• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月06日

もう二度と走ることが出来ない体になってしまったカール

もう二度と走ることが出来ない体になってしまったカール












8月10日、妻から

  「カールが大変、歩けなくなった!」

と緊急の電話が入りました。

ただ事ではない事態なので午後の仕事は休んで直ぐに帰宅!




家に帰ると横たわったカールが・・・

抱き上げようとすると「キャイーン」と悲鳴をあげるので抱くことも出来ません。

数日前から元気が無くおかしいなと思ってはいたのですが。

この日の痛がりような尋常ではありません。

きっとどこかが痛むのでしょうが、どこかわかりません。

しかし、このままではどうにもならないので悲鳴を上げるカールを車に乗せ掛かりつけの

動物病院へ。




検査の結果「椎間板ヘルニア」の疑いが濃厚とのこと。

見せていただいたレントゲン写真からしてほぼ間違いないと思われました。



先生から

「投薬で治る場合もあるし治らない場合もあります。

もし投薬でダメな時は手術が必要です。」

との説明が・・・


しかし、

  「投薬にせよ手術にせよ例え治ったとしても今後は走らせてはいけない、

  激しい運動をすると再発することがあります。」

との説明でした。

いずれにせよ走ることが大好きなカールには辛い辛い結果しかありません。 





元気に走っていた頃のカール。










走ることが大好きだったのに。走らせてはダメだとは辛いです。







「カール、Come!」と呼べば嬉しそうに私の所に一直線にすっ飛んで来ていたカール。

この姿をもう見ることは出来ません。








先生の説明を聞きながら「カールはつくづく不幸な星のもとに生まれた犬だ」と思えて

しまいます・・・


元の飼い主には見捨てられ、糞尿まみれ、皮膚病まみれ、毛玉まみれの状態で保護され、
  


我が家で体力がついて走ることが出来るようになったのに、

レッグペルテス症(大腿骨頭壊死症)であることが判明し、大腿骨の骨を切除手術
  


それがやっと治って再び走れるになったと思ったら今度は椎間板ヘルニアに。

次々と不幸に襲われる何とも不運な犬です。




病院から帰ってその後二日間は寝たきり状態。

後ろ脚は麻痺しビローンと伸びたまま。

このまま寝たきりになるのだろうかと不安な思いが募ります。





そんな中、

3日目になって立ち上がろうとする意思を見せるように♪

立ち上がろうとするものの麻痺している後脚が動かず腰がふらついて直ぐに倒れてしまいますが、

この意思に感動!

妻は涙、私は恥ずかしいので心の中で涙(笑)



麻痺して動かない後ろ脚を引きずりながらも、

前足だけで前に歩いて行こうとするカール!



若い女性がいると急にお利口犬に態度を変えるお調子犬だと思っていたのに、

こんな健気な面があったとは(笑)

小さな体で飼い主をこれでもかと泣かせてくれます(^^;






そして1週間目、2週間目の診察で先生から順調に回復しているのと嬉しいお言葉が♪

「手術の必要はありません。」

ホッ(^^)

ただし

「走ったりジャンプしたりすると再び発症する可能性があります。

散歩程度なら良いですが激しい運動はしないように。」

との注意がありました。




そして、そのことは、

ボール遊びで走り回ることと、

全力でダッシュすることと、

猫のチョコにジャンプして遊ぶことが大好きなカールから、

1番の楽しみを奪うことになります。



カールを走らせないことは、

車好きから二度と愛車の運転が出来ないように車と運転免許証を取り上げるようなものです。

残酷なことですが、カールのためには仕方がありません。





あ、可哀想なのはカールだけではありません!

飼い主もまた可哀想なのです。

再発予防のため椎間板ヘルニア用サプリメントを一生飲み続けさせなければなりません(涙)



この保護犬、私の脛をこれでもかとカジってくれますね(笑)





今回のカールの頸椎版ヘルニアは私のギッックリ腰とほぼ同時期に発症しました。

私の真似をしなくても良いものを、犬は飼い主に似たのでしょうか(笑)

それとも実はカールは忠犬で、私と痛みを分かちあおうとしたのか?

それはまずありませんから(笑)





あれから約4週間、今のカールは完全復活して元気いっぱい♪

庭に出すと走り出そうとするし、高い所にいるチョコにジャンプしようとするしでヒヤヒヤ。

そこで新たにカールに教え込んでいるコマンドが「走るなー」「飛ぶなー」です(笑)

こんなコマンドを覚えさせなければならないのは、

カールがとても良い状態に回復したということなので喜びたいと思います(^^)








おまけ

ところで犬の椎間板ヘルニアはダックスフンドなどの胴長短足の犬種に多い病気。

プードルが椎間板ヘルニアになるのは珍しいらしく先生も?でした。

でも飼い主には心当たりがあります。

カールは胴長短足なんです(笑)



ちなみにプードルの体型は三つに分けられています。

 ハイオン  胴より脚が長い(ハイオン・レッグス)

 スクエア  胴と脚がほぼ同じ長さ 

 ドワーフ  胴が脚より長い(ローオン・レッグス) 




つまりカールはドワーフ。

横から見た場合カールの体は長方形の胴長短足(笑)







ハイオンで脚が長く優雅だった天国にいるスタンダード・プードルのリリーに比べれば一目瞭然。








しかもカールはガニ股(爆)



爆笑



ま、そこが愛嬌たっぷりで可愛いのです♪




ブログ一覧 | 犬と猫 | ペット
Posted at 2018/09/06 22:43:56

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

既に頭の中は春真っ盛りの犬
happy37さん

捨て犬カールの誕生日♪
happy37さん

捨て犬物語
happy37さん

走れ、カール!
happy37さん

ポケモン犬
happy37さん

それ行け、カール!
happy37さん

この記事へのコメント

2018/09/06 22:54:06
happy37さん

こんばんは。
ブログ読ませて頂きましたよ。

実は僕の家にも以前、シェルティーの家族が居ました!

14年程で亡くなってしまったのですが、元々牧羊犬と言うこともあって走る事が大好きで、名前を呼べば嬉しそうに全速力で走ってきて甘える姿が目に浮かんできました!

病気の方、回復してきたと言う事で良かったですね。
これからも大切な家族、幸せに過ごしてくださいね。
コメントへの返答
2018/09/07 08:53:24
すぅすぅスカハイさん、おはようございます。

シェルティーはいつか家族に迎え入れたいと思っていた憧れの犬種です。
自分がもう歳なのでその夢は叶いませんが、シェルティーには気品を感じます。

名前を呼ばれて嬉しそうに駆け寄ってくる犬は、それだけで大切に可愛がられている犬であることが分かります♪
14歳で天国に行ったシェルティーちゃん、きっとすぅすぅスカハイさん一家に感謝しながら旅立ったのでしょうね(^^)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/06 22:57:54
こんばんは!

カールちゃん…元気になって良かったですね❗…hiro-kumaのご近所さんのミニチュアダックスフントも…椎間板ヘルニアで…カールちゃんと同じ状況です。ヘルニアは人間でも痛んで大変ですからね。これから穏やかなお散歩をしないといけませんね❗カールちゃん…ソファーとかに飛び乗ってませんでしたか?あれは腰に凄く負担がかかるのだそうです。カールちゃんが飛び乗りそうな物は全て撤去しないといけなくなるかも?…ですね。
コメントへの返答
2018/09/07 08:57:41
hiro-kumaさん、おはようございます。

hiro-kumaさんもぎっくり腰などで激痛の辛さをご存じですから、カールの痛みも分かっていただけるのかなと思います。
ソファーは置いてありませんが、高いところにいるチョコを目がけてジャンプをよくします。
これもいけないようですね。
なるほど、家の環境を整えることも大切ですね。

貴重なコメントをありがとうございます㎡(_ _)m

2018/09/06 23:01:24
こんばんは。

カール君の回復を祈って、イイね!をつけさせていただきました。
時間がかかりそうでね。
我が家でも次男「モコ」は10年程前に椎間板ヘルニアと診断されました。
幸いにもお薬だけで数ヶ月後には歩行できるようになりました。
コメントへの返答
2018/09/07 09:03:14
鏑木モータースさん、おはようございます。

回復祈念のイイね!ありがとうございます!

10年前に椎間板ヘルニアだったモコちゃん、
薬だけで数か月後には歩行できるようになったとのお話、
とてもとても明るい希望が持てます。

励みになるコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/06 23:08:19
happyさん、こんばんはー

カール君、happy家の一員で満足してますヨ!
happy家と出会いがなかったら‥‥‥
ジャンプ・RUNで遊べなくてもhappy家の皆さんに愛されているから!

綺麗なお姉さんを探しながら2人で散歩、楽しんでください *\(^o^)/*
コメントへの返答
2018/09/07 09:21:40
tpdさん、おはようございます。

カールが我が家にやってきた、この出会いも何かの縁なのかもしれませんね。
金食い虫の困ったカールですが、
これからもこれでもかーと言うぐらい可愛がっていきたいと思います♪

ええ~っ!?、綺麗なお姉さんを探すって私もその一人ですかー(バレタカ/笑)

温かいコメントありがとうございますm(_ _)m




2018/09/06 23:14:10
こんばんは。
たしかにカール君の宿命は不幸なのかも知れません。
でも宿命は変わらなくても、出会いによって運命は変わるとも伺います。
そしてカール君は素敵なご主人さまとの出会いで、運命が変わったのだと思います。
たしかにヘルニアは辛いことがありますが、ご主人さまのおかげさまで、それが好転しているのだと私は信じています!
コメントへの返答
2018/09/07 09:25:37
1・2・3・○○!!さん、おはようございます。

1・2・3・○○!!さんの仰るようにカールの運命が幸せな方向に変わっているとしたら嬉しいです(^^)
カールとの出会いも何かの縁でしょうからこれからも可愛がってあげたいと思います。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m



2018/09/06 23:53:42
こんばんわ(^ ^)
我が家のミニチュアダックスフントも今年の3月に椎間板ヘルニアをやってしまいました(´Д` )

グレードは最大の5……
即入院で翌日には手術…そしてさらに1ヶ月近い入院…

立てなかった愛犬が立てるようになった時の喜びは今でも忘れませんm(_ _)m
そしてせっかく良くなったのにはしゃいで走ってまた悪化というのを繰り返しながら少しずつ良くなってます(^^;

少し良くなって脚に力がついてきたら今度は膝蓋骨脱臼…心労が絶えません(^^;
こちらは自然治癒で良くなることはないですがとりあえずしばらく様子見です〜
アンチノールは我が家の愛犬も食べてます☆

カールちゃんが少しでも早く元気に遊べるようになりますように…(*-ω人)
コメントへの返答
2018/09/07 09:36:31
★☆けんちゃん☆彡さん、おはようございます。

★☆けんちゃん☆彡さんのところのダックスちゃんも椎間板ヘルニアを!
グレード5とは・・・
しかも手術で一ヵ月もの入院とは。
大変な手術でしたね。

それを経て歩けるようになったときの★☆けんちゃん☆彡さんの喜びは本当に一生忘れられないものだったのでしょうね♪

なるほど悪化と良くなることを繰り返しながら、少しずつ良くなっていくのですね。
私も気長にやっていきます。

悪いところが良くなると他の部位が悪くなる、何だか人間と同じですね(^^;

もう少し安くならないですかね、アンチノール(笑)

お互い良くなると良いですね♪

貴重な体験のコメントをありがとうございます。勇気が湧きました!m(_ _)m





2018/09/07 00:01:05
こんばんは✨

プードルでヘルニアとは本当に珍しいですね。

確かに私の周りのダックスちゃんでは頻繁にヘルニアの話が出てます。

で、一番良いリハビリは水泳の様に感じてます。
ワンコ用のプールを備えた設備を持つ動物病院等は少ないし、あっても利用料金が非常に高い上に通わないと効果が出ません。

が、もしまた具合が悪そうになったら試される価値はあると思いますよ。
コメントへの返答
2018/09/07 09:44:11
さくらはちいちさん、おはよございます。

犬の椎間板ヘルニアと言えばダックスが多いですよね。
やはり胴長犬は腰に負担が掛かるのかもですね。

おお、水泳ですか!
私の通っているジムのプールでリハビリ!
私は水泳のトレーニングしながらカールはリハビリをする、一石二鳥です♪
でもプールは水着の若い女性や熟女だらけなので、カールはリハビリどころではないかも知れません(笑)

と、冗談はさておき(^^;
残念ながら近辺にはプール施設のある動物病院はありませんので、当面軽い散歩とかで少しずつリハビリをしていきたいと思います。

貴重なアドバイスをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 00:07:27
こんばんわ。

ヘルニア辛いですね。
痛いのかな...(涙)

少しずつでも快復されること願ってます!
お大事になさって下さい。



空は青い!
こばんが美味しい♪

カールは、絶対に幸せなワンコです(^_^)b
コメントへの返答
2018/09/07 09:49:56
boo(ハッチ号)さん、おはようございます。

最初はかなり痛がっていました。
抱き上げよとするだけで悲鳴をあげるほどだったので、相当痛かったのでしょう(涙)
その後、注射と薬の効果で痛みはとれたようですが、
激痛がトラウマになっていたのか、しばらくは動くことを怖がっていました。

でも今は随分と回復して元気になっています♪

そうですよね!
走れなくてもキレイな青空は見られし、美味しいものも食べられるし♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 01:07:26
カールかわいそうに(。>_<。)
動物から走るな飛ぶなはきついですね…
翼をもぎ取られたみたいです!
椎間板ヘルニア人間ならちゃんと治るでしょうけど
犬は手術してもなかなか
治らないと聞きますね…
あっ私も若い頃ヘルニアで手術しましたが
今は元気です。
足長いんですけどね(笑)
コメントへの返答
2018/09/07 09:59:12
のっぽ.さん、おはようございます。

カールから走る、飛ぶを取り上げることは、
のっぽさんから車弄りとオフ会を取り上げることと同じです(笑)

まさか椎間板ヘルニアになるとは想像もしていなかったので、病院で病名を聞いたときは本当に驚きショックでした。

先生も仕事だからとは思うのですが色々と説明するのですよね~。
最悪は手術しても寝たきりになることがあるとか、
排尿を自分で出来なくなることがあるとか、
痛みが一生消えないことがあるとか・・・
聞いていると気持ちが沈みます(笑)

でものっぽ.さんの体験をお聞きして希望が持てました!
椎間板ヘルニアって治るんだって♪

あはは、足が長い場合でも椎間板ヘルニアになることも良~~~く分かりました(^^)

温かいコメントありがとうございますm(_ _)m



2018/09/07 04:46:55
そうですねぇ、胴長短足の体形のワンちゃんはヘルニアになり易い宿命ですね。うちのモモは幸いにも患いませんでしたが。

生い立ち考えれば元の飼主に物凄い怒り感じますが今はカールは幸せですねぇ。同じくモモに「行く?」クルマの傍でロイロイして待ってました。

コメントへの返答
2018/09/07 10:05:05
mitanimomoさん、おはようございます。

コーギーのモモちゃんは幸いにも椎間板ヘルニアとは無縁だったのですね(^^)
病気にならず元気でいてくれることが飼い主には一番の幸せですよね♪

モモちゃんもドライブ好きだったんですね。
カールも大好きです。

温かいコメントありがとうございますm(_ _)m

2018/09/07 06:23:50
おはようございます😃

カール君、回復して良かったです!
散歩してオヤツが食べれれば良かったじゃないですか⁈
歩けないより、ずーっと良いですよ!

カール君は運が良いワン子ですよ!
悪い事があっても良い方向に行ってるし。

ちゃんと心配してくれる家族と一緒だから幸せです!(^o^)
コメントへの返答
2018/09/07 10:15:13
TAKA & ふぁんたさん、おはようございます。

ありがとうございます!
本当に心配しましたがここまで回復してくれました。
そうですよね、走れなくなったとしても、
散歩ぐらいはできるし、
オヤツは今までどおり食べられ訳だし、
楽しいことは色々ありますね♪

それにカールはふぁんちゃんに負けないくらいドライブ好きなので、
ドライブにも連れて行ってあげたいと思います。



何があっても。
いつも明るく陽気に乗り越え、
ひたむきに生きようとするカールに、
実は飼い主が一番元気をもらっているのかもしれません。


温かいコメントありがとうございますm(_ _)m


ふぁんちゃん
2018/09/07 06:40:04
おはようございます。

自分は、お調子犬のカール君の姿に癒されておりましたが、今回は記事を読み始めて泣きそうになりました。

とりあえず回復してくれて良かったです。

犬も椎間板ヘルニアになるんですね。
無理せず、お大事に。
コメントへの返答
2018/09/07 10:44:01
noboooonさん、おはようございます。

椎間板ヘルニアであることが分かった時かなり沈みましたが、
一生懸命に歩こうとするカールの姿を見て、
飼い主がカールに元気づけられました(^^;

とりあえず順調に回復してくれているのでほっとしています♪

犬も椎間板ヘルニアになることがありますね。
近所には脚が麻痺して歩けなくなった愛犬のために前足だけで歩く車いすを作ってあげた方もいます。

無理すると再発するらしいですので注意して見ていきたいと思います。

温かいコメントありがとうございますm(_ _)m



2018/09/07 07:03:18
おはようございます。
ショッキングなタイトルに驚きました。

トイプードルは膝や股関節が弱いらしいのでうちのBEBEもあまり跳び跳ねないように気を付けているのですが、ヘルニアとはたいへんですね。

お大事になさってくださいね。と言っても走ろうとしちゃうんでしょうけど(^_^;)
コメントへの返答
2018/09/07 10:47:56
FLAT4さん、おはようございます。

残念ながらカールはもう走ることはできません。
厳密に言えば「再発するので走らせてはいけない」となるかもしれませんが、
カールはそのことを理解していないのでやっかいです。

犬は飛んだり跳ねたりするのが大好きですよね。
BEBEちゃんもどうぞお気を付け下さい。

温かいコメントありがとうございますm(_ _)m
2018/09/07 07:20:27
おはようございます。

カール君へ心からお見舞い申し上げます。
椎間板ヘルニアとは、同じ病を患った者として、痛み、辛さが分かるだけに口の訊けないカール君が気の毒です😂

確かに不幸続きのカール君かも知れませんが、happy37 さんに救われ、とても幸せな毎日を送っており、感謝してますよ👍

走るな!、飛ぶな! コマンドで大変でしょうが、大切な家族の一員さんとお幸せにお過ごしください‼️
コメントへの返答
2018/09/07 10:55:03
モトじいさん、おはようございます。

お見舞いのお言葉ありがとうございます(^^)

モトじいさんは大手術とそれに続く長期入院で大変な思いをされましたから、尚更椎間板ヘルニアの辛さをお分かり頂けるのかなと思います。
犬は言葉をしゃべれないだけに尚更ですよね。

何があっても、
明るく陽気に乗り越え、
いつも楽しそうにしているカールに、
飼い主の方が救われ、元気をもらっています(^^)

これからは心を鬼にして「走るな!」「飛ぶな!」の躾をしていきます!
かなり難しそうですが(^^;

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m



2018/09/07 07:29:11
こんにちは。

ショックです(TT)
happyさんの投稿が最近少ないのも、この事があったからでしょうか(;_;)

でも痛みが無くなったことは何よりです。
そしてhappyさんのブログの文章も「あえて」明るくしてくれて救われました。

もう完治は無いのでしょうか?
(それに期待するばかりです)

ワンコの一番の幸せって飼い主さんと一緒に過ごすことだと思うので、たくさんお出かけとあ散歩に連れて行って下さいね(^^)/
コメントへの返答
2018/09/07 11:07:55
そらくう2号さん、こんにちは。

病院で「椎間板ヘルニア」であることが分かったときは本当にショックでした。
しかも先生が畳み掛けるように、
手術しても一生歩けくなるかもしれないとか、
自分で排尿が出来なくなるかも知れないとか、
これでもかと追い打ちをかけてくるものですからかなり沈み込み、
しかも自分のぎっくり腰も起きてしまって、投稿が少なくなっていました(^^;

何があっても、
明るく陽気に乗り越え、
いつも楽しそうにしているカールに、
飼い主の方が元気をもらっています♪

完治するかどうかは、これだけは分からなそうです。
再発予防のためには、
これからはずーと激しい運動は厳禁、
予防のサプリメントを継続服用
が必要であると説明を受けました。

もし再発したら、寝たきりになるリスクなどがありますので獣医の注意を素直に受け入れたいと思います。

走れなくても散歩は出来るしオヤツも食べられし、
もちろんドライブにも行けるし、
それに何と言ってもそらくう2号さんが仰るように、
一緒に過ごせることが一番の幸せですから♪

心温まるコメントをありがとうございますm(_ _)m






2018/09/07 07:47:39
愛嬌のある、カールちゃんですね(o^^o)
コメントへの返答
2018/09/07 11:09:15
龍騎士さん、こんにちは。

ありがとうございます!
最高の励ましの言葉です(^^)
2018/09/07 07:48:53
おはようございます☀️😃❗️

椎間板ヘルニアですかぁ❗️❗️😲

僕も椎間板ヘルニアなんです。

痛くて辛いですいね。

人間みたいにブロック注射ってあるんですかねぇ。

早く良くなれ❗️❗️🙏
コメントへの返答
2018/09/07 11:13:45
u-pomさん、こんにちは。

ええー!?
u-pomさんも椎間板ヘルニアですか(@@)
いや~、辛そうですね。
ちょっと抱こうとしただけで「ギャイーン」と悲鳴を上げたカールを見ていますので、椎間板ヘルニアというのは大変な激痛を伴うのだなと思います。

病院では注射も打ってもらいまいしたので、もしかするとそれがブロック注射だったのかもしれません。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 08:16:03
初めまして。みんなのイイネから来ました。
表現は難しいのですが、この子は不幸なんですかね?
私思うんですよ、本当は最悪の生涯となるはずだったが、
あなたに救われ幸福なのでは?と思いました。
これからも愛情を注いであげてください!
コメントへの返答
2018/09/07 11:23:53
とし!さん、こんにちは。

ご訪問ありがとうございます!

何があっても、
明るく陽気に乗り越え、
不幸な素振りひとつ見せず、
いつも楽しそうにしているカールに、
飼い主が元気づけられ、幸せをもらっている気がします。

そんなカールに、
「我が家に来てくれてありがとう」
とお礼を言わなきゃですね(^^)
これからもカールが嫌がるくらい可愛がってやりたいと思います♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m





2018/09/07 08:21:52
こんにちは
ブログを見て、ビックリしました。

でも、現状お二人共(happy37さんとカール君)、状態が良いと聞いて、とても良かったと安心しております。

我が家にも、シーズーが二頭いますが、この犬種は、体型の割に椎間板ヘルニアは少ない様です。

この二頭の主治医曰く

椎間板ヘルニアは、最近では犬種特異的と言うより、遺伝的素因が多い様だと。

確かにダックス系統は、体型の遺伝的素因が原因しているらしいのですが、ヘルニアに成らないワンちゃんも居ます。

片や、ヘルニアが少ないと思われているプードル系統は、近年椎間板ヘルニアを多く観る様に成ったとも聞きました。

遺伝的素因だけでは無く、生活環境にも依るとも、お聞きしました。

プードルちゃんは、若い頃から運動量が多いみまたいですから、腰に負担が掛かるみたいですね。

更に、近年の自宅の飼育環境が、フローリングに階段(滑ったり、登り降り)、ソファーにベッドなど、人間側の生活環境の変化が、室内犬のどの犬種にも、人間と同じ様な病気の原因に成って来たとも、聞きました。

何を言っても、現状良く成っているのでしたら、このまま、再発防止の策を、主治医の先生のアドバイスを守り、再発しない事を祈るばかりですね。

これから、また元気な姿を(外で走り回らなくても)、世の女性たちに(カール君の本能)に、happy37さんの素晴らしい腕前の写真で、見せて下さいね。

注)
すみません、カメラネタでは、私は良く分からないので、コメント出来ませんでした😅


コメントへの返答
2018/09/07 11:54:28
kan13さん、こんにちは。

それよりもkan13さん、
kan13さんが、
あらゆることに知見をお持ちで、
様々なことに造詣が深いことに、
改めて驚いています。

夜の街を夜な夜な彷徨する女ったらしの(失礼/笑)男前で色男の顔と、

理路整然、英明果敢、博学広才、秀外恵中、有智高才で誠実、真面目な昼の顔と、

その二つを併せ持つkan13さんって二重人格者?(失礼/笑)


前置きが長くなりましたが、
シーズーを飼っておられるのですね♪

なるほど椎間板ヘルニアは犬種特有の病気というより、遺伝的要因が大きいのですね。

ヘルニアにならない胴長短足のワンちゃんも多い訳ですから、確かにそうですね。

昔お世話になったブリーダーさんは、
「犬の交配では、先天性の疾患を予防するため5代先の親まで病気の有無、種類をチェックしています。」
と話されていました。
そのようなチェックを受けて生まれてきた犬は先天性の疾患は少ないのかもですね。
お飼いシーズーちゃんたちもそうかもですね(^^)

生活環境もそうですね。
階段や滑りやすいフローリング、ソファーとか人間側の生活環境の変化で犬たちもそれまで無かった疾患が増えてきたのかもしれませんね。

先生に「再発すれば場合によっては大変なことになりますよ」と脅されていますので、
先生の注意を素直に聞いて、再発しないようにやっていきたいと思います。
ただ、そのことをカールが理解してくれないのが大変ですが(^^;

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m














2018/09/07 08:42:43
おはようございます!
ブログを読みながら、胸が潰されるような思いでしたが、カールくんの症状が回復に向かってるとのことで、ひとまずは安心です。

それと、他の方もおっしゃっているように、カールくんは不幸な星の下には生まれてないと思います。
保護して、里親探し、治療、躾など、happyさん一家に巡り会えたことはとても幸運な犬だと思います。
現在の保健所のシステムや無責任なブリーダー、ショップ、飼主……華やかなペット業界の裏では、悲しい動物たちが確かに存在します。
もちろん、そんな人達ばかりでは無いのですが、まだまだ世間に認知されてないようです。

カールくんはhappyさん一家に巡り会えて最高に幸せだと思ってるはずです。

人間も動物も医療の世界は日進月歩。
必ず完治できることを願ってます。

長文で申し訳ありません。
コメントへの返答
2018/09/07 13:26:59
24カエルさん、こんにちは。

立ち上がれない、そして激痛のために悲鳴を上げるカールを見たときは本当にショックでした。
しかしその後痛みは治まり、また、後ろ両足の麻痺もほぼ治ってきて少しホッとしています(^^)

そのように言っていただくと嬉しいです。
どんなこと起きても、
明るく陽気に乗り越えて、
いつも楽しそうにしているカールを見ていると、
飼い主の方が元気をもらっています。
そんなカールには「我が家に来てくれてありがとう」と言いたいです。

仰るように残念ながら生き物を単なる商品としか考えない悪徳業者や、最期を看取る覚悟も無く安易に生き物を飼う人が、まだまだいますね。
動物たちがそんな業者や人たちの犠牲にならない世の中になることを祈るばかりです。

力強い励ましのお言葉に、よし、カールのために頑張るぞという気が起きました!

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m



2018/09/07 08:44:35
おはようございます。
皆様からもカール君激励が多数寄せられたいますね!

トイプーの椎間板ヘルニアは確かに珍しいですね。
おっしゃる通りダックスにはよく見られますね。

うちの黒プーを見るとなるほど足が長いかなカール君より!
どちらにしても元気になられてホッとしました。
うちのニャンコもだいぶ良くなりました!

お互い脛カジリまくられますね! でも癒し代には全然届かないかな!
コメントへの返答
2018/09/07 13:38:06
kuta55さん、こんにちは。

皆さんからのお励ましの言葉に元気を頂いています(^^)

やっぱりそうでしょう(爆笑)
カールは「本当にプードル?」と思ってしまうほどの胴長短足犬です(笑)
妻や娘が時々「今日は本物のプードルを見たよ」と言いますが、
それは、カールは足が短いので「偽プードル」だという意味です(^^;

kuta55さんのところのプーちゃんはきっと足長でスマートな本当のプードルなんだろうなと想像しています(^^)

ニャンコちゃんも良くなってきたのですね♪
特製エリザベスカラーのお蔭ですね(^^)

なるほど!
癒し代を払っていると思えば良いですね♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m
 
2018/09/07 08:45:58
おはようございます。
まぁ〜たくさんコメントきてますね!
もう一つ増やして差し上げますよw

カールは…不幸ではありません。
ちゃんとケアして愛してくれる、素晴らしいお父さんとお母さんがいますから。
それに、動物達はどんなときも ありのままを受け入れて生きようとする。
そして、家族の愛情は最高の治療薬なんですよ!

プードルは活発な犬種だから、走ったり飛んだりするのが大好きですよね。それ制御しなくちゃならないのは本当に大変だと思います。
でも。
カールは大丈夫。愛してくれる家族がいつもついててくれるから、恐らくhappyさんご夫婦が思うよりも早く良く回復すると思いますよ!

うちも医療費のかかる可愛い息子達がいますから、お気持ちは非常によくわかります(^_^)
コメントへの返答
2018/09/07 13:53:58
ネイジュさん、こんにちは。

返信が終わったと思ったらまだあるじゃないですか!
この仕返しはいつか・・・(笑)

皆さんのお励ましには本当に元気づけられます。
有難いことです。


カールが幸せかどうかわかりませんが、
どんなことが起きても、
明るく陽気に乗り越えて、
いつも楽しそうに生きているカールを見ると、
飼い主が元気づけられ幸せな気持ちになります。
仰るように動物たちはどんな時でもありのままを受け入れて生きようとする、その姿に心打たれるものがあるのでしょうね。
もし家族の愛情が最高の治療薬であるとしたら、
今度は私たち家族がカールに恩返しをしていく番です。
いじめか!と言われるぐらい可愛がります♪

目下の悩みは、
元気になってきたカールに、
どうやって走らないよう、飛び跳ねないようにさせるか!
しかし、そのことは妻が何とかしてくれるのではと思っています。
目を離せば何をするか分からない私をコントロールする腕前がありますから(^^;

医療費はバカにならないですよね。
でも、上の方がコメントされたように、動物たちからもらっている癒し代に比べれば医療費はまだ少ないかもですね(^^)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m
 
2018/09/07 12:40:44
こんにちは

走る事が厳禁なんて辛いですね。
ただ歩く事が出来るようになったとの事なので読んでてホッとしました。
カール君お大事にしてください。
コメントへの返答
2018/09/07 13:59:50
jogpapaさん、こんにちは。

犬にとって走ることが出来ないなんて本当に辛いことですよね。
残念ながら再発する可能性が高い病気なので、心を鬼にして制限していかなければと思っています。

走れなくても、仰るように歩くことは出来るので散歩に行ったり、ジョグちゃんに負けないぐらいドライブに連れて行ったりしてあげます♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m
 
2018/09/07 13:19:59
こんにちは(^^)

最後の方まで読んでホッとしました(^◇^;)

カール君、まだ辛いでしょうけど、回復に向かっていて良かったです。

ワンコの病は、話せない分、余計に辛い面がありますね。
治療費もまた違う意味で、辛い、ですが^^;

うちの保護犬ブランもなかなか病院と縁が切れないです(^^;;

ワンコは主人に似る、なんていいますが、痛む部位まで似るなんて、カール君君は忠犬⁉︎ですね(^.^)

うちのブランは私の痛む部位に飛び乗ってくれますσ(^_^;)
コメントへの返答
2018/09/07 14:24:10
Kazuvwさん、こんにちは。

最初は起き上がれない姿と痛みからの悲鳴に大きなショックを受けましたが、
お蔭様で何とか歩けるようになってきました♪

動物の場合は言葉を話せないので、見ていて余計に辛いですよね。
治療費も続くとかなり辛いです(^^;
職場でカールで扶養家族に入れてもらいたいのだけどと話したら、ひと蹴りで「無理です」と(笑)
これだけペットが増えているのですから国民健康保険みたいにそろそろ「国犬健康保険」なるものができることを期待したいです(笑)

痛いところに乗ってくるのですか・・・
飼い主の痛みを感じ取ろうするブランちゃんは真の忠犬です!!

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m
 
2018/09/07 13:42:33
こんにちは✨😃❗️

連続すみません😣💦⤵️
ご存知かと思いますが、背骨の椎間板が飛び出て横を通る神経を圧迫。僕の場合は右足の神経でした。右足が焼かれてハンマーで殴られる痛みです。20年ほど前は手術にリスク大なので、ブロック注射で嵐が通り過ぎるのを待ちました。10年前に再発した時も同様でした。ワンコの場合は解りませんが、ブロック注射で抑えながら治るかも。🤔
コメントへの返答
2018/09/07 14:29:18
u-pomさん、こんにちは。

貴重なお話、とても参考になります。
ブロック注射で痛みを抑えながら治していく方法なんですね。
もし再発した場合の、先生との話し合いに必要な知識になります。

重ね重ねありがとうございますm(_ _)m
2018/09/07 16:31:03
こんにちは。

カール君の椎間板ヘルニア、大変ですね。
でも今、回復中なら大丈夫ですよ!
人間の椎間板ヘルニアも今はオペを避けるのが普通になっています。
見ていないので推測です、骨頭をオペされているので左右のバランスが取れていないから腰椎に負荷がかかり続けてヘルニアを発症したのだと思いますが・・・

普通に生活できるなように回復すればさほど心配は無いのでは?
ただし脚の長さや使い方が左右不均等ならば、激しく走るとヘルニアのきっかけにはなるかもしれないので、全力疾走は少しだけにした方が良いのではないでしょうか。
走りはじめたら止めるくらいは大丈夫だと思います。
お大事に🐩
コメントへの返答
2018/09/07 17:03:55
ライダー☆さん、こんにちは。

最初横たわって痛がるカールを見たときはショックでした。
しかしお蔭様で順調に回復して以前の元気が出てきました。

なるほど左右のバランスですね。
確かに手術した足を今でもかばいますので歩き方も左右均等で無い場合が多いです。
仰るように左右の均等がとれていません。
ボール遊びでダッシュをしていましたので、それらが相まって椎間板ヘルニアを発症したのかもですね。
全力疾走だけは注意をしたいと思います。
コメントを拝見して少し安心しました(^^)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 18:07:35
こんにちは。
ビックリそしてショックです。
( ; ; )

走り好きのカール君に
走るな!跳ぶな!

難しいしキツイですね…
心を鬼にして
これからも頑張って
愛情注いであげて下さい。

ガンバ! カール君。
ガンバ! happyさん。

うちのも、よく飛び跳ねるので
注意せねば ( ̄◇ ̄;)



コメントへの返答
2018/09/07 19:57:23
FW16さん、こんばんは。

横たわって起き上がれず、抱こうとすると悲鳴を上げるカールを見たときはショックでした。
でもその後動物病院の適切な措置のお陰もあり、
今のところ痛みは収まり、以前のように歩けるようになりました。

しかし、走ることが大好きなカールに、
はしらせてはいけない、飛び跳ねさせてはいけない、
というのは本当に辛いです。
しかし、仰るとおりそれはカールのためなので、
心を鬼にして制限していきたいと思います。

FW16さんちのワンちゃんも飛び跳ねるのが好きなんですね♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m

2018/09/07 18:17:56
こんばんは(´・ω・`)

先程blogを読んでびっくりしました。
あの陽気なカール君が寝たきり!?と心配しましたが歩けるようになったということで安心しました(T^T)泣

よくよく見ると、カール君は短足だったのですねΣ(-∀-;)
リリーのモデル体型と対照的ですね(*´-`)笑

でもずっと見ていないといけなくなったのは大変ですが、頑張ってくださいね(;o;)
コメントへの返答
2018/09/07 20:00:49
赤kichiさん、こんばんは。

最初、横たわって動けず、抱こうとすると悲鳴を上げるカールに大きなショックを受けました。
しかし、動物病院の適切な治療のお陰で順調に回復し、元のように歩けるようになってホッとしています。
ただ今後は激しい動きは再発することに繋がるので止めさせなければならいないのが辛いですね。

あはは、胴長短足なんです(笑)
しかもがに股ですから(爆)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 18:58:14
お邪魔します('◇')ゞ

カール君、無事に回復して良かったです。
走る事が出来無くなっても、お散歩を楽しめるのは
良かったですね(^O^)/

カール君は不幸な星のもとに生まれた犬だとしても
きっとhappyさん家と出会えたことに満足してますヨ!

ゆっくりお散歩楽しんでくださいね(^O^)/
コメントへの返答
2018/09/07 20:05:02
あっと~むさん、こんばんは。

最初、動けず、抱こうとすると悲鳴を上げるカールに本当にショックを受けました。
しかし、動物病院の適切な措置のお陰で再び歩けるようになって良かったです♪

今回もそうですが、
どんなことが起きても
明るく陽気に乗り越えて、
いつも楽しそうに生きているカールに、
私たち飼い主が励まされ、幸せな気持ちにさせてもらっています。
カールには「我が家に来てくれてありがとう」と言ってあげたいです。
カールも私たち家族と出会えたことに満足してくれているなら、尚更嬉しいです♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/07 20:49:08
( ´・ω・`) ショボーン 辛い
回復して来てて良かったです(;つД`)
走り回れないのは辛いですが、これ以上悪化せずに
平和に過ごせることを祈っております(;つД`)うぅ
コメントへの返答
2018/09/07 23:05:29
Ryoucyanさん、こんばんは。

最初は見るのも辛かったですが、
動物病院の適切な措置のお陰で歩くことが出来るまでに回復してほっとしています♪

走ることが出来なくなったのはやはり辛
いですね。
でも歩くことは出来るし、ごちそうだって今まで通り食べられるのだから幸せだと思うことにします。
後は再発してこれ以上悪化させないことですね。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m

2018/09/07 22:05:30
こんばんは。
カール君今度は椎間板ヘルニアとは。。。ワンちゃんも生まれもったものがあるのかもしれませんがあまりにいろんな病気になると辛いですよね、幸い元気を取り戻しつつあるとのことですが、そのままある程度の活動ができるまで回復するといいですね~!ご無理させず今しばらくお大事にされてくださいね。
ちなみに我が家のトイブーも不幸な星のもとに生まれたワンコかもしれません💦我が家に来てすぐ骨折、レッグペルテス症、現在では甲状腺機能低下、そして相変わらずの皮膚病でほんとに月々の治療費がバカになりませんよね(涙)
コメントへの返答
2018/09/07 23:14:45
TERU3さん、こんばんは。

今度は椎間板ヘルニアでした(涙)
最初、横たわって動くことが出来ず、抱こうとすると激痛に悲鳴を上げる姿はショックが大きかったです。
しかし動物病院の適切な措置のお陰で、
何とか歩けるようになりました♪
それにしても大きな病気に続けてなるとは・・・
可愛そうでなりませんが、
どんな時でも
明るく陽気に乗り切り、
楽しそうに生きている姿を見ると、
飼い主方がカールから励まされているような気がします(^^;

TERU3さんのところのトイプーちゃんは、カール異常の怪我や病気との闘いが続いているのですね。
小さな身体で頑張って本当にすごいなと思います。

ペットも今や家族の一員ですから、国民健康保険のように「国犬猫健康保険」制度を作ってくれないものですかね(笑)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m



2018/09/08 05:27:17
通りすがりから、初めまして!(笑)

ヘルニアですか・・・(T_T)
我が家のミニチュアダックスのサクラも、昨年の1/3に突然「キャン!」っと言って腰砕けに。。。
一瞬で「ギックリ腰か、ヘルニアになった!」と判りました。
翌日、病院に連れて行くと「ヘルニアです。 一刻も早く手術をしないと歩けなくなります」との先生の診察結果。
その場で緊急手術して3日間病院に入院。。。
治療も早かった事が良かった様で、3日目には自力で立てて・・・
2週間後の抜糸では、病院内を普通に歩いて先生や看護師さん達をビックリさせていました。

カール君は手術も無く、治癒したようで良かったですね!
コメントへの返答
2018/09/08 09:10:43
ちょい悪オヤジ660さん、おはようございます。

ご訪問ありがとうございます!

サクラちゃんもヘルニアに(> <)
ヘルニアは最近はオペしないで投薬治療で治す病院が増えてきているようですが、
手術ということはかなり酷い症状だったのでしょうね。
カールは全く動けず激痛で悲鳴をあげていたのに、注射と投薬で3日目には立てるようになって1週間ほどでほぼ普通に歩けるになってビックリでした。
カールの場合は手術をせずに済んでホッとしています。

お互い再発しないで元気で過ごして欲しいですね♪

ありがとうございます(^^)


2018/09/08 05:28:54
happy37さんおはようございます(^o^)

それは大変でしたね!とりあえずブログを最後まで読ませて頂き、寝たきりではないとの事でホッと致しました。
走ったり飛び回ったりできないのはカール君にとって辛いとは思いますが、大好きなご主人さまと一緒にいる事が何よりの幸せがまだ残されていると思いますので、これからも愛情たっぷりのブログを楽しみにしております(^。^)

余談ですが、私が以前飼っていたワンコは大丈夫でしたが、私自身が6年前にヘルニアの手術をしました。
未だに右のお尻から膝裏にかけて痺れが酷くなるので病院に通っていますが、後遺症は人によりけりで根本的な治療方法はないようなんですよね〜(><)
あっ、そういえば私も胴長短足でした笑
コメントへの返答
2018/09/08 09:20:49
kazki↑さん、おはようございます。

最初はどうなるのか不安でオロオロしましたが、病院の適切な治療のお陰で元気なカールに戻りました♪

ただ、跳んだり走り回ったりするのは再発の危険があるので止めさせなければならないのは辛いですね。
でも散歩は普通に出来るし、何でも食べて良いので、これからはまた別の楽しみ方をカールと探したいと思います(^^)

kazki↑さんがヘルニアを(> <)
なったことはありませんが、想像しただけで痛そうです。
そうやって痺れが今でも出るのは本当に辛そうです。
どうぞお大事にされて下さい。

いやいや、ご謙遜を!(笑)
お会いしたことはまだありませんが脚の長いお洒落な方であることは容易に想像できます(^^)

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/08 07:38:48
初コメント失礼します。
カール君
椎間板ヘルニアですか…
お見舞い申し上げます^_^
走る喜びを無くしてしまうのは
辛いですね……

我が家にもトイプードルの
チロルが居ます。
8/10で10歳になりました!
今年7月に悪性リンパ腫と
診断されました。
余命宣告を受け入れなれなくて…
抗がん剤治療も考えましたが
今のチロルの姿のままで
居て欲しくて 大切な時間を
楽しく過ごす選択をしました!
余命宣告受けてから2ヶ月
毎日が奇跡です。
元気に走り回り食欲旺盛で…
しかし 身体全体に腫瘍が大きく
なってきて 病魔は確実に
チロルの自由を奪ってます。

カール君のヘルニアが
再発しない事を祈っております。
走れない辛さはあるかと
思いますが その分沢山の愛情を
注いであげて下さい。

長文失礼しました

コメントへの返答
2018/09/08 09:31:07
けんのじーさん、おはようございます。

ご訪問&お見舞いのお言葉をありがとうございます(^^)

あれだけ好きだった走り回って遊ぶことをカールから取り上げるのは、カールのためとは言っても本当に辛いです。

10歳のチロルちゃん、悪性リンパ腫ですか・・・
余命宣告まであったとは。
ご家族の皆様の衝撃と悲しみは計り知れないほどのものがあったのだろうと思います。

ご家族に見守られて、
元気に走り回るチロルちゃんの命、
少しでも長く奇跡の日が続くことを心からお祈りします。

カールからは沢山の喜びを今までもらってきましたので、
これからは私たち家族がカールにその恩返しをしたいと思っています。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m





2018/09/08 08:34:57
お早う御座います。

カールの容態を拝見させて頂きました。

非常に心配で…
可哀想な想いで一杯です…

がしかし、少しづつでも
回復傾向なのが幸いです🍀

どうしても
happy37さんのスカイラインと
ダブって考えてしまいますね。

お互い『走りが好き✨』と
言う事で…

カールにとって『走るな!』は
キツいと思いますが、カールの
これからの人生を考えたら
仕方ありませんよね…

動物は言葉が喋れない分、
我々人間が心配する以上に
自分の身体の状態は解っている
はずですから、自分で無理をするのは
控えるのではないでしょうか?
ヤンチャな分大変でしょうが(;^_^A

カールが元気に走っている
happy37さんの素晴らしい画像は
今後は観れないかもしれませんが、
ゆっくりでも元気に過ごしている
カールの画像をこれからは
期待しております(≧∇≦)b

カールは大丈夫。

ステキな御家族が付いていますから✨


コメントへの返答
2018/09/08 09:42:07
DBA@TUNさん、おはようございます。

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

立ち上がれず悲鳴を上げるカールを見て、最初はどうなるのかと不安がありましたが、
病院の適切な治療のお陰で無事に歩けるようになりホッとしています♪

なるほど走るのが好きという共通点!
今まで考えもしませんでしたがそうですね。
犬は飼い主に似るの言葉とおりなのか、
それともカールが走ることが好きな人間を求めて我が家に来たのか?(笑)

そのように思っています。
カールの一番の楽しみを奪うのは辛いですが、
カールのことを考えたら仕方がありません。

なるほど、あれこれ心配するよりも、
動物の生まれ持った力を信じる、
それは大切なことですね!

カールが我が家に来てくれたのは何かの縁でしょうから、
これからもカールが嫌がるくらい可愛がりまくって、写真もたくさん撮ってあげたいと思います(^^)

温かいコメントを本当にありがとうございますm(_ _)m






2018/09/08 10:56:17
こんにちは
大変な1か月だったのですね。
よくなってきて良かったです。
走れなくても、ワンコも飼い主さんも一緒に過ごせる事が大切ですからね。
happyさんの脛は大丈夫ですか?
もう片方の脛もありますしね
(余計な事言ってスミマセン)
ウチも胴長なので気をつけます。
コメント増やしてしまって申し訳ありません
コメントへの返答
2018/09/08 16:01:52
とりちーさん、こんにちは。

人も犬も激痛で苦しんだ夏でした(笑)
カールが動けず悲鳴を上げた時は大きなショックを受けましたが、
病院の適切な措置のお陰で順調に回復しています♪

カールが大好きだった走り回ることを止めさせなければならいのは本当に辛いです。
でも、仰るように犬は飼い主と一緒にいることが幸せなので、
今まで以上にカールと遊ぶ時間を増やそうと思います(^^)

あはは、もう1本臑があるじゃないかと!?
そうですね、もう1本も細くて直ぐに折れそうですがカールのためにもうひと頑張りします(^^)

マロンちゃんがいつまでも元気でいますように♪

皆様からのコメントに元気を頂いています(^^)
温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m


2018/09/08 16:22:10
こんにちは。
突然のコメント失礼致します。

もう、数ね前に長いねむりについちゃった
ウチのM ダックスもヘルニア繰り返してましたです。
それでも19年以上ずっと一緒に居てくれました!

カールちゃんは確かに波乱万丈で大変日々…。
それでも、happy37さんに保護されてからはずっと幸せなのが伝わって来ましたデス!

これからもhappy37さんとカールちゃんとの時が幸せでありますよう
お祈り致します。

ちなみにウチのダックスは
お散歩でスキップするみたいに歩くのが
注意信号みたいな感じでした。

突然のコメントでしかも長文
本当に失礼致しました。(礼
コメントへの返答
2018/09/08 19:54:55
キジムナー あぎじゃさん、こんばんは。

ご訪問ありがとうございます(^^)

ダックスちゃん19年以上一緒に暮らしてくれたなんて、
なんて親孝行なワンちゃんでしょう♪
きっと今でも天国からキジムナー あぎじゃさんを見つめていますね(^^)

カールは何も言えないので分かりませんが、
きっと辛い過去があったのではないかと思います。
それでも明るい性格を失わずいつも陽気に楽しそうに生きている姿を見ると、こちらが励まされます。

走ることが出来なくなった分、今まで以上に可愛がってやろうと思います。
できればダックスちゃんのように長寿であって欲しいものです。

そうですね、
病気には前兆があるでしょうから、それを見逃さないように注意しなければ!

温かいこめんとをありがとうございますm(_ _)m

2018/09/08 20:10:26
お言葉ですが、
カールほど幸せな犬は居ないと思います。
こんなに愛情を一杯受けて、
こんなに美しく撮って貰って…。
σ(^^)は鈍いので犬の気持ちは分からないし、
happy37さんとカールとの深い深い繋がりを知る由もないのですが、
彼の表情からは、happy37さんへの感謝しか感じられないですね。(^^)
コメントへの返答
2018/09/08 23:05:40
rossorossoさん、こんばんは。

いつもありがとうございます(^^)

そのように言って頂くととても嬉しいです。
もしカールが幸せであるとしたら、
それは私たちの幸せでもあります♪

こうやってカールが我が家に来たのは何かの縁だと思います。
大好きだった走り回ることは出来なくなりましたが、
今まで以上にカールを可愛がりたいです。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m
2018/09/09 06:28:34
カール君 大変でしたね。
ヘルニア 痛いですもんね。

幸いうちのチャイはなりませんでしたが、飼い主の方が、ヘルニア持ちです。鎮痛剤を服用しながら、半年程養生してました。

とりあえず手術はないけれど、痛みを感じない程度に動いて、養生するのかしら?言葉が通じにくいワンコのことだけに、大変ですね。少しでも早い回復を祈念しております。
コメントへの返答
2018/09/09 09:08:08
きくぞうNDさん、おはようございます。

先代の2頭は幸いにも椎間板ヘルニアとは無縁でしたが、
カールは何故か発症してしまいました。
先代の2頭はカールよりも激しい運動をせていたのに発症しなかったのですから、やはり上のコメントにもありますように遺伝的な要素が大きいですね。

カールは体型からしても、その犬種のスタンダートや遺伝性の疾患の問題を踏まえない悪徳業者によって、単なる商品として無計画に繁殖、販売され犬であったのだとうと思います。
良識あるブリーダーならそれらの問題が発生しないよう、ブリーディングには細心の注意を払いますから。

ヘルニアをお持ちなんですね。
ヘルニアの痛みは想像を絶すると聞いたことがあります。
どうぞお大事に。

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m




2018/09/09 09:20:40
こんにちは。ブログ拝見しました。
ショッキングなタイトルに驚きました。そして、辛いですね。
犬にとって走れないほどつらい事はないですね。
うちの響さんも、小さな体で狭い家の中を思い切り走り回っています。
でも、少しづつでも回復しているとのことで、すこし安心しました。

響さんも我が家に来たときは、保護されたときに環境が最悪だったそうで、足の筋肉が殆どなくて満足に歩けない状態でした。
今はまるで打って変わった様に家中を走り回っています。
カールも、響さんのようによくなって、また思い切り走れるよう祈っています。
コメントへの返答
2018/09/09 16:01:21
たくろう3号さん、こんにちは。

最初、横たわって動けず、抱こうとすると激痛に悲鳴を上げるカールに大きなショックを受けましたが、
動物病院の適切な措置のお陰で、今はほぼ以前と同じ状態にまで回復してきました。

場合によっては悪い方向に行く可能性がある病気なので、本当に不幸中の幸いだと感じています。

そのとおりですよね。
どの犬も走るのが大好き。
それが出来なくなるというのは犬にはとても辛いことだと思います。

保護される前の響さんは酷い環境で耐えていたのでしょうね。
今はたくろう3号さんのお家で大切にされ、走り回ることの出来る幸せな生活に、他人ながらとても嬉しく思えます。

いつの日か再び響さんのように走り回れる日が来ると良いなと思います♪

温かいコメントをありがとうございますm(_ _)m



現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「イタリア旅行【14】 さよならイタリア、最高だったよ!(最終回) http://cvw.jp/b/2074461/42121251/
何シテル?   10/29 20:33
Happy37です。 平成28年の七夕に、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 MGのスネーク風に言えば「待たせたな」(^^) プロフィール写真...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

イタリア旅行【14】 さよならイタリア、最高だったよ!(最終回) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/30 07:43:49
「ナンバープレート自動隠し」機能が追加されました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/16 21:25:44
「品番が同じ」でも「商品名が同じ」でもサイズが全く違うもののお話。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/27 13:46:15

お友達

車と、人、犬、猫が好きな方,ウェルカムです♪
276 人のお友達がいます
どんみみどんみみ * 梅しゃん専用梅しゃん専用 *
Aki@MiyagiAki@Miyagi * RyoucyanRyoucyan *
たーぼぅ@アクセラたーぼぅ@アクセラ * そらくう2号そらくう2号 *

ファン

634 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成28年、34年振りにスカイラインに乗ることになりました。 スカイラインと言っても昔の ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2年半乗ったマツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)20S-T AT(スノーホワイト)。 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
平成5年から10年まで5年乗りました。 ツアラーらしく安定感十分の高速走行性能バツグンの ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
今から34年前(2017.2時点)、新婚時代の私たち夫婦がスカイラインの次に乗った車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.