• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ashimoのブログ一覧

2016年10月18日 イイね!

サスペンションリフレッシュ計画

サスペンションリフレッシュ計画












突然ではありますがこの度10年目を迎えた愛車BPレガシィツーリングワゴンGTサスペンションのリフレッシュを行うことにしました

実は前々から日々の何気ないシーンで「これって足回りヘタってるのでは?」と思いながら乗っておりましたが
今後もまだまだ乗り続けていくために思い切ってやることにしました

最初はブッシュ交換が必要かどうかディーラーで見てもらったのですが
「ダンパーを換えた方が体感効果大きいですよ!」と整備士さんに勧められ
そうかもしれない・・・とその気になりました
同じディーラーでE型BPE70000kmの方が交換して大満足されたという話にもそそられました
(ブッシュは痩せてはいるだろうけど外観上問題はないとのことでした)

スバルでは現在BP/BLレガシィを対象とした
ビルシュタイン製ダンパー交換キャンペーンなるものを実施しており
在庫があるか問い合わせてもらうことになりました


今年1月から始まったキャンペーンなのでもう在庫がない可能性もあります
返答が来るまでドキドキして待ってましたがなんと在庫がありました

これで腹は決まり早速予定を組んでもらいました。
今月末にはダンパーとスプリングが新品になる予定です
(スプリングもヘタっているから一緒に変えた方が良いとのこと)

自分は愛車の新車時の状態を知らないので
どのようなフィーリングになるか今から色々と想像して楽しみです
活きの良い新型車を試乗してインプレッションしているのにヘタった足回りの愛車と比べ続けるのも申し訳ないなと思いますしね

と、同時に現在のフィーリングが決して悪いわけではないのでとろけるように柔らかくしなやかな現在の感触を忘れないよう惜しみつつ味わっています

(リフレッシュしたらおそらくは何年か前にみん友さんに乗せてもらった当時走行距離の若かったBPE D型Spec.BのようなBoldでシャキっとした感じになるかなと想像しています
試乗した中で近いのは現行WRX STI typeSのビル足かな)

スプリングをSTIローダウンスプリングにしようかとも悩みましたが止めました
BPレガシィという車は十分なサスペンションストロークにしなやかなビルシュタインダンパーの組み合わせが素晴らしいと思っているからです。
購入してから柔らかい足回りでも乗りこなしてコーナーを駆け抜けることを目指してきた約40000kmの道のりでした。
ここでローダウンして足回りを固めるのは自分の考えるレガシィの美点を殺してしまう。そう思い決断しました。

家族を乗せるので乗り心地が悪くなるのは困りますし、雪道を走らなければならないのでタイヤとフェンダーのクリアランスも必要でした。
本当は15mmダウンすれば見た目はすごく良くなるでしょうが・・・。背に腹は代えられません。


整備を受ける愛車近影@洗車したて
磨き屋さんのコーティングは2か月経過しても艶々で大満足です
Posted at 2016/10/18 21:02:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | レガシィツーリングワゴン | クルマ
2016年10月15日 イイね!

新型インプレッサ試乗インプレッション(GT7)アプライドAローンチ

新型インプレッサ試乗インプレッション(GT7)アプライドAローンチ











写真はB賞の今治タオル

愛車の修理に行ったらなんと新型インプレッサの試乗車があるではないですか
早速乗せて貰ってきました
試乗したのは2.0i-LアイサイトFFモデル。

肝いりで登場したS-GP(スバルグローバルプラットフォーム)の剛性感がしっかりと伝わってくるものでした
ハンドリングも剛性感たっぷりでした。
重厚感があり切ったら切っただけリニアかつシャープに反応します
車の動きがマイルドなのにカッチリとしていて質感の高いものになっています
これは今後出てくる次期型レヴォーグやSTI、S4に十分以上の期待が持てるものだと感じます

ショックアブソーバーはショーワ製とのこと
前モデルに比べてよりしなやかで重厚な乗り味になったと思います
端的に言えばふにゃっとした感じがかなり減少したと思います
さらにディーラーを出てすぐの悪い路面の凹凸をしっかりと吸収できていました
(いつものジャンピングスポットに行けてないので仮評価ではありますが)

エンジンは営業の方と一緒だったのであまり上まで回せなかったのですが直噴特有のジャギーな感じが少なく思いのほかスムースでした これぞ水平対向の恩恵でしょうか
エンジン音はポート噴射よりもややレーシーな感じだと思います
加速はポート噴射のFB20とどっこいどっこいだと思います


内装は前モデルより間違いなく良くなりました
夜なのでそこまでしげしげ見てないですが
電磁パーキングになったのは今風で良いと思います

総合的に見て
Cセグメントのベンチマーク・ゴルフ7と比べても遜色ない出来栄えだと思います
もはや重厚でどっしりと落ち着いた走りの質感はパサートに近い印象でした

これが200万そこそこで買えるとは・・・コストパフォーマンスが非常に優れていると思います
実際他社からの乗り換えも殺到しているとか 試乗車がFFモデルなのもそういう事情があってのことだそうです
売れて欲しい車です
Posted at 2016/10/15 21:57:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗インプレッション | クルマ
2016年10月05日 イイね!

壊れています

壊れています









タイトル画像の通りで

ボディアンダーパネルの小さな樹脂部品を留めているピンか何かが取れてしまったようで部品が垂れ下がって来ています

普通に走行してればあまり影響はないのですが
速度がある一定以上になると空力で地面と部品が接触してカタカタカタカタ!と盛大な音を奏でます

最初は駆動系がどこか逝ったのかと思いました(涙)
突然の異音に動揺しながらコンビニの駐車場に滑り込んで車を停めてボディ下を覗き込んだらなんじゃこりゃー!!となりました。




なんでこんなことになったのかというと多分この前日

大雨でこんな感じになってる中を走行した際に壊れたのだと思います
タイヤで水を吹き上げまくって走り気分はまるでサファリラリーのレガシィツーリングワゴンWRC2016でした

大雨で路面は水たまりというかちょっとした川と化しており跳ね上げられた水がアンダーパネルにザブンザブンと盛大にかかったんでしょう
ただのウェットではなく路面が川状態までになると路面状況とそれによる挙動の予測が難しい分、大げさかもしれませんが雪道よりもリスキーだと感じました

やっぱり路面はドライが一番良いですね
いくらシンメトリカルAWDが安定しているといってもリスクは低いに越したことはないと改めて思いました(小並感)



どうしようか迷いましたがちょっと忙しかったのとディーラーに行くのが面倒だったので
みんカラの先人達の智恵に習って布ガムテープで固定してみました
1ヵ月程経ちましたが問題なく固定出来ているようです
恐るべしガムテープ。

もう少ししたら法定点検の1年点検と同時にタイミングベルト等を交換するのでその時にはちゃんと直して貰おうと思います

10月でちょうど満9年、10年目に突入したMyレガシィ
確実に”維持り”のステージに入っているようです

プロフィール

「今年も応援します
https://www.subaru.jp/nbr24h/
何シテル?   05/12 02:40
Ashimo(アシモ)と申します。BP5後期E型(レガシィツーリングワゴン)に乗っています。妻の車、ゴルフ7ハイラインも運転しています。 家族や世間体もあ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

抜けの良い排気系だと低回転トルクが落ちる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:25:28
引っ張れ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 04:37:39
Dynamic Force EngineのBSFCを「誰も見ていない真実」に重ねてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/10 02:29:25

お友達

車種を問わず車が大好きな方を募集致します。レガシィオーナー、スバリスト大歓迎。フォルクスワーゲンゴルフ、ニュービートルオーナーの方も是非よろしくお願いします。お気軽にご申請下さい。
80 人のお友達がいます
TaKuYa.TaKuYa. * LEG5728LEG5728 *
レガイアレガイア * 棒人間棒人間
てつや@白うさぎてつや@白うさぎ FLAT6FLAT6

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴン GT(2007年10月登録 BP5・E型(後期型)オブ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2代目妻の車です。2014年式ドイツ本国ヴォルフスブルク工場にて製造。グレードはハイライ ...
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ハイドラ用登録。 鉄道、試乗車、人の車、レンタカーなど。
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
初代、妻の車です。 ゴルフIVのプラットホームを元に往年の名車ビートルを現代に蘇らせた ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.