• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ashimoのブログ一覧

2016年10月15日 イイね!

新型インプレッサ試乗インプレッション(GT7)アプライドAローンチ

新型インプレッサ試乗インプレッション(GT7)アプライドAローンチ











写真はB賞の今治タオル

愛車の修理に行ったらなんと新型インプレッサの試乗車があるではないですか
早速乗せて貰ってきました
試乗したのは2.0i-LアイサイトFFモデル。

肝いりで登場したS-GP(スバルグローバルプラットフォーム)の剛性感がしっかりと伝わってくるものでした
ハンドリングも剛性感たっぷりでした。
重厚感があり切ったら切っただけリニアかつシャープに反応します
車の動きがマイルドなのにカッチリとしていて質感の高いものになっています
これは今後出てくる次期型レヴォーグやSTI、S4に十分以上の期待が持てるものだと感じます

ショックアブソーバーはショーワ製とのこと
前モデルに比べてよりしなやかで重厚な乗り味になったと思います
端的に言えばふにゃっとした感じがかなり減少したと思います
さらにディーラーを出てすぐの悪い路面の凹凸をしっかりと吸収できていました
(いつものジャンピングスポットに行けてないので仮評価ではありますが)

エンジンは営業の方と一緒だったのであまり上まで回せなかったのですが直噴特有のジャギーな感じが少なく思いのほかスムースでした これぞ水平対向の恩恵でしょうか
エンジン音はポート噴射よりもややレーシーな感じだと思います
加速はポート噴射のFB20とどっこいどっこいだと思います


内装は前モデルより間違いなく良くなりました
夜なのでそこまでしげしげ見てないですが
電磁パーキングになったのは今風で良いと思います

総合的に見て
Cセグメントのベンチマーク・ゴルフ7と比べても遜色ない出来栄えだと思います
もはや重厚でどっしりと落ち着いた走りの質感はパサートに近い印象でした

これが200万そこそこで買えるとは・・・コストパフォーマンスが非常に優れていると思います
実際他社からの乗り換えも殺到しているとか 試乗車がFFモデルなのもそういう事情があってのことだそうです
売れて欲しい車です
Posted at 2016/10/15 21:57:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ
2016年08月27日 イイね!

ゴルフGTE試乗インプレッション(mark7,MY2016)

ゴルフGTE試乗インプレッション(mark7,MY2016)

車両自体のレベルは高いがコストパフォーマンスに難がある

 率直に言って469万円の価値があるかどうか大きな疑問が残る車です。
車自体の走りの良さだけで言えばクラス上のパサートハイライン(422.8万円)の方が上です。

EVモードのコンティニュアスの良さは癖になる
 美点は力強く、極上の静粛性を持ち、内燃機関には不可能なレベルで滑らかなモーター駆動による電気自動車(EV)モード走行。60~80km/hほどまではこの極上の走行体験を楽しめます。プリウス(30型)とは比べものにならないアクセルレスポンスの付きの良さはさすがはフォルクスワーゲンだと思わせてくれました。
 またスバルXVハイブリッドよりもエンジンとの協調が自然に図られています。余力十分の350N・mの強力なモーターに依るところが大きいでしょう。(ガソリンエンジンでいえば3.5L自然吸気か2Lターボクラス)

少し重くなりすぎた
 この車を語る上で外せないのは太り過ぎてしまった車重です。
Cセグメントには些か過大とも言えるこの1570kgの車重は強力なモーター、バッテリーの搭載によるものでしょう。同じ内燃機関の1400cc直噴ターボを搭載したハイラインが1320kgしかないことを考えると実に250kgもの車重増加となっています。フォルクスワーゲンはこのGTEをGTIをベースに作ったと言います。GTIの車重は1390kg。やはり200kg近く重い。

走りはGTIとは全くの別物
 当然この車重増は苦しかったのだろうと乗りながらに感じました。GTIをベースに開発されたとは言いますが走りは全くの別物といっていい出来です。ハイトルクを受け止めるべく変速機はGTI/Rと共通の6速DSGとなっていますが、ハンドリングは緩徐でかなりダルな印象。以前試乗したスバルクロスオーバー7に少し似ています。車の動きもゆったりしていて乗り心地自体はとても良い。 
 225/40R18のポテンザS001を履いているとは思えないほど乗り心地は良かったです。はっきり言ってフワフワしていました。ゴルフHLのようにスプリングもダンパーもゲインが強目で車内に揺り返しが来るのとは大違い。GTEは車重の重さを上手く生かして乗り心地重視にしたようです。そうせざるを得なかったと言えるかもしれません。
 それでも足回りにしっかりとコストを掛けられていることは間違いなくコーナリングはロールするもののしっかりと踏ん張ります。車重が重い分、XDSは強めに介入している印象です。ハンドルをこじるとそういう動きをします。
 パワーモードであるGTEモードにするとサウンドジェネレーターがいかにもな“直列4気筒のターボチューンドエンジンの音“を聞かせてくれます。ゴルフRのフラット4ターボのような合成音とは別口の味付けでした。ただ力感はGTIどころかHLとどっこいどっこいという感じ。全く期待外れなものでした。馬力だけで言えば当然HLよりもシステム出力として得られているでしょうが250kgの車重増が相殺してしまったようでした。おそらくは200馬力ぐらいの印象。

総評としては車のメカとしての技術の足し算による構成がまさにザ・ドイツ車という印象です。車自体の出来は決して悪くありません。ゴルフシリーズの文法でなされながら未来感のあるメーターパネルにはメカ好きとしてワクワクしたのは事実です。

問題は価格に見合った価値が見いだせるか。
走りを重視するのであればRかGTIを買った方が間違いなく幸せになれるでしょう。
乗り心地が良いのがいいならパサートHLの方が質感が上です。
エコカーとして考えるとプラグインハイブリッドとしては使えるものの走行モード燃費が良くない。燃費カーの王者プリウスに比べると明らかに見劣りするのは否めません。
つまり中途半端。誰に売りたいのかターゲット不在のように思えるのです。その証拠のように車両価格を499万円から30万円値下げして現在の469万円にしています。これでもまだ割高感がありますね。
2021年規制への先駆けとしてのPHEVなのでしょうが現時点での自動車商品としての魅力については疑問を感じます。

その他の写真はフォトギャラリーに掲載しています
Posted at 2016/08/27 21:55:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | 日記
2016年08月23日 イイね!

レヴォーグ1.6STI Sport(2016)試乗インプレッション

レヴォーグ1.6STI Sport(2016)試乗インプレッション

レヴォーグ1.6STI Sport試乗して来ましたのでレビューしてみたいと思います。


タイヤがミスマッチ
装着されているDUNLOP SPORT MAXX 050はコンパウンドが硬く衝撃を吸収しきれていない。Damp MaticIIを擁するビルシュタインダンパーの性能を活かしきれていない。基本的にギャップ乗り越えの微振動を上手く殺せているのにコンパウンドが硬いからキャビンに振動や安っぽい音が伝わってくる場面があり残念だった。なまじ車体の剛性が高いからごまかしが効かない。

050の走行抵抗は新モデルのタイヤらしく軽減されておりハンドリングに軽快さを与えていた。イージードライブで最も売りたい相手の性質を考えた結果かなと思う。
このタイヤはSUBARUとDUNLOPの共同開発とのこと。
同じブランドでいうともうちょっと上等なDUNLOP SPORT MAXX RTあたりを装着すると良くなりそうな感じ。

ステアリングにダルな感じはなく操作に対して適切に反応する。しなやかな印象。思ったラインをトレースできて気持ち良い。ロール許容はBP(GT)より少ない。

バネとダンパーは柔らかめな印象。サスペンションがしっかりとストロークしています。かなりBP(GT)に近い印象を受けました。コストはレヴォーグSTI Sportの方が間違いなくかかっているでしょうからしっかりタイヤをマッチさせればBPを超えると思います。

ホイールのデザインはやや平凡。スポークを減らして(例えば5本とか)ユーロな感じにしたら目指す方向性をもっとはっきり打ち出せたのでは。でもSTIだからしょうがないのかな。

エンジンはマイルドでフラット
静止状態からフルスロットルにしてもすぐにはパワーが立ち上がらない。タービンが回りだすとフラットなトルクが適度に得られる。80km/hより上は伸びが悪い。
ゴルフ7HLのようなじゃじゃ馬感はなくマイルドな印象。

アクティブトルクベクタリングの効き方が面白い
コーナリングで中央よりより後ろを支点にして回るような動きをする。ACT-4の制御としては今までなかったもの。グリンと車の向きが変わって面白いなと思った。
走りの質感の高さではフラッグシップのレガシィアウトバックに負けてはいるもののこの新しい制御でSTI Sportとしての個性がしっかり表現されていると思う。




ステアリングは太く握りやすい。操作感も良い。
(それでもBPのMOMOステには握り心地・質感ともに負けてしまうけれど)
シートの色は最初写真で見たときは
「なんじゃこりゃ」と思ったけど実物には違和感なし。

その他の写真はフォトギャラリーに掲載しています

営業さんによれば2.0STI Sportの試乗車はほとんど用意されておらず。レヴォーグの売れているグレード・売りたいグレードははっきりしています。VTD-AWD推しの自分は難民気味・・・。
Posted at 2016/08/23 21:23:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | 日記
2015年08月28日 イイね!

インプレッサハイブリッド試乗インプレッション

インプレッサハイブリッド試乗インプレッション









先日のお客様感謝デーの際にインプレッサハイブリッドに試乗させて貰ってきました。
最近は試乗に一人で行って来て良いですよと言って貰えるのがありがたいです。

カーソムリエのサイトで試乗レポートを書いたので良かったら読んでみて下さい。
カーソムリエ試乗レポートページ(外部サイト)

撮影した写真(みんカラフォト)

乗った感想を率直に言うとダンパーに不満が残りました。モチロン街乗りなら乗り心地も良いし不満ない仕上がりです。
ビルシュタインダンパーを選択できるなら選択したい所。
一方で、コーナリングが予想以上に良かったのでメカさんに聞いたらハイブリッドシステムと合わせて複雑な制御をしている(はず)とのこと。なんだか気になりますが詳細は不明。

ゴルフ7HLとの比較。
ゴルフ7HLは踏めば踏んだだけしっかりと燃料を噴いて爆発的にトルクが出てくるのですがインプレッサスポーツハイブリッドはフルスロットルにしてもどうも燃料噴射を絞ってる感じがあります。結果、フル加速時は加速にタメが出ます。不満です。(Sモードでもダメ)

両者の設計思想の違いを感じます。
ドイツはきっと自己責任の世界で踏んだドライバーに結果責任を求めているというか。フルスロットルをくれればすぐさまタイヤが路面を掻きむしりながらTCSが作動し「ドンドン!」という振動が全身に伝わり、車体は急加速する、という刺激的な挙動を示します。(FFとAWDの差で2倍以上ハイパワーなゴルフ7Rの方がマイルドなぐらい)

日本車ではそうはいかない。「どうしてこんな急発進するような車を作ったんだ!」という声をも内包する設計なんじゃないかなと思います。残念にも思うけれど文化の違いですからしょうがないですね。

愛車レガシィはターボラグのせいでいやでもタメが出ますがそれはしょうがないか。こちらはS#ならなかなか刺激的です。
Posted at 2015/08/28 20:39:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | 日記
2015年07月18日 イイね!

パサート試乗インプレッション(8代目、Highline)

パサート試乗インプレッション(8代目、Highline)
ゴルフ7と共通のアイデンティティーを持つことが伝わるリアビュー。ゴルフのようにTSIのSIが赤くなっているということはないのでエンブレムからグレードの判別はできない

フルモデルチェンジを受けたばかりのパサートTSI Highlineへ試乗しました。

妻の愛車ゴルフ7Highline(以下HL)(MY2014)の1年点検の待ち時間に暇なので
担当営業I君に「何か乗せてよ~」とお願いしての試乗となりました。

パサートは、日本ではイマイチ認知度が低いが世界的に見ればゴルフよりも売れているフォルクスワーゲンの最量販車種。この刷新された8代目パサートはヨーロッパのカーオブザイヤーも受賞したとのこと。
自分が買うことはないな~と思っていた車なので物見遊山気分で試乗。

乗り始めて降りるまで一遍の隙もない質感の高さ
ゴルフ7HLと基本的には同じ心臓、トランスミッションを与えられているはずだけど
DSGの変速マナーもゴルフ7よりもより滑らかで質感が高められている。発進から停止に至るコンティニュアスは確実にゴルフ7HLを上回る。
エンジンはリファインされ型式名をCZE型として馬力が10psアップし150馬力へ、
重量はゴルフ比で100kg重いにもかかわらずJC08モード燃費は0.5km/L向上して20.4km/Lに達する。
100kg重いといってもその車重は1460kg。Dセグメントカーとしては間違いなく軽量の部類だ。これらの変更点は先代パサートと比べれば隔世の進化と言っていい。

室内はとにかく静か。遮音材がしっかりと奢られており遮音性は今まで試乗インプレッションを書いてきた車の中でも一二を争う。
同じグループのAudiやPorscheと比べて利益率が低いことから過剰品質とまで揶揄されるMQBモジュールのもたらす高い剛性はもはやVWグループのお家芸だ。鉄壁の剛性を背景に不快な振動を遮断、吸収して室内は快適そのもの。ユーザー側からすれば利益率の低いフォルクスワーゲン車はVWグループ内で比べればお買い得ということになる。

パサートはスバルで言えばセグメント的には新型レガシィB4/アウトバックが比肩するが
質感は値段の差分開いている。操って楽しいのはそれでもなおスバルだが、コンフォートプレミアムセダンとしての世界観の完成度ではパサートが優るだろう。(レガシィがトヨタレクサスに遠慮してそこまでプレミアムを指向していないというのはさておき)

ゴルフ7よりも車重が増したことをどうやらセッティングでは上手く生かしており、
ロール許容量もゴルフ7よりも大きくとり、ダンパーもよりマイルドにセッティングされている。ギュンギュン!というダンパーの効きはVWの伝統のようだけどパサートは非常に優等生。
ほとんど欠点らしい欠点のないゴルフ7HLに幽かに感じていた「こうだったらもっといいのにな」というポイントが程良く解消されていた。

コーナーに入り横ヨーを掛けていくとXDSがしっとりと介入して車を曲げていく。あからさまに主張はしないもののはっきりと介入を認識できた。おそらくFF車としては最高レベルのハンドリングとその質感。
総じて慣性重量の増加を上手く処理し、質感を高くまとめあげた乗り味だと感じた。逆説的だがゴルフと比べてボディがCセグメントからDセグメントへと大きくなり車重が増した事でこそ到達できた乗り味ではないかと思う。タイヤの扁平率も55%で肩肘を張ったセッティングとは無縁だ。同じ55%を履いた新型レガシィB4の足が硬いと感じたのとは対照的だった。このパサートの乗り味は60%を履いたアウトバックに比類、もしくは上回る。
ちなみにパサートHLはピレリCINTURATO P7を履いている。215/55R17。プレミアムコンフォートという感じでピッタリのタイヤだと思う。

いつもスバルを試乗するときと同じコースを走ったが車が跳ねるポイントでのダンパーの収束はかなりハイレベルにセッティングされていた。ダンピングレートは決して高くないものの収束マナーが非常によく素早く室内が何事もなかったかのように平穏に戻る。高い実力が文字通り全身に伝わってきた。ボヨヨーンとしたレヴォーグ1.6GT(B型)とは掛けられたコストの差を感じざるを得ない。パサートはこのまま速度域を上げていっても容易にはその走りが破綻しないことは簡単に想像できた。

エンジンの絶対的な動力性能は1400ccターボで150psだからBPレガシィターボに乗っている自分からすれば大したことはない。車重差があるからゴルフ7HLの加速感にも及ばないように感じる。

しかし積極的に加速しようとも思わせないゆったりとした上質な世界観を持った車だ。勿論いざ加速を命じてもその世界観が破綻しない事は請け合いだ。
50~60kmぐらいのスピードでゆったりと流して走るときに高い動的質感を最も楽しめる車だと思う。営業氏にそう伝えると10日ほどメーカーから車を貸し与えられたジャーナリストも同じようなことを言っていたらしい。

この出来ならいよいよワールドプレミアも近付いてきた同じグループ、セグメントの次期Audi A4にも大いに期待できそうだ。

今回試乗したパサートセダンハイラインは414万円。トレンドラインなら329万円から。この完成度にして破格のプライスタグだと思う。競合Dセグメントカーは首筋が寒くなったでしょう。流石、ヨーロッパのカーオブザイヤーを取っただけの車だと思います。少なくとも走りに関しての手抜きは一切感じられなかった。

ただし実際問題日本市場で売れるかっていうとなかなか厳しいと思うケド。乗れば良い車だと分かるけどターゲットにしている購買層に乗ってもらうところまでいくのがなかなか難しいと思う。まずは候補にして貰う所からですね。
(我が家には特別内覧会のご案内なる文章が来ていました。しばらく新玉のないVWさん、力を入れている模様)
欲を言えばDCCを選択できるようにして試乗車には装着しておくべきだと思った。そういう走り推しの車じゃないのは分かるんですけどね。
Posted at 2015/07/18 18:10:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ

プロフィール

「@シャクレイ 旅行村(キャンプ場)は22日まで臨時休業と連絡がありました ご参考までに!」
何シテル?   07/12 08:06
Ashimo(アシモ)と申します。BP5後期E型(レガシィツーリングワゴン)に乗っています。妻の車、ゴルフ7ハイラインも運転しています。 家族や世間体もあ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

抜けの良い排気系だと低回転トルクが落ちる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:25:28
引っ張れ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 04:37:39
Dynamic Force EngineのBSFCを「誰も見ていない真実」に重ねてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/10 02:29:25

お友達

車種を問わず車が大好きな方を募集致します。レガシィオーナー、スバリスト大歓迎。フォルクスワーゲンゴルフ、ニュービートルオーナーの方も是非よろしくお願いします。お気軽にご申請下さい。
80 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 LEG5728LEG5728 *
くどこーくどこー * あかゆーろあかゆーろ *
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム きよ丸@きよ丸@

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴン GT(2007年10月登録 BP5・E型(後期型)オブ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2代目妻の車です。2014年式ドイツ本国ヴォルフスブルク工場にて製造。グレードはハイライ ...
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ハイドラ用登録。 鉄道、試乗車、人の車、レンタカーなど。
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
初代、妻の車です。 ゴルフIVのプラットホームを元に往年の名車ビートルを現代に蘇らせた ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.