• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

happy37のブログ一覧

2019年02月27日 イイね!

嫁ぐD750に感謝と重要指令

嫁ぐD750に感謝と重要指令












フルサイズ一眼レフカメラの中ではやや軽量という有利性と、

暗所撮影の強さが魅力の愛機ニコンD750、

これまで愛車や犬猫たちを始め、

旅行などの写真を撮ってくれました。




































その大切なD750が嫁ぐことに。

今まで多くの思い出の写真を残してくれたD750,

本当にありがとう!








嫁ぎ先は、

初孫を生んでくれた娘のお家(^^)


なにしろ出産で帰省中に

「一眼レフカメラって面白そう」

「一眼レフで撮った写真ってキレイ!」

と事あるごとに言っては頂戴オーラを出し続けていたので、

あげないわけにはいかなくなりました(笑)




メインレンズとしてポートレート用レンズ、NIKON「AF Nikkor 85mm f/1.8D」を

お供させました。






このレンズをお供させたのは、

孫ちゃんの写真を撮ってもらうため(^^)

このレンズで赤ちゃんを撮るとなかなか良いです♪



カメラとレンズには「毎日孫ちゃんの可愛い写真を撮ること」を極秘任務として言いつけてあります!






さっそくD750+85mmで撮った孫ちゃんの写真が娘から送ってきました。



一眼初心者なのに良く撮れています(^^)

写真は腕ではなく機材が大切なことの証明です(笑)





もうひとつ便利ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」も

持たせました。



これも活躍してくれるでしょう。





娘には写真が上達したかったら、

プログラムモードは使わず「絞り優先モード」

で撮影するようにアドバイスしました。

若いし理系卒ですからメカの覚えは早いでしょう。

既に私が教えていないスマホからのリモート撮影などもやっているようです。





ちなみにD750を貰った娘の喜ぶ顔を見て、

妻も満足そうでした。

これまで「カメラなんて」と妻から冷たい視線を向けらていましたが、

これからは堂々とカメラを振り回せそうです。にひひ(^^)







Posted at 2019/02/27 21:33:16 | コメント(18) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2018年09月05日 イイね!

予約殺到の「Z7」購入を断念・・・

予約殺到の「Z7」購入を断念・・・










ニコンが発表したフルサイズミラーレス機「Z7」「Z6」

価格設定からすればZ7が上位機種、Z6が下位機種という位置付け。

あ、カメラに関心の無い方はスルーを。長いですよ(笑)





今回の発表では、ニコンが遂にフルサイズ・ミラーレス一眼を出したことが

大きな話題となっています。

更にはニコンが長年守り続けてきたFマウントと呼ばれるマウントサイズ(内径44mm)に加え、

新たに大口径のZマウント(内径55mm)を規格化したことがカメラ界の注目を浴びています。

ただ新マウントが発表されたとは言っても当面はFマウントとZマウントのレンズが

併行販売される形になるのでしょうが、将来(かなり先)、ミラーレス機の弱点が解消されれば

Zマウントに統一されるのかもしれませんね。





そんな歴史的な第1号機となる「Z7」と「Z6」ですから私も大きな関心が!!。

何と言ってもミラーレス機はレフ機に比べ軽量化が図られるという大きな魅力がありますので!

最近、寄る年波には勝てずギックリ腰でのたうち回っている私には、

軽量化は素敵な女性と食事に行くのと同じぐらい魅力的なことです(^^)




(ニコンのカタログ写真から)







で、これはもう「Z7」を購入するしかないと!



(ニコンHPから)




資金をあらゆる方向からかき集めて発表当日に事前予約を入れることに!

もちろん妻には絶対バレないよう隠密行動で(笑)




そしていよいよ製品発表当日が到来♪

大いなる期待を持ってニコンHPのZ7のサイトへGO!


   と

   こ

   ろ

   が

   ・

   ・

   ・
   

ところがですよ、


何と言うことでしょう・・・


スペックがぁ~~~~キタイハズレ(涙)



これは静止画用のカメラかいな?

と思うしかないZ7のスペックじゃありませんか。

犬や猫といった動体撮影が主で、輝度不足環境でも使うことが多い私には向かない

スペックに口がアングリ(^^;




以下「Z7」のスペック上の不満です。(あくまでも私個人の主観による不満です。)

○ 実質的な連写可能枚数が少ない。

連写速度はカタログ上9コマ/秒となっているものの、それはAF-S時だけのこと。

動体撮影で連写が必要なシーンではAF-Cで撮影することになりますが、

この場合のAE追随の連写枚数は5.5コマ/秒。

対して今所有しているD850は常時AE追随の連写枚数9コマ/秒(バッテリーグリップ装着)。

D850の方が大きく勝っています。

ニコンのHPには連写9コマ/秒と特出しで表示してあったので、当然AF-S,AF-Cを問わず

全コマAE追随の9コマ/秒と理解したのに、よ~く仕様の詳細を見てみると違うのですね。

このあたりの表記にはちょっと釈然としないものが。 




 
○ バッファー容量があり得ないほど少ない。 

連続撮影可能枚数はRAW(圧縮RAW/12ビット)で23枚だけ。

D850は200枚も一気に撮れるのに。

連写を要する動体撮影では直ぐにバッファフルになって使い勝手が悪そう。

その弱点を少しでもカバーしようと高速メモリーのXQDカードを採用した?

しかしXQDには後で書く問題が!





○ AFが低輝度撮影環境に弱い。 

AFの検出範囲が-1~19EVと頼りない。

D850は-4EVから検出可能なのに。 

室内撮影が多い私にはこれは困る!

「ローライトAF」を使えば-4EVからの検出も可能のようですが、

そのためにはON・OFFの操作が必要だとか。

わざわざこのような仕様になっているのは、常時ONにした場合何かしらの影響が生じる

からということかもですね。





○ 劇的な軽量・小型化が図られていない。

期待していた軽量化はD850に比べ-330gの675g。 

そこそこの軽量化は図られていますが、もう一声欲しかったところ。

これはZ7が動画性能を上げるための影響でしょうか。

動画は静止画と違い撮影が途切れることがないので熱対策が大きな問題だとか。

今のところ熱対策のためにはボディを大きくするのはやむを得ないらしいですね。

動画に興味のない私には余計な機能なんですけど(笑)

ちなみにZ7の動画性能は良好のようです。 



重量の話に戻ると、Zマウントのレンズはまだ少なく、特に望遠系やマクロレンズは

当分はマウントアダプタを介する必要がありますので、

僅か135gとは言えその分の重量も加わるし、長さも長くなっちゃいます。
  




○ バッテリーの持ちが悪い。 

ミラーレス機だからバッテリーの持ちが悪いのは当然だけど、それでも330枚だけとは。

D850は1840枚ですよ!(いずれもCIPA規格準拠)

もちろん330枚はCIPA規格準拠によるものなので、撮影スタイルによってはその倍、

あるいはそれ以上の撮影が出来るかもしれませんがそれでも少ない。





○ メモリースロットがシングル。  

何でダブルスロットじゃないの~。 

しかも絶滅危惧種かつバカ高いXQDカードを採用しているし。

しかもしかも世間ではXQDカードの倍の最高速度が可能なSD規格が新たに作られたのに。
 
将来XQD規格と互換性のあるCFexpressカードを使えるようにするかもしれないとのことですが、

これとて高価です。

XQDカードとCFexpressカードはメモリー容量が足りなくなってもSDカードのように

そこらのコンビニでは買えませんから!




○ コスパ悪し。

ボディ本体だけで実売価格40万円超とは(笑)

それだけのスペックがあれば納得できますが、

D850を明らかに凌駕する性能は少ないのにD850よりも随分とお高い。 

これだったら人には超優秀なD850をお勧めしますね。






また、スペック上の問題のほか、「ニコンファンミーティング2018」で実際に実機を

操作されてきた方の評価には次のようなものもあります。


○ マウントアダプタを使ってFマウントレンズを装着すると最初のAFにタイムラグが生じる。

 (つまりAFの初動が遅い。)  




○ XQDカードとZ7の相性が悪くXQDカード本来の性能は発揮されず、

高速タイプのSDカード並みの速度しかない。

(XQDカード本来の4分の1程度の速度しか出ないということですね。

これでは高価なXQDカードを使う意味がないです。) 




結果として動体撮影には向かないカメラであるということです。





と、まぁ~不満点をあれやこれや挙げましたが、

ニコンが社運を賭け渾身の力を込めて作ったカメラですからもちろん優れた点もあります。

このあたりの評価はカメラに何を求めているかによって全く違ってくる訳で、

私とは別の見方をされる方もたくさんおられるはず。

このことは車選びと同じですね。

その証拠に事前予約が殺到して早くも供給不足になるとのアナウンスが流れるほどの

大人気です。

それはそれで大変良いことですね。

沢山売れれば次期機種の開発費が潤沢になりますからね。ニヤリ。






で、私はどうするのかと言えば、

Z7の購入は中止です。

私の求めるカメラからすればD850の方が遙かに優れています。

やはり1号機というのはこういうものなんですかね。

何年後になるか分かりませんが、ニコン応援団としては、改良されたZ7の2番機に

期待することにします(^^)

きっとニコンの優秀な技術陣が「これだ!」と唸らせる製品にしてくれるでしょう!






が、話はここで終わりません(笑)




Z7の購入は中止したと言っても寄る年波には勝てません(^^;

そこで、2番機登場までの繋ぎとしてZ7の下位機「Z6」をD850のサブ機にしようかと

考えています。




Z6はボディ+キットレンズ(24-70mmF4)で重量1,175g。

現在メインのD850+24-70F2.8E VRの2,075gの約半分。

メインより1㎏近く軽くなります。これは魅力。

それにZ6の常用ISO感度は100-51200と、まぁまぁ。

またキットレンズ(24-70mmF4)はサンプル画像を見る限りかなり優秀なレンズ!

スペック比のコスパもZ7ほど悪くは無し。






気合いを入れて撮る時や厳しい撮影条件下ではメイン機D850で、

旅行やお散歩スナップはサブ機Z6で、という使い分けです。

この際、XQDカードの1スロットには目をつぶる(笑)





Z6の発売は11月末とまだまだ先。

急ぐことは無いのでゆっくり考えてみます(^^)




Posted at 2018/09/05 20:13:44 | コメント(13) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2018年01月29日 イイね!

このリフレクターは使える!

このリフレクターは使える!















カメラでフラッシュを使用するとき、フラッシュの光を直接当てると陰が出たり、

被写体と背後の明暗差が大きかったりと不自然になりがちです。

そのためフラッシュを天井などにバウンズさせて撮りますが、それも場所によっては限界が。



そのような場合に役立つのがフラッシュに取り付けるリフレクター。

しかし、これまでいくつかのフラッシュ用のリフレクターを使ってきましたが、いずれもイマイチ。

そのため直ぐに機材庫の肥やしになるのがこれまでのリフレクターでした。



ところが今回ダメ元で買ってみたリフレクター、これは優れものです!



今回のリフレクターはフラッシュに巻き付けて使う方式のもの。








柔軟性があるので変形させて使うこともできます。



「UNPLUGGED STUDIO クリップオンストロボ用 フレキシブルリフレクター AC-010」という、

無意味に長ったらしい名前でamazonで売っています(笑)








フラッシュを使ったと思えないぐらいとても自然に写ります!










さすがに遠くまでは光が回りませんが、これだけ写れば十分。

可愛いチョコちゃんがますます可愛い猫ちゃんに見えます♪









光が均等に回っています。










フラッシュの光を直接当てないので猫の目にも優しいですね。











広角でもバッチリです!











こんな近接でもバッチリ(^^)

間接光なのでチョコも嫌がりません。



キャッチアイもしっかりと出ます。







おっと、チョコばかり撮っていたらご機嫌斜めなカールが「ボクも撮って!」と申しております(笑)



特に黒い犬を室内で夜撮るのは難易度が上がりますが、このリフレクターなら自然な感じで

簡単に撮れますね。








どうやら満足してくれたようです(笑)




良い買い物が出来ました♪



Posted at 2018/01/29 23:20:27 | コメント(8) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2018年01月11日 イイね!

バッテリーグリップ導入でパワーアップ!!

バッテリーグリップ導入でパワーアップ!!













車&犬猫撮りカメラD850のパワーアップを図るべくバッテリーグリップを導入しました。


宅配各社から届けていただいた各パーツ。



バッテリーグリップひとつ付けるために、これだけのパーツが必要とは(笑)



これまではメーカー純正品でバッテリーグリップを組んでいましたが、今回は全てサードパーティ。

純正品だと10諭吉、サードパーティであれば2諭吉ほどで済むというのが理由です(笑)

みん友さんがサードパーティを導入され問題の無いことを確認されたことでサードパーティに

踏み切ることが出来ました。

みん友さん、ありがとうございましたm(_ _)m










左端がグリップ本体。

右二つは単3形電池とEN-EL15a用のバッテリーケース。










充電器










バッテリー EN-EL18bを使用する時に使うバッテリーカバー。

何故かこれだけが純正品(笑)











バッテリーグリップ専用のバッテリー EN-EL18b。

標準のEN-EL15の電圧は7.2Vで連写は秒7コマまで。

EN-EL18bの電圧は10.8V。この電圧が連写を秒9コマにアップしてくれます。

この秒9コマ連写を手に入れるためにバッテリーグリップを導入した訳です。



D850は秒30連写も可能ですが、この場合画素が「3600x2400ピクセル」と小さくなってしま

います。

ま、これでも撮影対象によっては十分な画素なんですけど、やはりフル画素の連写で撮りたい(^^;

↑EN-EL18bにバッテリーカバーを装着。








バッテリーグリップに挿入。



純正のEN-EL18bの撮影可能枚数は約5140枚ですから、これもそれに少しは近いはず。






バッテリーグリップ裏側。

サブダイヤルなど純正と同じ機能が備わっています。










バッテリーグリップ正面側。











いよいよ装着!










スイッチオン!

秒9コマ連写スタンバイを示す「9」の数字が表示されました(喜)



D850の連写時のバッファー、RAW(圧縮12ビット):200コマの性能もこれで生かされます。






大きく重くなるのは困ったものですが、秒9コマとのトレードオフです。









秒9連写を2週間ほど使ってみた感想は・・・

  カ  ・  イ  ・  カ  ・  ン  (笑)



それにしても4689万画素で秒9連写とはスゴスギ。

今年は目一杯活躍してもらいます(^^)





Posted at 2018/01/11 21:23:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2017年12月25日 イイね!

D850サブスロットル用メモリー

D850サブスロットル用メモリー
















愛車撮影用カメラのメイン機D850のサブスロットル用メモリーとして

   「SanDisk ExtremePRO SDXCカード UHS-I 128GB SDSDXXG-128G-GN4IN」

を購入。

いや~、長ったらしい名前だこと(笑)











要するに高速な128GBのSDXCカードです。



最大転送速度95 MB/s、最大書込速度90 MB/s。

サブスロットル用としては必要にして十分なる性能。








メインスロットのXQDスロットにはレキサーの「XQD プロフェッショナル 2933倍速シリーズ

XQD2.0カード 128GB」を挿入していますので、これで合計256GB。

これだけあれば超高画素機のD850で連写しまくってもメモリー不足にはならないでしょう(^^)












ちなみにXQD2.0カードのカードリーダーには「Lexar Professional XQD 2.0 カードリーダー」を購入。

 









高速で安定した転送をしてくれます。
















という1ヶ月半前のお話でした(^^;

コレデトシヲコセル・・・(笑)




Posted at 2017/12/25 21:50:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味

プロフィール

「@kan13 さん、今年も後少しですね、お互い頑張りましょう!」
何シテル?   12/16 23:37
Happy37です。 平成28年の七夕に、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 MGのスネーク風に言えば「待たせたな」(^^) 誕生日:日産スカ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

バックランプ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/25 10:50:31
V37 バッテリー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 07:03:09
初心者だから言える「ここに気をつけて、イタリア旅行!」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 19:29:18

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成28年、34年振りにスカイラインに乗ることになりました。 スカイラインと言っても昔の ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2年半乗ったマツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)20S-T AT(スノーホワイト)。 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
平成5年から10年まで5年乗りました。 ツアラーらしく安定感十分の高速走行性能バツグンの ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
今から34年前(2017.2時点)、新婚時代の私たち夫婦がスカイラインの次に乗った車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.