• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

happy37のブログ一覧

2020年07月06日 イイね!

ニコンZ用レンズ「24-200mm f/4-6.3 VR」を発売日に入手 

ニコンZ用レンズ「24-200mm f/4-6.3 VR」を発売日に入手 










今年2月に予約を入れていた

ニコンのZマウント用レンズ「24-200mm f/4-6.3 VR」。

待つこと4カ月、

遂に発売日の7月3日に入手できました\(^▽^)/










発売日の7月3日に届いた「24-200mm f/4-6.3 VR」

ニコンはトラベルレンズの新スタンダードと謳っています。





以下、カメラネタになります。

興味のない方はスルーされて下さいm(_ _)m

あっ、スルーすると女子好き犬カールの写真を見られませんよ(笑)









このレンズ、広角24mmから望遠200mmまでをカバーする

倍率8.3倍の高倍率のズームレンズ。




高倍率であるにももかかわらず、

しかもフルサイズでありながら

重量は570gという驚異の軽さ!



f値を可変にし4-6.3に抑えたことによって小型軽量化を実現しています。

私が持っているf値2.8通しの「70-200mm f/2.8E FL ED VR」は

1,430gもありますから(^^;

トラベルでは軽量小型が命ですから

f値を抑えてでも軽量化を図ってくれたことは有難いです(^^)








プロテクターは奮発して初のニコン純正「アルクレスト」










レンズを保護しながら、

画像への影響を最小限にとどめる高い光学性能を実現した、

高性能保護フィルター、

だそうです。












さっそくZ7に装着♪











レンズは沈胴式。

撮影しない時は短く出来るので

トラベルではとても助かります。









レンズロックボタンはあるけど

必要ないほど絶妙なトルクです。











このレンズのテレ端200mmの試写をしてみました。

被写体は別のカメラ。

望遠側にして寄れば、

マクロレンズのような表現が可能ですね。



24mmなら50cm、200mmなら70cmまで寄れるのもナイス。

ニコンが謳っているように座ったままで

テーブルフォトがある程度は撮れそうです。









以下、1本のレンズで

広角24mmから望遠200mmをカバーすることの

利便性を実験したいと思います。







これはワイ端24mm域で撮った愛車。

この域になると1mmで大きな違いになります。

24mmだからこそここまで広く撮れます。



余計なカールまで写り込んでしまっている(^^;









そして、ズーミングして

同じ位置からテレ端200mmでパシャリ。

タイヤがはみ出るほどの大きさで撮れました♪



8.3倍、恐るべし。









次は反対にテレ端200mm側から撮ります。

200mmで撮った日日草。










そして、ズーミングして

同じ位置から24mmで撮った写真↓



赤枠の範囲から一気にこの広さが撮れます。

8.3倍、恐るべし。

「写真は足で撮れ」と言われますが、

広角から望遠まで撮れてしまうこのレンズ、

撮影者をダメにします(笑)








色乗りは良いし、周辺光量落ちもなし。

ボケは至って自然で、

高倍率レンズにありがちな汚れたようなボケはありません。



スゴイです。







このレンズでカールを撮ったら

もしかすると

お利口さんに写るかも!





でも

いつもと同じノホホ~ンとしたカール

しか写りませんでした(^^;










最後にチョコにモデルになってもらいます。



室内で手持ち撮影ですが、

Z7の5軸VRと相まってまずまずの写り。








大口径レンズほどではないものの

解像度も十分!

というか倍率8.3倍なのに

4575万画素の高画素カメラZ7に装着しても

解像不足をあまり感じさせないレンズです。









200mmで撮ったチョコ。

1本1本の毛をそこそこ解像しています。



f値6.3。

絞れば更にシャープに写るでしょう。






あらゆる面で、

今までの高倍率レンズではここまでは出来ませんでした。

それをマウントの大口径化によって実現してくれたニコン、

ありがとうございます♪



24mmスタートなのに軽量小型で高倍率、

携行性とのバランスを考慮した性能、

安いものではないけど性能からすればバーゲンプライスとも言える価格設定、

大満足の買い物が出来ましたヽ(*^^*)ノ







さぁ、後はこのレンズを付けてどこかに行くだけ!

のつもりが鹿児島でクラスター発生(@@)

この1週間足らずで感染者数が12人から110人に一気に激増。

どこかに行くどころの話ではなくなりました(^^;



仕方ないので

当分はレンズを眺めながら

ドライブの構想を練ることにします(^^)






Posted at 2020/07/06 21:31:21 | コメント(14) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2020年06月17日 イイね!

L型ブラケット装着で 小型ミラーレスの問題を解決

L型ブラケット装着で 小型ミラーレスの問題を解決










一眼レフカメラをミラーレスカメラに入れ替えたことによって、

レフ板無しによる小型軽量の恩恵にあずかっているところですが、

小型になったことでひとつ問題が発生・・・







私は露出補正を右手の親指と人差し指でやっていますが、

カメラが小さくなったことで

それがスムーズに出来なくなったのです。






カメラを握るとこのようになります。



カメラのグリップから

右手小指が半分ほどはみ出してしまうのです。








巷で言われているミラーレスカメラの小指余り問題です。



この状態であっても

シャッターを押すことはできます。







しかし、

右手(中・薬・小指)でグリップを握り、

右手人差し指で露出ボタンを押しながら

右手親指で調整ダイヤルを回すという

露出補正の操作がとても窮屈でスムーズに出来ません。



(私の指が少し長いためかもしれませんが)






そのため、一度グリップを握り直し、

右手全体を下に移動しなければなりません。

そうすればスムーズな操作がやっと可能になります。










しかし、いちいちグリップを握り直すのは

面倒で仕方がありません。




だったら最初から

右手全体を下に移動した状態で良いじゃないか?

ところが、そのようにすると、

今度は小指が完全にグリップからはみ出してしまって、

カメラをがっちりホールド出来なくなります。



そのような不安定な状態では

右手だけでカメラを構えて

ブレないようにシャッターを押すことが難しく、

左手を添えざるを得ません。

片手だけで調整したい、撮影したい、

という時に困ったことになります。









何か良い解決方策はないものか・・・

と思っていたら・・・

ありました!\(^▽^)/




L型ブラケット(プレート)の装着です!

SmallRigの「Lブラケット2258」を購入。







このL型ブラケットを装着すれば、

カメラのグリップ部が下に約2センチ長くなります。

そのため最初からカメラの下の方を握れるので

いちいちグリップを握り直す必要はありません。

背面側












しかも、

小指余りが解消したことによって

今までよりホールド感が格段に向上し、

片手だけでの撮影に安定感が生まれました\(^▽^)/




裏面




装着したまま三脚も使用できます。








サブプレート側










アルミ合金であるため質感も良好










さっそく装着。

指1本分下に長くなりました\(^▽^)/












手がこの位置なら握り直すことなく

親指と人差し指で露出補正がスムーズに出来ます。



手を僅か指半分ほど下に下げただけなのに、

こんなに操作性が良くなるとは♪









装着の図、背面側。



L型ブラケット本来の使い方ではないものの、

小指余り問題解消に効果絶大です♪








サブプレートは必要ないので外しました。







このL型ブラケットの総重量は155g。

サブプレートを外して約100g。



カメラに装着したままだと約100g重くなりますが、

操作性の向上と安定したホールド感は

捨てがたいメリットなので

これを付けっぱなしにしています。










正面側










グリップ側










装着したままで

バッテリーの交換も出来ます。









使い勝手も質感も良かったので

サブ機用にもう1個購入しました(^^)







購入して半年過ぎましたが、

これを装着して大正解でした (o^∇^o)ノ







Posted at 2020/06/17 19:59:42 | コメント(8) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2020年05月08日 イイね!

レンズキャップクリップ

レンズキャップクリップ













ものは試しに買ってみました、

レンズキャップクリップ♪

レンズキャップをネックストラップに付けるパーツです。



「ND」はニコンのオンラインショップ「ニコンダイレクト」です。

注意書きの

「ご使用中にキャップが外れ問題が発生しても

 保証致しかねますのでご了承下さい」

の一文に恐怖を感じますが、それはさておき(笑)







イエローとブラックの2個入り。










イエローは目立ち過ぎですね。











レンズキャップを挟んでみました。

思った以上にしっかりと固定されます。



写真のキャップはフィルター径72mm。

説明書きでは37mm~77mmに対応となっています。









ブラックはまぁまぁです(^^)













NIKONのロゴをマスキングすれば

さらに目立たず悪くないかも。



外したキャップを

どこにやったか分からなくなる今日この頃(笑)

これがあれば大丈夫です\(^▽^)/











先日購入したニコンのネックストラップ

「Nikon×PORTER アジャスタブルロングストラップ」

についていたオマケ↓




スタジアムクッションだそうです。







広げると大人ひとりのお尻が収まるクッションに。



でも、

不要不急の外出自粛の今、

これ持って行くところがありません(^^;









Posted at 2020/05/08 20:58:47 | コメント(6) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2020年05月07日 イイね!

カメラストラップの湿気対策でピークデザインのクイックコネクタ導入

カメラストラップの湿気対策でピークデザインのクイックコネクタ導入














カメラのレンズに湿気は禁物。

油断するとレンズの中にカビが発生します。

そのため普段レンズは防湿庫に保管しています。




ところが、

同じ防湿庫に保管するカメラのネックストラップが、

湿気の原因になることも。


もし、ネックストラップが雨に濡れ、

あるいは汗を吸っていたら、

防湿庫の中は湿気ムンムンの加湿器状態に(^^;







であれば、

カメラを防湿庫に入れる時、

ネックストラップを取り外せば良いのすが、

ところが、これが面倒(/_<)







そんな時に目についたのがコチラ。

Peak Designの「SLIDE LITE」












下側の細い紐をカメラ側に付けます。

そして丸いボタンを押すと

簡単にネックストラップがカメラから外れます。




ワンタッチでカメラから外せるネックストラップがあったのですね(^^)









「また散財ですか!?

 不要不急の買い物が多くありませんか?」

と私に厳しい視線を向けるカール・・・



最近、散歩しても女子が少ないことにご不満なカール。

そのストレスが私に向けられているのです、きっと(^^;

だからこの厳しい視線はお門違いなのです。

絶対に散財ではありませんから(汗)








ところが、

このネックストラップには少し問題が。












左がニコンのスムーズアジャストストラップL、

右が今回購入したPeak Design。

Peak Designのベルトは少し硬いのです。











曲げてみるとその違いが分かります。

左のニコンに比べ、

右のPeak Designには柔軟性ありません。




ストラップを腕に巻くことが多い私には

柔軟性がある方が使い勝手が良いです。








ネックストラップは柔軟性のあるニコンのものが良い、

しかし、カメラからワンタッチで外すスタイルは捨てがたい、

そんな我儘なユーザーのために、

Peak Designはちゃんとこんなのを準備してくれているのですね♪




どのメーカーのネックストラップにも使える、

ワンタッチ式のクイックコネクタです。



さすがは創業10年でここまで大きくなり、

今やニコンとコラボ製品を出しているだけのことはある会社ですね。








上に好きなネックストラップを付け、

下の細い紐をカメラに接続します。











丸いボタンを押しながら上にずらすと外れます。











このように外れます。



ボタンはしっかり固定されているので不意に外れることはありません。

細い紐の耐荷重は80kg。

充分な強さです。









さっそくニコンのネックストラップに通してみます。











片方はカメラに。











装着完了。

ニコンのネックストラップがクイック着脱式に変身♪











ネックストラップが邪魔な時に直ぐに外せて便利です。










クイックコネクタの使い勝手が良かったことから、

更にもう1組購入し、

最近入手したこちらのニコンと吉田カバンがコラボした

ネックストラップにも装着。









これでジメジメした梅雨も、

汗びっしょりの夏も、

いつでもいらっしゃい(笑)





その前にコロナ収束してくれ~







Posted at 2020/05/07 21:28:42 | コメント(8) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2019年09月27日 イイね!

GoPro「HERO7 BLACK」を使ってみます(^^)

GoPro「HERO7 BLACK」を使ってみます(^^)













アクションカメラの

GoPro「HERO7 BLACK」











小さいのに高性能










僅か116gにもかかわらず

強力な手ぶれ補正機能と4K動画撮影対応。










スマホとペアリング


















記録メディアはmicroSDカード










バッテリーは7個揃えました(笑)



1個あたりHD画質で70分ほど録画可能。

7個あれば8時間は大丈夫(笑)

もちろん、その分のmicroSDカードも揃えました。







アタッチメントも色々揃えてみました。

これはガラス面取り付けのサクションカップ。



自由雲台を挟んでカメラとカップを連結しています。





ドラレコの付いていない代車生活の時に

さっそく活躍してくれました♪







これまでは静止画一筋で、

動画撮影には興味がありませんでしたが、

GoProで動画に目覚めてみようかと思います(^^)







Posted at 2019/09/27 22:27:03 | コメント(6) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味

プロフィール

「愛車と出会って4年! http://cvw.jp/b/2074461/44162191/
何シテル?   07/07 20:58
Happy37です。 2016年の七夕に、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 MGのスネーク風に言えば「待たせたな」(^^) 誕生日:日産スカ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

佐藤精機 / TK-Lathe アジャストスペーサー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/30 12:02:18
日産社長に出した質問状 「日産車のエアコン故障は仕様なのですか?」  常軌を逸した世にも恐ろしい回答書にビビる(@@) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/13 06:28:44
HGY51ハイブリッドシーマの暖房が効かない( >_<) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/09 10:29:28

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
2016年、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 スカイラインと言っても昔の面影は ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2年半乗ったマツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)20S-T AT(スノーホワイト)。 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
平成5年から10年まで5年乗りました。 ツアラーらしく安定感十分の高速走行性能バツグンの ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
今から34年前(2017.2時点)、新婚時代の私たち夫婦がスカイラインの次に乗った車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.