・マッカートニーのコンサート以来)会ったみん友さんとお喋り。

っで開演時間が近づいてきたので、
東京ドームの中へ。



今回はアリーナ席。
真ん中辺のステージに向かって右側。
グランドで言うとライト前位かな?



ステージ迄の距離はこんな感じ。
100m近く有るのかな?
でも、スタンド席に比べたら半分以下の距離。
やっぱり近い方がライブ感は出ますね。



開演前に記念撮影(笑)

そうそう、
ABBEY ROADさんからは



カレー豆と
(やっぱり近親の人から頂くと誰かと違って有り難みが3倍違うかな?)(爆)



最近、新潟でロケやってる
下町ロケットの、佃製作所の特製スプーン
頂きました。

次男が下町ロケット見ているので、喜ぶと思います。

それと、
たかぽん!さんからは



ツーリングのお土産?
福島と茨城の特産品頂きました。

お二方共、ありがとうございました。
m(._.)m

私達の座席はアリーナの真ん中の通路のすぐ前だったのですが、
開演少し前に、X JapanのYOSHIKIが歩いて行きました。
やっぱりポール・マッカートニーとか観るんですね。

そうこうしてる内に



オープニングの映像が始まって
暗転してライブが始まります。



あ、今回もポール・マッカートニーのライブは
動画は駄目ですが、静止画は撮影オッケーです。

前回行ったMSFは、開演前のステージすら
撮影NGだったのに比べたら、
ポールはファンに優しいと思いますね。

あと写真は20倍ズームのコンデジとスマホで撮ってますので、クオリティー悪いのは御勘弁を。
何となく雰囲気だけでも解って下さい。
m(._.)m

オープニングは
ハードデイズナイト。
これは東京ドームの初日と一緒。

2曲目が、初日と違って
ジュニアーズ ファームでした。

ジュニアーズ ファームって
丁度、アルバム バンドオンザランと
ビーナス&マーズの間に出たシングルの曲で
アルバムには入らなかった曲。
私、結構、この曲好きだったので、
ちょっと嬉しかったです。

他にも初日と2日目で曲変えてきましたね。

2日目のセットリストはこんな感じ

https://nme-jp.com/news/63439/

因みに初日はこんな感じ

https://nme-jp.com/news/63382/

初日と微妙に変えてくるところなんかは、
流石にレパートリーが超沢山有るポールならではなのかもしれませんね。

演奏する方が逆に大変か?(笑)



Beatlesの初期の曲からWings、ソロ
そしてニューアルバムの曲と
ポールならではのバラエテイに富んだ選曲です。







お馴染みのへフナーのバイオリンベースとか、
時にはピアノ、アコギ、レスポールとか
多彩に楽器を変えて歌います。



ステージのライティングも、
流石、ロックショーといった感じで観ていて飽きませんね。





レーザー光線がドームの天井に映されるのは、
アリーナだとよく見えました。
スタンド席だとよくわからなかったかな?















アンコール前のラストはヘイジュード
ペンライととかスマホのライトつけて、
客席みんな大合唱でした。

っで一旦終わって
アンコール。



いつものように国旗を降って出てきました。

この時、ひとつポールからのサプライズ。

観客を一組ステージに上げると言って、



何と、その男性がステージ上で
公開プロポーズ!(爆)



ポールが立会人でサインまでして、
これはこのカップル、絶対に別れられませんね(笑)





アンコールの最後は、前回までと変わらず、
アルバム、アビーロードのB面のメドレーで
最後The Endで
ほんとにジ エンド。



最後に花吹雪が舞って終了。

トータル、2時間半程のライブ。
相変わらずポールは水も飲まずに最後まで歌いきりました。
76歳、後期高齢者という年齢を考えたら、
凄い元気です。
多少、前回に比べると声がかすれてきたかな?
って所も有りますが、それでもまだまだ現役。

7月に出したアルバム
エジプトステーションは全米アルバムチャート1位取ってるし、
過去の栄光に捕らわれず、まだまだ素晴らしい新しい曲が作れるなんてなんて才能なんだ!

何処かの、ライブドタキャンする人とは大違い(爆)

兎も角、今回も良いライブでした。
今年はお友達と一緒にチケット取って、
一緒にライブ観れたのも大きいですね。
一人で見るより10倍楽しかったです。

たかぽん!さん
ABBEY ROADさん、
私の休みに合わせてくれて
ありがとうございました。

そんな11月の初日の、超良い天気だった木曜。

(^o^)








ps
また、約3週間後、東京ドーム、来ま~す!(爆)

Posted at 2018/11/02 22:38:15 | コメント(14) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月08日 イイね!

ポール ゲット(2018)な日

ポール ゲット(2018)な日7日 金曜
Paul McCartneyのニューアルバム
「EGYPT STATION」を近所のHMVで買ってきました。



ボーナストラック収録の国内盤
シールのおまけ付き。

ポール・マッカートニー
前作「NEW」から5年ぶりの新作です。

まだ、良く聴き込んでませんが
ポールらしい素朴なポップソングが並んだアルバムといった印象です。
ちょっと地道目?
前作「NEW」の方が解りやすく一般受けはするかな?

あと7日から
先月、先行予約で抽選当たったチケットの
発券が始まったので、コンビニに行って
チケット取ってきました。



何気にアリーナ席!
前回のポールのコンサートは1階スタンド席だったので、今回はかなり近づきましたね。

今度のポールのコンサートは
音楽繋がりのみん友さんと、事前に日程決めて、
私が纏めて申し込んでチケット取ったので、
この前のMSFの時と同じく、
お友達と一緒に観れます。

独りで観るより盛り上がるから、
今から楽しみです。

そんなちょっと嬉しかった金曜

(^o^)(^o^)
Posted at 2018/09/08 12:44:04 | コメント(7) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月06日 イイね!

MSF(2018)な日

MSF(2018)な日今回はロックネタ!
毎度、興味無い方はスルーで宜しく。
m(._.)m

9月5日 水曜
仕事を少し早く切り上げて
向かったのは



東京国際フォーラム



のホールAで行われる
Michael Shenker Festのコンサートを観に行ってきました。

MSF、昨年はラウドパークで来てますが
観れなかったので
2016年の8月のここ国際フォーラムでのライブ以来。
前回のライブのブログはこちら↓

https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2069150/blog/38442792/

更にその前に観たのが↓

https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2069150/blog/35898981/

2015年の6月。

復活してからマイケル シェンカーを観るのは3回目。

若い頃は、武道館の初来日のから西武球場のスーパーロックとか、何回も観ているので、
トータルで何回観たのかは解りません。



前回来た時に買ったTシャツを着て来ました。
まぁ、回りを見ても同じようなTシャツ来てる人ばかりですけどね(笑)



今年のグッズ売り場。
今年も並んで





また、今回のツアーのTシャツを買いました。
(Sサイズね!)
まぁ、記念ですから。

この前のJLDでも貰ったのと買ったのと
Tシャツだらけになっちゃいましたね(笑)
ま、用途が違うから良いか!



ロビーでは毎度のディーンのギターの展示。
マイケルと同じモデルも販売してます。

今回のライブは、車繋がりのお友達と一緒にチケットを取って、二人で観ます。

グッズ売り場の列の所で偶然落ち合って、
一緒に会場へ入ります。

今回の席の位置は



前から四列目のステージに向かって右端。
マイケルは向かって右に立つので
なんとマイケルの真正面。
4~5mかな?手を伸ばせば届きそうな位近い位置です。
前回の2016年の時は2階席の後ろから4番目でしたので大違いです。
オペラグラスなんかで見なくても、
指の動きや足元のペダルまでハッキリと見えます。

現状、生きている中で、
最も好きなアーチィストを
こんな間近な席で観れるなんて
超ラッキーでした。

今回のコンサートは、今年の2月にMSFとしての全曲新曲のニューアルバム、
RESURRECTIONを発売したのを受けてのツアー。

ヴォーカルは
ゲィリーバーデン
グラハムボネット
ロビンマコリー
そしてドギーホワイト
の4人。

4人が入れ替り、時には全員が出てきたりしながら、唄います。

セットリストはこんな感じ

http://www.livefans.jp/events_setlist/917343

アンコールまで含めて30曲。
2時間半ほど。
いきなりスコーピオンズのホリデーで始まったのには、面食らいましたが、
全体の選曲は超旧いのからニューアルバムの曲まで、
バラエティーに富んでます。

マイケルのギターは相変わらずで、心にキューンって突き刺さるような音色に泣かされます。
ソロ、かっこ良かったな!
60越えたおじさんには決して見えないかっこよさ!

あと、全体的な印象は、以前は昔の仲間が集まってちょっと久しぶりに演ってる感じがしてましたが、
このメンバーでニューアルバム出した事によって、
バンドとしての纏り、結束感が出てきたように思いました。

アンコールでは、何か知らない日本人のギタリストが出てきましたが、
後で聞いたら、ANTHEMのギタリストさんだそうです。
ANTHEMもデビューしたての頃は割りと聞いてました。
メンバーチェンジしても、良く生き残ったバンドだと思いますね。
確か今月、ラウドネスと対バンでコンサートやるんですよね。



MSFの2年ぶりに観たライブ。
オープニングからアンコールまで、
手を挙げて、いっぱい叫んで、
久しぶりに発散出来ました。

そんな水曜の夜

(^o^)(^o^)(^o^)


追記

グラハムボネットって何気に
2000年に一瞬だけど
ANTHEMに在籍してたんだね。
その繋がりで今回ゲストでアンコール出たんだ!
(@_@)
Posted at 2018/09/06 16:24:45 | コメント(9) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「@samantha-TT 頑張れ~♪」
何シテル?   01/23 22:28
ヤジキンです。 イタリア車と英国車という、それなりに手の掛かる車の2台持ちです。 基本、オリジナルコンディションで 長く乗りたいと思ってます。 運転して...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

バーンベィビィバーン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/14 08:49:51
今日 これから Dラーへ行って来ます 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/18 19:23:27
道路ノイズ軽減対策してみました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 06:48:25

愛車一覧

ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
ロータス エリーゼ111Rスーパーツーリングパック 2006年式 マグネティック ブルー ...
アルファロメオ 159 (セダン) アルファロメオ 159 (セダン)
156から暫くプジョーに浮気して、やっぱりアルファロメオが良くて、159に戻ってきました ...
ヤマハ パス ヤマハ パス
現チャリから乗り換えました。 買う時、全国で在庫3台と言われ、取り寄せてもらいました。 ...
プジョー 307SW (ワゴン) プジョー 307SW (ワゴン)
ファミリーカーとしてはいい車でした。 グラスルーフは後ろの席には好評でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.