• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ashimoのブログ一覧

2014年09月23日 イイね!

ゴルフ7R、7GTI試乗インプレッション(ハイラインとの比較あり)

ゴルフ7R、7GTI試乗インプレッション(ハイラインとの比較あり)
ゴルフ7Rを含む「大試乗会!」というチラシが入っていたので担当営業さんに電話して試乗させて貰って来ました。
良い機会だったのでGTIもお願いして乗せて貰いました。

おそらく県内のディーラー別店舗から借りているであろうRはさすがに一人では乗せて貰えず(笑)担当さんと一緒に乗車。

乗ってすぐに分かったのはステアリングフィールが非常に良いこと。ハイラインでは若干の違和感が残ると書きましたが、Rではそんなことは全然ありません。カッチリとした手ごたえ、自然なフィーリングがドライバーズカーとしての高い質感を誇っています。やっぱりステアリングは油圧が良いなぁとか思いつつインパネに目をやると青いメーター指針がこの車がゴルフRなんだなと思わせてくれます。ハンドルはこの手の車としては好印象な重めです。


足回りはより引き締められていますがストロークが十分な上ダンパーの減衰力もしっかりと立ち上がり「さもゴルフRの足回り」といった風情。路面の凹凸のいなし方がレガシィより大分上。

 何より特筆すべきはエンジン音。サウンドジェネレーターによりまるでボクサーターボのような音を奏でます。(しかも排気干渉がある頃のw)
 内心「余計な事しないでよ~」と苦笑してしまいましたがこの価格帯の車を購入するオーナーの所有欲を充足するためには仕方のない仕掛けだったのでしょうか。願わくば素のCJX型エンジンの声を聴きたかったですが標準ではこの子供だましのギミックをキャンセルする方法はないとのこと。営業さん曰くサウンドジェネレーターがないとエンジンが静かすぎるとのこと。
 ”技術による先進”を謳い車のエモーショナルな部分を削ぎ落とす代わりにありったけの技術を投入して超ハイレベルでバランスさせたゴルフ7ハイラインを生み出したVW/AUDIがここに来て”官能性”を後付するとは何とも言えない皮肉を感じます。やっぱり車(少なくともドライバーズカー)にはエモーショナルな部分は必要という何よりの証左でしょう。

 かなり限定されたシーンでしかありませんが加速を試みた所EJ20ターボ以上の鋭さを持っていました。トルクの立ち上がりの鋭さでCJXが上回ります。やはりDCTのトランスミッションのダイレクト感が印象的です。回転フィールはシャープというよりは怒涛の勢いという感じ。サウンドジェネレーターに印象が左右されているかもしれません(笑)
ゼロ発進加速はDCTの弱点か若干のもたつきがありました。(これはGTIも同じ。ハイラインではあまり感じなかったがエンジンのトルクが増えるごとにこの傾向は増していると思います)

 車体の剛性感はハイラインの時点で相当の高いポテンシャルがありますが、Rはそれ以上あるように感じられました。重量が増している分ボディが補強されているのでしょう。車の動きがどっしりしています。
 この車はそれなりの速度域まで持っていかないとエンジン含めちゃんと評価することはできないと思います。日本の公道では難しいかも。とにかく物凄い安定感だけはひしひしと伝わって来ました。このゴルフRに関しては車の動きを十分に確かめられなかったので消化不良な文章となってしまい申し訳ありません。曲りを見たかった。

 自分がゴルフ7Rに対して気になることは普通のゴルフと外見を共有するが故にヒエラルキー的にはそれほど高くないことです。高速の右車線を走ったときに顕著になるでしょう。言ってしまうとパッと見ゴルフなので舐められちゃうと思います。良い車なんですけどね。
ちなみにそのディーラーでは年に1~2台しか売れないと言っていました。
選ばれし者しか手にしない・できない孤高の車、ゴルフR。

Rのお尻。そうはいっても4本出しマフラーは迫力あるなぁ。

あとこれはAudi S3にも言えることですが前輪駆動力が常に後輪駆動力を上回る横置きエンジン用ハルデックスAWDなのも自分的には気になるポイント。後輪駆動力が前輪駆動力を上回ることの出来るAWDが絶対条件です。ここは絶対的な速さより操る気持ち良さを優先しているポイントです。自分の運転したい車にはドライバーの意志と共鳴するような気持ち良さが必要だと思うからです。前で引き摺るAWDではどうもこれが得られない。


GTIフロントマスク。伝統の赤ラインがピリリと辛い。

次にGTI試乗。今度は一人で行って来てもらって良いですよと有り難い言葉を頂いたのでいつものコースへ。
この車を一言で表現すれば「よく躾けられたじゃじゃ馬」

 前輪駆動に220ps、35.7kg・mの大パワー。しかし普段使いでは全くネガを見せません。奢られた225/45R17タイヤのキャパシティ設定が絶妙です。曲りもトルクベクタリングの恩恵かステアリングを切るとスッと内へ車が入っていきます。
軽量なこともあり非常に強力なホットハッチだと感じました。ゴルフハイラインではトルクベクタリングはあくまでも安全のためのセッティングでしたがGTIからは走りの為にしつらえられているなと良く分かりました。
 低速ギアのフルスロットルではTCS/ESCが働くとともに若干の駆動輪空転が見られました。またアクセルフルスロットルでタイヤが強烈に前を向きたがる感じ、チラリとじゃじゃ馬が顔を覗かせます。アンジュレーションのついた路面でジャンプするような格好になって駆動輪のトラクションが抜けてしまうとフワっとしてちょっと怖いですが一瞬でリカバリーするし車体姿勢が乱れるようなことはありません。相当にポテンシャルは高いです。

GTIの方がフロントの赤ラインという分かりやすい外観上のアイコンがある分こっちの方が”より分かりやすい”車かも、と思いました。

伝統のGTI専用シート


GTIセンターパネル。カーボンシート貼りです。
液晶画面がハイラインより小さいのはどうなんだろう。


ゴルフ7ハイラインは車の持つエモーショナルな部分を極限まで削ぎ落とし、VW/Audiの持つあらゆる技術が注ぎ込まれ非常に高い次元でオーガナイズされた「最善の実用車」です。高い動力性能・安全性・環境性能を持っておりケチのつけようがありません。またCPT型1.4L直噴ターボは気筒休止やコースティングまで備えた世界第一線級の傑作エンジンです。燃費はもちろん動力性能も世界中の1600ccまでのどの量産過給エンジンにも引けを取りません。

対してGTIはFFの元祖VWの意地か誇りか2WDにはパワーオーバーに思える220ps/35.7kg・mの最新ダウンサイジングターボをFFで駆動し高次元にしつらえられたホットハッチでした。正直ここまでネガを見せないものなのかと思いました。

ただハイラインとは違って巧妙に隠匿されたじゃじゃ馬を見つけ出して向き合うというエモーショナルな車の楽しみがあると思います。かといって乗り心地が犠牲になってる訳でもハンドリングがぎこちないわけでもなく流石VWという感想を得ました。この車でワインディングを走ったら楽しいんだろうな~。


GTIのインパネ。赤ステッチと速度計がちょこっと違うだけであまりハイラインと違いがない。

余談ですがホンダの新シビックタイプR、2L直噴ターボはこのGTIとガチンコしないといけない訳ですが、値段帯、ブランド力、デザインアイコン、伝統、車体の完成度、どれを取ってみてもかなーり手ごわい相手ですね。ホンダの答えが今から楽しみです。
きっとGT-Rと同じベクトル、ニュルのノルドシュライフェのタイム、つまり”速さ”で答えるのだと思いますが。
Posted at 2014/09/24 00:22:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ
2014年09月20日 イイね!

400イイね!ありがとうございます

400イイね!ありがとうございます9/19に愛車レガシィツーリングワゴンが400イイね!に到達しました
イイねを付けて下さった皆さんありがとうございます
今後ともどうぞよろしくお願い致します

今回は途中でボンネットの板金全塗装を体験するなど新しいこともありました
綺麗になって帰って来た愛車を見ると改めてこれからも出来るだけ長く乗りたいと思う気持ちが強くなりました。
(次期愛車検討の記事はエンスーのライフワークとしてUPしますけどね(笑))

車の近影を、と思ったのですが撮ってないので直ってきたボンネットのアップ写真でもUPしておきます(笑)


こんなに綺麗になるなら他の部分も、とついつい欲が出そうになります。

というわけで今は
ホイールのインチアップ&交換、ブレーキキャリパー塗装、タワーバー装着などを妄想しています。


ホイールはこういうデザインが良いかな。
黒で引き締めつつシルバーの輝きが欲しいです。
イメージはやはりジャーマンプレミアム。

次点としてはシルバー一色

こんな感じ。スバル純正のハイラスター塗装かなり気に入っているのですが純正はさすがにちょっと古いデザインになって来ていますね。

ホイール、気が長い話ですがスタッドレスからの戻しのときにタイヤごと入れ替えてやろうかと検討しています。インチアップは完全にこないだ乗った18インチSpecBのD型BPEのせいですが(笑)今の足のしなやかさなら18インチにしても受け止められるかなと思っています。バランスが崩れてしまうと怖いですが。

ブレーキキャリパー黄色かな~、こないだの板金屋さんで聞いたら思ったよりお値段するので要検討です。素人塗装は酷いことになりそうなのでやるつもりなしです。板金屋さんも止めておけと言っていました。足元のワンポイント。完全に走行性能に関係ないファッションですね。車を預けるのがかなりストレスなので工期も気になる所です。(聞くの忘れた)

タワーバーは一番優先順位としては低くて漠然としたものですが
中低速コーナーでアンチロール性を高めたいという所です。高速域、超高速域は全然不満ないんですけどね。
今のバランスもかなり良いのですがもうちょっとしっかりすると良いかなと思わないでもなかったり。タイヤをグリップの良いものに変えるだけでも違う気もしますが。

色んな所から出ているみたいですがやっぱりつけるならSTIですかね。
Posted at 2014/09/20 20:13:32 | コメント(6) | トラックバック(0) | レガシィツーリングワゴン | クルマ
2014年09月18日 イイね!

オフ会行って来ました

オフ会行って来ました某オフ会に参加して来ました。

ボンネットが凹んでいたのでテンションが下がってしまい更新が遅くなっていました(笑)
無事直りましたので今更ながらブログをUPします。


抜けるような青空で映えるスバル車たち。
オーナーは思っていたより若い方が多かったのが印象的でした。
交流があったけれど実際にはお会いしたことのないみん友さんと会えたり初めての方とお会いできたりとても有意義でした。

今回のオフ会では初めてEZ30Rを体感することが出来ました。(後部座席で)
低速域では非常に静粛で、回転を上げるとミューンという吸気音、滑らかな回転上昇フィール。
父の車の4GR-FSE(V6 2500cc)に少し音色が似ていますがEZ30Rは直噴ではないので澄みきった上質な音を奏でていました。今回は5000回転ぐらいまでだったのでトップエンドまでの音も聞きたいなと思いました。

乗せてもらったのは後期D型の18インチSpecBの足だったのですが、しっかり感があってレヴォーグ2.0GT-Sはまさに生き写し。隣の芝は青く見えるものでこの足いいなぁとか浮気心が出てしまいます。(インチアップの誘惑?)

時代の狭間で偶然ポロっと生まれ落ちたかのような名機EZ30R。今はH6には3629ccのEZ36エンジンがありますがレギュラーエンジンで大柄なアウトバック専用。ちょっと守備範囲が違います。
このH6をターボ化してドイツ勢と戦えるプレミアムAWDロードカー(SUVになっちゃうかな)出ないかなぁ。まあレクサス某ともろ被りするのでトヨタが許すはずがありませんかね。
ターボ化しなくてもハイオクエンジン化してEZ36Rとか出れば垂涎物ですが、時代に逆行している上にトヨタと被ってしまうので登場は難しいでしょう。そもそも守備範囲がもろ被りする熟成中のFA20DIT+リニアトロニックの流れは何だったのとなっちゃいますし。小規模なスバルにそこまでの開発リソースの余力があるとも思えません。

それでもなんとか・・・と思わされるEZ30Rの輝きでした。

オーナーのsh☆heiさん貴重な体験をありがとうございました。
Posted at 2014/09/18 19:42:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | レガシィツーリングワゴン | クルマ
2014年09月08日 イイね!

ついカッとなってやった。

ついカッとなってやった。












みんカラを徘徊していたと思っていたら気付いたらAmazonで
==============================================================

注文内容

注文番号: ***-******-*******
注文日: 2014/09/08

Xbox One + Kinect (Day One エディション) (6RZ-00030)
¥ 51,512

ForzaMotorsport5リミテッドエディション (限定版)
¥ 8,339

_________________________________________________________________________________

商品の小計: ¥ 59,851
配送料および取扱手数料: ¥ 0
割引: -¥ 2,000

注文合計: ¥ 57,851

支払い方法
Amazonギフト券: ¥ 290
クレジットカード(********): ¥ 57,561

==============================================================



いやぁ・・・生粋のグランツーリスモ党なんですが
新しい車が全然アップデートされないのが不満でして。
Forza5が良さそうだったのでポチってみました。
これで色々な車で走ってみたいものです。

買ったのはこれです↓早く届かないかな~。
なんかキャンペーンやってて2000円引きになりました。
Xbox One + Kinect (Day One エディション) (6RZ-00030)

ForzaMotorsport5リミテッドエディション (限定版)

Posted at 2014/09/08 21:51:44 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ
2014年09月07日 イイね!

LEVOLANT10月号 ドイツ車の○△×+SUBARU WRX S4

LEVOLANT10月号 ドイツ車の○△×+SUBARU WRX S4書店で何気に手に取ってパラパラとめくってみたところ
良さそうだったので購入してみました。なんというか自分の興味のどストライク。

同クラスのドイツ車同士を比べてインプレッションしてあり
非常に分かりやすくおもしろかったです。
あと表現がとっつきやすくて自分のような初心者にはとても分かりやすかった。

メルセデスが新Cクラスで大きなアドバンテージを見せる中、
新しいAudi A4の登場が待たれます。今より大きくならないといいけど・・・。

新CクラスにEやSと同じような4MATICが用意されたら魅力的だなぁ。買えませんが。


別冊付録でこんなのもついてます


WRX S4をGOLF 7R、Audi S3 SEDAN、BMW 428i GRAN COUPEと比べる企画は読みごたえ十分でした。

WRX S4がドイツ勢に引けを取らないことが分かり嬉しかったです。
とある性能評価ではWRX S4はポルシェと並んで宇宙一(!)などと書かれてあり面白かったです。

気になった方は是非書店で手に取ってみて下さい(笑)
Posted at 2014/09/07 23:49:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 次期愛車検討 | クルマ

プロフィール

「@シャクレイ 旅行村(キャンプ場)は22日まで臨時休業と連絡がありました ご参考までに!」
何シテル?   07/12 08:06
Ashimo(アシモ)と申します。BP5後期E型(レガシィツーリングワゴン)に乗っています。妻の車、ゴルフ7ハイラインも運転しています。 家族や世間体もあ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

抜けの良い排気系だと低回転トルクが落ちる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:25:28
引っ張れ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 04:37:39
Dynamic Force EngineのBSFCを「誰も見ていない真実」に重ねてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/10 02:29:25

お友達

車種を問わず車が大好きな方を募集致します。レガシィオーナー、スバリスト大歓迎。フォルクスワーゲンゴルフ、ニュービートルオーナーの方も是非よろしくお願いします。お気軽にご申請下さい。
80 人のお友達がいます
ダンプ屋ダンプ屋 * ギーヤンギーヤン *
レガイアレガイア * FLAT6FLAT6 *
STI/スバルテクニカインターナショナルSTI/スバルテクニカインターナショナル *みんカラ公認 セラフィム2501セラフィム2501

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴン GT(2007年10月登録 BP5・E型(後期型)オブ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2代目妻の車です。2014年式ドイツ本国ヴォルフスブルク工場にて製造。グレードはハイライ ...
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ハイドラ用登録。 鉄道、試乗車、人の車、レンタカーなど。
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
初代、妻の車です。 ゴルフIVのプラットホームを元に往年の名車ビートルを現代に蘇らせた ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.