• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年05月09日

新型レヴォーグで酷道471/472を走って五箇山とか蕎麦とか

新型レヴォーグで酷道471/472を走って五箇山とか蕎麦とか Ahhhhhh!!😜

またまた登場、いっぴきたぬきだよぉ~!!!

代車が新型車なのいいことに

ガッツリ乗り込んで

酷道まで繰り出したど阿呆は

どこのどいつだぁい~?


「アタシだよっ🤣」








懲りずにまたノスタルジックなネタでこんにちは。一匹狸です。
😺↑のやつがよくわからない良い子のみんなは「にしおかすみこ」で検索してみよう!

黄砂がひどく舞う中、外でロードバイク乗るのはちょっと肺によろしくないのでは・・・と思って今日も新型レヴォーグさん(代車)でお出かけしてきました。遠出はせず近場で、今日の目的地は富山県最深部にあるお蕎麦屋さん「今日乃庵(きょうのいおり)」というところ。

alt
場所は↑ここです。国道471の(永遠の)不通区間の手前にあるお蕎麦屋さんです。立地的には富山県の車で行ける最深部に近い場所。秘境です😂



まずは走ったルートを見てみましょう。今日はこのようなルートで走りました。

alt

国道304→国道156で菅沼合掌造り集落まで走り、その後国道156を北上。

庄川まで帰ってきたところで日本のモンテカルロこと国道(酷道)471で利賀村に抜け、富山県最深部のお蕎麦屋さんにIN、その後酷道471→472で北上して帰ってくるルートです。一部はグランフォンド富山のコースでもありますね。



それではレッツゴーです😂





🚗



👩「今日は黄砂がめちゃ降るでしょう。青空駐車の人は諦めましょう★」

👩「あ、ついでにいうと今日は朝だけ雨降るけどその後は晴れるぞ」



なんともガッカリな天気で1日が始まります。

実は昨日あまりに汚かったので洗車したんですよね。代車ですけど。

朝の雨&黄砂でまたドロドロになりました😂

まぁ、外でロードバイク乗ってたらずぶ濡れ&これだけの砂を吸い込んでいたのか・・・と思うとドライブで良かったのかなと思う。昨日は少しまだ慣れなかった新型レヴォーグさんですが、今日改めてシートに座ってエンジンを掛けてみたら少しだけ馴染んだ気がした。

alt

シフトレバーを移動させるときの感触が結構好み。

スマホどこに置くねん問題は新型レヴォーグさんでも健在。とりあえずコンソール下の微妙なサイズのスペースにおいていますが・・・オプションでワイヤレス充電あるんでしたっけ?ハイドラ起動&AmazonMusicでBT接続でケーブルつないで充電しながら・・・だととても邪魔!
・・・と思ってWeb見たらワイヤレス充電のオプションないのか、残念😂

あと、ドリンクホルダーが横並びになったことは歓迎すべきことなのですがシフトレバー周りが少し盛り上がった構造のせいで、コンビニコーヒー(Mサイズ)が引っかかって取り出しにくいんですよね。ペットボトルは全然問題ないのですが缶コーヒーサイズだと取り出しにくい😩👎


そんな地味なUIの悪さを気にしながら、まずは最初の目的地「赤祖父円筒分水漕」に進路を取ります。



🚗


alt

道中、彫刻の町井波町にて。越中八尾の諏訪町ににたレトロな町並みの通りで井波彫刻の工房が軒を連ねます。
😺個人的にはお気に入りの若駒の酒蔵があるので好きな街です(笑)

🚗



赤祖父円筒分水漕
alt

水を田んぼに公平に分配するための農業用設備で富山県に何箇所かあるのですが、有名所は県の東側に集中しているので西側にあるとは思っていませんでした。たまたまマップで見つけて興味が湧いて足を運んでみました。

😺思ったより小さいw


解説の看板によると
「かつて赤祖父川には左岸14口、右岸20口の用水の取り入れ口がありその用水を管理する赤祖父水郷12か村の代表が毎年数回よりあって協議し、取水の時間割とする方法で水の分配を行ってきました。しかし日照りの続く年は寄り合いが十数回にも及んだり水争いが度々生じ・・・(中略)・・・昭和20年に待望の赤祖父ため池が完成し・・・😺書くのめんどくさくなってきたので要約すると会議がめんどくさくなったので分水槽つくって機械的に水を分配するようにしたんだって!!

alt


この手の施設はダムとはまた違った面白さがありますね。
祖父が畑の水利は口酸っぱく言っていたのでこの手の争いの解決策としては有効な手段なんでしょうね。

alt

ちょうど田んぼに水の入りだした時期、昔を思うと今は平和になったのですね👍

alt

緑の景色に青が映える




🚗

alt

五箇山(菅沼合掌造り集落)にやってきました。

緑が濃い、さすが山深い里山。


国道304の人喰谷を登る坂はグランフォンド富山屈指の難所でもあるのですが、レボーグさんは力強く登りをこなしてくれますね。さすが300N・m/1600-3600rpmのエンジン、だいたい2000rpmも回してれば豊かなトルクで長い上りもスイスイ走っていきます。実用的に速くていいね。燃費は15km/Lからぐんぐん下がってここのヒルクライムだけで14km/Lになりましたがw



国道156のワインディングも快適。よく曲がるし、アクセルオフ時のコースティングが秀逸。下り坂や平地でのアクセルオフ&慣性走行が非常になめらかで伸びる。とても快適です👍


そしてたどり着いた菅沼合掌造り集落。


以下、スーパー合掌造りタイム2🤗

alt
展望台からの眺め

alt

alt
庄川峡は濃い緑

alt

alt

alt

alt

alt
😺フラッシュ炊いてるんだぜこの写真

alt
この時期でも紅い紅葉に一輪花のチューリップが印象的

alt

alt

alt
水鏡がきれい

alt

alt
土産物屋に鬼滅の刃w
合掌造りにアニメの背景があってるらしい。違和感ないね。

alt
THE 日本の原風景。車がなければ100年前と変わらないのだろう。


春夏秋冬、ここはいつ来ても色褪せない。

濃い緑に吸い込まれそうな景色でした😊




🚗


国道156を北上し、庄川峡から国道(酷道471)へ、

自称日本のモンテカルロ、庄川峡を目下に富山県南端の山奥へ登っていきます。

alt

alt
🐱このアングルはカッコいい👍



酷道とはいえ割とイージーな部類といえばイージーな道ですが・・・(ただし冬はベリーハード)

alt

道の駅利賀
はもう廃墟寸前😥
その昔は利賀そばにイワナのお刺身(出てきたらまだ身がピクピク動くレベルの新鮮なやつ)食べれたんだけどなぁ~



alt

😺酷道は日中でも基本ライトONのハイビームがデフォです。カーブミラー越しの視野性が圧倒的にいいので事故防止と対向車アピールによるすれ違いが楽になります。




濃い緑

alt

alt


利賀村を抜け酷道471→472へ

alt
😺いやーこの区間はきついっす。先日ロードバイクでも走ったけど狭いし、路面も悪いしまさに酷道!一応バイパス作ってるみたいだけどいつになるんだか。


alt

alt

alt
😺雪解け水がきれい




そして酷道を走りぬけ、富山県の最深部に。

お昼です。

alt

alt

辺境の地で食べるお蕎麦は間違いないですね。うまし😋

山菜が美味しい季節で旬の山菜の天ぷらも非常に美味◎
おもわず日本酒が飲みたくなるレベルでw


いやー美味しかった👍
今日はこれで満足w



alt

酷道471号、ここから向こう(南側)は永遠の?不通区間。

ここから酷道360に抜けて飛騨高山に出られる日は来るのだろうかな。

レヴォーグさんでは走りたくないですがw




ということでこの後ゆるゆる帰宅いたしました。

今日は控えめ?w
走行距離:171.93km
走行時間:04時間34分


最後まで閲覧ありがとうございました🤗
ブログ一覧 | ドライブ | 日記
Posted at 2021/05/09 18:03:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

週末限定のパン屋さんと合掌造り集落 ...
一匹狸さん

ついに,開かずの酷道を走破…
tshさん

2020年6月_北陸ツーリング(1 ...
千年竜さん

北陸(石川・富山)の旅⑥~3日目~ ...
愛しの次元大介さん

富山・岐阜 ドライブ旅行 2 菅沼 ...
つけあげ@新潟さん

酷道471号線楢峠 ダム巡り(菅沼 ...
kokaninjaさん

この記事へのコメント

2021年5月11日 23:08
一匹狸さん
こんばんは~。
井波町
いい風景ですね。
クルマが無ければ100年前と変わらない
ほんとですね。
最後の愛車の画像もいい雰囲気ですね。
お疲れさまでした。
コメントへの返答
2021年5月12日 7:56
ライトバン59さん、閲覧とコメントありがとうございます。たまたま青い車だったので景色によく映えました👍

おすすめアイテム

プロフィール

「ボウナスの使い道を考える。」
何シテル?   06/14 15:12
田舎の方に住む一匹狸です。オス、?歳。 一匹狼を気取っていますがクールじゃないので狼ではなく狸です。 ドライブや整備の記録をつらづらと投稿しています...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
ロードバイクが車載できる全天候型AWDの高速ツアラー、この車しかなかった。C型、2LのS ...
三菱 アウトランダー 三菱 アウトランダー
全天候型AWD、 ダートや凸凹雪道でも安定して走れる足回り、 上信越道や中国道のような長 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.